ブロゾビッチがドッピエッタのインテル、全敗ベネヴェントに辛勝で6勝目! 長友は85分までプレー《セリエA》2017.10.02 00:02 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルは1日、セリエA第7節でベネヴェントとのアウェイ戦に臨み、2-1で辛勝した。インテルのDF長友佑都は85分までプレーしている。

▽前節ダンブロージオの終盤弾でジェノアに1-0と辛勝して勝利を取り戻したインテルは、代表ウィーク明けにミラノ・ダービー、ナポリ戦とビッグマッチを控える中、長友が2試合ぶりに先発となった。

▽開幕6戦全敗のベネヴェントに対し、長友が[4-2-3-1]の左サイドバックで先発となった一戦。立ち上がりから押し込んだインテルは7分、流れの中で前線に上がっていたシュクリニアルがインターセプトからミドルシュートを放ち、GKを強襲する。

▽その後、積極性を維持したベネヴェントに一進一退の攻防に持ち込まれた中、インテルは18分にカンドレーバがGKを強襲する強烈なミドルシュートを放つと、19分に先制する。オーバーラップした長友のマイナスのパスを受けたボックス左のカンドレーバが左足で上げたクロスを、ゴール前に飛び込んだブロゾビッチがヘディングで押し込んだ。

▽さらに22分、ペナルティアーク左付近で得たFKをブロゾビッチが直接ゴール右上へ突き刺してインテルが追加点を奪いきった。

▽それでも戦意を失わないベネヴェントは25分にメムシャイのミドルシュートがバーを直撃すると、続く29分にはボックス左に抜け出したダレッサンドロが左足でシュート。決定的だったが、わずかに枠の右に外れた。

▽ひやりとしたインテルは、34分にイカルディがブロゾビッチのスルーパスに抜け出してネットを揺らすもオフサイドに阻まれる。すると42分、ヴェシーノのミスパスからカウンターを受けると、イエメッロのラストパスを受けたボックス右のダレッサンドロにシュートを流し込まれて1点差に詰め寄られた。

▽ベネヴェントに開幕節以来のゴールを許したインテルが2-1とリードして迎えた後半、ペースを掴みきれないインテルは、52分にカンドレーバに代えてジョアン・マリオをそのまま右ウイングに投入する。

▽しかし、58分に大ピンチ。ロンバルディの右クロスをファーサイドのダレッサンドロにヘディングされ、シュートは左ポストを直撃した。

▽ポストに救われたインテルが、徐々に落ち着きを取り戻して時間を進めると、79分にチャンス。ボックス左のペリシッチが際どいコントロールシュートを浴びせた。

▽しかし、終盤にかけてはチャンスを生み出せずに2-1のまま逃げ切り。辛勝で2連勝とし、今季6勝目を挙げている。

コメント

関連ニュース

thumb

去就注目のイカルディ、インテルSDは代理人と交渉中と明かす「我々は貧しいクラブではない」

インテルのピエロ・アウジリオSD(スポーツダイレクター)が、レアル・マドリーへの移籍が噂されているFWマウロ・イカルディについて、契約延長交渉中であることを強調した。<br><br>イカルディは、今季セリエAで18ゴールを記録し、25歳にしてキャプテンを務め、チームの中心として活躍している。インテルは、エースとの契約を2021年まで残しているが、代理人で妻でもあるワンダ・ナラ氏は、2つのビッククラブから興味を寄せられていることを明かしていた。<br><br>しかしアウジリオSDは、インテルにトッププレーヤーを引き留めるために十分な予算があり、代理人との交渉も継続中であることを明かした。<br><br>「我々は、イカルディの代理人と将来を共にすることができるかを見極めるという共通の目的に向かって継続的に交渉している。そして、それは粛々と行われている。多くの話が出回るほど、決断が阻害されるものだ。我々は言葉ではなく、行動で示したい。そして全員がピッチで全力を尽くせる正しい状況を作ること心掛けている」<br><br>「我々の選手リストを見れば、それほど貧しいクラブではないことに気付くだろう。多くのビッグネームがいて、何人かはベンチに座っている状況だ。なぜなら、このチームはチャンピオンズリーグを目標に構成されているからだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.25 22:51 Sun
twitterfacebook
thumb

スパレッティ、最下位に大苦戦も「勝利に値した」 エースはダービーで復帰へ

▽インテルは24日に行われたセリエA第26節でベネヴェントに2-0で勝利した。ルチアーノ・スパレッティ監督が試合を振り返っている。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えた。 ▽最下位のベネヴェントに苦しめられたインテルは、セットプレーからの2点でなんとか勝ち点3を手にした形だ。 ▽ファンからのブーイングもあったが、スパレッティ監督は「勝利にふさわしい内容だった」とパフォーマンスで相手を上回ったことを強調。「苦しんだ」理由については「落ち着きがない。今はチャンピオンズリーグへ行くことやパフォーマンスに対する圧力が重荷になっている」と語った。 ▽エースのマウロ・イカルディは、もうすぐ復帰となる見通しだ。「少し炎症があって休ませる時間が必要だった。ダービーには出られるだろう」と指揮官は語っている。 ▽次節はミランとのミラノダービー。自信を取り戻すためにも勝利が欲しいゲームとなる。 2018.02.25 11:35 Sun
twitterfacebook
thumb

CB2人のゴールでインテルが最下位ベネヴェントに勝利《セリエA》

▽インテルは24日、セリエA第26節でベネヴェントを本拠地ジュゼッペ・メアッツァに迎え、2-0で勝利した。 ▽前節ジェノア戦を主力3選手の負傷欠場もあって完敗した5位インテル(勝ち点48)は、ペリシッチが先発に戻り、イカルディとミランダがベンチスタートとなった。そしてラフィーニャが移籍後初先発を飾った。 ▽最下位ベネヴェント(勝ち点10)に対し、立ち上がりからボールを保持したインテルだったが、細かなミスパスやキックミスが目立ち、思うようにフィニッシュにつなげることができない。 ▽すると28分、個人技のあるギリャルメに持ち上がられ、ボックス左のコーダにGKハンダノビッチが強襲される。その後もショートカウンターで揺さぶられたインテルは低調な内容が続き、枠内シュート0本でハーフタイムに入った。 ▽前半を終えて大ブーイングを浴びたインテルは後半もギアが上がらない。そんな中54分、ヴェシーノがミドルシュートでこの試合初のオンターゲットを記録。その後、スルーパスでコーダにディフェンスライン裏を取られて決定的なシュートを許したインテルだったが、エデルのループシュートでゴールに近づくと、66分に均衡を破った。カンセロの右CKをニアのヴェシーノが頭で逸らし、ファーサイドのシュクリアルがヘッドで押し込んだ。 ▽さらに3分後、右サイド低い位置からのカンセロのFKをラノッキアがダイビングヘッドで押し込み、一気に追加点を奪った。 ▽効率の良いゴールでベネヴェントを突き放したインテルは、終盤にかけて危なげなく時間を消化。81分にヴィオラに2枚目のイエローカードが出されて退場となったベネヴェントに対し、2-0で勝利した。 2018.02.25 06:41 Sun
twitterfacebook
thumb

インテルのエース夫人が激怒「全て根拠のないウソ!」

▽インテルFWマウロ・イカルディの妻であるワンダ・ナラが、自身のSNSで怒りを爆発させた。 ▽ワンダ・ナラはイカルディの妻でありながら、同選手の代理人を務めている。インテルのエースは移籍や契約延長の話題もあり、注目を集めている夫婦だ。 ▽「私と私の家族について、最近多くのウソが飛び交っています。普段は反応しないことにしていますが、今回は問題が特に重大だから説明しなければいけません」とワンダ・ナラ。「全てウソで根拠のない悪意です!」と主張し、「私はまず、5人の子供の母で、ずっと彼らと一緒です。それに一人の妻です。マウロの妻なのです。そういった全てのウソのあと、私は家族と自分を保護しなければいけません。なので、弁護士に委ねることにしました」と記した。 ▽イタリアの一部メディアは最近、イカルディとワンダ・ナラの関係悪化を伝えている。ワンダ・ナラが夫の同僚であるMFマルセロ・ブロゾビッチと不倫関係にあるのではないかとも報じられていた。 2018.02.25 06:30 Sun
twitterfacebook
thumb

イカルディがベネヴェント戦の招集メンバー入り、ペリシッチとミランダも復帰

▽インテルは23日、翌日に行われるセリエA第26節ベネヴェント戦に向けた招集メンバーを発表した。 ▽メンバーの中には今季18ゴールを挙げているもののここ3試合負傷により欠場が続いていたエースのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディが入った。また、0-2と敗れた前節ジェノア戦を同じく負傷で欠場していたクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ、ブラジル代表DFミランダも戦列に復帰している。 ▽インテルはリーグ戦ここ10試合でわずか1勝と泥沼に陥り、チャンピオンズリーグ出場圏外の5位に順位を落としている。 2018.02.24 01:52 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース