ワトフォードFWマウロ・サラテがアル・ナスルにレンタル移籍2017.10.02 21:14 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ワトフォードは2日、元アルゼンチン代表FWマウロ・サラテ(30)が、UAEのアル・ナスルへレンタル移籍したことを発表した。期間は今季終了まで。

▽これまでラツィオやインテル、ウェストハムなど、多くのクラブを渡り歩いてきたサラテ。昨シーズンはフィオレンティーナでプレーした後、今年1月にワトフォードに移籍した。しかし、出場3試合目のウェストハム戦で、ヒザの前十字靭帯を損傷し、以降はプレーから遠ざかっていた。

▽これがキャリア10クラブ目となるサラテは、2007年から2009年までカタールのアル・サッドに在籍した経歴を持つ。しかし、出場機会はなかったため、実質的には今回がアジア初挑戦となりそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

D・サンチェス退場響いたスパーズが泥沼の4戦未勝利…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第15節、ワトフォードvsトッテナムが2日にヴィカレージ・ロードで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節、レスター・シティに敗れた7位のトッテナム(勝ち点24)は、直近のリーグ戦5試合で1勝3敗1分けと急失速。早くもシーズン序盤で正念場を迎えるポチェッティーノ監督率いるチームは、8位のワトフォード(勝ち点21)とのダービーで4試合ぶりの勝利を目指した。前節からは先発3人を変更し、ローズとオーリエ、ムサ・シッソコに代わって、トリッピアー、ベン・デイビス、ソン・フンミンを起用した。 ▽ここ最近の不振を受けて、久しぶりに[4-2-3-1]の布陣をスタートから採用したトッテナムは、前線のケインを起点に立ち上がりから攻勢に出るが、フィニッシュまで持ち込むことができない。すると13分、相手の左CKの場面でクレバリーがインスウィングで入れたボールを中央のカバセレに頭で合わせられ、公式戦5試合連続での先制点を許してしまう。 ▽何とか早い時間帯に追いつきたいアウェイチームは徐々に反撃に転じると、23分には左サイドからのクロスにデレ・アリが飛び込むが、わずかに届かない。それでも、直後の25分にはトリッピアーのスルーパスに抜け出したエリクセンがボックス右付近に持ち上がって丁寧なグラウンダーのクロス。これをゴール前にフリーで走り込んだソン・フンミンがワンタッチで流し込み、早い時間帯に追いついた。 ▽1-1のタイに戻った試合は、ここから徐々にトッテナムペースに。ワトフォードを得意とするトリッピアーが右サイドから再三に渡ってチャンスメークを果たすと、36分にエリクセンが直接FKで、42分にはセットプレーの流れからB・デイビスが際どいシュートを放っていくが、前半のうちに試合を引っくり返すことはできなかった。 ▽すると、迎えた後半の立ち上がりに再び試合が動く。52分、サイドでリシャルリソンに入れ替わられそうになったDFダビンソン・サンチェスが身体を当てにいった際に振り上げたヒジが顔面を捉えてしまい、このファウルに対して主審はレッドカードを掲示。数的不利を背負う形となったトッテナムは、エリック・ダイアーを一列下げて[4-4-1]の布陣で残り40分余りを戦うことに。 ▽この退場を機に攻勢を強めるワトフォードは62分、セットプレーの二次攻撃からペナルティアーク付近でこぼれ球に反応したドゥクレが強烈なシュートを放つが、これは右ポストを叩き勝ち越しゴールとはならない。 ▽過密日程の中で10人の戦いを強いられたトッテナムは64分、エリクセンを下げてムサ・シッソコを投入。攻守両面で戦えるハードワーカーの投入で流れを変えに行く。対するワトフォードは1枚カードをもらっていたカバセレに代えてキャプー、ロベルト・ペレイラに代えてカリージョをピッチに送り込む。 ▽試合終盤にかけてはワトフォードが押し込む時間が続くも、ラメラ、ウィンクスの投入でバイタリティを取り戻したトッテナムも要所で反撃を試み、白熱の攻防が繰り広げられる。後半のアディショナルタイムにはワトフォードのクロスに対して、ボックス内のDFダイアーが手を使って阻むような場面があったものの、主審はPKを取らず。そして、試合は1-1のままタイムアップ。D・サンチェスの退場が大きく響いたトッテナムはドローに持ち込むのが精一杯となり、泥沼の4戦未勝利。上位陣との勝ち点差がさらに開く痛恨の結果となった。 2017.12.03 02:14 Sun
twitterfacebook
thumb

A・ヤングの超絶FKなど大量4得点を奪ったユナイテッドが好調ワトフォードを下してリーグ3連勝!《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・ユナイテッドは28日、プレミアリーグ第14節でワトフォードとアウェイで対戦し、4-2で勝利した。 ▽前節、ブライトンに幸運なオウンゴールで辛勝し、2連勝中の2位のユナイテッド(勝ち点29)は、その試合から2選手を変更。マタとラッシュフォードに代えて、負傷明けのロホとリンガードが先発入りした。 ▽首位を快走するマンチェスター・シティに少しでも圧力をかけられるよう3連勝を目指すユナイテッドは、左サイドを中心に攻撃を展開する。だが、サイドを強固に守るワトフォードの牙城を崩すことができない。逆に効率よくカウンターを狙っていくホームチームにサイド攻撃から危ない場面を作られてしまう。 ▽素早いプレスをかけてくるワトフォードに対して赤い悪魔は個の力で突破する。19分、敵陣中央でボールを収めたルカクは、前線のリンガードにボールを渡す。リンガードは一旦左に散らすと、そのパスを受けたA・ヤングがボックス左から思い切りよく右足を振り抜く。するとこのシュートがゴールのニアを抜きネットを揺らした。 ▽A・ヤングはさらに25分にもボックス手前中央からのFKの場面で、大きくカーブのかかったシュートをゴール左上隅に突き刺し、一気にリードを2点に広げた。続いて32分には、ルカクのパスを受けたマルシャルがボックス右からあっさり決めて3点目を奪った。 ▽前半だけで3点を奪ったユナイテッドは、55分にマティッチが足の痛みを訴え負傷交代を余儀なくされる。65分にはマルシャルを下げてラッシュフォードを投入。攻撃の手を緩めない。 ▽74分にはポグバに決定機。右サイドのクロスを頭で合わせたが、枠に飛ばすことができなかった。その直後には、高い位置でボールを奪ったラッシュフォードからパスを受けたルカクがGKと一対一になるが、もたもたしているうちにDFに戻られシュートを打てず。 ▽後半に入って得点を奪えないでいるユナイテッドはワトフォードの反撃を受けてしまう。77分、ドリブルで仕掛けるR・ペレイラをロホがボックス内で倒してしまい、PKを献上。このPKを途中出場のディーニーに決められ3-1に。さらに84分には、ボックス右のカリージョのクロスをドゥクレにダイレクトで合わせられ、1点差に詰め寄られてしまう。 ▽それでも、攻めの姿勢を見せるユナイテッドが再び引き離す。86分、カウンターから1人で持ち上がるリンガードは、DF4人に囲まれながらもボックス内にドリブルで侵入。そこからゴールに流し込み、試合を決定付ける4点目を挙げた。 ▽そしてこのまま試合は終了。圧倒的な攻撃力でワトフォードをねじ伏せたユナイテッドが4-2で勝利し、リーグ戦3連勝を飾った。 2017.11.29 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

モイーズ新監督、ハマーズでの初陣を勝利で飾れずワトフォードに2失点完敗《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第12節、ワトフォードvsウェストハムが19日に行われ、2-0でワトフォードが勝利した。 ▽7日に前任のスラヴェン・ビリッチ監督を解任し、新指揮官にデイビッド・モイーズ監督を招へいした18位のウェストハム(勝ち点9)が、9位ワトフォード(勝ち点15)の本拠地ヴィカレージ・ロードに乗り込んだ。モイーズ新監督の初陣となったこの一戦、マンチェスター・ユナイテッド時代に不仲説が伝えられた”チチャリート”ことハビエル・エルナンデスは、代表ウィーク中に負傷したためベンチ外となった。 ▽チーム内得点王を外したウェストハムは、アルナウトビッチやキャロルといった高身長の選手が前線で起用された。新指揮官を携え、気持ち新たに3週間ぶりのリーグ戦に臨んだウェストハムだったが、出だしで躓いてしまう。 ▽11分、右からクロスを入れられたウェストハムは、DFがクリアを試みるもこのボールを奪われ、最後はヒューズに決められてしまった。さらに守勢を強いられるウェストハムは、32分にワトフォードのリシャルリソンがA・グレイとのワンツーからゴール前に抜け出しシュート。しかし、ここはGKハートのファインセーブで失点を回避した。 ▽ここまでほぼワンサイドゲームを強いられてきたウェストハムにも42分に前半最大の決定機。ボックス手前のキャロル、ランシーニ、ノーブルの華麗なパス交換から、最後はクヤテ。後は流し込むだけだったが、GKゴメスがビッグセーブを見せた。 ▽前半終了間際にも、右サイドのクロスにアルナウトビッチが頭で合わせGKを強襲。さらにそのこぼれ球を押し込むが、GKゴメスがここでも神懸かり的なセーブでウェストハムの得点を許さなかった。 ▽後半も前半と同じようにワトフォードがイニシアチブ握る展開に。そんな中ウェストハムは52分に、味方のパスでボックス右に侵入したアルナウトビッチの折り返しにクヤテが反応。ゴール至近距離からのシュートだったが枠を外してしまう。 ▽少ないチャンスをモノにできないでいるウェストハム。試合を支配するワトフォードが追加点を挙げるのは時間の問題だった。64分、ヒューズがセンターサークルでボールを奪うとそこからカウンター発動。左サイドのリシャルリソンにボールを渡すと、リシャルリソンは左サイドを駆け上がりそのままシュートを突き刺した。 ▽2失点を喫したウェストハムは74分、左のクロスの流れ球をランシーニがダイレクトで狙う。しかし、カバセレにギリギリのところでブロックされ得点を奪えない。さらにそのブロックされたボールがカバセレの手に当たっていたが、ホイッスルは吹かれず。 ▽結局、試合はヒューズ躍動のワトフォードが2-0で勝利。完敗のウェストハムは、モイーズ監督の初陣を白星で飾ることができなかった。 2017.11.20 03:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ワトフォード主将ディーニーが3試合の出場停止

▽イングランド・サッカー協会(FA)は10月31日、ワトフォードの主将FWトロイ・ディーニーに対し、3試合の出場停止処分を科したことを発表した。 ▽ディーニーは10月28日に行われたプレミアリーグ第10節ストーク・シティ戦でフル出場していたが、試合終了間際にストークMFジョー・アレンとやり合い、共にイエローカードを受けていた。 ▽FAは声明でビデオ判定によってディーニーに3試合の出場停止処分を科したことを説明している。 ▽この裁定により、ディーニーは11月5日に行われるプレミアリーグ第11節エバートン戦、19日に行われる第12節ウェストハム戦、25日に行われる第13節ニューカッスル戦の3試合を欠場することとなる。 ▽ディーニーは今季のプレミアリーグで8試合に先発し、第8節アーセナル戦ではチームを勝利に導くPKを決めていた。 2017.11.01 02:30 Wed
twitterfacebook
thumb

低調チェルシー、ワトフォードキラーのバチュアイ2ゴールに救われ連敗ストップ!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第9節、チェルシーvsワトフォードによるロンドン・ダービーが21日にスタンフォード・ブリッジで行われ、ホームのチェルシーが4-2で勝利した。 ▽前節、開幕から全敗中の最下位クリスタル・パレス相手に今季初ゴールと初白星を献上した5位チェルシーは、リーグ戦2連敗と調子を落とす。ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のローマ戦ではホームで2点差をひっくり返されるも、エースのアザールのゴールによって3-3のドローに持ち込み、公式戦の連敗をストップした。 ▽直近の試合でアーセナルを破るなど、マルコ・シウバ新監督の下で4位と躍進するワトフォードとのダービーに向けてはローマ戦から先発2人を変更。クリステンセンとザッパコスタに代えてリュディガーとペドロを起用し、ダビド・ルイスを本来の3バックの中央に戻したほか、アウピリクエタを右ウイングバックに配置し、最前線のモラタの下にアザールとペドロを置く本来の[3-4-3]の布陣に戻した。 ▽中2日の過密日程を受けて、早い時間帯に先制点がほしいチェルシーは立ち上がりからサイドを起点に攻勢を強めていく。すると12分、右サイドのゴールライン際でDFブリトスと競ったアザールが微妙な判定ながらCKを獲得する。このCKの流れからボックス右のアザールが丁寧にマイナスパスをペドロに送ると、ボックス手前右のペドロが右足で強いカーブをかけたダイレクトシュートが右ポストの内側を叩きゴールネットに吸い込まれた。 ▽ペドロのゴラッソで先制に成功したチェルシーは16分にも追加点のチャンス。バイタルエリア左でパスを受けたモラタがボックス右にフリーで走り込むセスクへ絶妙な斜めのスルーパスを通す。だが、GKゴメスに詰められたセスクのループシュートは完璧に読まれてしまい、絶好の決定機を逸した。 ▽この決定機以降、なかなかチャンスを作れなくなったチェルシーは、休養十分で球際のバトルで奮闘するアウェイチーム相手に主導権を握られる。それでも、クレバリーやリシャルリソンにフィニッシュに持ち込まれるものの、決定機は許さない。逆に、前半終了間際の40分にはセスクのミドルシュートでゴールに迫るが、ここはGKゴメスの好守に阻まれる。すると、前半終了間際の48分には自陣左サイド深くで与えたスローインの場面でホレバスのロングスローのこぼれをボックス右のドゥクレに右足アウトにかけた見事なシュートでニアを抜かれ、1-1に追いつかれてハーフタイムを迎えた。 ▽後半に入ってもギアが上がらないチェルシーは立ち上がりの48分に右サイドを破ったロベルト・ペレイラの鋭いグラウンダーのクロスからファーでフリーのリシャルリソンに絶好機を許すが、これは相手のシュートミスに救われる。だが、直後の49分に中盤でのバカヨコのボールロストからカウンターを浴びると、ボックス左でボールを持ったリシャルリソンのグラウンダーのパスをファーでフリーのペレイラに冷静に流し込まれ、逆転を許した。 ▽後半立ち上がりの痛恨の失点に動揺するチェルシーは54分にも相手セットプレーの流れからブリトスのクロスをゴール前でドフリーのリシャルリソンに頭で合わせられるが、これは再びリシャルリソンのシュートミスに救われる。 ▽何とか流れを変えたいコンテ監督は61分、疲労困憊のモラタを下げてバチュアイを投入。さらに68分にはマルコス・アロンソに代えてウィリアンを投入し、アスピリクエタを左サイドバックに移した[4-2-3-1]の布陣に変更した。 ▽するとこの選手交代が同点ゴールをもたらす。71分、相手陣内右サイドで得たFKの流れからウィリアンとパス交換した右サイドのペドロがニアを狙ったクロスを入れると、相手DFの前に飛び出したバチュアイが頭で合わせてゴール左隅に流し込んだ。 ▽ワトフォードキラー、バチュアイの対ワトフォード戦3試合連続ゴールで試合を振り出しに戻したチェルシーだが、ここから一気に流れを引き戻すまでには至らない。82分にはボックス内でゴールを背にしてセスクのパスを受けたバチュアイが強引に右足の反転シュートを試みるが、これは枠の右に外れる。さらに86分にはペドロに代わってザッパコスタを右サイドに投入すると、この交代が勝ち越しゴールに繋がる。 ▽87分、右サイド深くでザッパコスタがタメを作って外のウィリアンに短いパスを渡すと、ウィリアンが鋭いクロスを供給。ニアで相手DFカバセレがフリックしたボールをファーに詰めたアスピリクエタが頭で流し込んだ。伏兵の今季初ゴールで試合を再び引っくり返したチェルシーは、試合終了間際の95分にも相手DFの不用意なパスをバカヨコが頭で跳ね返すと、これに反応したバチュアイが冷静にGKとの一対一を制し、ダメ押しの2点目を奪った。 ▽上位対決で大苦戦のチェルシーだったが、ワトフォードキラーのバチュアイの2ゴールなどで打ち合いを制し、リーグ戦の連敗をストップした。 2017.10.21 22:40 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース