ブロゾビッチがドッピエッタのインテル、全敗ベネヴェントに辛勝で6勝目! 長友は85分までプレー《セリエA》2017.10.02 00:02 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルは1日、セリエA第7節でベネヴェントとのアウェイ戦に臨み、2-1で辛勝した。インテルのDF長友佑都は85分までプレーしている。

▽前節ダンブロージオの終盤弾でジェノアに1-0と辛勝して勝利を取り戻したインテルは、代表ウィーク明けにミラノ・ダービー、ナポリ戦とビッグマッチを控える中、長友が2試合ぶりに先発となった。

▽開幕6戦全敗のベネヴェントに対し、長友が[4-2-3-1]の左サイドバックで先発となった一戦。立ち上がりから押し込んだインテルは7分、流れの中で前線に上がっていたシュクリニアルがインターセプトからミドルシュートを放ち、GKを強襲する。

▽その後、積極性を維持したベネヴェントに一進一退の攻防に持ち込まれた中、インテルは18分にカンドレーバがGKを強襲する強烈なミドルシュートを放つと、19分に先制する。オーバーラップした長友のマイナスのパスを受けたボックス左のカンドレーバが左足で上げたクロスを、ゴール前に飛び込んだブロゾビッチがヘディングで押し込んだ。

▽さらに22分、ペナルティアーク左付近で得たFKをブロゾビッチが直接ゴール右上へ突き刺してインテルが追加点を奪いきった。

▽それでも戦意を失わないベネヴェントは25分にメムシャイのミドルシュートがバーを直撃すると、続く29分にはボックス左に抜け出したダレッサンドロが左足でシュート。決定的だったが、わずかに枠の右に外れた。

▽ひやりとしたインテルは、34分にイカルディがブロゾビッチのスルーパスに抜け出してネットを揺らすもオフサイドに阻まれる。すると42分、ヴェシーノのミスパスからカウンターを受けると、イエメッロのラストパスを受けたボックス右のダレッサンドロにシュートを流し込まれて1点差に詰め寄られた。

▽ベネヴェントに開幕節以来のゴールを許したインテルが2-1とリードして迎えた後半、ペースを掴みきれないインテルは、52分にカンドレーバに代えてジョアン・マリオをそのまま右ウイングに投入する。

▽しかし、58分に大ピンチ。ロンバルディの右クロスをファーサイドのダレッサンドロにヘディングされ、シュートは左ポストを直撃した。

▽ポストに救われたインテルが、徐々に落ち着きを取り戻して時間を進めると、79分にチャンス。ボックス左のペリシッチが際どいコントロールシュートを浴びせた。

▽しかし、終盤にかけてはチャンスを生み出せずに2-1のまま逃げ切り。辛勝で2連勝とし、今季6勝目を挙げている。

コメント

関連ニュース

thumb

インテル、ジョアン・マリオを狙うユナイテッドに要求する選手は!?

▽インテルがマンチェスター・ユナイテッドのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(28)の獲得を狙っているようだ。イタリア『コッリエ・デロ・スポルト』が報じている。 ▽先日、ユナイテッドがインテルのポルトガル代表MFジョアン・マリオ(24)の獲得に興味を持っていることが報じられた。ジョゼ・モウリーニョ監督のお気に入りである同選手の獲得に向けて、ユナイテッドは元スペイン代表MFフアン・マタ(29)の譲渡を交渉材料に使いたいと考えているという。 ▽しかしインテル側はマタに魅力を感じていない模様。ユナイテッドが選手の譲渡を交渉材料とするのであれば、ムヒタリアンの獲得を望んでいるという。インテルは当初、同じくジョアン・マリオの獲得を望んでいたパリ・サンジェルマンに対して、アルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ(28)とのトレードを持ちかけていた模様。しかし、現在はより積極的なユナイテッドからムヒタリアンを引き出そうとしているようだ。 ▽2016-17シーズンにドルトムントからユナイテッドに加入したムヒタリアンは、移籍初年度に公式戦41試合11ゴールをマーク。今シーズンはリーグ戦12試合の出場にとどまっている。 2017.12.14 09:23 Thu
twitterfacebook
thumb

長友佑都らインテル戦士が“ミラン”にクリスマス休暇の挨拶?ユニーク動画が話題に

インテルが11日、「ミラン」を祝福する動画をフェイスブックに投稿してファンを楽しませた。<br><br>インテルはクリスマスに向けて、数日前にもクリスマスソング「ジングルベル」の替え歌である「インテルベル」を制作。コーラスにはインテル所属選手に加え、ハビエル・サネッティ副会長も参加したほか、ルチアーノ・スパレッティ監督も指揮者として参加した。また日本代表のDF長友佑都はソロパートを披露しており、その美声が現地で話題となった。<br><br>今回の企画にも長友が参加。両手の親指を立てて「ハッピーニューイヤー、ミラン」と、なぜかライバルクラブの名前を挙げてお祝いを述べた。またMFロベルト・ガリアルディーニも同様に「メリークリスマス、ミラン」と祝ったほか、GKサミル・ハンダノビッチも「おめでとう、ミラン」と続いた。<br><br>しかし動画の最後にインテルでセンターバックを務めるスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルが登場。「ミラン」はライバルクラブではなく、シュクリニアルに宛てていたことが判明した。しかしシュクリニアルは人差し指を振って、ジェンナーロ・ガットゥーゾ率いるクラブと同名の自身の名前でお祝いを伝えられることを拒否。「おめでとう、インテル」と言い直した。<br><br>動画の再生回数は25万回を超えたほか、コメントも2000件以上寄せられており、人気を集めている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.13 21:32 Wed
twitterfacebook
thumb

5戦ぶり先発の長友佑都、カップ戦でPK戦最後のキッカーも「落ち着いて蹴れた」理由とは?

インテルに所属する日本代表DF長友佑都は、落ち着いてPKを蹴られたことを明かしている。『インテルTV』が伝えた。<br><br>インテルは12日、コッパ・イタリア(TIMカップ)5回戦でセリエCのポルデノーネと対戦した。主力選手を温存したインテルは格下を相手に大苦戦。試合はPK戦にまでもつれ込んだ。<br><br>PK戦でもサドンデスに突入するが、GKダニエレ・パデッリが7人目のキックをセーブすると、最後は長友がゴール左に落ち着いて沈め、次のラウンドへの進出を決めた。試合後、長友は「しばらくプレーしていなかったので、これからもっと良くしていきたいと思います」と話し、PKについてはこう語る。<br><br>「1カ月くらいプレーしていなかったので、とても疲れましたね。でもPKは落ち着いて蹴れました。2年前ユベントス戦でも決めていましたから。ファンの合唱は聞こえていたし、簡単ではありませんでした。この勝利は大きいですね」<br><br>フル出場を果たした長友は5試合ぶりの試合出場に。次戦は16日のウディネーゼ戦となる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.13 11:05 Wed
twitterfacebook
thumb

長友がチームを勝利に導くPK成功! 3部相手に120分間ゴールレスの低調インテルがPK戦制して準々決勝進出!《コッパ・イタリア》

▽コッパ・イタリア5回戦、インテルvsポルデノーネが12日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、0-0で120分間の戦いが終了。その後、行われたPK戦を5-4で制したインテルが準々決勝進出を果たした。なお、インテルのDF長友佑都はフル出場した。 ▽2010-11シーズン以来のコッパ・イタリア制覇を目指すインテルの今シーズンコッパ初戦。直近のセリエAでユベントスとの敵地でのイタリア・ダービーをゴールレスドローで終えたスパレッティ監督率いるチームは、セリエC所属の格下をホームに迎えた一戦でシュクリニアルとヴェシーノを除く先発9人を変更。GKパデッリやカンセロ、カラモーの新戦力と共にエデル、ピナモンティを今季初先発させたほか、リーグ戦4戦不出場の長友を右サイドバックで先発起用した。 ▽立ち上がりから相手を押し込むインテルは開始10分にセットプレーの流れからエデルがゴール左隅を捉えたシュートを放つが、これは相手GKの好守に遭う。さらに21分にはガリアルディーニのスルーパスに抜け出したカラモーに決定機も、今度もGKペリッリの鋭い反応に阻まれる。 ▽なかなか決定機を決め切れないインテルは、徐々に相手の反撃を受け始める。31分にはボックス手前右のマニャージに強烈なミドルシュートを許すが、ここはGKパデッリが見事な反応で何とか触り、ボールは右ポストを叩く。一方、前半終了間際にはゴール右でカンセロからパスを受けたカラモーに絶好機も、ここはシュートを枠に飛ばせず。 ▽格下相手の低調なゴールレスでの折り返しにインテリスタのブーイングも飛び交う中、前半は終了。何とか流れを変えたいスパレッティ監督はピナモンティを下げて、ハーフタイム明けにブロゾビッチを投入。この交代でエデルを最前線に上げる。 ▽だが、前半同様に決め切れないホームチームは、68分にカラモーを下げて主力のペリシッチを投入。そのペリシッチは投入直後の73分にカンセロのクロスをファーで拾って決定的なシュートを放つが、これを枠に飛ばせない。 ▽スタンド、ベンチ共にフラストレーションが溜まる展開にイタリア人指揮官は80分、ダウベルト・エンリケを下げて、ついにエースFWイカルディまで投入。そのイカルディは後半終了間際に2度の決定機を迎えるが、エースも決め切れず。3部相手に主力を投入したうえ、90分間で決着をつけることはできなかった。 ▽延長に入ってもセットプレーなどから決定機を作り出すインテルだったが、完全に乗せてしまった相手守護神のGKペリッリの再三の好守に阻まれ続け、延長戦でもゴールをこじ開けることはできず。屈辱のPK戦突入となった。 ▽運命のPK戦では両GKの活躍によって2人ずつが失敗してサドンデスに突入。6人目は互いに成功するも、先攻のポルデノーネ7人目のパローディのシュートをGKパデッリが今回のPK戦2度目のセーブで防ぐ。すると、インテル7人目のキッカーは長友に。長友はプレッシャーがかかるこのPKを、冷静に相手GKの逆を突くシュートで左隅に蹴り込み、チームを勝利に導いた。 ▽今季のセリエA首位チームながら3部相手のホームゲームで終始低調なパフォーマンスをみせたインテルだったが、これがデビュー戦のGKパデッリの活躍により、辛くも準々決勝進出を果たした。なお、翌日に行われるミランvsヴェローナでミランが勝ち抜けた場合、準々決勝でミラノダービーが実現することになった。 2017.12.13 07:57 Wed
twitterfacebook
thumb

「金正恩はインテリスタ。モウリーニョを見に通っていた」伊の親朝鮮派上院議員が証言

イタリアのアントニオ・ラッツィ上院議員がラジオ局『ラディオ・クサーノ・カンプス』のインタビューに応じ、北朝鮮について触れた。<br><br>ラッツィ議員はミランの元名誉会長であるシルヴィオ・ベルススコーニ氏が党首を務めるフォルツァ・イタリアに所属。北朝鮮とのパイプを持つ議員として知られている。ラッツィ議員はインタビューにおいて、金正恩朝鮮労働党委員長が今シーズン、セリエAでトップを走るインテルのファンであると断言した。スイス在住時にインテルの本拠地ジュゼッペ・メアッツァで開催される試合に足を運んでいたと説明している。<br><br>「キム・ジョンウンはインテリスタだよ。イタリアサッカーが好きだったから、ベルンからジュゼッペ・メアッツアまで通っていたんだ。当時は(ジョゼ)モウリーニョがチームを率いていたから、よくインテルの試合を見に行っていたよ。タイトルを総なめにしたモウリーニョのような監督を見に行く好きだったようだ。それに(元ブラジル代表)ロナウドや偉大なトッププレーヤーが何人もいたからね。彼はインテルを応援していたが、私はユベンティーノなのでこれだけは残念だ&hellip;」<br><br>北朝鮮の核・ミサイル問題により世界情勢が不安視されていることについて、同議員はインテルの指揮官ルチアーノ・スパレッティや主将のFWマウロ・イカルディが平和的解決に寄与できると主張した。<br><br>「彼らなら貢献できるかもしれない。彼はイタリアサッカーを知り尽くしているよ。きっとキムは喜ぶだろう。だけどインテルのチーム全員が訪問して、世界最大の平壌のスタジアムでフレンドリーマッチを開催すればもっと喜ぶだろうね。」<br><br>なおラッツィ議員は過去に何度も訪朝しており、セリエBペルージャに所属する19歳FWハン・グァンソンを発掘し、イタリア移籍を実現させた人物として知られている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.12 17:37 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース