7戦全敗いまだ無得点のC・パレス、代表戦明けのチェルシー戦は諦めモード? ホジソン「ストライカーがいない」2017.10.02 22:29 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽クリスタル・パレスのロイ・ホジソン監督が、コートジボワール代表FWウィルフリード・ザハのチェルシー戦欠場を明らかにした。イギリスの地元紙『クロイドン・アドバータイザー』が伝えている。

▽プレミアリーグ開幕からここまで7戦全敗無得点のクリスタル・パレスは、フランク・デ・ブール前監督を解任。後任に選ばれたホジソン監督も、就任以降リーグ戦3試合全敗とチームを立て直せずにいる。そんな中、代表ウィーク明けの14日にチェルシー戦を控えるクリスタル・パレスだが、なかなか苦しい状況のようだ。

▽第2節以降、ヒザの負傷で離脱していたFWウィルフリード・ザハは、チェルシー戦には間に合わない見込みで、マンチェスター・シティ戦でじん帯を損傷したFWクリスティアン・ベンテケは引き続き欠場。さらに、MFルベン・ロフタス=チークは、レンタル元のチェルシー戦には出場できない契約となっているため、主力が3人も不足してしまう。

▽ホジソン監督は、「チェルシーは我々より明らかに強い」と認め、来るチェルシー戦での戦い方について説明した。

「ベンテケは数週間出場できないだろう。それ故に、我々はセンターFWなしで戦わなければならない。ザハもおそらく戻らない。ルベン・ロフタス=チークも出場できないため、3人の上級のプレーヤーを欠くことになる」

「(マンチェスター・ユナイテッド戦と)同じような戦い方になるだろう。懸命に走り回り、できる限りベストを尽くす。少なくとも、ユナイテッドの4バックは我々を止めるために働かなくてはならなかった。時おり、中盤でのパス回しで、ポジティブな兆候が見られたよ」

コメント

関連ニュース

thumb

昨季王者チェルシーが最下位相手に敗れまさかの連敗・・・パレスは今季初得点&初勝利! 《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第8節のクリスタル・パレスvsチェルシーが14日に行われ、2-1でホームのクリスタル・パレスが勝利した。 ▽前節のマンチェスター・シティ戦で0-1の敗北を喫したチェルシーは、リーグ序盤ではあるものの、順位を4位に落としている。さらに、好調であったFWアルバロ・モラタがその試合で負傷する不運に見舞われると、代表ウィーク中にはチームの心臓であるMFエンゴロ・カンテも負傷。アクシデントの重なっているチェルシーは、この試合に向けて前節からスタメンを4名変更し、リュディガー、A・クリステンセン、カンテ、モラタに代えて、D・ルイス、モーゼス、ウィリアン、バチュアイをスタメンで起用した。 ▽試合は波乱の幕開けとなった。フィニッシュまで持ち込む形は多くなかったものの、ややパレスがボールを保持する時間が続く。すると11分、右サイド深い位置に侵攻したタウンゼントが低いクロスを供給。ボックス中央のキャバイエがワントラップしてシュートを放つと、これがDFアスピリクエタに当たり、GKクルトワの虚を突き、ゴールに吸い込まれた。 ▽パレスが相手のオウンゴールによって、第8節にして今季プレミア初ゴールを奪ったのも束の間、18分にはチェルシーが追いつく。右CKのキッカーをセスクが務めると、ニア付近に高い弾道のクロスを供給。マークを剥がして飛び上がったバカヨコが頭で叩きつけ、ネットを揺らした。 ▽一気に追い上げムードとなったチェルシーだったが、逆転弾を奪えずにいると、40分に負傷者を出してしまう。ピッチをランニングしていたモーゼスが、ヒザを抑えて突然座り込む。結局、プレー続行不可の判断となり前半のうちにザッパコスタとの交代を余儀なくされることとなった。 ▽チェルシーに嫌なムードが漂い始めると、前半終了間際にパレスに勝ち越し弾が生まれる。ボックス手前やや左でウィリアンからボールを奪ったサコーが、そのままスルーパス。ボックス内で受けたザハがワントラップでDFをかわし、GKクルトワとの一対一を制した。 ▽パレスのリードで迎えた後半も、チェルシーはバランスを崩す戦い方はせず。パレスもやや引き気味となると、試合はこう着状態となる。得点の欲しいチェルシーは、57分にバチュアイを下げて経験豊富なペドロを投入し巻き返しを図った。 ▽しかし、チェルシーは守備を固めるパレスの牙城を崩すことができない。61分には、右CKの場面で再びセスクがバカヨコをターゲットにするも、前半の得点と同じパターンにパレスDFは厳しくマーク。シュートは枠に飛ばせない。 ▽さらに63分には、セスクのフライパスに反応したザッパコスタが巧みな裏抜けでGKとの一対一の場面を迎えたが、オフサイドの判定となる。ゴールの遠いチェルシーはその後もチャンスを掴めず。 ▽結局、試合はパレスがリードを保ったまま終了。この結果、パレスは第8節にして今シーズン初勝利を手にすることに。対するチェルシーは、最下位相手にまさかの敗戦を喫し、今季初の連敗を喫することとなった。 2017.10.15 01:33 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドが全敗クリスタル・パレスを4発圧勝! 無敗キープでマタはメモリアル弾《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第7節、マンチェスター・ユナイテッドvsクリスタル・パレスが9月30日に行われ、4-0でユナイテッドが勝利した。 ▽リーグ戦開幕からここまで5勝1分けと絶好のスタートを切った2位のユナイテッドは、直近のチャンピオンズリーグ第2節のCSKAモスクワ戦から5選手を変更。リンデロフやバイリー、マルシャルらに代わり、フィル・ジョーンズやバレンシア、マタ、フェライニなどが先発に起用された。マタはこの試合がプレミア通算200試合目となった。 ▽試合は開始早々に動く。3分、左サイド深くでDFをかわしたラッシュフォードが中へ折り返すと、走り込んだマタが流し込んで、200試合出場を祝うメモリアルゴールとともに、ユナイテッドが楽々と先制点を奪った。 ▽前半半ばにかけてはクリスタル・パレスが徐々に盛り返す。32分、左サイドからシンプルに縦へと繋いだボールから、最後はバカリ・サコがボックス左からシュートを放ち、GKデ・ヘアを強襲。 ▽しかし、赤い悪魔は動じなかった。35分、マティッチの左サイドへの展開から、A・ヤングがDFをかわして右足でクロス。これにファーサイドのフェライニが合わせ2点目を挙げた。 ▽ユナイテッドの2点リードで迎えた後半、セットプレーからさらにリードを広げる。49分、ボックス左外からのFKの場面。キッカーのラッシュフォードがシュート性のクロスを入れると、ゴール前でフェライニが微かにコースを変えてネットを揺らした。 ▽試合も終盤に差し掛かった85分、ユナイテッドがダメ押しとなる4点目を決める。途中出場のエレーラのスルーパスからボックス左に抜け出した、こちらも途中出場のマルシャルが中へ折り返す。そこに走り込んだルカクが押し込んでリーグ戦7得点目を沈めた。 ▽試合はこのまま終了。マタのメモリアル弾などを含む4得点で、ユナイテッドが快勝。リーグ戦6勝目を挙げ、無敗をキープしている。 2017.10.01 00:56 Sun
twitterfacebook
thumb

6試合無得点のクリスタル・パレス…シティ戦で負傷のベンテケはじん帯損傷で最低6週間の離脱

▽クリスタル・パレスのFWクリスティアン・ベンテケが6週間離脱することになるようだ。ロイ・ホジソン監督が明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽ベンテケは、23日に行われたプレミアリーグ第6節のマンチェスター・シティ戦で負傷。72分に途中交代していたが、じん帯を損傷しており、最低でも6週間は離脱することになるようだ。 ▽ホジソン監督は「ベンテケはじん帯を損傷しているため、少なくとも6週間は離脱する。我々は彼が6週間はトレーニングできないと考えている」とコメントした。 ▽また、FWウィルフリード・ザハはヒザの負傷中で、マンチェスター・ユナイテッド戦には間に合わない見込み。チェルシーからレンタル移籍中のMFルーベン・ロスタフ=チークも、大腿筋を痛めており欠場することになる。 ▽今シーズンのクリスタル・パレスは開幕から6連敗。さらにここまで1ゴールも上げられておらず、深刻な得点力不足のさなかでエースが長期離脱と大ダメージを負うこととなってしまった。 2017.09.29 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

スターリング&ザネ躍動のシティが泥沼パレスに5発圧勝で4連勝!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第6節、マンチェスター・シティvsクリスタル・パレスが23日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが5-0で圧勝した。 ▽前節、ワトフォードに6-0の大勝を収めるなど、開幕から4勝1分けと好調を継続するシティは、ミッドウィークに行われたEFLカップでもWBAに競り勝ち、きっちり4回戦へ駒を進めた。リーグ4連勝を目指すグアルディオラ監督率いるチームは、フランク・デ・ブール前監督からホジソン監督に政権交代しながらもリーグ全敗中の最下位パレスをホームで迎え撃った。 ▽来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)のシャフタール戦を控えるシティは、負傷のコンパニ、ベンチスタートとなったガブリエウ・ジェズスを除く主力を起用。アグエロが1トップに入り、その下にザネ、デ・ブライネ、シルバ、スターリングが並ぶ攻撃的な[4-1-4-1]の布陣を採用した。 ▽戦前の予想通り、序盤から相手を押し込むシティは、13分にボックス中央のフェルナンジーニョに決定機も、至近距離からのシュートはGK正面を突く。その後もスターリングらに決定機が訪れるも、これを決め切れない。 ▽すると、20分過ぎにメンディが足を痛めてダニーロとの負傷交代を強いられるなど、アクシデントに見舞われたシティは、ベンテケの高さと強さをシンプルに使う相手の攻撃に苦戦し始める。 ▽それでも、前半終盤にかけて攻撃のギアを上げたシティはアグエロが続けて決定機に絡むと、前半終了間際に貴重な先制点が生まれる。44分、シルバからの絶妙な浮き球パスに反応したザネが左足でボールを浮かせてDFを頭越しにかわすと、飛び出したGKより先に左足でプッシュし、ゴールネットを揺らした。 ▽ザネの持ち味が凝縮されたゴラッソで均衡を破ったシティは、後半に入ってエンジン全開。51分には鮮やかなカウンターから左サイドに抜け出したザネの丁寧な折り返しを、ゴール前に走り込んだスターリングがワンタッチで流し込み、開始早々に追加点を奪取する。 ▽さらに59分にはデ・ブライネの絶妙なフィードに抜け出したアグエロがボックス右からダイレクトで折り返すと、これを再びスターリングが押し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。 ▽その後、殊勲のスターリング、ストーンズを下げてベルナルド・シウバ、デルフを投入したシティだが、攻撃の手を緩めない攻撃陣が死に体のパレスに容赦なく襲い掛かる。79分には左サイド深くでザネが上げたクロスをゴール前のアグエロが頭で合わせ、4点目を奪取。さらに試合終了間際の89分にはボックス手前左からカットインしたデルフが見事なコントロールシュートをゴール右上隅に突き刺し、この日のゴールショーを締めくくった。 ▽開幕から全敗、無得点のパレス相手に枠内シュートを1本も許さず大量5得点を奪ったシティが、リーグ戦4連勝を飾った。 2017.09.24 01:03 Sun
twitterfacebook
thumb

ダービーがウェールズ代表MFレドリーをフリーで獲得…契約は来年1月までの短期

▽チャンピオンシップ(イングランド2部)のダービーは20日、クリスタル・パレスを退団していたウェールズ代表MFジョー・レドリー(30)の獲得を発表した。契約期間は来年1月までとなる。ダービーにとっては6人目の新加入選手となる。 ▽レドリーは、カーディフの下部組織出身で、2004年7月にトップチームへ昇格。2010年7月にセルティックへ移籍すると、2014年1月からクリスタル・パレスでプレーしていた。プレミアリーグでは83試合に出場し6ゴール2アシスト、チャンピオンシップでは227試合に出場し26ゴール19アシストを記録。昨シーズンはクリスタル・パレスでプレミアリーグ18試合に出場し1ゴールだった。 ▽また、ウェールズ代表としても2005年9月からプレー。73試合に出場し4ゴールを記録。ユーロ2016では準決勝までの全6試合に出場していた。 2017.09.22 09:38 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース