ハムシクが“マラドーナ越え”迫る今季初弾! ナポリが開幕7連勝《セリエA》2017.10.01 21:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナポリは1日、セリエA第7節のカリアリ戦に臨み、3-0と快勝した。

▽イタリア王者ユベントスと共に開幕6連勝の好スタートを切ったナポリ。今節は、13位につける2連敗中のカリアリを本拠地サン・パオロで迎え撃った。先発は前節から3名を変更。マクシモビッチ、ジエリンスキ、アマドゥ・ディアワラに代わり、アルビオル、アラン、ジョルジーニョがスターティングメンバーに名を連ねた。

▽立ち上がりからボールの主導権を握ったナポリ。インシーニェ、メルテンス、カジェホンの3トップを軸に攻め立てると、開始4分にカリアリの牙城を破る。メルテンスにボールを叩いたハムシクがバイタルエリア左からボックス内にスプリント。メルテンスの絶妙なスルーパスに反応したハムシクが綺麗に相手の背後を取って左足のシュートを沈め、ナポリが幸先良く先制した。

▽マラドーナ氏が持つ115得点のクラブ最多得点記録まであと1得点に迫るハムシクのシーズン初ゴールでリードしたナポリ。39分にも自慢の攻撃陣が躍動する。左サイドにボールを引き出したインシーニェが鋭いスルーパスをボックス内に供給。これに反応したメルテンスが相手DFに倒されてPKのチャンスを獲得すると、自ら決め切り、効果的にゴールを積み重ねた。

▽2点リードで試合を折り返したナポリは開始早々の47分、敵陣右サイドでFKのチャンス。キッカーを務めたジョルジーニョのクロスにボックス右深くで反応したクリバリが押し込み、ナポリがカリアリを突き放した。セーフティリードを手にしたナポリは、その後もカリアリを圧倒。結局、最後まで危なげない戦いぶりでカリアリを下したナポリが開幕7連勝を飾っている。

コメント

関連ニュース

thumb

ナポリ、5連勝で首位キープ! メルテンス久々弾でアタランタ撃破《セリエA》

▽ナポリは21日、セリエA第21節でアタランタとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。 ▽リーグ戦4連勝で2位ユベントスと1ポイント差で首位に立つナポリ。今節に向けては、ハムシクが風邪の影響で今シーズン初めてスターティングメンバーから外れ、ベンチスタートとなった。 ▽試合はアタランタの善戦により、拮抗した展開に。序盤からボールの主導権こそ握ったナポリだが、ゴールに迫る形を作りだせず、その中で相手の反撃を受けるなどリズムの構築に苦しむ。 ▽相手にうまくスペースを消されてしまい、攻撃の形を見いだせぬままハーフタイムを迎えたナポリ。49分には、縦に早い仕掛けからジエリンスキがシュートを放つが、枠に飛ばせない。 ▽54分には、左サイドから上がった味方のセンタリングにファーポストに詰めたフリーのカジェホンが反応。冷静にヘディングで合わせるが、相手守備陣の好守に弾かれてしまう。 ▽それでも、ナポリは65分、ついに均衡を破る。カジェホンから相手最終ラインの背後に出された浮き球パスに反応したメルテンスが右足ボレー。これが決まり、ナポリが先制した。 ▽メルテンスの10試合ぶりとなるシーズン11得点目でリードしたナポリは74分、インシーニェに代えてハムシクを投入。だが、攻撃陣の枚数を増やした相手に押し込まれ始めてしまう。 ▽クリバリを中心にアタランタの反撃を耐え凌ぐナポリは、残る2枚の交代カードを使い切りながら逃げ切りを完遂。リーグ5連勝で6試合負けなしとし、首位の座を守った。 2018.01.21 22:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ミラン、ガットゥーゾの次はサッリか。ナポリの倍額を用意?

▽ミランは来シーズンに向けて、ナポリを率いるマウリツィオ・サッリ監督の招へいを検討しているようだ。イタリア紙『トゥットスポルト』が伝えた。 ▽今シーズン序盤戦から苦しんだミランは、ヴィンチェンツォ・モンテッラ前監督を解任し、同クラブのレジェンドであるジェンナーロ・ガットゥーゾ監督に後任を任せた。しかし、トップチームでの経験が浅いレジェンドの長期政権は考えていない模様で、当初から来シーズンに向けた「つなぎ」ではないかとみられていたところだ。 ▽ミランはチェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督を招へいしたいという野望を持っている様子だが、こちらはチャンピオンズリーグ出場権がなければ厳しいという。そこで最も強い関心を持っているのが、ナポリのサッリ監督だ。 ▽サッリ監督はナポリで175万ユーロ(約2.4億円)+ボーナスの年俸を受け取っているが、ミランは年俸300~350万ユーロ(約4~4.7億円)の条件を用意できるものとみられている。 2018.01.20 22:58 Sat
twitterfacebook
thumb

【セリエA第21節プレビュー】日曜にインテルvsローマの上位対決開催

▽2週間前に行われた後半戦のスタートとなった前節では、首位ナポリ(勝ち点51)と2位ユベントス(勝ち点50)が勝利した一方、インテル(勝ち点42)が引き分け、ローマ(勝ち点39/未消化1試合)が敗れたことで、上位2チームとの勝ち点差が広がった。束の間のウインターブレイクが明けて迎える第21節は日曜と月曜に行われ、日曜にインテルvsローマの上位対決が開催される。 ▽3位インテルは前節フィオレンティーナ戦を追加タイム被弾で1-1と引き分け、リーグ戦5試合勝利から見放されることとなった。苦しい試合が続く中、守備の要であるミランダが復帰予定なのは朗報。ただ、負傷したラノッキアに代わって途中出場でリーグ戦8試合ぶりに出場した長友は、引き続きベンチスタート予想となっている。今季の1stマッチではイカルディのドッピエッタで勝利しているインテルだが、ローマにシーズンダブルを果たして上位2チームを追うことができるか。 ▽一方、難敵アタランタに1-2と敗れてリーグ戦3試合勝利から見放され、チャンピオンズリーグ(CL)圏外の5位に転落したローマは、規律違反を犯したことでアタランタ戦をスタンド観戦となったナインゴランが復帰予定。主力にケガ人がいない中、ベストメンバーで4試合ぶりの勝利を目指す。 ▽後半の2発でヴェローナに勝利し、リーグ戦4連勝としたナポリは、日曜日のランチタイムに6位アタランタ(勝ち点30)とのアウェイ戦に臨む。ローマを撃破した難敵アタランタが相手となるが、2週間の調整期間で勤続疲労が幾分か回復したであろうチームは首位キープとなるか。 ▽ナポリを1ポイント差で追う2位ユベントスは、月曜日に14位ジェノア(勝ち点21)とのホーム戦に臨む。前節カリアリ戦では苦戦しながらもGKシュチェスニーの活躍で凌ぎ、1-0で辛勝したユベントスだが、ディバラが全治1カ月のケガを負ったのは痛手。代役はカリアリ戦で好アシストを記録したドグラス・コスタが予想されているが、チームにフィットしつつあるブラジル代表ウインガーはチームを勝利に導くことができるか。 ▽前節クロトーネ戦をボヌッチの幸運弾で1-0と制し、リーグ戦4試合ぶりに勝利した8位ミラン(勝ち点28)は、16位カリアリ(勝ち点20)とのアウェイ戦に臨む。引き続きすっきりとした形で勝利できずにいるミランだが、前節ユベントスを大いに苦しめたカリアリに勝利し2連勝となるか。最後にインモービレの4発でSPALとの打ち合いを制し、4位に浮上したラツィオ(勝ち点40/未消化1試合)は、13位キエーボ(勝ち点22)とのホーム戦に臨む。 ※スタメン予想はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』参照 ◆セリエA第21節 ▽1/21(日) 《20:30》 アタランタ vs ナポリ 《23:00》 サッスオーロ vs トリノ サンプドリア vs フィオレンティーナ ラツィオ vs キエーボ ウディネーゼ vs SPAL ヴェローナ vs クロトーネ ボローニャ vs ベネヴェント 《26:00》 カリアリ vs ミラン 《28:45》 インテル vs ローマ (28:45) ▽1/22(月) 《28:45》 ユベントス vs ジェノア 2018.01.20 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ナポリ行きに興味津々のポリターノ、サッスオーロは放出の意思なし…?

▽サッスオーロのイタリア代表FWマッテオ・ポリターノは現在、ナポリへの移籍が噂されている。選手本人はこの移籍に前向きだが、サッスオーロが簡単には認めないようだ。代理人のダヴィデ・リッピ氏が『ラジオ・キス・キス』で語った。 ▽ナポリは今冬の移籍市場で前線の強化に動いているものの、まだ新戦力は決まっていない。そこで24歳のポリターノの名前が挙がっているところだ。 ▽リッピ代理人は、「ポリターノはナポリへ行くことを望むだろうが、サッスオーロが放出を考えないはずだ。状況は非常に複雑だね」とコメント。「マッテオはそのような主要クラブへ行くことを強く望んでいるし、それが彼の夢だ。ナポリのようなクラブから声が掛かったら引っ込むことはできない。ノーと言うのは難しいね」と、選手の気持ちを代弁した。 ▽左右のウイングを本職とするポリターノは、今季セリエAで17回先発。3得点3アシストを記録している。 2018.01.19 23:31 Fri
twitterfacebook
thumb

「勇敢な決断だ」。ナポリ行きを断ったヴェルディに元イタリア代表が賛辞

▽ボローニャのイタリア代表FWシモーネ・ヴェルディがナポリへの移籍を断ったことを、パオロ・ロッシ氏が称賛した。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。 ▽ヴェルディはこの冬のナポリへ行く可能性があったが、ボローニャに残留することを選んだ。この決断は「サプライズ」と捉えられている。 ▽元イタリア代表のロッシ氏は、「ナポリは競争が激しいから、どれだけ出られるかわからないということを恐れたと思う」と分析。「選手というのは、向上する義務があると思う。その一方で、ヴェルディは今が適切なタイミングではないと考えている。これからの5ヵ月、ボローニャでレギュラーポジションがあれば、彼はよりピークに近づくことができるという判断だ」と話した。 ▽同氏はこの判断が正しいという印象を持っているようで、「人間らしい決断だ。頭を使って、勇敢な決断をしたね」と述べている。 ▽ヴェルディに断られたナポリは、バルセロナのスペイン代表FWジェラール・デウロフェウの獲得を目指すと言われている。 2018.01.17 23:30 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース