ローマがゼコ5戦連発にフロレンツィの復帰弾で4連勝! ホーム初黒星のミランは連敗…《セリエA》2017.10.02 03:32 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第7節、ミランvsローマが1日にサン・シーロで行われ、アウェイのローマが2-0で勝利した。

▽前節、サンプドリアに完敗し今季2敗目を喫したミランは、ミッドウィークにホームで行われたヨーロッパリーグ(EL)のリエカ戦を新鋭クトローネの劇的ゴールによって3-2で勝利したものの、2点差を追いつかれる低調な試合内容だった。これを受けて、モンテッラ監督に早くも解任報道が出るなど、新生ミランの船出は厳しいものになっている。今後に向けて必勝が求められる指揮官の古巣ローマ戦に向けては、リエカ戦から先発3人を変更。アバーテに代えてリカルド・ロドリゲス、ロカテッリとクトローネの若手2人に代えてカリニッチ、ビリアを起用した。

▽一方、第2節のインテル戦の敗戦以降、格下相手にきっちり3連勝を飾ったローマは、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のカラバフ戦で大苦戦も今季のCL初勝利を手にした。そのカラバフ戦からは先発4人を変更。フアン・ジェズス、ペッレグリーニ、デフレル、ゴナロンに代えて、ファシオ、ストロートマン、デ・ロッシ、フロレンツィら主力が復帰した。

▽いつも通り、ボールを保持して主導権を握るアウェイのローマに対して、ここ数試合守備に問題を抱えるホームのミランは守備的な入りを見せる。

▽立ち上がりから中盤での潰し合いが目立つ拮抗した攻防が続く中、17分にはGKドンナルンマのキックミスを拾ったストロートマンが無人のゴールへロングシュートを放つが、これは枠の右に外れる。続く20分にはコラロフの絶妙な左クロスをボックス右に走り込んだフロレンツィが右足のダイレクトシュートで狙うが、これはGKドンナルンマのセーブに遭い、アウェイチームの先制点とはならず。

▽徐々に相手を押し込むローマだが、30分にアクシデント発生。筋肉系のトラブルを抱えたストロートマンが自らベンチに交代を要求し、代わってペッレグリーニが投入された。

▽前半半ばから終盤にかけてはミランが盛り返してきたことで、試合は再びこう着状態に陥る。ミランが相手陣内でのプレー時間を増やし、チャルハノールやロマニョーリがミドルシュートで相手ゴールを脅かす。対するローマも42分、味方の動きをおとりに使ったペッレグリーニが中央からボックス左にボールを運んで左足のシュートを放つが、これはややパワーが足りず、GKドンナルンマに難なくキャッチされた。

▽互いに選手交代なしで迎えた後半も前半同様の展開が続く。互いに攻守の切り替えを徹底することで、中盤から前で自由を与えられず、なかなか前線の選手に良い形でボールが入らない。このこう着状態の中、相手のビルドアップのミスや高い位置でのボール奪取を攻撃に繋げるミランは58分、ボックス手前左でボールを持ったR・ロドリゲスから精度の高いグラウンダーのクロスが出るが、ファーに飛び込んだアンドレ・シウバはわずかに届かない。

▽60分を過ぎて徐々にオープンになり始めた試合は、互いにこの試合最大の決定機が訪れる。まずは61分、敵陣中央でボールを持ったペッレグリーニがゴール前に走り込むフロレンツィに絶妙なスルーパスを通す。だが、フロレンツィの右足アウトサイドを使ったフィニッシュはややミートし切れず、GKドンナルンマにセーブされる。

▽直後の62分にはミランがチャルハノールの左CKの流れからゴール前で相手のクリアに反応したボヌッチが強烈なシュートを放つが、密集をすり抜けたボールをGKアリソンが驚異的な反応で弾き出した。さらにミランは68分にもボックス内でDFマノラスを背負いながら強引に反転したカリニッチがシュートを放つが、これもアリソンにキャッチされる。

▽互いにようやくゴールの匂いを感じさせる攻撃を見せ始めた中、ここまで沈黙していたローマのエースが仕事を果たす。72分、相手陣内中央右から左に持ち運んだペッレグリーニからバイタルエリアでパスを受けたゼコが右に持ち出しながらペナルティアーク付近で右足を振り抜く。すると、DFロマニョーリの出した足にディフレクトしたシュートがゴール右隅の絶妙なコースに決まった。

▽ゼコの5試合連続ゴールで均衡を破ったローマは、畳みかける攻撃で2点目を奪う。77分、味方からのパスを左サイドに流れてセンターバックをつり出したゼコが丁寧にナインゴランに落とすと、ボックス左付近に持ち込んだナインゴランが強烈なシュートを放つ。このシュートをGKドンナルンマが前に弾くと、こぼれ球に飛び込んだフロレンツィが冷静に流し込み、長期離脱から復帰して初のゴールを奪った。

▽一方、前半から我慢していた守備陣が耐え切れず、厳しい連続失点を喫したミランは、失点直後にカリニッチを下げて新鋭クトローネをピッチに送り出すが、それからわずか1分後の80分に味方との連係ミスでナインゴランの突破を許したチャルハノールが後ろから足をかけて倒してしまい、この試合2枚目のカードをもらい、痛恨の退場処分に。

▽この退場で勝利を大きく近づけたローマは、このまま2-0で試合をクローズ。苦しみながらも敵地で勝ち切ったローマは、リーグ戦4連勝でインターナショナルウィークに入ることになった。一方、今季初のホーム敗戦で連敗のミランは、いよいよモンテッラ監督の首筋が寒くなってきた。

コメント

関連ニュース

thumb

ローマ、ベイリー獲得交渉が難航…レバークーゼンは63億円の移籍金を要求

▽ローマはレバークーゼンのU-23ジャマイカ代表FWレオン・ベイリー(21)の獲得に乗り出しているが、交渉が難航しているようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『メディアセット』の報道をもとに伝えている。 ▽バルセロナにボルドーのブラジル人FWマウコム(21)を強奪されたローマは、新たな右ウイングを主戦場とする左利きのアタッカーの獲得候補としてベイリーをリストアップ。 ▽『メディアセット』によれば、ローマはベイリーの獲得に4000万ユーロ(約50億円)を用意しているが、レバークーゼン側はこの条件に満足しておらず、少なくとも5000万ユーロ(約63億円)を求めているそうだ。 ▽高い身体能力と足下のテクニックを武器とするベイリーは、2015年にヘンクでプロデビュー。昨夏加入したレバークーゼンでは、両ウイングを主戦場にブンデスリーガ30試合を含む公式戦34試合に出場し12ゴール6アシストを記録していた。 ▽なお、セリエAの移籍市場は現地時間17日までとなっている。 2018.08.17 02:47 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマがセビージャからフランス代表MFエンゾンジを4年契約で獲得!

▽ローマは14日、セビージャからフランス代表MFスティーブン・エンゾンジ(29)の獲得を発表した。 ▽ローマによると、契約期間は2022年6月までの4年間で、移籍金は2665万ユーロ(約34億円)+ ボーナス400万円(約5億円)と発表している。 ▽エンゾンジは、母国アミアンでプロデビューを果たすと、ブラックバーン、ストーク・シティを経て、2015年7月にセビージャへ加入。加入初年度にヨーロッパリーグ3連覇に貢献すると、昨シーズンも公式戦44試合に出場していた。また、先日まで行われていたロシア・ワールドカップ(W杯)にも参戦し、5試合に出場。フランスの20年ぶり優勝に貢献した。 ▽ローマへの移籍が決まったエンゾンジは、同クラブの公式サイトで次のようにコメントしている。 「ローマに加入できたことを嬉しく思っている」 「僕は年齢に関係なくいつも自分が上達することを考えている。それには常にベストを尽くし、懸命に働くことが重要なんだ。僕はローマでそれを実行し、より良い選手となってプレーと経験でチームのために手助けしていくことを約束するよ」 2018.08.15 05:50 Wed
twitterfacebook
thumb

モナコ、インテル行きの迫るケイタの後釜にローマのアルゼンチン代表FWに注視か

▽モナコはインテル行きが迫るセネガル代表FWケイタ・バルデ・ディアオ(23)の後釜としてローマのアルゼンチン代表FWディエゴ・ペロッティ(30)を狙っているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が伝えている。 ▽モナコでは昨夏に加入し主力としてリーグ戦23試合に出場したケイタがインテル行きに迫って模様。インテルは500万ユーロ(約6億3000万円)で1年間レンタルし、その後、3400万ユーロ(約43億円)の買い取りオプションを行使して5年契約のオファーを提示しているようだ。 ▽『トゥットスポルト』によると、モナコはケイタの後釜としてペロッティをリストアップしており、今後正式にオファーを提示するようだ。今年3月にローマと2021年まで契約延長したペロッティは、昨シーズンの公式戦で35試合に出場し8ゴール5アシストをマークしていた。 2018.08.12 02:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ウェストハム、ゴナロン獲得へ13億円のオファーをローマに提示か

▽ウェストハムが、ローマから元フランス代表MFマキシム・ゴナロン(29)の獲得に向けてオファーを提示したようだ。『フットボール・イタリア』がイギリス『サン』の報道をもとに伝えている。 ▽ゴナロンは、昨夏に17年間在籍したリヨンからローマに加入。しかし、ローマではエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督の信頼を勝ち取れず、昨シーズンはセリエA16試合(先発:11試合)の出場にとどまっていた。 ▽そんなゴナロンに関しては、クリスタル・パレスとエバートンの2クラブが獲得に興味を示していたが、今回の報道によれば、ウェストハムが1000万ユーロ(約13億円)のオファーを提示した模様。 ▽また、同紙によれば家族のためにフランス復帰を最優先に考えていたゴナロンだが、現在はプレミアリーグへの移籍も真剣に検討しているという。 2018.08.09 04:20 Thu
twitterfacebook
thumb

昇格組バジャドリー、ローマから逸材FWヴェルデを買取OP付きのレンタルで獲得

▽リーガエスパニョーラに昇格したバジャドリーは8日、ローマからU-21イタリア代表FWダニエレ・ヴェルデ(22)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。 ▽ローマのプリマヴェーラ出身のヴェルデは、170cmに満たない小柄ながら馬力のある仕掛けを武器とする左利きのドリブラー。2014-15シーズンにトップチームデビューを飾ると、同シーズンに公式戦10試合に出場し、ブレイクの兆しを見せた。 ▽しかし、その後はトップチームとは定着ならず、フロジノーネやペスカーラ、アヴェリーノへのレンタル移籍を繰り返し、昨季はヴェローナに買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入。同クラブでは公式戦33試合に出場し4ゴール3アシストを記録していた。 ▽なお、イタリアの年代別代表で主力を担う逸材には、ポルトやボルドーも獲得に関心を示していた。 2018.08.09 00:58 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース