香川、原口、武藤…ブンデス日本人3選手が第7節のベストイレブンに2017.10.02 16:16 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
『EUROSPORT』が、ブンデスリーガ第7節のベストイレブンを発表。ゴール決めたドルトムントMF香川真司とアシストを記録したヘルタ・ベルリンMF原口元気、マインツFW武藤嘉紀が選出されている。

31日にアウクスブルクと対戦した香川は、23分に芸術的なループシュートを決めた。同紙は「カガワはアウクスブルク戦で、ブンデスリーガ日本人歴代最多得点記録を更新した(38ゴール目)。4本のシュートを放ち、87%のパス成功率を記録した」と評した。

原口元気は、1日に行われたバイエルン戦で、51分に相手をドリブルで次々に交わしながら華麗なアシストを記録している。リーグ公式のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれた日本代表MFについては、「ジェイジェイ・オコチャのようなタッチでだった。51分に左サイドで受けたハラグチは、ジェローム・ボアテングとマッツ・フンメルスをかわし、GKを横切るパスを真ん中に送った。試合序盤から考えると、バイエルンと2-2で引き分けたのは驚きだ」と、ゴールシーンでの原口を絶賛している。

そして、ヴォルフスブルク戦の74分にヘディングで同点弾を挙げ、こちらもリーグ公式のMOMに輝いた武藤は、「178cmの日本人は、ヴォルフスブルク戦で重要な役割を担った。マインツでの定位置は保証されているだろう。このストライカーはアグレッシブで、見方のスペースとチャンスを作り出した。前半で相手GKを破っていなかったゆえ、後半はさらに良くなっていった。マインツにとってふさわしいパワフルなヘディングシュートを決めている」と、試合のキーマンになっていたと評している。

以下、『EUROSPORT』が選出したブンデスリーガ第7節のベストイレブン。

GK
アレクサンダー・シュヴォロフ(フライブルク)

DF
パスカル・ステンツェル(フライブルク)
マティアス・ギンター(ボルシアMG)
ルーカス・クロスターマン(ライプツィヒ)

MF
レオン・ゴレツカ(シャルケ)
原口元気(ヘルタ・ベルリン)
香川真司(ドルトムント)
レオナルド・ビッテンコート(ケルン)
カイウビー(アウクスブルク)

FW
ユセフ・ポウルセン(ライプツィヒ)
武藤嘉紀(マインツ)


提供:goal.com

コメント



欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース