大迫が今季初ゴールもライプツィヒに敗れたケルンは未勝利継続《ブンデスリーガ》2017.10.02 03:02 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第7節、ケルンvsライプツィヒが1日に行われ、1-2でライプツィヒが勝利した。ケルンのFW大迫勇也はフル出場し、82分に今季初ゴールを決めている。

▽前節ハノーファー戦をゴールレスドローで乗り切って開幕からの連敗を5で止めたケルンだったが、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のレッドスター戦を0-1で敗戦した。未だに今季の公式戦勝利がない中、レッドスター戦で後半からの出場となった大迫は先発での起用となった。

▽一方、前節フランクフルト戦を勝利して今季3勝目を挙げたものの、チャンピオンズリーグ(CL)のベシクタシュ戦を0-2と完敗したライプツィヒは、ベシクタシュ戦のスタメンから4選手を変更。騒音で途中交代したヴェルナーが欠場となり、Y・ポウルセンやブルマらが先発となった。

▽フラットな[4-4-2]の2トップの一角で大迫が先発となったケルンは、序盤の一進一退の攻防を経て、14分にビッグチャンス。左CKからニアの大迫がヘディングシュート。しかし、GKの守備範囲に飛んでしまった。

▽直後にも大迫のポストプレーからビッテンコートがシュートを浴びせたケルンは、18分にはラウシュの左クロスから大迫がヘディングシュート。だが、再びGKのセーブに阻まれてしまう。

▽しかし、29分にボックス左のハルステンベルクが左ポスト直撃のシュートを放ったライプツィヒが流れを引き寄せていくと、30分にはブルマが強烈なミドルシュートでGKホルンを強襲。そして直後、サビツァーのヒールパスをボックス右で受けたクロステルマンがシュートを流し込み、ライプツィヒが押し切った。

▽先制されたケルンは38分に同点のチャンス。ロングボールをうまく収めたコルドバがGKと一対一となるも決めきれない。

▽直後にフォルスベリがGKホルンを強襲するシュートを浴びせたライプツィヒは、続く40分にブルマのミドルシュートが枠の左隅を捉えるも、GKホルンのファインセーブに阻まれて追加点を奪うには至らない。

▽守護神が奮闘する中、前半終盤の44分にケルンに決定機。ドリブルでボックス左に侵入したビッテンコートの折り返しをヨイッチがシュート。しかし、枠の上に外してしてケルンは前半を1点ビハインドで終えた。

▽迎えた後半、前がかるケルンは53分に左太もも裏を負傷したコルドバがプレー続行不可能となり、新戦力のピサーロを投入した。すると56分、ボックス左に侵入したS・ツォラーがネットを揺らすもオフサイドに阻まれる。

▽その後はこう着状態が続いた中、ライプツィヒが80分に勝負を決定付ける。ボックス左のサビツァーのクロスをY・ポウルセンが頭で押し込んだ。

▽敗色濃厚のケルンは82分、ボックス左角のハントヴェルカーのクロスを大迫がヘディングシュートで今季初ゴールを押し込み、1点を返した。しかし、反撃はここまで。ケルンは今季6敗目を喫している。一方で勝利したライプツィヒは4勝目を挙げている。

コメント

関連ニュース

thumb

大迫がブンデス100試合出場のケルン、CL権争うライプツィヒに逆転勝利《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第24節、ライプツィヒvsケルンが25日に行われ、1-2でケルンが勝利した。ケルンのFW大迫勇也は82分までプレーしている。 ▽前節フランクフルトに敗れて5位に後退したライプツィヒ(勝ち点38)は、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のナポリ戦を0-2と敗れたものの1stレグのアドバンテージを生かしてベスト16進出を決めた。そのナポリ戦のスタメンから5選手を変更。ヴェルナーとY・ポウルセンがベンチスタートとなり、2トップはオギュスタンとルックマンが組んだ。 ▽一方、前節ハノーファー戦で大迫が先制ゴールを奪ったものの終了間際のピサーロの劇的弾がVARによりオフサイドと判定され、1-1の引き分けに終わった最下位ケルン(勝ち点14)は、大迫が2試合連続スタメンとなった。 ▽立ち上がりから仕掛けたライプツィヒは5分に先制する。左サイドをブルマが突破してクロスを上げると、ルックマンが右足で合わせる。シュートは右ポストに直撃したものの、ルーズボールをオギュスタンが押し込んだ。 ▽あっさり失点したケルンは9分に反撃。左サイドからの大迫のクロスにテローデがヘッド。シュートは枠を捉えていたが、GKグラーチのファインセーブに阻まれた。 ▽その後も敵陣でボールを保持したライプツィヒは20分にオギュスタンがゴールに迫ると、前半半ば以降もブルックマンやサビツァーが立て続けに惜しいシュートを浴びせていく。 ▽そして40分にも決定機。オギュスタンがポストプレーで落としたパスをペナルティアーク中央のフォルスベリが狙いすましてダイレクトシュート。しかし、わずかに枠の右に外れた。 ▽劣勢が続くケルンは45分、右CKから大迫がヘッドで合わせ、ゴール前のメレがヘディングで押し込むもオフサイドを取られ、1点ビハインドのまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、ケルンが圧力を強めた中、劣勢のライプツィヒは59分にルックマンに代えてY・ポウルセンを投入。それでも、67分に途中出場のビッテンコートが際どいシュートを浴びせたケルンが、70分に同点に追いついた。ルーズボールを拾ったコジエロがペナルティアーク中央から左足を一閃。抑えの利いたシュートがゴール左に突き刺さった。 ▽コジエロの移籍後初ゴールで試合を振り出しに戻したケルンは、勢いそのままに77分、逆転に成功する。リッセが大迫のパスを受けて右サイドを突破。ボックスゴールライン際からグラウンダーのクロスを送り、ファーサイドのビッテンコートが蹴り込んだ。 ▽これが決勝点となってケルンが逆転勝利。5試合ぶりに白星を飾ったケルンは17位ハンブルガーSVに勝ち点で並び、残留プレーオフに回れる16位マインツとは7ポイント差に縮めている。一方、2試合連続逆転負けとなったライプツィヒは6位に後退している。 2018.02.26 03:53 Mon
twitterfacebook
thumb

大迫が今季2ゴール目のケルン、ピサーロの幻弾でドロー決着《ブンデスリーガ》

▽ケルンは17日、ブンデスリーガ第23節でハノーファーをホームに迎え、1-1で引き分けた。ケルンのFW大迫勇也はフル出場している。 ▽前節フランクフルト戦を2-4と完敗して2連敗となった最下位ケルン(勝ち点13)は、風邪でコンディションを崩していた大迫が3試合ぶりに先発となった。 ▽9位ハノーファー(勝ち点31)に対し、大迫が2トップの一角で起用されたケルンが仕掛ける入りとなる。その後、ハノーファーに押し込まれたケルンだったが、30分に先制する。決めたのは大迫。FKの流れからボックス左の大迫がルーズボールを拾って持ち出し、左足を一閃。強烈なシュートがゴールのニア上を破った。 ▽大迫のリーグ戦今季2点目で先制したケルンだったが、その後もハノーファーの反撃を受け、劣勢を強いられる。すると37分、フュルクルクに中央を突かれ、シュートを流し込まれてしまった。ハーフタイムにかけても劣勢を強いられたケルンだったが、1-1で前半を終えた。 ▽迎えた後半も押し込まれる入りとなったケルンは、61分に相手DFに顔を蹴られたテローデがプレー続行不可能となり、ツォラーが投入される。 ▽後半半ば以降、一進一退の攻防が続き、互いにシュートに持ち込めない状況の中、ケルンは81分に大迫が際どいミドルシュートを浴びせた。さらに88分にはボックス左で仕掛けた大迫がGKに倒されかけたが、ノーファウルの判定に。 ▽終盤にかけて攻勢に出るケルンは、試合終了間際の追加タイム4分、リッセの右クロスにピサードがダイビングヘッドで合わせてネットを揺らすも、VARによりリッセのポジションがオフサイドでノーゴールに。そのまま1-1で試合は終わり、勝ち点1獲得に留まった。 2018.02.18 03:14 Sun
twitterfacebook
thumb

長谷部PK献上もフランクフルトが大迫ベンチ外のケルンに4発快勝《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第22節、フランクフルトvsケルンが10日に行われ、4-2でフランクフルトが快勝した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地とケルンのFW大迫勇也はベンチ外だった。 ▽前節アウグスブルク戦を0-3と完敗して6試合ぶりの敗戦を喫した6位フランクフルト(勝ち点33)は、3日前に行われたDFBポカール準々決勝のマインツ戦では相手のミスをきっちりと突いて3-0と快勝した。そのマインツ戦でも先発した長谷部が3バックの中央で引き続きスタメンとなった。 ▽対する最下位ケルン(勝ち点13)は前節ドルトムント戦を2-3と競り負け、5試合ぶりの黒星を喫した。風邪でドルトムント戦を欠場した大迫は引き続きベンチ外となった。 ▽開始3分、レビッチとのワンツーでボックス左に侵入したチャンドラーが決定的なシュートに持ち込んだフランクフルトが良い入りを見せる。そして、レビッチの推進力を生かして主導権を握るフランクフルトが順当に先制した。15分、ヴォルフのスルーパスをボックス右深くで受けたヨビッチがグラウンダーのクロスを折り返し、ゴール前でフリーのレビッチが押し込んだ。 ▽続く18分にもダ・コスタの右クロスを受けたチャンドラーのボレーシュートが右ポストを直撃したフランクフルトが、前半半ば以降も攻守にケルンを上回っていく。長谷部も3バックの中央で的確なカバーリングを見せ、相手2トップのテローデとコルドバを封殺していった。 ▽追加タイムにセットプレーからソーレンセンに決定的なシュートを浴びたフランクフルトだったが、守護神のフラデツキーが好守で防ぎ、1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、55分にフランクフルトは長谷部がボックス際でテローデを倒し、VARの末にPKを献上してしまう。これをテローデに決められ、フランクフルトは同点に追いつかれてしまった。 ▽失点を受けてヨビッチに代えてアラーを投入したフランクフルトは、すかさず勝ち越しに成功する。59分、左サイドからのヴォルフのFKをニアサイドのルスがヘディングで流し込んだ。さらに65分、左サイド絞った位置からのヴォルフのFKをルスがヘディングで合わせてゴール前での混戦を生むと、最後はファレットが蹴り込んだ。 ▽リードを広げたフランクフルトはさらに2分後、ダ・コスタのスルーパスでボックス右に抜け出したヴォルフがシュートを流し込んで4-1とケルンを突き放した。 ▽結局、74分にリッセのFKからテローデにヘディングシュートを決められて2点差に迫られたフランクフルトだったが、それ以上の反撃は許さずに4-2で勝利。白星を取り戻している。 2018.02.11 01:24 Sun
twitterfacebook
thumb

バチュアイのデビュー弾含むドッペルパックでドルトムントが4戦ぶり勝利! 香川フル出場も大迫は欠場《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第21節、ケルンvsドルトムントが2日に行われ、2-3でドルトムントが勝利した。ケルンのFW大迫勇也は欠場し、ドルトムントのMF香川真司はフル出場している。 ▽前節アウグスブルク戦を1-1の引き分けに持ち込まれた最下位ケルン(勝ち点13)は、4連勝こそ逃がしたものの。ここ4試合を3勝1分けと好調を維持。シュティーガー監督解任後、チーム状態が上向きの中、風邪をひいた大迫が欠場となった。 ▽一方、前節フライブルク戦で2試合連続ゴールを決めた香川だったが、チームは終了間際に被弾して追いつかれ、年明け後の3試合をいずれも引き分けている。絶対的エースのオーバメヤンがアーセナルへ移籍した中、チェルシーから加入したバチュアイがスタメンデビューとなった。 ▽香川が[4-3-3]の左インサイドで先発となったドルトムントが立ち上がりからポゼッションする流れとなった中、最初に決定機を迎えたのはケルン。13分、カウンターに転じ、右サイドに流れたギラシーのクロスをヨイッチがシュート。しかし、GKビュルキの好守に阻まれた。 ▽その後もケルンの鋭いカウンターにけん制されたドルトムントだったが、新戦力のバチュアイが前線で身体を張って起点になっていく。すると35分、バチュアイにデビュー弾が生まれる。 ▽ボックス左ゴールライン際まで切れ込んだトルヤンのマイナスの折り返しをバチュアイが左足で蹴り込んだ。香川が積極的にバチュアイを使ってケルンを押し込みにかかるドルトムントはさらに44分、バチュアイが再びトルヤンのクロスに合わせてネットを揺らすも、VARによってオフサイドと判定され、前半を1点のリードで終えた。 ▽迎えた後半、一進一退の攻防で立ち上がった中、56分にドルトムントに決定機。シュールレのスルーパスに抜け出したバチュアイがボックス中央に侵入。GKと一対一となったが、シュートはホルンに止められてしまった。 ▽すると60分、ケルンはカウンター返しから同点に追いつく。テローデがボックス左でタメを作って、ハインツがミドルシュート。GKビュルキが弾いたルーズボールを後半から出場のツォラーが頭で押し込んだ。 ▽それでもわずか2分後、GKビュルキのロングキックでルーズとなったボールをプリシッチが拾いスルーパス。これに反応してボックス右に走り込んだバチュアイがシュートを流し込んでドルトムントがすかさず勝ち越しに成功した。 ▽その後、69分にヘクターの右CKをメレに頭で流し込まれて2-2とされたドルトムントだったが、終盤の84分に三度リードする。ロングカウンターに転じ、香川、バチュアイとつないで、最後はボックス右まで持ち上がったシュールレがシュートを流し込んだ。 ▽逃げ切りを図るドルトムントはシュールレに代えてデビューとなるDFのアカンジを投入。対するケルンはピサーロを投入して同点弾を目指した。 ▽終盤、サンチョが負傷して10人での戦いを強いられたドルトムントだったが、ケルンの攻勢を凌いで逃げ切り。ドルトムントが新年初勝利を飾り、4試合ぶりの白星としている。 2018.02.03 06:29 Sat
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第21節プレビュー】武藤がバイエルンと、シュティーガー監督が古巣ケルンと対戦

▽前節もバイエルンが逆転勝利を収めて連勝を7に伸ばし、独走態勢を築いている。混戦の2位以下では2位レバークーゼンと3位シャルケが勝利し、それぞれ上位をキープ。一方でライプツィヒとドルトムントが引き分け、その間隙を縫ってフランクフルトがチャンピオンズリーグ出場圏内の4位に浮上している。迎える第21節ではマインツの武藤がバイエルンと対戦する一戦や、ドルトムントを率いるシュティーガー監督が古巣ケルンと対戦する試合が組まれている。 ▽前節レバークーゼン戦ではチームが劣勢に立たされたこともあり、枠内シュート1本と見せ場を作れなかった武藤。チームは引き続き苦しい残留争いを強いられているが、絶対的王者相手に勝ち点をもぎ取ることはできるか。フメルスとJ・ボアテングのドイツ代表コンビを相手にした武藤のゴール前でのプレーに注目だ。 ▽一方、前々節のブレーメン戦に続き、ホッフェンハイムにも先行を許したバイエルン(勝ち点50)だったが、終わってみれば5発大勝し、連勝を7に伸ばした。2位以下を16ポイント引き離した中、マインツを下して8連勝となるか。 ▽今節もう一試合の注目カードであるケルンvsドルトムントは金曜日に開催される。シュティーガー監督解任後、チーム状態が上向きの最下位ケルン(勝ち点13)は、前節アウグスブルク戦を優勢に運びながらも同点に追いつかれ、4連勝は逃した。とはいえ、ここ4試合で3勝1分けと好調で、完全に復調したと言っていい状況だ。新戦力のテローデと2トップを形成する大迫も質の高いプレーを継続しており、今季2ゴール目が期待できるかもしれない。 ▽一方、前節フライブルク戦で2試合連続ゴールを決めた香川だったが、チームは終了間際に被弾して追いつかれ、年明け後の3試合をいずれも引き分けている。絶対的エースのオーバメヤンがアーセナルへ移籍するなどネガティブな状況が続くが、香川としては引き続きゴールに絡む活躍を期待したい。昨季ケルンをヨーロッパリーグに導いた功労者であるシュティーガー監督が古巣のファンにどのように迎えられるかにも注目だ。 ▽絶好調ベイリーのゴールなどでマインツに勝利して2位を死守したレバークーゼン(勝ち点34)は、12位フライブルク(勝ち点24)とのアウェイ戦に臨む。引き続き大混戦のCL出場権争いが続く中、ドルトムントから勝ち点1を持ち帰ったフライブルクに勝利して2位の座を死守したい。 ▽前節シュツットガルト戦を2-0と快勝した3位のシャルケ(勝ち点34)は、16位ブレーメン(勝ち点17)とのホーム戦に臨む。7位ボルシアMGまで3ポイント差と後続が迫る中、攻守に大車輪の活躍を続けるナウドを軸に、残留争いに巻き込まれているブレーメンを退けてCL圏内死守となるか。 ▽年明け後の3試合を全てリベロでフル出場し、チームの好結果に寄与しているフランクフルトの長谷部。そのフランクフルトは日曜日に8位アウグスブルクとアウェイで対戦する。対戦相手のアウグスブルクには突出した個の能力を持った選手こそいないものの、組織力に秀でる相手だが、長谷部のラインコントロールで失点を防ぎ勝ち点3を奪えるか。 ▽土曜日のナイトゲームでは7位ボルシアMG(勝ち点31)と5位ライプツィヒ(勝ち点32)の上位対決が開催される。共に勝利すればCL圏内浮上が見えてくるだけに激しい試合が期待できそうだ。最後に監督交代で3バックの右という新境地でプレーした酒井高のハンブルガーSVは、10位ハノーファー(勝ち点27)とのホーム戦に臨む。前節ライプツィヒ戦を引き分けて連敗を4で止めたHSVは、ホラーバッハ監督の下で8試合ぶりの勝利となるか。酒井高は引き続き先発予想だ。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』参照 ◆ブンデスリーガ第21節 ▽2/2(金) 《28:30》 ケルン vs ドルトムント ▽2/3(土) 《23:30》 ヴォルフスブルク vs シュツットガルト シャルケ vs ブレーメン ヘルタ・ベルリン vs ホッフェンハイム フライブルク vs レバークーゼン マインツ vs バイエルン 《26:30》 ボルシアMG vs ライプツィヒ ▽2/4(日) 《23:30》 アウグスブルク vs フランクフルト 《26:00》 ハンブルガーSV vs ハノーファー 2018.02.02 18:00 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース