リベリに現役引退の危機…ヘルタ戦でACL断裂の可能性…2017.10.02 06:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンの元フランス代表MFフランク・リベリ(34)が現役引退の危機を迎えている。フランス『レキップ』は1日、リベリが同日行われたヘルタ・ベルリン戦で左ヒザ前十字じん帯を断裂した可能性があると報じた。

▽リベリは、1日に行われたブンデスリーガ第7節のヘルタ・ベルリン戦(2-2のドロー)で先発出場したが、後半序盤の61分に味方からのパスをトラップした際に左ヒザを負傷。自力での歩行が不可能となった同選手は、メディカルスタッフに脇を支えられながらピッチを後にした。

▽試合後、公式会見に出席したウィリー・サニョル暫定監督はリベリのケガが深刻なものであることを明かした。

「ヒザのケガだ。詳細を把握するためには更なる検査が必要となるが、我々は外側じん帯の断裂だとみている」

▽仮に、リベリが前十字じん帯断裂と診断された場合、復帰には最低でも半年以上を擁する見込みだが、同選手の年齢を考えれば、今シーズン中の復帰は難しいと思われる。

▽今季限りでバイエルンとの契約が終了するリベリにとっては、今回の試合がラストマッチになる可能性が高い。また、ここ最近、引退の可能性を口にしている同選手が、このままスパイクを脱ぐ決断をすることも考えられる。

コメント

関連ニュース

thumb

バイエルンに朗報! 軽傷のハメスは数日間の練習回避に留まる

▽バイエルンは21日、前日のベシクタシュ戦で負傷交代したコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスに関する精密検査の結果を発表した。 ▽バイエルンは20日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグのベシクタシュをホームに迎え、5-0と快勝。だが、先発したハメス・ロドリゲスは、前半終了間際の44分にMFアリエン・ロッベンとの負傷交代で早々にピッチを退いた。 ▽そして、バイエルンは試合翌日にハメス・ロドリゲスの精密検査の結果を発表。当初の見立て通り、ふくらはぎの筋肉に問題が発生したものの大事に至らなかったと伝えている。 「ハンス=ヴィルヘルム・ミュラー=ヴォールファルトによる詳細な診察が行われ、昨夜チームドクターが下した初診結果と同様の診断結果が下された。ハメス・ロドリゲスは左ふくらはぎの筋肉に軽度の問題を抱えており、数日間トレーニングを免除されている」 ▽ハメス・ロドリゲスは昨夏、2年間のローンでレアル・マドリーから加入。シーズン途中のハインケス監督就任後、パフォーマンスレベルが上昇傾向にあっただけに、ケガの状態に注目が集まっていた。それだけに今回の軽傷という発表に、多くの関係者が胸をなでおろしたことだろう。 2018.02.22 02:11 Thu
twitterfacebook
thumb

快勝の喜びも束の間…ふくらはぎ違和感のハメス、検査へ

▽バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスに負傷離脱の可能性が浮上した。 ▽バイエルンは20日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグのベシクタシュをホームに迎え、5-0と快勝。だが、先発したハメス・ロドリゲスは、44分にMFアリエン・ロッベンとの負傷交代で早々にピッチを退いた。 ▽負傷交代の理由は、ふくらはぎの違和感。クラブ公式サイトによれば、ユップ・ハインケス監督は試合後、「さほど悪いものじゃないと思う」と語り、今後、精密検査を受ける見通しだという。 ▽ハメス・ロドリゲスは昨夏、2年間のローンでレアル・マドリーから加入。シーズン途中のハインケス監督就任後、パフォーマンスレベルが上昇傾向にあっただけに、大事に至らなければ良いが…。 2018.02.21 09:45 Wed
twitterfacebook
thumb

5発大勝のバイエルン、2発のミュラー「退場の恩恵を受けた」…指揮官は後半に満足

バイエルンFWトーマス・ミュラーとユップ・ハインケス監督が、ベシクタシュ戦の大勝を振り返っている。<br><br>バイエルンは、20日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグで、ベシクタシュを対戦。前半で相手が退場者を出したこともあり、5-0で粉砕している。<br><br>この試合で2ゴール挙げたミュラーは『Sky』に対し、4ゴールを奪った後半の内容を誇りつつ、大勝を喜んでいる。<br><br>「もちろん、相手の退場の恩恵を受けたといえる。だけど、後半に入ってからはゴールを奪いに行くためにさらにアグレッシブに入った。シンプルに攻撃し、うまくいったね」<br><br>また、ユップ・ハインケス監督は、前半終了間際の退場と先制ゴールが、試合のカギとなったと振り返っている。<br><br>「開始直後はナーバスになっていて、うまく噛み合っていなかった。レッドカードと、前半終了間際の先制ゴールが重要になったね。後半はよりスピードが増し、相手に脅威を与えられた」<br><br>1stレグでほぼ突破を決めてしまったバイエルン。2012-13シーズンに3冠をもたらしたハインケス監督の下、それ以来5シーズンぶりの優勝へ向け、視界は良好のようだ。<br><br>提供:goal.com 2018.02.21 08:35 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:バイエルン 5-0 ベシクタシュ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、バイエルンvsベシクタシュが20日に行われ、5-0でバイエルンが完勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽バイエルン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180221_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 26 ウルライヒ 5.5 1本枠内シュートをセーブ DF 32 キミッヒ 6.0 後半に入って攻撃に比重をかけて3点目をアシスト 17 J・ボアテング 5.5 さほど仕掛けられる場面はなかった 5 フンメルス 6.0 前半は軽い対応が何度かあったが、攻撃面で存在感 27 アラバ 6.0 先制点の場面ではゴール前に絡んだ MF 11 ハメス・ロドリゲス 5.5 正確なキックで幾つか決定機演出も前半終了間際に負傷交代 (→ロッベン 6.0) 右サイドで起点に。後半の攻勢の要因に 8 ハビ・マルティネス 5.5 タリスカとヴァグネル・ラブにやや苦戦も耐える 23 ビダル 6.0 攻守にさぼらず (→トリッソ -) FW 25 ミュラー 7.5 貴重な先制弾を決め、ダメ押しの3点目を決めた。計4ゴールに絡む 9 レヴァンドフスキ 7.0 ヴィダを退場に追い込み、追加点をアシスト。そしてダメ押しの4、5点目を挙げる 29 コマン 6.5 先制点をこじ開ける突破を成功させ、追加点をゲット (→リベリ -) 監督 ハインケス 6.5 数的優位をしっかりと生かして1stレグで勝負を決めた。ミュラーとコマンの起用も大成功 ▽ベシクタシュ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180221_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ファブリシオ 5.0 1本ビッグセーブも5失点 DF 3 アドリアーノ 5.0 失点場面ではコマンのドリブルに対応できず 5 ペペ 5.5 ディフェンスリーダーとしてできる限りのことはしていた 21 ヴィダ 5.0 この冬加入の新戦力。退場はハッチンソンのミスパスが原因 88 エルキン 5.0 守備に追われた。後半はロッベンの前に防戦一方 (→ギョクハン・ギョニュル 5.0) 特に目立ったプレーはなし MF 12 メデル 5.5 ヴィダ退場後はセンターバックでプレー。レヴァンドフスキとのミスマッチも奮闘 (→アルスラン -) 94 タリスカ 5.5 数的同数時には一定のキープ力を見せるも、10人となってボランチに下がって以降は存在感を失った 13 ハッチンソン 4.5 痛恨のミスパスでヴィダを退場に追い込んだ FW 7 クアレスマ 5.5 前半は何度かカウンターで仕掛ける局面があったが、後半は厳しかった 30 ヴァグネル・ラブ 6.0 エバートンに移籍したトスンの代役として先発。アジリティと技術を生かして前線で起点となった (→D・トシッチ 5.0) ミュラーを外して失点に関与 8 バベル 5.0 グループステージでは絶好調だったが、今日は何もできず 監督 ギュネシュ 5.0 勇敢に戦う意図は見えていたが、退場者の影響でプラン崩壊 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ミュラー(バイエルン) ▽2ゴールを奪い、2点を演出。神出鬼没な持ち前のプレーでベシクタシュ守備陣を切り裂いた。 バイエルン 5-0 ベシクタシュ 【バイエルン】 ミュラー(前43) コマン(後7) ミュラー(後21) レヴァンドフスキ(後34) レヴァンドフスキ(後43) 2018.02.21 06:41 Wed
twitterfacebook
thumb

ミュラー躍動のバイエルンが10人のベシクタシュに5発完勝! ベスト8進出をほぼ手中に《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、バイエルンvsベシクタシュが20日に行われ、5-0でバイエルンが完勝した。 ▽パリ・サンジェルマンとの一騎打ちとなったグループBを2位で通過したバイエルンはブンデスリーガで首位を独走中。名伯楽ハインケス監督就任でチーム状態がV字回復したチームは2位ドルトムントに19ポイント差を付け、3月中の優勝が確実な情勢となっている。守護神ノイアー以外にケガ人がいない磐石のチームは、ロッベンとリベリをベンチスタートとし、ミュラーとコマンをウイングに起用した。 ▽一方、ポルトやライプツィヒ、モナコといった実力伯仲のグループGを4勝2分けの無敗で首位通過し、クラブ史上初の決勝トーナメント進出を果たしたベシクタシュは、トルコリーグで首位のイスタンブール・バシャクシェヒルと5ポイント差の4位と、まずまずのチーム状態を維持。グループステージで4ゴールを挙げたエースFWのトスンがエバートンに引き抜かれた中、新戦力のヴァグネル・ラブがスタメンとなった。 ▽ベシクタシュが自陣に引くことなく勇敢な戦いを選択したため、一進一退の攻防で試合は立ち上がっていく。最前線のヴァグネル・ラブとトップ下のタリスカのキープ力を生かしてベシクタシュは攻撃に繋げていった。 ▽一方、前に出てくるベシクタシュを相手にバイエルンはミュラーのヘディングシュートやコマンのカットインシュートなどでゴールに迫ると、16分に数的優位となった。レヴァンドフスキがハッチンソンのパスミスを拾って突進。するとヴィダにボックス際で後方から倒され、ヴィダには一発レッドカードが提示された。 ▽10人となったベシクタシュは選手交代をせずにボランチのメデルをセンターバックに下げて対応。そんな中、19分に決定機。ヴァグネル・ラブがフンメルスを突破してボックス内へ。シュートに持ち込んだが、枠の上に外してしまった。 ▽ひやりとしたバイエルンが数的優位を生かしてハーフコートゲームを展開すると、30分にビッグチャンス。CKの流れから左サイドのハメス・ロドリゲスのアーリークロスをフンメルスがドンピシャのヘディングシュート。しかし、GKファブリシオのビッグセーブに阻まれた。 ▽すると39分、ベシクタシュにもチャンス。ロングカウンターからクアレスマが個人技でフンメルスを突破してボックス右へ侵入。角度の厳しい位置からシュートを放ってGKウルライヒを強襲した。 ▽しかし43分、バイエルンが順当に先制する。左サイドをコマンが突破してマイナスのクロスをゴールライン際から上げると、アラバに当たってゴールエリア左にいたミュラーのもとへ。ミュラーはすかさず反転シュートをゴールに流し込んだ。先制後、ハメス・ロドリゲスが負傷したのかロッベンとの交代となったバイエルンが1点をリードして前半を終えた。 ▽迎えた後半開始5分、レヴァンドフスキの直接FKが右ポストを直撃したバイエルンはその2分後に追加点を奪いきる。ミュラーのスルーパスでボックス右のスペースを突いたレヴァンドフスキがマイナスに折り返し、最後はコマンが難なく蹴り込んだ。 ▽その後もロッベンの右サイドを起点に攻勢を続けると66分、キミッヒの右サイドからのクロスをニアのミュラーがボレーで蹴り込んで3-0とした。さらに79分、フンメルスのミドルシュートのルーズボールをレヴァンドフスキが詰めて4-0としたバイエルンは、88分にミュラーのアシストからレヴァンドフスキが決めて5発圧勝。 ▽ベシクタシュのホームで行われる2ndレグを前にバイエルンがベスト8進出を決定付けている。 2018.02.21 06:40 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース