7戦全敗いまだ無得点のC・パレス、代表戦明けのチェルシー戦は諦めモード? ホジソン「ストライカーがいない」2017.10.02 22:29 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽クリスタル・パレスのロイ・ホジソン監督が、コートジボワール代表FWウィルフリード・ザハのチェルシー戦欠場を明らかにした。イギリスの地元紙『クロイドン・アドバータイザー』が伝えている。

▽プレミアリーグ開幕からここまで7戦全敗無得点のクリスタル・パレスは、フランク・デ・ブール前監督を解任。後任に選ばれたホジソン監督も、就任以降リーグ戦3試合全敗とチームを立て直せずにいる。そんな中、代表ウィーク明けの14日にチェルシー戦を控えるクリスタル・パレスだが、なかなか苦しい状況のようだ。

▽第2節以降、ヒザの負傷で離脱していたFWウィルフリード・ザハは、チェルシー戦には間に合わない見込みで、マンチェスター・シティ戦でじん帯を損傷したFWクリスティアン・ベンテケは引き続き欠場。さらに、MFルベン・ロフタス=チークは、レンタル元のチェルシー戦には出場できない契約となっているため、主力が3人も不足してしまう。

▽ホジソン監督は、「チェルシーは我々より明らかに強い」と認め、来るチェルシー戦での戦い方について説明した。

「ベンテケは数週間出場できないだろう。それ故に、我々はセンターFWなしで戦わなければならない。ザハもおそらく戻らない。ルベン・ロフタス=チークも出場できないため、3人の上級のプレーヤーを欠くことになる」

「(マンチェスター・ユナイテッド戦と)同じような戦い方になるだろう。懸命に走り回り、できる限りベストを尽くす。少なくとも、ユナイテッドの4バックは我々を止めるために働かなくてはならなかった。時おり、中盤でのパス回しで、ポジティブな兆候が見られたよ」

コメント

関連ニュース

thumb

C・パレス、生え抜きのU-20イングランド代表MFワン=ビッサカと2022年までの新契約締結!

▽クリスタル・パレスは19日、U-20イングランド代表MFアーロン・ワン=ビッサカ(20)との契約を2022年まで延長したことを発表した。 ▽クリスタル・パレスの下部組織出身のワン=ビッサカは、2016年7月にセカンドチームのクリスタル・パレスU-23に昇格すると、2018年1月にトップチームに昇格。ここまでプレミアリーグで6試合に出場している。 ▽また、DRコンゴとイングランドの二重国籍を持つワン=ビッサカは、U-20カテゴリーからイングランドの世代別代表でプレーしてきた。 2018.04.20 00:02 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプール、格下に先制許すもサラーの今季29点目で逆転勝利! CLシティ戦に弾み《プレミアリーグ》

▽リバプールは31日、セルハースト・パークで行われたプレミアリーグ第32節でクリスタル・パレスと対戦し、2-1で逆転勝利した。 ▽インターナショナルウィーク突入前に行われたワトフォード戦をサラーの4ゴールなどで快勝した暫定3位のリバプールは、連勝を狙う中断明けの初戦で暫定16位のパレスとのアウェイゲームに臨んだ。来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのマンチェスター・シティ戦を控えるクロップ監督は、いずれも負傷のジョー・ゴメスとジャンに代わってアーノルドとミルナーを起用した以外ベストメンバーを起用した。 ▽立ち上がりからリバプールが圧倒していく入りが予想された中、ホームのパレスが積極的な入りを見せる。8分にはキャバイエのスルーパスに抜け出したザハがループシュートを狙うが、これはGKカリウスのセーブで難を逃れる。しかし、13分にはロングボールをデンベレが競り勝って裏に抜け出したザハに対して、飛び出しが遅れたGKカリウスがアフター気味に倒してしまい、パレスがPKを獲得。これをキッカーのミリボイェビッチが冷静に左隅へ決めた。 ▽格下相手に先制を許したリバプールは15分と23分には続けてフィルミノがシュートを放つが相手GKのセーブに遭う。さらに24分にはボックス内で仕掛けたマネが相手DFとの交錯で倒れ込むが、ここはマネのシミュレーションを取られて逆にイエローカードをもらうことに。 ▽その後もマネの鋭い仕掛けを起点にサイドで相手を揺さぶりながらサラーやフィルミノらが続けてフィニッシュに絡んでいくが、ベンテケ1人を前線に残して全員が自陣で堅固なブロックを形成する相手の守備を崩し切れず、リバプールは前半を1点ビハインドで終えた。 ▽しかし、迎えた後半の立ち上がりにリバプールがあっさりと同点に追いつく。49分、右サイドから切り込んだサラーがボックス左の味方へ浮き球のパスを展開。ここでフィルミノとのパス交換からボックス左ゴールライン際でミルナーが速いボールで折り返すと、これをマネがワンタッチで流し込んだ。 ▽最高の時間帯に追いついたリバプールだが、ここで一息付いてしまったのか、パレスの反撃を許す展開に。58分にはタウンゼントのヘディングパスに反応したゴール前のベンテケ、直後の59分にはDFファン・ダイクの不用意なボールロストから再びタウンゼントにゴール付近まで侵攻され、ベンテケへのラストパスを許す。しかし、ここはベンテケのシュート精度の低さに助けられる。さらに62分には競り合いの場面で相手のファウルとセルフジャッジしたマネがインプレーでボールを手で掴みあわや2枚目の警告で退場というシーンを招くが、ここは主審がカードを掲示せず、事なきを得た。 ▽この状況を受けてクロップ監督は退場の恐れがあるマネ、ワイナルドゥムに代えてチェンバレン、ララナを同時投入する。だが、ララナが投入直後にハムストリングを痛めてしまい、プレー続行不可能に。この緊急事態にドイツ人指揮官はロブレンを投入し、システムを3バックに変更した。 ▽試合終盤にかけても拮抗した状況が続く中、頼れるエースがリバプールに待望の逆転ゴールをもたらす。84分、右サイドでチェンバレンが入れたクロスをボックス左のロバートソンがダイレクトで折り返すと、これをゴール前で受けたサラーが左足のトラップから素早く右足に持ち替えてゴール左に流し込んだ。 ▽そして、サラーの今季29点目で試合をひっくり返したアウェイチームは終盤の相手のパワープレーを屈強な3バックを中心に最後まで撥ね返し続け、苦しみながらも2-1で勝ち切った。これでリーグ2連勝のリバプールは良い形でシティとのCL準々決勝を迎えることになった。 2018.03.31 22:34 Sat
twitterfacebook
thumb

3度目の正直!? スパーズが元ユナイテッドFW獲得に向けて高額オファー準備へ

▽トッテナムが、クリスタル・パレスのコートジボワール代表FWフィルフリード・ザハ(25)の獲得に向けて3度目のオファーを提示するようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ▽クリスタル・パレスでプロデビューを飾ったザハは、その類まれなる身体能力からビッグクラブの注目を集めていた。そんな中、2013年1月にマンチェスター・ユナイテッドがアーセナルとの争奪戦を制して獲得している。 ▽しかしユナイテッドでは思うような出場機会を得られず、古巣のクリスタル・パレスやカーディフにレンタルで移籍。2015-16シーズンからはクリスタル・パレスに完全移籍で復帰を果たしていた。今シーズンも主力としてプレミアリーグ22試合で4ゴールをマークしている。 ▽そんなザハに対して以前からトッテナムが注目していたようだ。報道によると、トッテナムは2016年の夏に1200万ポンド(現在のレートで約17億8900万円)での獲得を考えていたようだが、このオファーは破談となった。その後2100万ポンド(現在のレートで約31億3200万円)で再オファーを出したが、クリスタル・パレス側を納得させることはできなかったという。 ▽今回、トッテナムは4000万ポンド(約59億6600万円)の高額オファーを準備して本気の姿勢を見せている。なお、ザハとクリスタル・パレスの契約は2022年までとなっている。 2018.03.20 11:26 Tue
twitterfacebook
thumb

ウィリアンのゴールなどでチェルシーがC・パレスとのロンドン・ダービー制す! CLバルセロナ戦に弾み《プレミアリーグ》

▽チェルシーは10日、プレミアリーグ第30節でクリスタル・パレスと対戦し、2-1で勝利した。 ▽直近のマンチェスター勢とのリーグ2連戦で連敗を喫した5位のチェルシー(勝ち点53)。チャンピオンズリーグ・バルセロナ戦がこの試合の4日後に控える中で、前節のマンチェスター・シティ戦からは3選手を変更。リュディガー、ドリンクウォーター、ペドロに代わり、ケイヒル、ジルー、そしてシティ戦の直前に倒れて欠場していたカンテが先発起用された。 ▽まずは開始5分、ザッパコスタのクロスにジルーがヘディングシュートでゴールに迫る。9分には相手のクリアミスをカンテが押し込みにかかるが、GKヘネシーがブロック。さらにその直後にはウィリアンが単騎突破からシュートに持ち込んだ。 ▽クリスタル・パレスも12分にスローインからタウンゼントがボックス外からボレーシュートで狙いにいく。その後はチェルシーがボールを支配する時間が続くが、アタッキングサードでのアイデアを欠きなかなか相手の守りを崩すことができない。 ▽迎えた25分、チェルシーの猛攻がようやく実を結ぶ。左からカットインするウィリアン。得意の形から右足を振り抜くと、これが左ポストの内側に当たりゴールに吸い込まれていった。ウィリアンは公式戦ここ5試合で5ゴール目となった。 ▽なおも攻勢を続けるチェルシー。カウンターから左サイドのマルコス・アロンソに展開。グラウンダーのクロスを中央でウィリアンがスルーし、受けたアザールがボックス右のザッパコスタに送ると、ザッパコスタの折り返しが相手DFケリーのオウンゴールを誘いチェルシーが2点目を奪った。 ▽さらに前半終了間際には、ジルーに移籍後リーグ戦初ゴールのビッグチャンスが訪れるが、シュートはオウンゴールを献上してしまったケリーのゴールライン上での決死のクリアに阻まれてしまった。 ▽後半はベンテケからザハに代えたクリスタル・パレスがファーストシュートを放つ。ザハが相手からボールを奪うと、それを拾ったセルロートがボックス左からシュートを放つ。だがこのシュートは惜しくも左ポストを直撃してしまう。 ▽対するチェルシーも、カウンターで攻め上がったウィリアンがボックス内でジルーの折り返しを受けてシュートに持ち込むが、相手DFが体を張ったディフェンスでゴールを許さない。そして、60分のウィリアンのFKは枠を捉えたが、GKヘネシーが跳ね返す。 ▽67分には再びジルーにビッグチャンスが訪れるが、今度はポストに当ててしまい天を仰いだ。するとそのジルーは72分にモラタと交代。結局チェルシーでのリーグ戦初ゴールはお預けとなった。 ▽後半に入ってからは追加点が奪えないチェルシーは、80分にネットを揺らされるが直前にリードウォルドのケイヒルに対するファウルがあったとしてゴールとはならなった。その後、チェルシーはアザールとセスクを下げてバカヨコとペドロを同時投入。 ▽試合を締めにかかったチェルシーだが、90分に古巣対決となったファン・アーンホールトに得点を許し1点差に詰め寄られてしまう。それでも、2点のリードを守りぬいたチェルシーがロンドン・ダービーを制し公式戦4試合ぶりの勝利。CLバルセロナ戦に弾みをつけた。 2018.03.11 04:23 Sun
twitterfacebook
thumb

C・パレス指揮官、逆転負けを喫するも「全力を尽くす集団だった」と称賛

クリスタル・パレスは、マンチェスター・ユナイテッド相手に2点のリードを奪うも、逆転負けを喫した。クリスタル・パレスのロイ・ホジソン監督は試合後、チームのパフォーマンスを称えた。<br><br>5日に行われたプレミアリーグ第29節で、ユナイテッドと対戦したクリスタル・パレス。降格圏に沈むチームがトップ4を相手に2点を先制することに成功したがリードを守りきれず、後半アディショナルタイムに逆転ゴールを決められて試合終了を迎えた。<br><br>試合終盤に決勝ゴールを許したことにより、ユナイテッドからの貴重な勝ち点1をも取りこぼしたパレスだが、指揮官はチームのパフォーマンスを褒め称えた一方で、ショックは隠しきれないようだ。<br><br>「悲しみだ。完全なる悲しみだよ。私はクラブのため、チームメイトのために、強大なチームを相手に全力を尽くす集団を見ることができた。しかし、何も持ち帰ることができなかった。先週の日曜日にトッテナムを相手にしたときのように。2戦続けてだ。選手たちを哀れに思うよ」<br><br>「今日見せたパフォーマンスをとても誇りに思う。プレーヤーは自分の役割を全力でこなし、戦術的にもとても高い規律を見せてくれた。誰も責めることはできない。ただ(ロメル)ルカクが決めた素晴らしい同点ゴールと、最後の最後でボールが(ネマニャ)マティッチのところにボールが落ち、GKが何もできないような25~30メートルのロングシュートを決められただけだ」<br><br>「もしボールがクロスバーを越えたり、クロスバーにはね返されたり、横にそれたりしていれば、私は『よくやった、なんて素晴らしいパフォーマンスで、素晴らしい勝ち点1だ』と選手たちに伝えられるはずだった。しかし、この通り、試合に負ければ全て変わってしまうんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.03.07 15:06 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース