ベルナルデスキ移籍後初ゴールもディバラPK失敗のユベントス、難敵アタランタにドローで開幕連勝が6でストップ《セリエA》2017.10.02 05:49 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第7節、アタランタvsユベントスが1日に行われ、2-2で引き分けた。

▽前節10人となったトリノとのダービーをディバラのドッピエッタなどで4-0と快勝したユベントスは、4日前に行われたチャンピオンズリーグのオリンピアコス戦を途中出場のイグアインの活躍で2-0と押し切った。そのユベントスはオリンピアコス戦のスタメンから5選手を変更。バックラインの3枚とクアドラード、ドグラス・コスタに代えてイグアインや移籍後初先発となるベルナルデスキを起用した。

▽前節フィオレンティーナ戦を追加タイム弾で引き分け、2勝2分け2敗のタイの戦績とし、ヨーロッパリーグのリヨン戦を1-1で引き分けたアタランタに対して、開始3分にベルナルデスキが枠内シュートを放ったユベントスが良い入りを見せる。

▽敵陣でのプレーを続けるユベントスは15分、マンジュキッチが頭で落とし、イグアインが左足ボレーで狙うチャンスを演出するも、威力を欠いてGKにセーブされた。それでも21分、ベルナルデスキが移籍後初ゴールでチームに先制点をもたらす。

▽アサモアの左クロスをゴール正面のマテュイディがダイレクトでシュート。GKベリシャが中途半端に弾いたルーズボールをベルナルデスキが押し込んだ。

▽さらに24分、マンジュキッチの横パスをベルナルデスキがダイレクトで落とした縦パスをイグアインが受けてボックス中央へ侵入。DFを引き連れながら左足でシュートを突き刺し、追加点を奪った。

▽ELを戦った影響か、劣勢が続いたアタランタだったが、31分に1点を返す。ボックス手前左からアレハンドロ・ゴメスが直接狙った直接FKがGKブッフォンを強襲すると、弾いてルーズとなったボールをカルダラが押し込んだ。

▽さらに34分、直前に投入されていたイリチッチの右クロスにファーサイドのクルティッチがヘディングで合わせにかかる決定機を作ったアタランタだったが、クルティッチはミートできず同点とすることはできない。ハーフタイムにかけてはアタランタが流れを引き寄せた中、前半を1-2で終えた。

▽迎えた後半、ユベントスが押し込む展開とすると、55分にイグアインが際どいシュートを浴びせる。流れの悪いアタランタがペターニャに代えてクルティッチを投入したのに対し57分、ユベントスはディバラの絶妙クロスからマンジュキッチがヘッドで押し込み、3点目を奪ったかに思われた。ところが、その前のプレーでリヒトシュタイナーがアレハンドロ・ゴメスにヒジ打ちをしていたため、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってファウルを取られ、ゴールは取り消しとなった。

▽すると67分、左サイドのアレハンドロ・ゴメスの鋭いクロスにクリスタンテがヘディングで叩き込み、アタランタが試合を振り出しに戻した。

▽同点とされたユベントスはベルナルデスキに代えてクアドラードを投入。さらに78分、マンジュキッチに代えてドグラス・コスタを投入した。すると81分、ペナルティアーク中央で得たFKをディバラが狙うと、シュートがペターニャの肩に当たって主審はPKを宣告。しかし、キッカーのディバラがゴール右下に蹴ったシュートはGKベリシャに止められ、勝ち越すことはできない。

▽終盤にかけてもユベントスが攻勢に出たが、6分が提示された追加タイムでも勝ち越しゴールを奪うには至らず2-2で終了。開幕からの連勝が6でストップした。

コメント

関連ニュース

thumb

ゴロビンの気持ちはユベントスに…? 移籍の噂には「光栄」

▽ロシア代表MFアレクサンドル・ゴロビンに注目が集まっている。イタリアメディアは、ユベントスやミランへの移籍を頻繁に取り上げた。 ▽ゴロビンは現地時間14日に行われたロシア・ワールドカップ開幕戦のサウジアラビア戦で1ゴール2アシストを記録。抜群の存在感を放った。 ▽『トゥットスポルト』は、ユベントスからの関心について問われたゴロビンのコメントを掲載。同選手は「光栄なことでうれしい」と語り、「(パウロ・)ディバラは僕がユベントスで最も好きな選手だね」と話している。 ▽また、『トゥットユーベ』は、ユベントスファンの間でSNSで拡散されているゴロビンの子供の頃の写真を掲載。ゴロビンがユベントスのユニフォームを着てメダルをかけている写真を紹介した。8歳~9歳のときの写真とされており、「夢はもうすぐ現実になる」と記事は締めくくられている。 2018.06.15 20:30 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル、若手ウインガーを処分。SNSでライバルに暴言

▽インテルがMFヤン・カラモーの処分を決めたと、イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えた。 ▽19歳の有望株であるカラモーは先日、自身のインスタグラムでインテルサポーターが歌うユベントスを侮辱する内容のチャントを歌った。 ▽これを受けて、インテルはクラブとしてカラモーに罰金処分を科した。さらに、出場停止処分が下される可能性もあると記事は伝えている。 ▽インテル期待の若手は、この経験から学びたいところだ。 2018.06.15 20:15 Fri
twitterfacebook
thumb

今夏人気銘柄ミリンコビッチ=サビッチ「去就決定はW杯後」

▽ラツィオに所属するセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(23)が去就に言及した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽2015年からラツィオでプレーするミリンコビッチ=サビッチは、192cmのサイズを武器とする中盤の選手で、今シーズンの公式戦48試合で14得点9アシストを記録。その活躍ぶりからマンチェスター・ユナイテッドやユベントスが目を光らせており、今後の動向に注目が集まっている。 ▽しかし、渦中のミリンコビッチ=サビッチは平然を保つ。セルビア代表の一員としてロシア・ワールドカップ(W杯)開幕が迫る中、周囲を賑わせる自身の去就について、次のように答えたという。 「毎日、僕に関する何かしらの新しい情報を読ませてもらっているよ。でも、今は(W杯に)集中したい」 「明らかに、自分に対するプレッシャーを感じているよ。W杯中は、この状況に対応していかなくちゃいけない」 「でも、そういったプレッシャーは、ラツィオでプレーしているときもある。だから、慣れっこだよ」 「僕のキャリアはW杯が終わってから決める。今はチーム内にとても良い雰囲気がある。開幕が待ち遠しいぐらいだ」 2018.06.09 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ユベントスがペリンの獲得を発表、移籍金はボーナス込みで19億円

▽ユベントスは8日、ジェノアのイタリア代表GKマッティア・ペリン(25)を獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間で、移籍金は1200万ユーロ(約15億円)に加えボーナス300万ユーロ(約3億9000万円)となっている。 ▽ジェノアユース出身のペリンは、2010年にトップチームへ昇格。これまで公式戦151試合に出場し、2017-18シーズンは公式戦38試合に出場して12度のクリーンシートを達成していた。 ▽ユベントスへの移籍を決めたペリンは次のように語っている。 「ユベントスに移籍する正しいタイミングだと思った。人生で一度きりしかないと思われるチャンスに対し、断ることはできなかった。準備はできている。バランスを見つけ、一人前の男になるための困難な時期(ヒザの負傷で2度長期離脱を経験)を過ごした。ちょうど良い年齢でここにやってきたと思う」 ▽ユベントスでは長らく守護神を務めていたイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンの退団が決定しており、新たなGKの確保が求められていた。 2018.06.09 04:39 Sat
twitterfacebook
thumb

ユーベ、カンセロ獲得に動きを加速もバレンシアの値上げで交渉難航か

▽ユベントスがDFジョアン・カンセロ(24)の獲得を真剣に検討しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽2017-18シーズンにインテルで活躍したカンセロだが、レンタル元であるバレンシアの要求額が高く、完全移籍は成立していない。そこで、マンチェスター・ユナイテッドのイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(28)の獲得が微妙になっているユベントスが関心を強めている。 ▽インテルは3500万ユーロ(約45億円)で獲得できる状態だったが、ファイナンシャル・フェアプレーに抵触するおそれがあるため動けなかった。ユベントスは当初、サウサンプトン所属のガボン代表MFマリオ・レミナ+1700万ユーロ(21億円)という条件をオファーしたが、現在のバレンシアの要求は4500万ユーロ(約57億円)だという。 ▽これはウォルバーハンプトンが獲得に費やすとしている額とのことで、バレンシアとしてはなるべく高値で売りたい。ただ、選手がチャンピオンズリーグ出場を希望しているという点でユベントスには付け入るチャンスがあり、完全移籍を前提としたレンタルを提案しているようだ。 ▽カンセロは右サイドバックのほか、3トップのウイングとして起用することもできる。すでにイタリアで活躍できることは証明した。ユベントスとバレンシアの交渉の行方に注目だ。 2018.06.08 22:15 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース