リバプールやセインツでプレーした元イングランド代表FWリッキー・ランバートが現役引退2017.10.02 20:53 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元イングランド代表FWリッキー・ランバート(35)が現役引退を発表した。イギリス『デイリー・メール』などが伝えている。

▽リバプールユース出身のランバートは、下部リーグのいくつかのクラブを渡り歩いた後、2009年夏から加入したサウサンプトンで235試合117得点を記録して名前を売った。同クラブのプレミアリーグ昇格に貢献した後、2014年夏には地元リバプールに移籍。しかし、目立った活躍を残せず、翌シーズンにWBAでプレーし、昨シーズンはカーディフに所属していた。

▽イギリス『デイリー・メール』によれば、プロキャリア701試合の出場で241得点を記録。また、2013年に31歳でデビューしたイングランド代表では、11試合に出場して3得点をマークした。

▽ランバートは引退に際して、以下のようにコメントしている。

「このスポーツに長くかかわることができてラッキーだったと思っている」

「キャリアにおいていくつかの浮き沈みを経験したけど、サウサンプトンやリバプールのようなクラブでプレーできたし、国の代表としてワールドカップでもプレーできた。夢想だにしないことだったよ」

「ファンや全てのクラブに感謝したい。特にベストな時期を過ごしたサウサンプトンには感謝だね。クラブの関係者とも特別な関係を築けることができた」

「キャリアを通して一緒だったチームメートや監督たちにも感謝したい。みんなと働けたことは誇りだ。少し家族と共にゆっくりとした時間を過ごすよ」

コメント

関連ニュース

thumb

負傷交代ファン・ダイク、軽傷か…クロップが示唆

▽リバプールに所属するオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが負傷交代した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽リバプールは、22日に行われたプレミアリーグ第6節でサウサンプトンと対戦。3-0の快勝を収め、開幕6連勝を飾った。だが、この試合に先発したファン・ダイクが51分にピッチを退いている。 ▽守備の要が戦線離脱となれば間違いなく痛手となるクロップ監督。試合後、ファン・ダイクの状態について次のように語り、軽傷の可能性を示唆した。 「彼はパリ・サンジェルマン戦前から肋骨にアザがあって、今日の試合で同じところを痛めてしまった」 「良いことじゃないが、さほどシリアスなものでもないはずさ。問題ないことを祈るよ。異なる情報は聞きたくないね」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.23 11:05 Sun
twitterfacebook
thumb

サラー4戦ぶり弾などでリバプールがリーグ6連勝! 吉田不出場のセインツは2戦勝利なし…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第6節、リバプールvsサウサンプトンが22日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが3-0で快勝した。なお、サウサンプトンのDF吉田麻也はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽直近のリーグ戦でトッテナム、ミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)でパリ・サンジェルマン(PSG)に競り勝って開幕6連勝を飾ったリバプール。目下、絶好調のクロップ率いるチームは連勝を伸ばすべく圧倒的な強さを誇るアンフィールドでサウサンプトンを迎え撃った。PSG戦からは先発3人を変更し、ジョー・ゴメス、ミルナー、スタリッジに代えてマティプ、移籍後初先発のシャキリ、フィルミノが起用された。 ▽サラーを最前線に置き2列目に右からマネ、シャキリ、フィルミノを並べた[4-2-3-1]の布陣で臨んだリバプールが立ち上がりから攻勢を見せる。すると10分、左CKの二次攻撃からボックス左でシャキリが強引に放った右足のシュートが相手DFに当たると、この跳ね返りをゴール前のDFホードがクリアし切れず、GKマッカーシーの懸命のリカバリーも虚しくゴールネットに吸い込まれた。 ▽幸運な形から先制に成功したリバプールはその後もストレスなく試合を優勢に進めていく。20分にはゴール前の混戦からこぼれ球に反応したサラーに絶好機もここはDFがわずかに触って枠の右へ外れる。だが、このプレー得た右CKの場面でキッカーのアーノルドがファーサイドへアウトスウィングのターンボールを入れると、DFヴェステルゴーアに競り勝ったマティプのヘディングシュートがゴール左隅に決まった。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽セットプレーの流れからの2ゴールで余裕の試合展開となったリバプールはややペースダウンしたことで、ここからサウサンプトンに攻め込まれる時間が続く。それでも、最後の場面できっちり身体を張ってゴールを許さない。その後はサラーのスピードを生かしたカウンターから幾度となく決定機を作り出すと、再びセットプレーの流れから3点目を奪う。前半アディショナルタイム3分、ボックス手前の好位置でFKを得ると、キッカーのシャキリが左足を振り抜く。このシュートがクロスバーの内側を叩いてゴールライン上でバウンドすると、圧倒的なスピードでこぼれ球に反応したサラーが蹴り込み、公式戦4試合ぶりのゴールを挙げた。 ▽サラーのダメ押しのゴールで前半のうちに試合を決めたリバプールはハーフタイムでシャキリを下げてミルナーを投入。システムを通常の[4-3-3]に戻した。後半も相手の攻撃を受け止めながら危なげなく試合を運ぶホームチームだったが、55分にアクシデント発生。脇腹を痛めたファン・ダイクがプレー続行不可能となり、急遽J・ゴメスが投入された。 ▽一方、何とか一矢報いたいサウサンプトンはターゲット、ロメウを下げてベドナレク、アームストロングを同時投入。この交代で[3-4-3]にシステム変更するが、相手陣内の深い位置までボールを運べるもののフィニッシュまで持ち込めない。 ▽その後、74分にワイナルドゥムを下げてナビ・ケイタを最後の交代カードとして投入したリバプールは幾度かカウンターチャンスでサラーやマネに4点目のチャンスが訪れたが、サラーのゴールがオフサイドで取り消しになるなど、後半にゴールは生まれず。それでも、セインツの反撃を危なげなく凌ぎ切って3-0の完勝。今季の公式戦全勝を継続すると共にリーグ6連勝を飾った。一方、良いところなく敗れたサウサンプトンは2戦未勝利となっている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.23 01:04 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレミアリーグ第6節プレビュー】チェルシーとリバプールが開幕6連勝を目指す! マンチェスター勢は昇格組と対戦

▽前節最大のビッグマッチ、トッテナムvsリバプールはリバプールに軍配。開幕5連勝を飾った。そしてそのリバプールと並び5連勝で首位に立つのがチェルシーだ。前節のカーディフ戦ではMFエデン・アザールの圧巻ハットトリックで昇格組を粉砕。エースとともにチームも絶好調だ。また、上記2チームと同じように5連勝が懸かっていたワトフォードはマンチェスター・ユナイテッドに力負け。終盤に攻勢を仕掛けたものの今季初黒星を喫した。第6節は、上位陣は比較的楽な相手となりそうだ。 ▽現在得失点差で首位に立つチェルシーは、ウェストハムのホーム、ロンドン・スタジアムに乗り込んでのロンドン・ダービーに臨む。ミッドウィークにPAOKとのヨーロッパリーグ(EL)を戦ったが、アザールやDFダビド・ルイスは遠征には帯同せずしっかり休養を取った。しかし、この試合でFWペドロが肩を負傷。欠場が見込まれている。対するウェストハムは、MFジャック・ウィルシャーがケガにより最大6週間の離脱。チェルシーとのリーグホーム戦ここ6試合で3勝を挙げているが果たして。なお、この試合でチェルシーが勝利すれば、マウリツィオ・サッリ監督はプレミアで指揮した最初の6試合で全勝した3人目の指揮官になる。過去にこの偉業を達成したのはカルロ・アンチェロッティとペップ・グアルディオラだけだ。 ▽2位のリバプールはDF吉田麻也所属のサウサンプトンと対戦。チャンピオンズリーグ(CL)でパリ・サンジェルマンに勝利した勢いそのままに、クラブ史上3度目のリーグ開幕6連勝を目指す。プレミアでのリバプール戦ここ4試合無得点のセインツは、ここまで3得点でチーム内得点王のFWダニー・イングスが規定によりリバプール戦は出場できない。 ▽リーグ戦ここまで無敗のマンチェスター・シティは先日のCLリヨン戦で今季初黒星。今節の相手カーディフとは、プレミアの舞台では3度目の対戦となる。2013-14シーズンのアウェイ戦は2-3で敗戦。それでも2015年3月のバーンリー戦以来、昇格組とは21試合負けなし。リヨン戦後にチームのパフォーマンスに不満を漏らしていたグアルディオラ監督を満足させることはできるだろうか。 ▽リバプールに敗れてリーグ2敗目を喫したトッテナムはアウェイでブライトンと対戦する。MFデレ・アリとMFムサ・シソコ復帰も、主将のGKウーゴ・ロリスは以前離脱中。CLではインテルに敗れ公式戦3連敗中と、悪い流れを断ち切りたいスパーズだが、ブライトンはホームでのリーグ戦ここ8試合負けなし。一筋縄ではいかないか。 ▽リーグ3連勝で7位に浮上したアーセナルは、ELでヴォルスクラに大勝し公式戦では4連勝。徐々に軌道に乗ってきたところでホームでエバートンと対戦する。リーグ戦ホームでのエバートン戦はここ24試合で20勝4分け。完全にお得意様としている相手にエバートン戦6ゴールのMFアーロン・ラムジーが襲いかかる。 ▽前節、ワトフォードの連勝に歯止めをかけたマンチェスター・ユナイテッドはホームでウルブスと対戦する。オールド・トラフォードでの同カードはユナイテッドが6連勝中。トッテナムをホームに迎えた第3節で敗れたユナイテッドだが、2014年3月以降ホームでは連敗はしておらず、ジョゼ・モウリーニョ監督もこれまでのキャリアで一度もホーム連敗をしたことはない。また、現在2連勝中のウルブスも1980年3月以降、3連勝を収めたことはない。 ▽FW武藤嘉紀のニューカッスルはアウェイでクリスタル・パレスと対戦。ニューカッスルはロンドン遠征ここ19試合で14敗。C・パレスはプレミア通算100勝目を目指す。FW岡崎慎司のレスター・シティはハダースフィールドをホームに迎え撃つ。レスターはここ9度の対戦で8勝。一方のハダースフィールドはプレミア直近15試合でわずか1勝だ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ◆プレミアリーグ第6節 ▽9/22(土) 《20:30》 フルアム vs ワトフォード 《23:00》 レスター・シティ vs ハダースフィールド クリスタル・パレス vs ニューカッスル カーディフ vs マンチェスター・シティ バーンリー vs ボーンマス マンチェスター・ユナイテッド vs ウォルバーハンプトン リバプール vs サウサンプトン 《25:30》 ブライトン vs トッテナム 09/23(日) 《21:30》 ウェストハム vs チェルシー 《24:00》 アーセナル vs エバートン 2018.09.22 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプール、ピルロ氏絶賛のバレッラ獲得へ

▽リバプールはカリアリのイタリア代表MFニコーロ・バレッラ(21)の獲得に動くようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽バレッラは先日のUEFAネーションズリーグに臨むイタリア代表に選出された同国の逸材選手。リバプールはバレッラ獲得に3500万ユーロ(約46億円)のオファーを既に準備している模様だ。また、以前から関心を示していたとされるユベントスの同選手に対する興味が薄れたと伝えられている一方で、ミランも長期的な関心を示しているようだ。それでも、伝えられるところによるとリバプールは獲得に「自信を持っている」という。 ▽カリアリ下部組織のバレッラは2015年にプロデビュー。加入初年度からリーグ戦21試合に出場し、チームのセリエA昇格に貢献した。また昨シーズンはリーグ戦34試合に出場し6ゴールを記録しチームには欠かせない存在になり、今シーズンもここまで4試合で1ゴールを記録。16日に行われたセリエA第4節のミラン戦の際には、ロッソネリのレジェンド、アンドレア・ピルロ氏がバレッラのプレーを絶賛。「見ていて楽しかった。彼は正しいスペースを見つけることが出来るんだ」とコメントを残していた。 2018.09.22 17:06 Sat
twitterfacebook
thumb

フィルミノ、ゴーグル姿を皆にイジられる

▽リバプールのブラジル代表FWロベルト・フィルミノが愛されている。 ▽フィルミノは15日のプレミアリーグ第5節のトッテナム戦で、相手DFヤン・ヴェルトンゲンから偶発的ながら目突きを食らって左眼球を負傷。そのまま交代を余儀なくされていた。 ▽幸い大事には至らなかったようで、フィルミノは次戦のチャンピオンズリーグのパリ・サンジェルマン戦で途中出場すると、決勝ゴールを奪いチームを勝利に導く活躍を見せた。 ▽それでも念には念をと、20日に行われたトレーニングでは目を保護するために専用のゴーグルを着けて登場。するとこれが格好の的になる。リバプールが公開した動画によると、練習場に出てきたフィルミノは早速チームメイトからイジられ、さらにユルゲン・クロップ監督にまで「エドガー・ダーヴィッツが帰ってきたぞ」とイジられる始末に。 ▽ダーヴィッツ氏といえば現役時代、左目に緑内障を発症し失明の危機もあったものの手術によって回避。その後は保護のためにゴーグルを着用するようになり、それがトレードマークになっていた。 ▽着けたゴーグルがたまたま黒縁だったということもあり、ネタにされてしまったフィルミノ。公開された動画はチームの良い雰囲気が感じられる動画だった。 ▽リバプールは22日に、プレミアリーグ第6節、ホームのサウサンプトン戦が控えている。ダーヴィッツは…いやフィルミノはどんな活躍を見せてくれるのだろうか。 ※写真はエドガー・ダーヴィッツ氏 2018.09.21 18:44 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース