レーティング:ミラン 0-2 ローマ《セリエA》2017.10.02 03:33 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第7節、ミランvsローマが1日にサン・シーロで行われ、アウェイのローマが2-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽ミラン採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
99 ドンナルンマ 5.0
1失点目はノーチャンスも2失点目の場面ではナインゴランのミドルに対して、弾く方向など、やれることはあった

DF
22 ムサッキオ 5.0
守備は堅実にこなしたが、マイボール時の集中力の欠如が散見

19 ボヌッチ 5.5
2失点も的確なラインコントロールと潰しで守備を締めた。強烈なシュートでゴールにも迫った

13 ロマニョーリ 5.0
古巣相手に奮闘もやや緩みを見せる部分を改善したい

MF
11 ボリーニ 5.5
古巣相手に攻守にハードワークを見せたが、攻撃面で違いを生めず

(→ボナヴェントゥーラ -)

79 ケシエ 5.5
ナインゴランらと球際で激しくバトル。アタッキングサードでのプレーがやや淡白

21 ビリア 5.5
元ラツィオの主将として攻守に気迫を見せた。とりわけ、球際での粘りが光った

10 チャルハノール 4.5
攻撃面では正確なプレースキック、シンプルな捌きを見せた。それだけに、軽いプレーでもらった2枚のカードが痛恨だった…

68 R・ロドリゲス 5.5
堅実な守備と持ち味の左足のクロスでまずまずのパフォーマンス

FW
9 アンドレ・シウバ 5.5
惜しみないランニングや身体を張るプレーを見せたが、ラストプレーの精度がいまひとつ

7 カリニッチ 5.5
マノラスとタフに戦いながら一定の起点に。惜しいシュートもあった

(→クトローネ -)

監督
モンテッラ 5.0
守備的な入りで奮闘も苦手とする古巣対決に敗れ、厳しい連敗…

▽ローマ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 アリソン 6.5
ボヌッチの決定機をビッグセーブで阻むなど、好守で流れを引き寄せた

DF
25 ブルーノ・ペレス 6.0
攻守両面で持ち味のスピードを生かした

44 マノラス 6.5
粘り強さと読みを利かせたハードな守備で相手2トップに仕事をさせず

(→フアン・ジェズス -)

20 ファシオ 6.5
制空権を握り、判断の良い対応でクリーンシートに貢献

11 コラロフ 6.0
攻撃面ではいつもほどの存在感はなかったが、守備は経験を生かした対応が光った

MF
4 ナインゴラン 6.5
ケシエ相手に経験の差を見せ付ける。代名詞の豪快シュートで2点目に絡んだ

16 デ・ロッシ 6.0
繋ぎの部分ではやや苦しんだが、守備では的確なポジショニングで危険なスペースを埋めた

6 ストロートマン 5.5
中盤でインテンシティの高さを見せたが、無念の負傷交代

(→ペッレグリーニ 6.5)
先制点をアシスト。絶妙スルーパスで決定機を演出するなど、移籍後最高のパフォーマンスだった

FW
24 フロレンツィ 6.5
自身もロマニスタも望んだ待望の復帰後初ゴール。ややサイドに張り過ぎていたが、急所を突くランニングで決定機に絡んだ

9 ゼコ 6.5
頼れるエースとして5戦連続ゴールを記録。確度の高いポストプレーで2点目の起点にもなった

92 エル・シャーラウィ 5.5
古巣相手に攻守に戦う姿勢を見せたが、一対一の仕掛けなど少し慎重過ぎた感も

(→ジェルソン -)

監督
ディ・フランチェスコ 6.0
望んだ展開の試合ではなかったが、現役時代の元同僚相手に勝ち切った

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ゼコ(ローマ)
▽圧巻の決定力で5試合連続ゴールを記録し、敵地でのタフな一戦で苦しんだチームを勝利に導いた。ゴールシーンは決して簡単なチャンスではなかったが、見事にエースの役目を果たした。

ミラン 0-2 ローマ
【ローマ】
ゼコ(後27)
フロレンツィ(後32)

コメント

関連ニュース

thumb

3発完勝でミランが5回戦突破! 準々決勝ではインテルとの“ミラノ・ダービー”が実現!《コッパ・イタリア》

▽ミランは13日、コッパ・イタリア5回戦でヴェローナと対戦し、3-0で勝利した。 ▽2002-03シーズン以来のコッパ・イタリア優勝を目指すミランは、10日に行われたセリエAのボローニャ戦からスタメンを4人変更。カリニッチやボリーニ、ムサッキオらに代えてアンドレ・シウバやクトローネ、ロマニョーリらをスタメンで起用した。 ▽試合が動いたのは23分、ショートコーナーをボックス右付近で受けたスソが早いクロスを供給すると、このクロスがそのままゴール左隅に吸い込まれ、ミランが先制に成功した。 ▽先制を許したヴェローナだが、25分に反撃。ボックス右から侵入したケアンの折り返しを逆サイドから駆け上がったスクリーニがダイレクトシュート。GKドンナルンマの弾いたボールがゴール前のイ・スンウに当たるも、これはゴールならず。 ▽ピンチを凌いだミランは30分、ボナヴェントゥーラの左クロスをゴール右に駆け上がったアンドレ・シウバが折り返すと、最後はゴール前のロマニョーリが押し込み、追加点を奪った。 ▽後半に入っても試合の主導権を握るミランは55分、ショートコーナーの返しを受けたスソがバイタルエリア右からクロスを供給。これをゴール前のクトローネがバックヘッドで合わせると、ボールはゴール左に吸い込まれた。 ▽ミランは59分にボナヴェントゥーラとスソを下げてボリーニとアントネッリを投入。さらに66分には、モントリーボを下げてビリアをピッチに送り出した。その後も試合をコントロールするミランが、危なげなく試合をクローズ。 ▽ホームで3発完勝のミランは、準々決勝で12日にポルデノーネ・カルチョ(セリエC)をPK戦の末に下したインテルとの“ミラノ・ダービー”を戦う。 2017.12.14 07:01 Thu
twitterfacebook
thumb

意外と安い!! ドンナルンマのバイアウト条項はGK最高額も…

▽イタリア期待の若手GKであるミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(18)の移籍金は、昨今のサッカー界では安い金額に設定されているようだ。『フットボール・イタリア』がイタリアメディアの報道をまとめて伝えた。 ▽ミランのプリマヴェーラ出身であるドンナルンマは、2015年10月に16歳8カ月という若さでプロレビューを果たし、GKにおけるセリエAの最年少出場記録を樹立した。その後ミランの守護神に定着するも、今夏にはミランとの契約延長を行わないと発表していた。 ▽同選手の争奪戦が予想されていたが、最終的にはドンナルンマが態度を一転させ、2021年6月末まで契約を延長している。新契約締結に際して当時は、バイアウト条項は最大で1億ユーロ(約133億2000万円)に設定され、ミランがチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃した場合は5000万ユーロ(約66億6000万円)まで引き下げられると報じられていた。 ▽この契約延長に不満を持っていたのが代理人のミノ・ライオラ氏。当時からドンナルンマに移籍を勧めて、高額の報酬を得ようと考えていると伝えられていた。そんなライオラ氏は、ミラン側にバイアウト条項の盛り込むように迫ったという。 ▽ライオラ氏がミラン側に提示した契約は、報道されていたものよりも割安で最大で7000万ユーロ(約93億2400万円)。またCL出場権を逃した場合は4000万ユーロ(約53億2800万円)に減額されるというものだった。なお、報道によるとミラン側はこの条件を飲まなかったようで、実際はもう少し高い移籍金が設定されているという。 ▽昨今のサッカー界ではブラジル代表FWネイマール(25)が、史上最高額となる2億2200万ユーロ(現在のレートで約295億7100万円)でバルセロナからパリ・サンジェルマンに加入。さらにフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)も総額1億8000万ユーロ(現在のレートで約239億7600万円)を支払ってモナコからパリ・サンジェルマンに加入することが決まっている。 ▽高騰する移籍金の中、GKでの最高額は今夏にベンフィカからマンチェスター・シティに加入したブラジル代表GKエデルソンの3500万ポンド(約52億8800万円)と言われている。ドンナルンマのバイアウト条項が、今回の報道の通り7000万ユーロであれば、エデルソンの移籍金を2倍近く更新することになるが、同じ18歳のムバッペに比べると半分以下となっている。 2017.12.13 10:48 Wed
twitterfacebook
thumb

ボローニャ戦で足首負傷のボリーニ、軽傷も大事には至らず

▽ミランに所属する元イタリア代表FWファビオ・ボリーニが10日に行われたセリエA第16節のボローニャ戦で負傷した。しかし、大事には至らなかったようだ。イタリア『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽ボローニャ戦に先発出場したボリーニは、試合中に足首を痛めた模様。チームは2-1とガットゥーゾ体制初勝利を飾ったが、ボリーニは83分にカラブリアと交代していた。 ▽『フットボール・イタリア』によると、11日の朝に行われた検査の結果、ボリーニは重傷でないことが判明。13日に行われるコッパ・イタリア5回戦のヴェローナ戦を欠場する可能性はあるが、17日に行われるセリエA第17節のヴェローナ戦には出場可能だという。 2017.12.12 02:22 Tue
twitterfacebook
thumb

初勝利を喜ぶガットゥーゾ「勝利には満足しているがまだまだだ」

▽ミランのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が就任後の初勝利を喜んだ。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽ミランは11月27日、成績不振を受けてヴィンチェンツォ・モンテッラ前監督を解任し、後任にクラブのレジェンドでもあるガットゥーゾ監督を据えた。今月10日に行われたセリエA第16節のボローニャ戦で、公式戦3戦目にしてようやく勝利を手にしたガットゥーゾ監督は試合後の記者会見で喜びを語っている。 「勝利できて本当に嬉しい。私は選手たちに感謝し彼らをひとりひとり抱きしめた。彼らが何をしたのか、1週間を通して何を与えてくれたのか知っている。だから、私は彼らのメンタリティを祝福したい。だが、これから長い道が続いていることもわかっている」 「私は子供たちとフットボールをしているときでさえ緊張するんだ。私にとってそれが自然だからね…試合ではなおさらだ。ミランのユニフォームは14年間着てきた。ここに戻ってクラブを率いることが出来て非常に光栄だ」 「結果は嬉しいが、また別の試合があり現在の順位に満足していない。守備には改善の余地がある。1試合1試合労力を惜しまずやっていくだけだ」 2017.12.11 14:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ボナヴェントゥーラのドッピエッタでガットゥーゾ体制初勝利! ミランがリーグ戦4試合ぶり勝利《セリエA》

▽ミランは10日、セリエA第16節でボローニャをホームに迎え、2-1で競り勝った。 ▽前節ベネヴェント戦を相手GKによる追加タイム被弾で引き分けた7位ミラン(勝ち点21)は、ガットゥーゾ体制での初陣を勝利で飾れなかった。そのミランは3日前に行われた消化試合のヨーロッパリーグ・リエカ戦を0-2と敗れた。そのリエカ戦のスタメンから全選手を変更。ベネヴェント戦のスタメンからは退場したロマニョーリに代えてアバーテのみを変更した。 ▽同勝ち点で並ぶボローニャに対し、ここ2試合結果の出なかった3バックから、4バックに変更して臨んだガットゥーゾ・ミランは、[4-3-3]を採用。3トップに右からスソ、カリニッチ、ボリーニ、中盤アンカーにモントリーボ、両インサイドにボナヴェントゥーラとケシエを並べた。 ▽そのミランが立ち上がりから押し込んでいくと、10分に先制した。ボヌッチのロングフィードをカリニッチが頭で落とし、ボックス中央のボナヴェントゥーラがダイレクトでゴール右へシュートを流し込んだ。 ▽良い入りを見せたミランは続く12分にボリーニが枠内シュートを浴びせれば、16分にもケシエが枠内シュートをマークし、ボローニャを攻め立てていく。 ▽しかし、20分を過ぎて圧力を強めてきたボローニャに23分、同点とされる。ムサッキオがデストロにドリブルで交わされてボックス左への侵入を許すと、ラストパスを受けたボックス中央のヴェルディに左足でシュートを蹴り込まれた。 ▽失点後、再びポゼッションを高めたミランは41分、スソの右CKにボヌッチがヘディングで合わせるも、シュートは枠の上を越え、前半を1-1で終えた。 ▽迎えた後半、一進一退の攻防で推移していくと、ガットゥーゾ監督は59分にアバーテに代えてクトローネを投入。4バックを維持したまま右サイドバックにボリーニを配置し、2トップとした。 ▽その後も主導権争いが続く中、68分にカリニッチに代えてアンドレ・シウバを投入。目立ったチャンスを作れず苦戦が続いていたが、76分に勝ち越す。右サイドからのボリーニのアーリークロスをボナヴェントゥーラがヘディングでねじ込んだ。 ▽その後、78分のタイデルのヘディングシュートをGKドンナルンマがファインセーブで阻止すると、直後のマジーナのミドルはディフレクトしてバーを直撃。ひやりとしたミランだったが、終盤にかけてはボローニャの反撃を凌ぎきって逃げ切り。ガットゥーゾ体制3戦目にして初勝利を飾り、リーグ戦4試合ぶりの白星を挙げている。 2017.12.11 06:37 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース