レーティング:ミラン 0-2 ローマ《セリエA》2017.10.02 03:33 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第7節、ミランvsローマが1日にサン・シーロで行われ、アウェイのローマが2-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽ミラン採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
99 ドンナルンマ 5.0
1失点目はノーチャンスも2失点目の場面ではナインゴランのミドルに対して、弾く方向など、やれることはあった

DF
22 ムサッキオ 5.0
守備は堅実にこなしたが、マイボール時の集中力の欠如が散見

19 ボヌッチ 5.5
2失点も的確なラインコントロールと潰しで守備を締めた。強烈なシュートでゴールにも迫った

13 ロマニョーリ 5.0
古巣相手に奮闘もやや緩みを見せる部分を改善したい

MF
11 ボリーニ 5.5
古巣相手に攻守にハードワークを見せたが、攻撃面で違いを生めず

(→ボナヴェントゥーラ -)

79 ケシエ 5.5
ナインゴランらと球際で激しくバトル。アタッキングサードでのプレーがやや淡白

21 ビリア 5.5
元ラツィオの主将として攻守に気迫を見せた。とりわけ、球際での粘りが光った

10 チャルハノール 4.5
攻撃面では正確なプレースキック、シンプルな捌きを見せた。それだけに、軽いプレーでもらった2枚のカードが痛恨だった…

68 R・ロドリゲス 5.5
堅実な守備と持ち味の左足のクロスでまずまずのパフォーマンス

FW
9 アンドレ・シウバ 5.5
惜しみないランニングや身体を張るプレーを見せたが、ラストプレーの精度がいまひとつ

7 カリニッチ 5.5
マノラスとタフに戦いながら一定の起点に。惜しいシュートもあった

(→クトローネ -)

監督
モンテッラ 5.0
守備的な入りで奮闘も苦手とする古巣対決に敗れ、厳しい連敗…

▽ローマ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 アリソン 6.5
ボヌッチの決定機をビッグセーブで阻むなど、好守で流れを引き寄せた

DF
25 ブルーノ・ペレス 6.0
攻守両面で持ち味のスピードを生かした

44 マノラス 6.5
粘り強さと読みを利かせたハードな守備で相手2トップに仕事をさせず

(→フアン・ジェズス -)

20 ファシオ 6.5
制空権を握り、判断の良い対応でクリーンシートに貢献

11 コラロフ 6.0
攻撃面ではいつもほどの存在感はなかったが、守備は経験を生かした対応が光った

MF
4 ナインゴラン 6.5
ケシエ相手に経験の差を見せ付ける。代名詞の豪快シュートで2点目に絡んだ

16 デ・ロッシ 6.0
繋ぎの部分ではやや苦しんだが、守備では的確なポジショニングで危険なスペースを埋めた

6 ストロートマン 5.5
中盤でインテンシティの高さを見せたが、無念の負傷交代

(→ペッレグリーニ 6.5)
先制点をアシスト。絶妙スルーパスで決定機を演出するなど、移籍後最高のパフォーマンスだった

FW
24 フロレンツィ 6.5
自身もロマニスタも望んだ待望の復帰後初ゴール。ややサイドに張り過ぎていたが、急所を突くランニングで決定機に絡んだ

9 ゼコ 6.5
頼れるエースとして5戦連続ゴールを記録。確度の高いポストプレーで2点目の起点にもなった

92 エル・シャーラウィ 5.5
古巣相手に攻守に戦う姿勢を見せたが、一対一の仕掛けなど少し慎重過ぎた感も

(→ジェルソン -)

監督
ディ・フランチェスコ 6.0
望んだ展開の試合ではなかったが、現役時代の元同僚相手に勝ち切った

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ゼコ(ローマ)
▽圧巻の決定力で5試合連続ゴールを記録し、敵地でのタフな一戦で苦しんだチームを勝利に導いた。ゴールシーンは決して簡単なチャンスではなかったが、見事にエースの役目を果たした。

ミラン 0-2 ローマ
【ローマ】
ゼコ(後27)
フロレンツィ(後32)

コメント

関連ニュース

thumb

カカがミランに電撃復帰か

▽オーランド・シティに所属する元ブラジル代表MFカカ(35)にミラン電撃復帰の可能性が急浮上した。イギリス『サン』が報じた。 ▽サンパウロやミラン、レアル・マドリーで一時代を築いたカカは2015年、同年からメジャーリーグ・サッカー(MLS)に新規参入のオーランド・シティに移籍。主将としてだけでなく、シンボルプレーヤーとしても活躍してきたが、今月11日に今シーズン限りでの退団が発表された。 ▽そのカカを巡っては、自身の口から現役引退をほのめかすなど様々な憶測を呼んだが、そのほかにも母国ブラジルでのプレーや、キャリア最高の時期を過ごしたミラン復帰も選択肢に含んでいるという。 ▽カカは、2003〜2009年と2013〜2014年までミランでプレー。その間、2度のセリエA制覇やチャンピオンズリーグ優勝を経験したほか、個人としても2007年にバロンドールを受賞するなど、数々の栄光を手にしていた。 2017.10.20 16:30 Fri
twitterfacebook
thumb

低調ドローのミラン、空席目立つサン・シーロについてモンテッラの見解は!?

▽ミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が、19日に行われたヨーロッパリーグ(EL)・グループD第3節のAEKアテネ戦を振り返っている。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽ELグループステージで2連勝と勢いに乗るミランだったが、セリエAではすでに4敗を喫するなど苦しい状況。そのためか、この日のサン・シーロは空席が目立つ中でのキックオフとなった。すると試合は、ミランが序盤から猛攻を見せるもGKアネスティスを筆頭とするAEKアテネの守備網を最後まで突き破れず。ゴールレスドローに終わり、勝ち点1の獲得に留まった。 ▽モンテッラ監督は、サポーターが少なかったサン・シーロの現状と共に試合の総括を行った。 「とても残念で複雑な思いだが、それでも我々が勝利していればスタジアムは熱狂に包まれていただろう。チームはこの試合に全力で挑んだ。しかし相手のブロックは強固であり、時間が経つにつれてこじ開けることが難しくなってしまった」 「スタジアムの喪失感はわかっているし、この雰囲気は我々のパフォーマンスではなくセリエAでの結果が影響していると思う。今日も多くのチャンスを作っていたが、結果だけを手に入れられなかった」 2017.10.20 09:19 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン猛攻もアテネGKアネスティスの牙城崩せず…低調ドローで公式戦3戦未勝利《EL》

▽ミランは19日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループD第3節でAEKアテネをホームに迎え、0-0で引き分けた。 ▽開幕節のオーストリア・ウィーン戦(5-1で勝利)に続き、第2節で対戦したリエカを3-2で下し2連勝中のミランと、1勝1分けと上々の発進をしているAEKアテネが対戦。ミランは2-3で敗れたインテルとのダービーからスタメンを4名変更し、ロマニョーリ、ボリーニ、ビリア、ケシエに代えてカラブリア、チャルハノール、ロカテッリ、クトローネを起用した。 ▽両者共にバランスを重視した入りとなったこの試合、ミランはチャルハノールやスソがボールを引き出しつつ試合を組み立てていくが、AEKアテネの守備網をかいくぐれない。29分には敵陣中央付近で得たFKのキッカーをチャルハノールが担当し、ボックス左のクトローネの頭に精度の高いボールを供給したが、枠を捉えたヘディングシュートはGKアネスティスに阻まれた。 ▽逆に30分には大ピンチを迎えることに。プレスをかけたシモンエスが、ミランのボックス内でDFムサッキオからボールを奪取。そのままボックス内左奥からシュートを放つと、これが飛び出したGKドンナルンマの背後を通過する。しかし、角度の無いところから放たれたシュートはわずかにゴールラインの外側を通り、ゴールとはならなかった。 ▽均衡を保ったまま試合を折り返すと、54分にはボックス手前中央でボールを持ったスソが相手の股を抜くパス。これを受けたロカテッリが、DFのチェックに掛かる前に素早くミドルシュートを放つが、またしてもGKアネスティスに弾かれる。 ▽さらに58分には、ボックス手前でDFを背負いつつ縦パスを受けたアンドレ・シウバが、鋭いターンで相手の虚を突き、やや後方のチャルハノールにボールを送る。チャルハノールが右足を振り抜くとGKアネスティスは前に弾いたが、詰めていたアンドレ・シウバはシュートをミートできず、DFにクリアされた。 ▽ミランはその後も猛攻を続けたものの、GKアネスティスを筆頭とするAEKアテネの守備網を最後まで突き破れず。試合はスコアレスドローとなり、ホームで最低限の勝ち点1を手にしたミランだったが、直近のリーグ戦で喫した連敗を払しょくできず、厳しい公式戦3戦未勝利となった。 2017.10.20 06:14 Fri
twitterfacebook
thumb

完全燃焼のバッカ「史上最悪のミランでプレーしたけど…」

▽ビジャレアルに所属するコロンビア代表FWカルロス・バッカが昨シーズンまで在籍したミラン時代を振り返った。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽バッカは、2015年夏にセビージャからミランに加入した。在籍2シーズンで公式戦77試合34ゴールをマーク。ミランが4シーズンぶりの欧州復帰を果たした昨シーズンを最後に、ビジャレアルに活躍の場を移した。 ▽2年間にわたってリーディングスコアラーとしてミランを支えたバッカは、母国コロンビア『W Radio Colombia』で、その当時について次のように回想した。 「ミランでの数年間は、個人的に満足しているよ。個人目標も達成できた。周りは物足りなく思っていたかもだけどね」 「僕は、史上最悪の時期を過ごすミランにいた。(シルヴィオ・)ベルルスコーニ会長も新たなオーナーにクラブを売りたがっていた」 「僕は顔を上げてクラブを去った。なぜなら、ミランをヨーロッパの舞台に戻すことに貢献できたのだからね」 「ミランがヨーロッパの戦いに戻ってきたことは嬉しい。それはセビージャから去ったときの目標だったんだ」 2017.10.19 21:50 Thu
twitterfacebook
thumb

主将カカ、泣く…現役引退か

▽MLS(メジャーリーグサッカー)のオーランド・シティに所属する元ブラジル代表MFカカ(35)が16日、同クラブでのリーグ戦ホーム最終節のコロンバス・クルー戦(0-1でオーランド・シティが敗戦)の試合前に涙を流すシーンがあった。 ▽2015年からMLSに新規参入したオーランド・シティに初年度から所属し、主将としてチームをけん引してきたフットボール界のレジェンド・カカ。今月11日には契約満了となる今季限りでのクラブ退団が発表されており、今回の一戦がホームでのラストマッチとなった。 ▽そのカカは、試合前に感極まり涙。オーランド・シティは、「#ThankYouKaka」のハッシュタグと共に、「我々のキャプテン、本物の愛」と、その状況を動画で伝えた。カカは試合後、自身のSNS上で「今日のことは永遠に心に残る。ありがとう、オーランド」とクラブへの感謝の意を示している。 ▽これまでミランやレアル・マドリーなどのビッグクラブで活躍し、2007年にはバロンドールも獲得したカカ。先日には、ブラジル『Globoesporte』で「フットボールをしていても楽しくない。毎試合、身体が痛むんだ。35歳の年齢だと回復は難しい」と現役引退を示唆したものの、のちに「次に何が起きるかは僕にもわからない」と付け加えており、現役引退か新たなチームでのプレーか、今後の去就が注目される。 2017.10.17 10:14 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース