バイエルンがサニョル暫定監督の初陣を勝利で飾れず… 今季初スタメンの原口は3人抜きでアシスト記録!!《ブンデスリーガ》2017.10.02 00:40 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第7節のヘルタ・ベルリンvsバイエルンが1日に行われ、2-2の引き分けに終わった。ヘルタの日本代表FW原口元気は87分までプレーした。

▽前節ヴォルフスブルクと引き分けた3位バイエルンが、11位ヘルタのホームに乗り込んだ一戦。ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)でパリ・サンジェルマンに惨敗したバイルンは、9月28日にカルロ・アンチェロッティ監督を解任。

▽ウィリー・サニョル暫定監督の初陣となる今節は、PSG戦からスタメンを5人変更。[4-2-3-1の布陣を採用し、最終ラインは右からキミッヒ、フンメルス、J・ボアテング、アラバを並べ、ボランチにはトリッソとハビ・マルティネスを起用。2列目は右からロッベン、ミュラー、リベリを配置し、1トップにはレヴァンドフスキを起用した。

▽対するヘルタは、ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)のエステルンド戦からスタメンを8人と大幅に変更。1トップにカルーを起用した[4-2-3-1]を採用。原口が左サイドMFで今季初のスタメンに名を連ねた。

▽試合が動いたのは10分、キミッヒの左FKのこぼれ球をボックス右手前で拾ったJ・ボアテングがクロスを供給。これをゴール前のフンメルスがヘディングでゴール左隅に流し込み、バイエルンが先制に成功した。

▽対するヘルタは16分、ヴァイザーの右クロスをボックス内で受けたダリダがハビ・マルティネスに倒されると、主審はPKの判定。しかし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってこのPKは取り消された。

▽さらにヘルタは33分、ボックス右から仕掛けたカルーがボックス内で倒されると、このロストボールに素早く反応したダリダがシュート。しかし、これはGKウルライヒの好セーブに阻まれた。

▽ピンチを凌いだバイエルンは35分、ロッベンとカルーが接触したことでゴール右に流れたボールに素早く反応したレヴァンドフスキが飛び出した相手GKの上を抜くループシュートを放つ。しかし、これはゴール前に戻ったシュタルクがヘディングでクリア。

▽さらに44分にも、J・ボアテングのロングパスをレヴァンドフスキが落とすと、リベリの折り返しをボックス左で受けたレヴァンドフスキが相手DFを背負いながらも反転からシュートで狙ったが、これは枠の左に外れ、前半は1-0で終了した。

▽迎えた後半も早い時間に試合が動く。49分、トリッソの浮かせたパスをボックス手前で競り合ったレヴァンドフスキがシュタルクに競り勝つと、素早い反転からボックス内に侵入しシュート。これがゴール左隅に決まった。

▽リードを広げられたヘルタの反撃は51分。右サイドからのパスを中央に走り込んだ原口が受けると、そのままボックス内に侵入。巧みなステップで相手DF3枚をかわしゴール右から折り返すと、最後はドゥダが右足で押し込んだ。

▽1点を返し勢いづくヘルタは56分、バイタルエリア左でFKを獲得するとプラッテンハールトがクロスを供給。すると、ボックス中央のレキクに当たったボールに素早く反応したカルーがゴール前に持ち出し、シュートをゴール左に突き刺した。

▽連続失点で同点に追いつかれたバイエルンは、59分にロッベンを下げてチアゴを投入。主導権を握り返したいバイエルンだったが、61分にアクシデント。味方からのパスをトラップする際にリベリが左ヒザを負傷。ピッチに倒れ込んだリベリは、プレー続行不可能となりメディカルスタッフに肩を借りピッチを去った。

▽一進一退の攻防が続く中、原口は87分にエスヴァインと交代。結局、その後はスコアが動かず2-2で試合終了。後半の連続失点で追いつかれたバイエルンは、サニョル暫定監督の初陣を勝利で飾れなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

トリッソ弾のバイエルンが10人のHSVに勝利! 酒井高はフル出場、伊藤は途中出場《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第9節、ハンブルガーSVvsバイエルンが21日に行われ、0-1でバイエルンが勝利した。HSVのDF酒井高徳はフル出場し、FW伊藤達哉は76分からプレーしている。 ▽前節マインツ戦を2-3と敗れて今季5敗目を喫した15位HSV(勝ち点7)は、5試合連続スタメンとなった酒井高がこれまでの左サイドバックから、[3-4-3]のボランチで起用された。そして、ここ2試合先発しながらもいずれも後半10分程で足をつっていた伊藤はベンチスタートとなった。 ▽対する2位バイエルン(勝ち点17)はハインケス体制の初陣となったフライブルク戦を5-0と大勝。3試合ぶりに勝利したチームは3日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のセルティック戦を3-0と寄せ付けず快勝した。そのセルティック戦のスタメンから5選手を変更。ミュラーやチアゴ、J・ボアテングら主力に代えてハメス・ロドリゲスやビダル、トリッソらがスタメンとなった。 ▽自陣でタイトな守備を見せるHSVを相手に、立ち上がりから押し込んだバイエルンは 21分にコマンのパスを受けてボックス左に侵入したロッベンがシュート。際どかったが、枠を捉えることはできなかった。 ▽組織的な守備で対抗していたHSVだったが、39分にアクシデント。G・ユングがコマンのドリブルを後方からのスライディングタックルで止めてしまった。G・ユングには一発退場が宣告され、HSVは10人での戦いを強いられた。 ▽迎えた後半、ハメス・ロドリゲスに代えてミュラーを投入したバイエルンは、開始3分にビダルがミドルシュートでゴールに迫ると、52分に先制点を奪う。アラバの左サイドからのクロスが混戦を誘い、ミュラーが落としたパスをゴールエリア右のトリッソが蹴り込んだ。 ▽先制されたHSVは直後、ハーンのミドルシュートでゴールに迫るもGKウルライヒの好守に阻止される。 ▽引き続き攻勢に出るバイエルンは後半から出場のミュラーが負傷し、チアゴを投入。一方的に攻め込むと、71分にCKの流れからチアゴがコントロールシュート。しかし、左ポストに直撃してしまう。 ▽1点を追うHSVは76分に伊藤とコスティッチを投入。伊藤は右ウイングに入った。 ▽前がかるHSVに対し、バイエルンは82分に追加点のチャンス。ロッベンがスピードを活かしてボックス右に侵入。シュートに持ち込んだが、GKマゼニアのファインセーブに阻まれる。 ▽終盤にかけても攻勢に出たバイエルンがHSVの反撃を許さずに1-0で勝利。首位ドルトムントに勝ち点で並んでいる。一方、敗れたHSVは今季6敗目を喫し、7試合勝利から見放される格好となった。 2017.10.22 03:38 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第9節プレビュー】酒井高&伊藤がハインケス・バイエルンに挑戦、長谷部vs香川も

▽前節は首位ドルトムントがライプツィヒに2-3と敗れ、今季初黒星を喫している。一方でハインケス監督を再招へいしたバイエルンが、フライブルクに5-0と大勝し、初陣を飾っている。迎える第9節では酒井高と伊藤の所属するハンブルガーSVがバイエルンに挑み、長谷部&鎌田フランクフルトと香川ドルトムントの日本人対決などが開催される。 ▽前節マインツ戦を2-3と敗れて今季5敗目を喫した15位ハンブルガーSV(勝ち点7)。マインツ戦では2試合連続スタメンとなった伊藤がまたも足をつって後半10分程で力尽きたが、一時同点となるゴールを演出するなど再び存在感を放った。その伊藤はベンチスタート予想だが、スーパーサブとして6試合勝利のない苦しいチームを救う働きを期待したい。なお、4試合連続スタメン出場中の酒井高は引き続き左サイドバックでスタメン予想となっており、ロッベンとのマッチアップに注目だ。 ▽対する2位バイエルン(勝ち点17)はハインケス体制の初陣を5-0と大勝スタート。3試合ぶりに勝利したチームは水曜日のCLでセルティックを3-0と寄せ付けず快勝した。悪い流れを断ち切った感のあるチームは不調のHSVを下してドルトムントを追走したい。 ▽前節ハノーファー戦を2-1と競り勝って2連勝とした7位フランクフルト(勝ち点13)。負傷が癒えて2試合ぶりに先発に戻った長谷部は、3バックの中央で安定感あるプレーを見せ、守備を締める働きを担った。その長谷部は引き続きスタメン予想となっており、早くもシーズン10ゴールに到達したスピードスターのオーバメヤンを止める働きを期待したい。 ▽一方、オーバメヤンのドッペルパックもパパスタソプーロスの退場などもあってライプツィヒに2-3と競り負けて今季初黒星を喫した首位ドルトムント(勝ち点19)は、火曜日に行われたCLアポエル戦を1-1と引き分け、グループステージ突破が厳しい状況となった。アポエル戦で先発した香川だったが、ミドルシュートがバーに嫌われチームを勝利に導くことはできなかった。その香川はベンチスタート予想だが、悪い流れを断ち切るためにもここは勝利が求められる。 ▽前節ドルトムント戦を3-2と競り勝った3位ライプツィヒ(勝ち点16)は、火曜日に行われたポルト戦を3-2と制し、クラブ史上初のCL勝利を手にした。そのライプツィヒは浅野のシュツットガルトと対戦する。運動量が生命線のチームはこの過密日程を乗り越え、2強を追うことはできるか。前節ケルン戦ではベンチ入りしたものの出場機会のなかった浅野は引き続きベンチスタート予想となっている。 ▽その他、大迫がフル出場したものの、終了間際のPK取り消しと被弾でシュツットガルトに1-2と惜敗した最下位のケルン(勝ち点1)は、17位ブレーメン(勝ち点4)とのホーム戦で早くも残留争いと化した下位対決を戦う。代表戦の影響もあって途中出場となったマインツの武藤は金曜日にシャルケとのアウェイ戦を、シャルケ戦で痛恨の一発退場となった原口のヘルタ・ベルリンはフライブルクとのアウェイ戦を戦う。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照 ◆ブンデスリーガ第9節 ▽10/20(金) 《27:30》 シャルケ vs マインツ ▽10/21(土) 《22:30》 フランクフルト vs ドルトムント ライプツィヒ vs シュツットガルト ボルシアMG vs レバークーゼン アウグスブルク vs ハノーファー 《25:30》 ハンブルガーSV vs バイエルン ▽10/22(日) 《20:30》 ケルン vs ブレーメン 《22:30》 フライブルク vs ヘルタ・ベルリン 《25:00》 ヴォルフスブルク vs ホッフェンハイム 2017.10.20 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

イタリアに帰りたい…ビダル、来冬インテル移籍か

▽バイエルンに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(30)にセリエA復帰の可能性が浮上した。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。 ▽ビダルは、2011年夏から4シーズンにわたってユベントスでプレーした後、2015年夏からバイエルンに移籍。バイエルン加入3年目のシーズンを戦い始めたばかりだが、イタリアを恋しく思い、来年1月のインテル移籍を視野に入れているという。 ▽一方のインテルにとっては、今夏の移籍市場で関心を寄せているとされていたビダル獲得の絶好機。実際に獲得に動くとなれば、ファイナンシャルフェアプレーを考慮して、MFマルセロ・ブロゾビッチを手放す意向を示しているとのことだ。 2017.10.19 17:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ハメス、アンチェロッティ去りしバイエルン退団か

▽今夏にバイエルン入りしたコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(26)だが、早くも退団の可能性があるようだ。スペイン『Don Balon』が報じた。 ▽ハメスは今夏、レアル・マドリー時代の恩師であるカルロ・アンチェロッティ監督が率いるバイエルンにレンタル移籍。だが、アンチェロッティ監督が先日に成績不振を理由に解任されたことで、同監督を慕っていたハメスの去就が賑わいを帯びつつあるところだ。 ▽渦中のハメスは、ユップ・ハインケス体制発足後、ブンデスリーガ2試合で出番がない。そういった状況が続くことを危惧して、既にバイエルン退団を考慮しているという。そこで、新たな活躍先として、メジャーリーグ・サッカー(MLS)を検討しているとのことだ。 ▽しかしながら、完全にハメスを手放したくないレアル・マドリーは、市場価値低下を懸念して、レンタルでMLSに送り出すことに難色を示しているようだ。なお、現時点で、ハメスに対してユベントスやインテル、ミランが関心を示しているとみられる。 2017.10.19 13:10 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンがハインケス監督のCL復帰戦を完勝で飾る!《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループB第3節のバイエルンvsセルティックが18日にアリエンツ・アレーナで行われ、3-0でバイエルンが勝利した。 ▽前節のパリ・サンジェルマン戦を完敗したバイエルンは、9月28日にカルロ・アンチェロッティ監督を解任。その後、2012-13シーズンにクラブを3冠に導いたハインケス監督を再招へいした。そのバイエルンは、直近のフライブルク戦からスタメンを1人変更。負傷したハビ・マルティネスに代えてルディを起用した。 ▽一方、前節のアンデルレヒト戦を快勝したセルティックは、国内リーグでも7勝2分けの無敗と絶好調。強豪バイエルンとの一戦に向けては、直近のダンディーFC戦からスタメンを4人変更。GKデ・フリースやニール・ビトン、C・マクレガーらがベンチスタートとなり、GKゴードンやスコット・ブラウン、アームストロングらがスタメンで起用された。 ▽ヘルタ・ベルリン戦に続き、2列目に右からロッベン、ミュラー、コマンと並べる[4-2-3-1]で臨んだバイエルンは6分、ボックス右深くまで仕掛けたレヴァンドフスキがゴールラインぎりぎりで折り返すと、走り込んだチアゴがゴールネットを揺らす。しかし、レヴァンドフスキのクロスは先にゴールラインを割っており、このゴールは取り消された。 ▽高いボールポゼッションで試合の主導権を握るバイエルンは17分、バイタルエリア右のキミッヒがクロスを供給。ゴール前に抜け出したレヴァンドフスキのヘディングシュートはGKゴードンに弾かれるも、こぼれ球をミュラーが押し込んだ。 ▽先制して勢いづくバイエルンは、29分に追加点。ドリブルでボックス左深くまで侵攻したコマンのクロスをファーサイドのキミッヒがヘディングシュート。狙い済ましたシュートは、そのままゴール左に吸い込まれた。 ▽その後、カウンターからバイエルンゴールに迫るセルティックだったが、バイエルン守備陣の集中した守りでシュートチャンスを作れず、前半は2-0で終了した。 ▽後半も主導権を握るのは、リードするバイエルン。51分、ロッベンのシュートでCKを獲得すると、ロッベンの右CKをフンメルスがヘディングで叩き込み、3点目を奪った。さらに62分、バイエルンはアラバの左クロスからゴール前のレヴァンドフスキが右足で流し込んだが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 ▽3点を追うセルティックは、65分にグリフィスとアームストロングを下げてM・デンベレとロギッチを投入する2枚替えを敢行。対するバイエルンは、67分にチアゴを下げてビダル、78分にコマンを下げてハメス・ロドリゲスをピッチに送り出した。 ▽すると85分、セルティックはシンクレアがボックス右からコントロールシュートを決めたが、これがオフサイドの判定で取り消された。結局、試合はそのまま3-0で終了。バイエルンがハインケス監督のCL復帰戦を完勝で飾った。 2017.10.19 05:46 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース