ブロゾビッチがドッピエッタのインテル、全敗ベネヴェントに辛勝で6勝目! 長友は85分までプレー《セリエA》2017.10.02 00:02 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルは1日、セリエA第7節でベネヴェントとのアウェイ戦に臨み、2-1で辛勝した。インテルのDF長友佑都は85分までプレーしている。

▽前節ダンブロージオの終盤弾でジェノアに1-0と辛勝して勝利を取り戻したインテルは、代表ウィーク明けにミラノ・ダービー、ナポリ戦とビッグマッチを控える中、長友が2試合ぶりに先発となった。

▽開幕6戦全敗のベネヴェントに対し、長友が[4-2-3-1]の左サイドバックで先発となった一戦。立ち上がりから押し込んだインテルは7分、流れの中で前線に上がっていたシュクリニアルがインターセプトからミドルシュートを放ち、GKを強襲する。

▽その後、積極性を維持したベネヴェントに一進一退の攻防に持ち込まれた中、インテルは18分にカンドレーバがGKを強襲する強烈なミドルシュートを放つと、19分に先制する。オーバーラップした長友のマイナスのパスを受けたボックス左のカンドレーバが左足で上げたクロスを、ゴール前に飛び込んだブロゾビッチがヘディングで押し込んだ。

▽さらに22分、ペナルティアーク左付近で得たFKをブロゾビッチが直接ゴール右上へ突き刺してインテルが追加点を奪いきった。

▽それでも戦意を失わないベネヴェントは25分にメムシャイのミドルシュートがバーを直撃すると、続く29分にはボックス左に抜け出したダレッサンドロが左足でシュート。決定的だったが、わずかに枠の右に外れた。

▽ひやりとしたインテルは、34分にイカルディがブロゾビッチのスルーパスに抜け出してネットを揺らすもオフサイドに阻まれる。すると42分、ヴェシーノのミスパスからカウンターを受けると、イエメッロのラストパスを受けたボックス右のダレッサンドロにシュートを流し込まれて1点差に詰め寄られた。

▽ベネヴェントに開幕節以来のゴールを許したインテルが2-1とリードして迎えた後半、ペースを掴みきれないインテルは、52分にカンドレーバに代えてジョアン・マリオをそのまま右ウイングに投入する。

▽しかし、58分に大ピンチ。ロンバルディの右クロスをファーサイドのダレッサンドロにヘディングされ、シュートは左ポストを直撃した。

▽ポストに救われたインテルが、徐々に落ち着きを取り戻して時間を進めると、79分にチャンス。ボックス左のペリシッチが際どいコントロールシュートを浴びせた。

▽しかし、終盤にかけてはチャンスを生み出せずに2-1のまま逃げ切り。辛勝で2連勝とし、今季6勝目を挙げている。

コメント

関連ニュース

thumb

イカルディの契約延長はいつに?

▽インテルはアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(25)の契約延長が難航しているようだ。イタリア『コリエーレ・デラ・セラ』をもとに『フットボール・イタリア』が引用して伝えた。 ▽インテルとの契約が2021年までのイカルディは、以前から契約延長が取りざたされている。しかし、妻で代理人のワンダ・ナラ氏と交渉が難航し未だ契約延長には至ってはいない。 ▽今回の報道では、インテルはイカルディに対し2023年までの契約延長と、契約解除金を1億1000万ユーロ(約144億円)から1億3000万ユーロ(約170億円)に引き上げる新契約を用意しているという。同選手に関心を持っているとされるマンチェスター・ユナイテッドなどのビッグクラブを全く寄せ付けない構えだ。 ▽しかし、インテルとイカルディ側には、希望する年俸に差がある模様。650万ユーロ(約8億円)を用意しているインテルに対し、選手サイドは800万ユーロ(約10億円)を要求しているようだ。 2018.09.20 17:03 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがシュクリニアルに熱視線もインテルは徹底抗戦か

▽マンチェスター・ユナイテッドはインテル所属のスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(23)の獲得に動くようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『カルチョ・メルカート』の記事を引用し伝えている。 ▽ユナイテッドはセンターバックの強化を図るべく、これまでイングランド代表DFハリー・マグワイア(25)をはじめとする多くの選手に関心を寄せていたが、結局補強には成功してはいない。そのためシュクリニアルに照準を定めたようだ。 ▽『カルチョ・メルカート』によれば、ユナイテッドは既に2500万ユーロ(約32億円)のオファーを提示したが、インテルはこれを拒否。しかし、ユナイテッドはシュクリニアルに対して5000万ユーロ(約65億円)まで支払う意向があるという。 ▽また同紙によれば、インテルは守備の要であるシュクリニアルの放出を考えておらず、既に新契約に向けて動き出しているという。 ▽シュクリニアルは2017年に、2000万ユーロ(約26億)でサンプドリアから加入。加入初年度からリーグ戦38試合に出場。7シーズンぶりのチャンピオンズリーグ出場に貢献していた。 2018.09.19 22:40 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング: インテル 2-1 トッテナム《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループB第1節、インテルvsトッテナムが18日に行われ、2-1でインテルが逆転勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div>▽インテル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180919_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ハンダノビッチ 6.0 さすがのシュートストップを見せる。失点は不運だった DF 37 シュクリニアル 5.5 不慣れな右サイドバック起用。ソン・フンミンに対応するも、さすがに攻撃面で厳しかった 6 デ・フライ 6.5 ミランダと共にケインを抑え、決勝点をアシスト 23 ミランダ 6.0 ケインに仕事をさせず 18 アサモア 6.0 守備に追われていた中、同点弾をアシスト MF 16 ポリターノ 5.5 何度かカットインからの仕掛けでアクセントを付ける (→ケイタ -) 8 ヴェシーノ 6.0 まずまずビルドアップに絡み、最後に決勝点 14 ナインゴラン 5.5 前線からよく守備をしていたが、攻撃面ではイカルディをサポートしきれず (→ボルハ・バレロ -) 77 ブロゾビッチ 5.5 ボールには絡んでいたものの、攻撃にアクセントを付けるには至らず 44 ペリシッチ 5.0 オーリエを突破しきれず (→カンドレーバ 5.0) 左サイドにそのまま入るも、打開はできず FW 9 イカルディ 6.5 前線で完全に孤立していたが、ワンチャンスを生かして同点弾 監督 スパレッティ 6.0 内容では劣っていたが、望外の勝利を手に <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽トッテナム採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180919_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 フォルム 5.5 失点場面はいずれもノーチャンス DF 24 オーリエ 6.0 ペリシッチを持ち前のフィジカルで封殺 6 D・サンチェス 6.0 失点シーン以外、イカルディに何もさせず 5 ヴェルトンゲン 6.0 タイトな守備で応戦していた 33 B・デイビス 5.5 守備に気を遣ったプレーぶり MF 23 エリクセン 6.5 先制ゴールを決めるなど、ピッチ場で最も目立っていた 15 E・ダイアー 5.5 後方にポジションを取ってビルドアップの起点となる 11 ラメラ 5.5 後半に2つチャンスがあったが、ハンダノビッチの牙城を崩しきれず (→ウィンクス -) 19 デンベレ 6.0 繋ぎ、潰しと申し分なし 7 ソン・フンミン 5.5 守備に徹するシュクリニアルを突破はしきれず (→ルーカス・モウラ 6.0) スピードに乗ったドリブルで追加点に迫った FW 10 ケイン 5.0 前半に1つ決定機があったが、それ以外に見せ場はなかった (→ローズ -) 監督 ポチェッティーノ 5.5 勝利に相応しい内容だったが、まさかの逆転負け ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! イカルディ(インテル) ▽パフォーマンスではエリクセンが最も素晴らしかったが、逆転劇に繋がるファインゴールを決めたイカルディを選出。何もできていなかった中、一発で仕留めた辺りはさすが。 インテル 2-1 トッテナム 【インテル】 イカルディ(後40) ヴェシーノ(後47) 【トッテナム】 エリクセン(後8)<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 03:53 Wed
twitterfacebook
thumb

イカルディがファインゴールのインテル、終盤の逆転劇でスパーズを撃破《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループB第1節、インテルvsトッテナムが18日に行われ、2-1でインテルが逆転勝利した。 ▽バルセロナが本命と見られるグループで2位を争うであろうインテルとトッテナムが初戦で激突した。7季ぶりのCL出場となるインテルは、セリエAでは1勝1分け2敗と出だしに躓いた。直近のパルマ戦では0-1で敗れた中、ナインゴランやデ・フライ、ポリターノにアサモアといった新戦力がスタメンに名を連ねた。 ▽一方、昨季ベスト16で敗退したトッテナムは、補強がないまま迎えた新シーズン、プレミアリーグでは3勝2敗スタートとなった。直近のリバプールとのビッグマッチを落とし、2連敗となった中、守護神のロリスとデレ・アリを欠くチームは、リバプール戦のスタメンから5選手を変更。ルーカス・モウラやトリッピアー、アルデルヴァイレルトらに代わってソン・フンミンやラメラ、D・サンチェスらを起用した。 ▽負傷者続出の右サイドバックにシュクリニアルを配す[4-2-3-1]で臨んだインテルと、中盤2列目に右からエリクセン、ラメラ、ソン・フンミンと並べる[4-2-3-1]で臨んだトッテナムのビッグマッチ。慎重な入りとなった中、まずはトッテナムが13分、エリクセンの直接FKでGKハンダノビッチを強襲した。 ▽その後も主導権争いが続く中、やや押し込む状況を作っていたインテルは26分、ペリシッチのクロスがDFに当たってゴールに向かうも、GKフォルムにセーブされる。 ▽前半半ば以降も押し込みにかかったインテルが34分にブロゾビッチのミドルシュートでゴールに迫った中、トッテナムは37分に決定機。エリクセンの浮き球パスに抜け出したケインがボックス左でGKを交わすも角度が厳しくシュートは打ち切れなかった。ハーフタイムにかけても互いに譲らず前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半、押し込んだのはインテルだったが、53分に先制したのはトッテナム。エリクセンがミドルシュートを浴びせると、GKハンダノビッチが好守で凌ぐも、ルーズボールを再びエリクセンがシュート。ミランダに当たってディフレクトしたボールがGKハンダノビッチの頭上を越えてネットを揺らした。 ▽失点したインテルは57分にポリターノのクロスからペリシッチが決定的なヘディングシュートを浴びせるも、GKフォルムにセーブされる。一方、突き放しにかかるトッテナムは62分、オーリエの持ち上がりからラメラが決定的なシュートを浴びせたが、GKハンダノビッチにセーブされた。 ▽その後、トッテナムはソン・フンミンに代えてルーカス・モウラを、インテルはペリシッチに代えてカンドレーバを投入し、攻撃に変化を付けにかかる。 ▽すると68分にはトッテナムにビッグチャンス。ルーカス・モウラのドリブル突破から最後はラメラがゴール至近距離からシュートを放つも、ここもGKハンダノビッチに阻まれた。 ▽助かったインテルはポリターノに代えてケイタを投入するも、終盤にかけてもチャンスが作れず苦戦。しかし、85分にワンチャンスを生かす。左サイドからのアサモアのクロスをペナルティアーク中央のイカルディが右足ボレーで一閃。完璧に捉えたシュートがゴール左に突き刺さった。 ▽終盤にかけても攻勢に出たインテルは、追加タイム2分に逆転する。右CKからファーサイドのデ・フライがヘッドで折り返すと、ゴールエリア右のヴェシーノがヘッドで押し込んだ。 ▽これが決勝点となってインテルが劇的逆転勝利。白星発進としている。一方、まずい逆転負けを喫したトッテナムは公式戦3連敗となった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 03:52 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループB展望】今大会屈指の激戦区! 本命バルサにスパーズ&インテルが挑む

▽2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが9月18日に開幕する。今大会屈指の激戦区の1つとなったグループBでは実績、タレントの質で勝るバルセロナが大本命だ。そして、残り1枠をトッテナムとインテルの強豪2チーム、オランダ王者のPSVの3チームで争うことになりそうだ。 <span style="font-weight:700;">◆編集部予想</span> ◎本命:バルセロナ ○対抗:トッテナム △連下:インテル ☆大穴:PSV <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">◆難敵揃いも大本命~バルセロナ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_31_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽トッテナム、インテルと同居する難しいグループに入ったバルセロナだが、グループ首位通過の大本命だ。今夏、レジェンドMFイニエスタや主力MFパウリーニョがチームを去ったものの、若くて活きがいいMFアルトゥールとFWマウコムのブラジル人コンビ、闘犬MFビダル、DFラングレと4人の頼れる新戦力を加えたチームはサイドバックの選手層とFWスアレスのバックアッパーに問題を抱えているものの、リーガとCLの2冠を十分に狙える陣容を手にした。 ▽連覇を目指すリーグ戦では苦戦した試合もあったものの唯一の開幕4連勝を飾るなど最高のスタートを切っている。代表活動辞退のエースFWメッシや代表引退のDFピケらのコンディションの良好さに加え、加入2年目のMFデンベレやMFコウチーニョらも存在感を示しており、昨季以上のパフォーマンスが期待できるところだ。また、首位通過を争うインテルとトッテナムは序盤戦で出遅れており、調子が整う後半戦を前にきっちり叩いて早い段階での突破を決めたいところだ。 <span style="font-weight:700;">◆ターンオーバー&システム使い分けがカギ~トッテナム~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_31_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽バルセロナの対抗は現インテルに比べてヨーロッパの舞台での経験に勝るトッテナムだ。今夏は市場の人気株だった主力の残留に成功した一方、プレミアリーグ史上初の新戦力補強ゼロに終わったポチェッティーノ監督率いるチーム。それでも、加入2年目のFWルーカス・モウラや昨季ほとんどを欠場したMFラメラやMFウィンクスが“新戦力”として活躍する雰囲気を見せている。 ▽国内リーグでは敵地でマンチェスター・ユナイテッドを破るなど開幕3連勝を飾るも、直近2試合ではワトフォード、リバプール相手に連敗。また、代表戦の影響で消耗が色濃いエースFWケイン、FWソン・フンミンら一部主力のコンディションも気がかりだ。さらに守護神ロリスとMFデレ・アリが負傷によってグループ序盤戦2試合ほどの欠場が見込まれており、懸念材料は多い。この序盤戦に関しては過密日程を戦うためのターンオーバーや昨季グループステージで王者レアル・マドリー相手に見せたようなシステムの使い分けなど、前エスパニョール指揮官の采配力が試されることになる。 <span style="font-weight:700;">◆開幕不振に経験不足が懸念材料~インテル~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_31_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽7年ぶりのCL復帰となるインテルは3番手の評価だ。昨季、ラツィオとの最終戦を制して痺れる形でCL復帰を果たしたインテルは今夏、昨季主力を担ったDFカンセロとMFラフィーニャの買い取りを断念したものの、DFヴルサリコ、DFデ・フライ、MFアサモア、MFナインゴラン、FWケイタら実力者を獲得しCL仕様のスカッドを作り上げてきた。 ▽しかし、国内リーグではサッスオーロとの開幕戦でいきなり躓くと、直近のパルマ戦でもジュゼッペ・メアッツァで今季初黒星を喫するなど、1勝2敗1分けの低調なスタートを切ることになった。ここまで[3-4-2-1]、[4-2-3-1]の布陣を併用しているがいずれも機能しているとは言い難い。切り札のナインゴランやエースFWイカルディらのコンディションを急ピッチで上げていくと共に、早い段階でメンバーとシステムを固定したい。また、ナインゴランやMFペリシッチ、アサモア、DFミランダらを除いてCLの舞台での経験の少なさも懸念材料のひとつだ。 <span style="font-weight:700;">◆ファン・ボメル新監督の下リーグ戦の勢いを持ち込めるか~PSV~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_31_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽2年ぶりにCL参戦のPSVは監督初挑戦のファン・ボメル新監督の下でグループステージ突破を目指す。フェネルバフチェに旅立ったコクー前監督からチームを引き継ぐことになったファン・ボメル監督は、義理の父であるファン・マルバイク氏の下でサウジアラビア代表やオーストラリア代表のアシスタントコーチを務めた経験はあるものの、ユースカテゴリー以外での監督経験はない。しかし、現役時代にバイエルンやミラン、バルセロナで輝かしい活躍を見せてきた百戦錬磨の男は国内リーグで開幕5連勝に導くなど早くもその手腕を発揮している。 ▽戦力値では大きく劣るもののFWロサーノやMFペレイロら能力の高い若手の力を引き出して古巣バルセロナやミラン時代のライバル、インテルらを相手に勇敢な戦いを期待したいところだ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.18 18:00 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース