悲劇…ムニアイン、2度目のACL断裂で長期離脱へ2017.09.30 15:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ビルバオは29日、同クラブの元スペイン代表FWイケル・ムニアイン(24)が右ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負ったことを発表した。

▽ムニアインは28日に行われたヨーロッパリーグのグループステージ第2節、ホームでのゾリャ戦で試合終了間際に負傷。検査の結果、右ヒザ前十字じん帯断裂が確認された。

▽ムニアインは過去、2015年4月にも左ヒザ前十字じん帯を損傷し、252日にわたる長期離脱を余儀なくされた。スペイン『マルカ』によれば、今回も前回と同様に最大8カ月程度の長期離脱を強いられるとみられる。

コメント

関連ニュース

thumb

マドリー移籍噂のビルバオGKケパが2025年まで契約延長…契約解除金は約108億円

▽アスレティック・ビルバオは22日、スペイン代表GKケパ・アリサバラガ(23)との契約延長を発表した。契約期間は2025年までとなり、契約解除金は8000万ユーロ(約108億6400万円)に設定されている。 ▽ケパは、ビルバオの下部組織出身で、世代別のスペイン代表も経験。2017年11月にはA代表デビューを果たしている。今シーズンはリーガエスパニョーラで14試合に出場していた。 ▽レアル・マドリーがケパの獲得に動くと報道されていたが、ジネディーヌ・ジダン監督が今冬のGK補強を見送ることを示唆するなど、一向に交渉が進まず。この状況に業を煮やしたケパは、今シーズン終了までの契約を延長することに合意。契約解除金も2000万ユーロ(約27億円)から大幅に上昇することとなった。 2018.01.22 22:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ケパがレアル・マドリー行きに“ノー”! ビルバオと契約延長へ

▽今冬のレアル・マドリー加入が有力視されているアスレティック・ビルバオのスペイン代表GKケパ・アリサバラガ(23)がクラブとの契約延長に応じるようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ▽コスタリカ代表GKケイロル・ナバスから守護神の変更を画策するマドリーは、2000万ユーロ(約27億円)に設定されている契約解除金を支払い、今冬にケパの獲得に動くとみられていた。 ▽しかし、ジネディーヌ・ジダン監督が今冬のGK補強を見送ることを示唆するなど、一向に交渉が進まない状況に業を煮やしたケパは、今季終了までとなっている現行契約を延長する決断を下したようだ。 ▽『アス』が伝えるところによれば、ケパは先日にビルバオとの契約延長にサインしたスペイン代表FWイニャキ・ウィリアムズ(23)と同様の長期契約にサインする模様。さらに、契約解除金は現在の2000万ユーロから大幅増額の8000万ユーロ(約108億円)に設定される見込みだ。 ▽ケパの翻意によってマドリーは、チェルシーのベルギー代表GKティボー・クルトワ(25)やマンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(27)への関心を強めていくことになるかもしれない。 2018.01.22 01:26 Mon
twitterfacebook
thumb

デポルティボ、ビルバオから右SBボベダを獲得

▽デポルティボは20日、スペイン人DFエネコ・ボベダ(29)の完全移籍での獲得に関してアスレティック・ビルバオと合意に至ったことを発表した。同選手はメディカルチェックをパスした後、正式契約にサインする。 ▽レサマ出身のボベダは2009年にトップチームデビュー。その後、2011年にエイバルに完全移籍し、2015年まで同クラブに在籍。その後、2015年に復帰したビルバオでは右サイドバックやセンターバックのバックアッパーとして活躍。今季ここまでは公式戦8試合に出場していた。 2018.01.21 06:11 Sun
twitterfacebook
thumb

柴崎2戦連続先発! 試合は両者譲らずドロー決着《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第20節のヘタフェvsビルバオが19日に行われ、2-2の引き分けに終わった。ヘタフェの日本代表MF柴崎岳は先発して56分までプレーした。 ▽前節、柴崎が先発復帰しマラガを1-0で下したヘタフェと、リーガ8試合3勝5分けと負けの無いビルバオが、折り返しを迎えたリーガ最初の試合で対戦。9位のヘタフェ(勝ち点26)が、12位に沈みつつも調子を上げつつあるビルバオ(勝ち点25)をホームに迎え、スコアレスドローに終えた開幕戦と同一のカードで今シーズン初の連勝を目指した。 ▽最初のチャンスを得たのはビルバオ。6分にヘタフェの攻撃がボックス手前で止められると、ロングカウンターが発動する。最前線に残っていたイニャキ・ウィリアムズがヘタフェDF2人と対峙しつつもシュートまで持ち込んだが、枠を右に逸れていく。 ▽反撃に出るヘタフェは10分、ショートカウンターからDFジェネが相手陣内右付近からの速いクロスを入れていく。しかし、ニアに走り込んだモリーナが放った鋭いヘディングシュートはGKイアゴ・エレリンに阻まれた。 ▽お互いにゴール前まで運べる展開が目立ち始めた13分、試合が動く。ビルバオがやや押し込んだシーンで、ラポルテが高精度のフィードを供給。ボックス右のイニャキ・ウィリアムズが、クロス気味のループシュートをダイレクトで狙うと、GKマルティネスの手をかすめつつもファーのネットを揺らした。 ▽それでも、追い付きたいヘタフェはすぐさま反撃に出ていく。21分、ポルティージョのスルーパスに反応したモリーナがボックス右に走り込むと、前に出たGKイアゴ・エレリンと交錯して転倒。すると、これがPKの判定に。倒されたモリーナ自ら沈め、同点弾とした。 ▽しかしヘタフェはその後、なかなか良い形でモリーナや柴崎の待つ前線にボールを繋げられず、ビルバオのペースが続いていく。それでも、大きなチャンスはなくスコアを動かすまでには至らない。試合は均衡を保ったまま折り返しを迎えた。 ▽後半に入ると、ビルバオが攻勢をかけていく。すると48分、ボックス手前左のFKのシーンでボックス内の混戦から途中出場のモリネーロが相手選手を倒してしまい、ヘタフェはPKを与えてしまう。これを、ラウール・ガルシアが落ち着いて決め、勝ち越し弾とした。 ▽直後の52分には、ボックス右に抜け出したモリーナが再びGKイアゴ・エレリンに倒され、この日3回目のPKとなる。しかし、GKイアゴ・エレリンはキッカーを務めるモリーナのシュートを右腕一本でセーブ。同点弾とすることはできなかった。 ▽流れを変えたいヘタフェは、疲れの見える柴崎に代えて56分にアンヘルを投入。アタッカーを起用し、勝ち点の獲得を目指していく。対するビルバオは、61分にスサエタに代えてベニャトを入れる。キックの名手を投入し、カウンターの鋭さを増していった。 ▽それでもヘタフェがボールを持つ時間がやや増えると、74分にアントゥネスのフィードを受けたポルティージョが、DFサボリの前に入り込み頭で落とす。途中出場のアンヘルがフリーの状態で蹴り込み、監督の起用に応えた。 ▽86分にもアンヘルがボックス内で一対一を迎えたが、シュートはカバーに入ったラポルトがブロック。結局、試合は2-2のまま終了することに。この結果、ヘタフェは2戦負けなし、ビルバオはリーガ9戦負けなしとなった。 2018.01.20 06:51 Sat
twitterfacebook
thumb

ビルバオがスペイン代表FWイニャキ・ウィリアムズと2025年まで契約延長! 解除金は最大146億円

▽ビルバオは17日、スペイン代表FWイニャキ・ウィリアムズ・デニス(23)と2025年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽ビルバオの下部組織出身のイニャキ・ウィリアムズ。同クラブのサードチームにあたるCDバスコニアからトップチームに2014年7月に昇格。以降は安定した活躍を続け、昨シーズンはリーグ戦全38試合に出場した。今シーズンもここまでのリーグ戦19試合全てに出場し4ゴール3アシストを記録している。 ▽クラブは、スペイン代表ウインガーに対し契約解除金を8000万ユーロ(約108億円)に設定。さらに条件次第では、1億800万ユ―ロ(約146億円)にまで引き上げられる契約となっているようだ。 2018.01.17 19:58 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース