ローマがゼコ5戦連発にフロレンツィの復帰弾で4連勝! ホーム初黒星のミランは連敗…《セリエA》2017.10.02 03:32 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第7節、ミランvsローマが1日にサン・シーロで行われ、アウェイのローマが2-0で勝利した。

▽前節、サンプドリアに完敗し今季2敗目を喫したミランは、ミッドウィークにホームで行われたヨーロッパリーグ(EL)のリエカ戦を新鋭クトローネの劇的ゴールによって3-2で勝利したものの、2点差を追いつかれる低調な試合内容だった。これを受けて、モンテッラ監督に早くも解任報道が出るなど、新生ミランの船出は厳しいものになっている。今後に向けて必勝が求められる指揮官の古巣ローマ戦に向けては、リエカ戦から先発3人を変更。アバーテに代えてリカルド・ロドリゲス、ロカテッリとクトローネの若手2人に代えてカリニッチ、ビリアを起用した。

▽一方、第2節のインテル戦の敗戦以降、格下相手にきっちり3連勝を飾ったローマは、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のカラバフ戦で大苦戦も今季のCL初勝利を手にした。そのカラバフ戦からは先発4人を変更。フアン・ジェズス、ペッレグリーニ、デフレル、ゴナロンに代えて、ファシオ、ストロートマン、デ・ロッシ、フロレンツィら主力が復帰した。

▽いつも通り、ボールを保持して主導権を握るアウェイのローマに対して、ここ数試合守備に問題を抱えるホームのミランは守備的な入りを見せる。

▽立ち上がりから中盤での潰し合いが目立つ拮抗した攻防が続く中、17分にはGKドンナルンマのキックミスを拾ったストロートマンが無人のゴールへロングシュートを放つが、これは枠の右に外れる。続く20分にはコラロフの絶妙な左クロスをボックス右に走り込んだフロレンツィが右足のダイレクトシュートで狙うが、これはGKドンナルンマのセーブに遭い、アウェイチームの先制点とはならず。

▽徐々に相手を押し込むローマだが、30分にアクシデント発生。筋肉系のトラブルを抱えたストロートマンが自らベンチに交代を要求し、代わってペッレグリーニが投入された。

▽前半半ばから終盤にかけてはミランが盛り返してきたことで、試合は再びこう着状態に陥る。ミランが相手陣内でのプレー時間を増やし、チャルハノールやロマニョーリがミドルシュートで相手ゴールを脅かす。対するローマも42分、味方の動きをおとりに使ったペッレグリーニが中央からボックス左にボールを運んで左足のシュートを放つが、これはややパワーが足りず、GKドンナルンマに難なくキャッチされた。

▽互いに選手交代なしで迎えた後半も前半同様の展開が続く。互いに攻守の切り替えを徹底することで、中盤から前で自由を与えられず、なかなか前線の選手に良い形でボールが入らない。このこう着状態の中、相手のビルドアップのミスや高い位置でのボール奪取を攻撃に繋げるミランは58分、ボックス手前左でボールを持ったR・ロドリゲスから精度の高いグラウンダーのクロスが出るが、ファーに飛び込んだアンドレ・シウバはわずかに届かない。

▽60分を過ぎて徐々にオープンになり始めた試合は、互いにこの試合最大の決定機が訪れる。まずは61分、敵陣中央でボールを持ったペッレグリーニがゴール前に走り込むフロレンツィに絶妙なスルーパスを通す。だが、フロレンツィの右足アウトサイドを使ったフィニッシュはややミートし切れず、GKドンナルンマにセーブされる。

▽直後の62分にはミランがチャルハノールの左CKの流れからゴール前で相手のクリアに反応したボヌッチが強烈なシュートを放つが、密集をすり抜けたボールをGKアリソンが驚異的な反応で弾き出した。さらにミランは68分にもボックス内でDFマノラスを背負いながら強引に反転したカリニッチがシュートを放つが、これもアリソンにキャッチされる。

▽互いにようやくゴールの匂いを感じさせる攻撃を見せ始めた中、ここまで沈黙していたローマのエースが仕事を果たす。72分、相手陣内中央右から左に持ち運んだペッレグリーニからバイタルエリアでパスを受けたゼコが右に持ち出しながらペナルティアーク付近で右足を振り抜く。すると、DFロマニョーリの出した足にディフレクトしたシュートがゴール右隅の絶妙なコースに決まった。

▽ゼコの5試合連続ゴールで均衡を破ったローマは、畳みかける攻撃で2点目を奪う。77分、味方からのパスを左サイドに流れてセンターバックをつり出したゼコが丁寧にナインゴランに落とすと、ボックス左付近に持ち込んだナインゴランが強烈なシュートを放つ。このシュートをGKドンナルンマが前に弾くと、こぼれ球に飛び込んだフロレンツィが冷静に流し込み、長期離脱から復帰して初のゴールを奪った。

▽一方、前半から我慢していた守備陣が耐え切れず、厳しい連続失点を喫したミランは、失点直後にカリニッチを下げて新鋭クトローネをピッチに送り出すが、それからわずか1分後の80分に味方との連係ミスでナインゴランの突破を許したチャルハノールが後ろから足をかけて倒してしまい、この試合2枚目のカードをもらい、痛恨の退場処分に。

▽この退場で勝利を大きく近づけたローマは、このまま2-0で試合をクローズ。苦しみながらも敵地で勝ち切ったローマは、リーグ戦4連勝でインターナショナルウィークに入ることになった。一方、今季初のホーム敗戦で連敗のミランは、いよいよモンテッラ監督の首筋が寒くなってきた。

コメント

関連ニュース

thumb

ローマとリバプールでプレーしたリーセ氏がCL準決勝を予想「どちらか選べと言われたら…」

▽かつてリバプールとローマの両クラブで活躍したヨン・アルネ・リーセ氏は、この2クラブがチャンピオンズリーグ準決勝で戦うことに興奮している。イタリア『レッゴ』のインタビューで、試合の展望などを語った。 ▽リーセ氏は「ローマとリバプールは互角」と分析。しかし、「ローマの方が経験豊富でソリッドだ。(ユルゲン・)クロップのチームはより技術があってスペクタクルだね。どちらかを選べと言われたらローマだ。2ndレグがホームで、彼らにはファンがついている」と語った。 ▽ローマにとって最も警戒すべき相手は、リーセ氏と同じように両クラブでプレーしているFWモハメド・サラーだ。リーセ氏は「彼のことは50センチも外せない。ただ、彼の位置には(アレクサンダル・)コラロフがいる。自分からみて、世界トップレベルのサイドバックだよ」とコメント。カギとなり得るマッチアップについて話した。 ▽準決勝1stレグは24日に行われる。ローマホームでの2ndレグは、5月2日に開催予定だ。 2018.04.20 23:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマにBBQの輪! CL決勝進出で英雄バティがシェフ就任を約束

▽34年ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝進出に沸くローマではBBQの輪が広がっている。イタリア『コッリエレ・デラ・セーラ』が伝えている。 ▽ローマは先日行われたCL準々決勝でバルセロナを相手に1stレグの3点差を引っくり返す“オリンピコの奇跡”を起こして、前身のチャンピオンズカップ時代の1983-84シーズンの準優勝以来、CL名称変更後初となるベスト4進出を果たした。 ▽奇しくもその準優勝時にファイナルで敗れたリバプールとの準決勝に向けてはクラブだけでなくローマ中が沸いている。 ▽その中で18日に行われたセリエAのジェノア戦に勝利したチームはその翌日に練習施設のあるトリゴリアでリカバリーメニューをこなした。この短い午前の練習後には直近数試合をケガで欠場し、ようやく19日に練習復帰を果たしたアルゼンチン代表FWディエゴ・ペロッティがチームメートを労うため、昼食時にアサード(アルゼンチン式のバーベキュー)を主催。自ら肉や野菜、魚を調理してチームメートやスタッフに振る舞った。そして、この様子をMFラジャ・ナインゴランなどのチームメートが『インスタグラム』に投稿していた。 ▽すると、この投稿をチェックしていたローマのスクデット獲得の英雄、元アルゼンチン代表FWガブリエル・バティストゥータ氏が自身の公式アカウントを通じて粋なメッセージを送った。 「もし、ローマがチャンピオンズリーグ決勝に進んだ場合、トリゴリアに出向いてみんなのために昼食を作らせてもらうよ」 ▽ペロッティ、バティストゥータ氏とBBQの輪が広がり始めたローマ。難敵リバプールを破り、34年ぶりの決勝進出に向けてレジェンド主催のBBQは新たなモチベーションとなりそうだ。また、仮にCL優勝を果たしたあかつきには、アルゼンチン出身の現ローマ法王フランシスコ主催のBBQという、壮大な計画が果たされる可能性もあるかもしれない。 2018.04.20 07:20 Fri
twitterfacebook
thumb

熾烈なCL出場権争いは続く! ローマが4戦ぶり勝利、ラツィオはヴィオラとの10人同士の殴り合い制す《セリエA》

▽セリエA第33節、ローマvsジェノアがスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが2-1で勝利した。 ▽前節、宿敵ラツィオとの“デルビー・デッラ・カピターレ”をゴールレスドローで終えた3位ローマ(勝ち点61)は、リーグ戦3戦未勝利と足踏みが続く。前日に行われた試合でインテル(勝ち点63)が勝利したため、暫定4位に転落したディ・フランチェスコ監督率いるチームは4戦ぶりの勝利を目指して12位ジェノア(勝ち点38)をホームで迎え撃った。ラツィオ戦からは6選手を変更。負傷のマノラスに代えてフロレンツィが復帰したほか、中盤はゴナロン、ジェルソン、ペッレグリーニと控えメンバーが並び、前線はゼコとジェンギズ・ユンデル、エル・シャーラウィが起用され、システムは[4-3-3]となった。 ▽立ち上がりから押し気味に試合を運ぶローマはフロレンツィとジェンギズの右サイドで攻撃を組み立てて、中央のゼコ、左サイドのエル・シャーラウィのところで仕留めにかかる。ジェンギズやエル・シャーラウィが積極的にフィニッシュに絡んでいく中、早い時間帯に先制点を奪う。 ▽17分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのコラロフがゴール右のスペースへ絶妙なボールを落とす。これに反応したジェンギズが身体ごとネットに飛び込む左足のワンタッチシュートで流し込んだ。 ▽ジェンギズのゴールでリードを手にしたローマはその後も球際の勝負で優位性を保ちながらやや前に重心を置いたジェノアに対して、ゼコのキープ力を生かしたカウンターから追加点のチャンスを窺う。25分にはボックス手前右でジェルソンからパスを受けたゼコがシュートを狙うが、これはGKペリンの正面を突く。その後は相手のカウンターから幾度か背後を取られかかるが、GKアリソンを中心とした粘り強い守備で凌いだ。 ▽ローマの1点リードで折り返した試合は、後半も早い時間帯に動く。52分、右CKの場面でキッカーのコラロフが左足インスウィングの鋭いボールを入れると、これをニアサイドでクリアを試みたDFズカノビッチのオウンゴールを誘った。 ▽この2点目で勝利に近づくローマだが、メデイロス、ロッシと攻撃的なカードを切ってきたジェノアに対して受けに回る。すると61分、ジェルソンの中盤でのボールロストからパンデフのスルーパスに抜け出したラパドゥーラに1点を返される。 ▽この失点をキッカケにバタ付き始めるローマはジェルソンを下げてマノラスを投入し、3バックに変更。さらにジェンギズとエル・シャーラウィを下げてシック、ストロートマンの投入で高さと中盤の守備を強化する。この交代で流れを取り戻したホームチームは試合終盤にフロレンツィとゼコに3点目の絶好機が訪れるも、これを決め切れない。それでも、何とかリードを守り切って2-1の勝利。苦しみながらも4戦ぶりの勝利を収めたローマが3位キープに成功した。 ▽また、同日行われた第33節、フィオレンティーナvsラツィオは、アウェイのラツィオが4-3で逆転勝利した。 ▽ヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得を目指す7位フィオレンティーナ(勝ち点51)と、CL出場権獲得を目指す4位ラツィオ(勝ち点61)の上位対決。前節、格下SPAL相手のゴールレスドローで連勝が「6」でストップしたフィオレンティーナは先発2人を変更。サポナーラ、ベナッシに代わってジウ・ディアス、エイセリックが起用された。一方、前節のローマ戦を同じくゴールレスドローで終えたラツィオは先発2人を変更。出場停止のラドゥに代わってカセレス、ルリッチに代わってジョルダン・ルカクが入った。 ▽試合は立ち上がりから波乱の展開に。開始7分にインモービレのシュートをボックス外で手を使って防いだフィオレンティーナGKスポルティエッロがいきなり一発退場。だが、14分にはキエーザに裏抜けを許したラツィオMFムルジャが後方から倒してしまい、決定機阻止でこちらも一発退場。試合開始15分あまりで10人ずつの戦いを強いられた。 ▽すると、ムルジャのファウルで得たFKの場面でキッカーのヴェレトゥが見事な右足シュートで決め切り、フィオレンティーナが先制。さらに31分にも再びヴェレトゥがPKを決めてドッピエッタを達成。だが、負けられないラツィオも39分にボックス手前で得たFKをL・アルベルトが壁を越える鋭いシュートで決めると、前半終了間際の45分にはL・アルベルトの右CKをニアに飛び込んだカセレスが頭で合わせ、前半のうちに2点差を追いついた。 ▽前半同様に後半も激しさを増す試合は54分にフィオレンティーナが勝ち越す。高い位置でボールを奪ったヴェレトゥが鮮やかなドリブルでゴール左に持ち込んで左足のシュートをファーに流し込んでトリプレッタ達成。しかし、諦めないラツィオは70分、3失点目に絡んだフェリペ・アンデルソンがペナルティアーク付近からのミドルシュートで同点ゴールを奪取。さらに、その3分後の73分にはショートカウンターから右サイドでマルシッチが斜めに入れたグラウンダークロスをゴール前に飛び込んだL・アルベルトがスライディングで流し込み、この試合初めて試合を引っくり返した。 ▽その後も激しい攻防が続いた試合だったが、ラツィオの4-3でタイムアップ。10人同士の壮絶な打ち合いを制したラツィオがCL出場権争いに踏みとどまった。 2018.04.19 06:06 Thu
twitterfacebook
thumb

サラー初凱旋のCL準決勝2ndレグのローマvsリバプールのチケットが完売!

▽ローマは18日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグのローマvsリバプールのチケットが完売したことを発表した。 ▽13日にCL準決勝の組み合わせ抽選会が行われ、準々決勝で奇跡の逆転突破を果たしたローマと、今季のプレミアリーグで首位を独走していたマンチェスター・シティを下したリバプールの対戦が決定。 ▽昨夏にローマからリバプールへ移籍したエジプト代表FWモハメド・サラーの初凱旋でもある一戦は、前売り券の時点で22000枚が完売。ローマによると、現地時間18日の10時に販売を開始した35000枚のチケットも3時間30分で完売したとのことだ。 ▽また、イタリア『フットボール・イタリア』によれば、ローマのチケット売り場には前日の夜から約100人が徹夜で並んでいたという。 ▽なお、準決勝1stレグのリバプールvsローマは、24日の27時45分にキックオフを迎える。 2018.04.19 00:02 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマ、CL準決勝のチケットを販売開始…ファンが長蛇の列

▽現地時間18日10時にチャンピオンズリーグ(CL)準決勝ローマ対リバプールのチケット販売が解禁された。ローマ市内の「ローマ・ストア」には、このチケットを求めるファンが長蛇の列をつくっている。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えた。 ▽ローマはCL準々決勝でバルセロナを下し、ベスト4に勝ち進んだ。5月2日に行われる2ndレグに向けて、すでにファンは大盛り上がりだ。 ▽『Rai』によると、17日午前9時ごろからこのチケットを求めるファンが列を作り始めたとのこと。早朝の4時には40人のファンが列をつくっていた。 ▽チケット販売では技術面のトラブルもあったとのことで、「プラチナチケット」を求める行列はかなりの混乱もあったようだ。 ▽ローマが準決勝に駒を進めたのは34年ぶり。ファンの熱気はこれからさらに高まりそうだ。 2018.04.18 19:27 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース