ユナイテッドファンはまだ最高のマティッチを見ていない? 「僕はもっと良くなる」2017.10.02 18:50 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドのセルビア代表MFネマニャ・マティッチは、今シーズンはまだ自身が最高の状態ではないことを主張した。イギリス『インデペンデント』が伝えた。

▽FWロメル・ルカク、DFビクトル・リンデロフと共に今夏のユナイテッド新戦力となったマティッチは、すぐさまチームに馴染むと、守備的MFとしてリーグ戦全試合に出場するなどインパクトを残している。

▽しかし、マティッチは自身がまだ本調子ではないと主張した。

「僕はプレシーズンを消化できなかった。1人で練習していたからね。試合中もそれを感じさせられることがたまにあるよ(笑)。身体的な準備ができてなくて難しく感じることもある。シンプルにプレーして目立たないように頑張っているけどね。僕のプレーはもっと良くなるよ」

「僕らはマンチェスター・ユナイテッドだから、自分たちが何をしなければいけないかを理解している。1試合1試合、次の試合が最も大事だと集中している。5月までの長い道のりを見据えてポイントを積み重ねていかないとね」

コメント

関連ニュース

thumb

ファーディナンド氏が明かしたデ・ヘア加入当時の反応「皆は実力を疑っていた」

マンチェスター・ユナイテッドOBリオ・ファーディナンド氏が、GKダビド・デ・ヘアが加入してきた当時は、選手の間ですら実力に疑いを向けられていたことを明かした。<br><br>デ・ヘアは21日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグのセビージャ戦に先発。終始ホームチームのペースで試合が進むも、守護神が好セーブを連発し、敵地での引き分けに大きく貢献した。<br><br>2011年にアトレティコ・マドリーから加入して以来、ユナイテッドで不動の守護神の地位を築くデ・ヘアだが、加入当時はチームメイトですらその実力に疑いの目を向けていたことをファーディナンド氏が告白した。<br><br>「彼がチームに来たとき、選手たちですら彼の実力に疑問を抱いていたよ。まだ若い少年がユナイテッドに来たんだ。私たちは毎年優勝しなければいけないチームだった。『経験もなく、自信も無さそうに見える少年とどうしろって言うんだ』と話をしていた。しかし、今の彼がいる。これはいるべき場所にいるために努力を続けてきた選手の証だ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.22 20:09 Thu
twitterfacebook
thumb

「チームを変えた方がいい」デニス・ワイズ氏がユナイテッドのヤングスターに助言

▽元イングランド代表MFデニス・ワイズ氏が、マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードにある助言を送っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽現役時代はチェルシーでも活躍したワイズ氏。そのチェルシーが25日に行われるプレミアリーグ第28節のユナイテッド戦を控えていることを受け、同氏はユナイテッドについて言及。その中でも、現在2番手、3番手に甘んじているラッシュフォードにアドバイスを送っている。 ▽ユナイテッドのアカデミー育ちであるラッシュフォードは2015-16シーズンのヨーロッパ・リーグのミッティラン戦でトップチーム初出場を果たすと、いきなり2ゴールを挙げ衝撃デビューを飾った。昨シーズンから本格的にトップチームに定着した同選手だが、途中出場が多く、今冬にチリ代表FWアレクシス・サンチェスが加入してからは、出場時間はさらに減っている。 ▽そのような状況から、ワイズ氏は「ラッシュフォードはチームを変えた方がいい」と助言。以下のように続けている。 「ある段階で、彼がレギュラーを勝ち取ることが出来なかった場合、状況はより厳しいものになる。(ユナイテッドには)高いクオリティを持った選手がたくさんいる。(ロメル・)ルカクとポジションを奪い合うのは現実的ではない」 「ルカクが良いパフォーマンスを見せている訳ではないが、アレクシス・サンチェスも含めて、彼らは(ジョゼ・)モウリーニョが獲得した選手だ。問題はユナイテッドがラッシュフォードをどのポジションに起用するかだ」 「ラッシュフォードはプレー機会を求めているからどんなポジションだって受け入れる。だが、そのチャンスを生かすことが出来なければ、よりベンチに座っている時間は増えるだろう」 2018.02.22 15:05 Thu
twitterfacebook
thumb

「悪いケガ」モウリーニョ、セビージャ戦負傷交代のエレーラの状態について言及

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、スペイン代表MFアンデル・エレーラの負傷について言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽ユナイテッドは21日にチャンピオンズリーグベスト16・1stレグでセビージャのホームに乗り込んだ。エレーラはこの日先発出場を果たしたが、16分に右足を痛めてピッチに座り込み、自ら交代を要求。プレー続行不可能となり、ベンチに退いた。試合は0-0のゴールレスドローに終わっている。 ▽試合後、モウリーニョ監督はエレーラの状態について「悪いケガだと思う」とコメントしている。 「悪いケガのように思う」 「彼は小さなケガを抱えていてここ2試合は出場させなかった。しかし、メディカルチームは彼が100%の状態で準備ができていると土曜日に言っていた。万全な状況ではなかったようだ」 2018.02.22 12:25 Thu
twitterfacebook
thumb

「ELとCLとでは訳が違う」モウリーニョ、気を引き締め2ndレグへ意気込み

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)のセビージャ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽グループAを首位で通過したユナイテッドは21日、ベスト16・1stレグでグループEを2位で通過したセビージャと対戦。公式戦初対決となった一戦は、セビージャにポゼッションで上回られ、GKデ・ヘアの好守に助けられる展開に。攻撃の糸口を掴めないユナイテッドは、アウェイゴールを奪えず0-0で試合は終了した。 ▽試合後、モウリーニョ監督は試合を回想。試合内容について「良くも悪くもない」と主張し、「ヨーロッパリーグとチャンピオンズリーグとでは訳が違う」と気を引き締めて2ndレグに意気込んだ。 「唯一チームが安心できた瞬間は、前半終盤、チームがポゼッションに関するミスを犯して相手に良い状況を作れらながら、ダビドの素晴らしいセーブに救われた場面だ。あの場面が、この素晴らしいスタジアムに通常のフィーリングを与えた。それ以外に安心できた場面は一度もなかった。試合はイーブンだった。スタッツはスタッツ。15本シュートを打って、13本はスタッツに残るだけのシュート数の時もある」 「スタッツが試合を物語っている。良い結果かどうかを聞かれれば、良くも悪くもない。これは2試合で勝敗を決めるもので、オールド・トラフォードでの試合が残っている。オールド・トラフォードは、チャンピオンズリーグのノックアウトステージを待ち望んでいる。昨季はヨーロッパリーグのノックアウトステージを経験したが、チャンピオンズリーグとは訳が違う。それまではグループステージで脱落していたと思うので、オールド・トラフォードでのチャンピオンズリーグ・ノックアウトステージは、大きな試合になる」 2018.02.22 09:21 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:セビージャ 0-0 マンチェスター・ユナイテッド《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、セビージャvsマンチェスター・ユナイテッドが21日にサンチェス・ピスファンで行われ、0-0の引き分けに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽セビージャ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180222_9_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 セルヒオ・リコ 5.5 難しい枠内シュートはなかった DF 16 ヘスス・ナバス 6.5 かつての宿敵相手に守備から攻撃まで存在感を発揮 25 メルカド 6.0 守備の局面で存在感を披露 5 ラングレ 6.5 ルカクを相手にもバタつかず対応、対人での強さも見せた。 18 エスクデロ 6.0 守備の局面で粘り強い対応が光った MF 17 サラビア 5.5 後半はチャンスに絡むも、目立った活躍はできず 10 バネガ 6.5 正確なキックで的確な散らしを見せる (→ピサーロ -) 22 フランコ・バスケス 5.5 相手のプレッシャーに晒されながらも、無難にさばく 15 エンゾンジ 6.5 ルカクにバイタルエリアを使わせないよう監視した 11 コレア 5.5 前半に惜しいシュートを放ったが、それまでだった FW 20 ムリエル 5.5 前半終了間際の決定機は決めたかった (→サンドロ・ラミレス -) 監督 モンテッラ 6.0 終始押し込むもデ・ヘアに阻まれホームで勝利を掴み獲れず、最低限のゴールレスドロー <hr>▽マンチェスター・ユナイテッド採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180222_9_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 デ・ヘア 7.0 8本のセーブを見せるなど、慣れ親しんだスペインの地で躍動。クリーンシートに大貢献 DF 25 バレンシア 6.0 攻撃では鳴りを潜めたが相手の強力な左サイドに対応 12 スモーリング 6.0 多くのピンチがあったが、及第点の出来 2 リンデロフ 6.0 守備に追われた中で冷静に対応を続けた 18 A・ヤング 5.5 あまり攻撃参加できなかったが、守備で粘る MF 21 エレーラ 5.5 スタメン抜擢も見せ場を作れず16分に負傷交代 (→ポグバ 5.5) 可もなく不可もないプレーに終始した 31 マティッチ 5.5 今日は守備に奔走。ユナイテッドの中盤をしっかり固めた 39 マクトミネイ 6.0 先発抜擢も大きなミスなく上々の活躍 FW 8 マタ 5.0 全く見せ場がなくシュートらしいシュートもなかった (→マルシャル -) 9 ルカク 5.0 前線で身体を張ったが、相手センターバックコンビに狙い撃ちにされて沈黙 7 サンチェス 5.5 今季CL初戦も決定的な場面には絡めず (→ラッシュフォード -) 監督 モウリーニョ 5.5 防戦一方も聖ダビドに救われ敵地で思惑通りの価値あるドロー ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド) ▽25本のシュートを浴びるなど、防戦一方の展開で圧巻のゴールキーピングを披露。2ndレグへの希望を繋ぐと共に自身の価値を高めることに成功した。 セビージャ 0-0 マンチェスター・ユナイテッド 2018.02.22 06:56 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース