ホームでドローに終わったシャルケが3試合勝利なし…《ブンデスリーガ》2017.09.30 06:05 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第7節のシャルケvsレバークーゼンが29日に行われ、1-1の引き分けに終わった。

▽前節ホッフェンハイムに完敗した7位シャルケが、ハンブルガーSVに快勝した10位レバークーゼンをホームに迎えた一戦。立ち上がりから一進一退の展開が続く中、34分に試合が動く。ペナルティアーク手前でFKを獲得したシャルケは、ゴレツカが直接FKをゴール右に突き刺し、先制に成功した。

▽先制を許したレバークーゼンの反撃は40分、ボックス右手前で獲得したFKをフォラントが直接狙うも、これは相手GKが弾く。こぼれ球にS・ベンダーが詰めたが、これはオフサイドの判定となった。さらに45分には、右クロスからブラントに決定機が訪れるも、ダイレクトシュートはGKフェールマンの好セーブに阻まれた。

▽迎えた後半、1点を追うレバークーゼンはアランギスとベララビを下げてハフェルツとベイリーを投入する2枚替えを敢行。すると61分、L・ベンダーのパスで右サイドを突破したベイリーがボックス右まで切り込みシュート。ブロックに入ったナスタシッチの足に当たったボールは、ドライブ回転がかかりゴール左隅に吸い込まれた。

▽同点に追いついたレバークーゼンは70分、ハフェルツのサイドチェンジで左サイドを抜け出したブラントがクロスを入れると、飛び出した相手GKの弾いたボールをベイリーがシュート。これはブロックに入ったケフラーに当たるも、こぼれ球をアラリオが流し込み、ゴールネットを揺らした。しかし、クロスの時点でファーサイドのアラリオがオフサイドをとられ、ゴールは取り消された。

▽チャンスを逃したレバークーゼンは、後半アディショナルタイム4分にもボックス左から侵入したバイリーが強烈なシュートでシャルケゴールを脅かしたが、GKフェールマンのセーブに阻まれた。

▽結局、スコアはそのままで試合終了。ホームで勝ち点を落としたシャルケは、3試合勝利なしとなっている。

コメント

関連ニュース

thumb

ピアツァ移籍後初ゴールも終盤被弾でドローのシャルケ、2位再浮上失敗《ブンデスリーガ》

▽シャルケは21日、ブンデスリーガ第19節でハノーファーをホームに迎え、1-1で引き分けた。 ▽前節ライプツィヒとの上位対決に敗れて3位に後退したシャルケ(勝ち点30)が、10位ハノーファー(勝ち点26)をホームに迎えた一戦。 ▽勝利すれば2位再浮上となるシャルケは、今季終了後にバイエルンへの移籍が発表されたゴレツカと、ユベントスからレンタルで獲得したピアツァがスタメンとなった。 ▽開始5分にクラウスの直接FKでゴールを脅かされたものの、シャルケがボールを保持する流れとなると、16分に先制する。アリのスルーパスをボックス左で受けたピアツァが切り返しでDFをかわし、右足でシュート。これがゴール右に決まった。 ▽ピアツァの移籍後初ゴールで先制したシャルケは、27分にクラウスのミドルシュートでゴールを脅かされるも左ポストを直撃。直後のCKからオストルツォレクに際どいシュートを浴びせられたが、わずかに枠を外れて助かった。 ▽前半半ば以降、危なげなく時間を進めたシャルケが1点をリードしたままハーフタイムに入った。 ▽迎えた後半、慎重に試合を進めるシャルケは、56分にピアツァに代えてエンボロを投入。主導権を渡さずに時間を進めていた中、70分にベブにシュートに持ち込まれるも、GKフェールマンがセーブ。 ▽引き続き手堅く試合を運ぶシャルケは、ブルクシュタラーやエンボロに追加点のチャンスが訪れるも決めきれない。すると終盤の86分、左サイドからのクラウスのクロスがルーズとなったところをフュルクルクに押し込まれ、同点となってしまった。 ▽結局、1-1で試合は終了。シャルケは勝ち点2を取りこぼし、2位浮上のチャンスを逸している。 2018.01.22 04:10 Mon
twitterfacebook
thumb

バイエルン移籍のゴレツカがシャルケファンへ頼んだ願い「僕の決断を受け入れる必要はないけど…」

バイエルン・ミュンヘンへの移籍が発表されたドイツ代表MFレオン・ゴレツカは、自身のフェイスブックでシャルケファンへメッセージを送った。<br><br>ゴレツカはかねてよりバルセロナやリバプール、バイエルンといったトップクラブへのステップアップへのステップアップが噂されていたが、19日に正式発表。6月30日から4年契約でバイエルンへと加わることが明らかになった。<br><br>移籍金ゼロのフリー移籍に加え、国内のライバルクラブへの移籍のためファンからの反発は小さくない。そこで、ゴレツカは以下のようなメッセージをファンに届けた。<br><br>「皆の失望は理解できる。今はどんな説明も受け入れられないだろう。でもさよならは言いたくないし、後半戦も僕はシャルケの選手だ。皆は僕が常に全力を尽くすとわかっているはずだ。シャルケのCL復帰とポカール優勝に貢献したい。ここ数日間、首脳陣のクレメンス・テンニエス、クリスティアン・ハイデルやドメニコ・テデスコと話した。彼らは特に僕を残したがっていたから、残念がっていたね。ここで過ごした5年はずっと心に残り続けるだろう」<br><br>「皆には一つのことをお願いしたい。僕の決断を受け入れる必要はないけど、チームにとって難しいような状況にはしないでほしい。僕らには達成したい大きな目標があるからね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.20 16:42 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルンがシャルケのドイツ代表MFゴレツカと4年契約…加入は来シーズンから

▽バイエルンは19日、シャルケのドイツ代表MFレオン・ゴレツカ(22)が完全移籍で加入することを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となる。なお、加入は2018-19シーズンからとなる。 ▽バイエルンの発表によると、ゴレツカは18日にメディカルチェックを受診。その後、契約締結に至った。 ▽カール・ハインツ・ルンメニゲCEOは、ゴレツカ獲得についてコメント。「バイエルンは海外クラブとの激しい競争にもかかわらず、レオン・ゴレツカの加入が決定したことは非常に喜ばしいことだ。これにより、レオン・ゴレツカがブンデスリーガに残ることが確実となった」と喜びを露わにした。 ▽ゴレツカは、ボーフムの下部組織で育ち、2012年7月にトップチームへ昇格。2013年7月にシャルケへと完全移籍していた。今シーズンはここまでブンデスリーガで11試合に出場し4ゴールを記録。ドイツ代表としても12試合に出場し6ゴールを記録するなど、将来の主軸を担うことが期待されている。 2018.01.19 20:10 Fri
twitterfacebook
thumb

シャルケのコソボ代表FWアブディヤイがローダJCへレンタル移籍

▽シャルケは15日、コソボ代表FWドニス・アブディヤイ(21)がエールディビジのローダJCへレンタル移籍することを発表した。期間は今季終了までとなっている。 ▽ストライカーや左ウイングでプレー可能なアタッカーのアブディヤイは、シャルケのユース出身。2015年2月にトップチームデビューを飾り、これまで公式戦12試合に出場して2ゴールを決めている。しかし、今季はここまで出場機会を得られていない状況にあった。 ▽代表としてはU-16からU-19まで生まれ故郷のドイツ代表を選択。しかし、2016年11月にルーツであるコソボ代表を選択している。 ▽移籍先のローダJCは18試合を消化したエールディビジで最下位に位置している。 2018.01.16 04:26 Tue
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒがシャルケとの上位対決を制し順位逆転《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第18節、ライプツィヒvsシャルケが13日に行われ、3-1でライプツィヒが勝利した。 ▽ウインターブレイク前に行われた前節ヘルタ・ベルリン戦を10人となった相手に2-3と敗戦した5位ライプツィヒ(勝ち点28)は、今冬でのリバプールへの移籍が否定されたN・ケイタが先発となった。 ▽対する2位シャルケ(勝ち点30)は前節フランクフルト戦をナウドのラストプレー弾で2-2の引き分けに持ち込み、11試合負けなしとした。そのシャルケはこの冬にユベントスから獲得したピアツァがベンチスタートとなった。 ▽5位と2位による上位対決は、時間の経過とともにライプツィヒが押し込む展開としていく。しかし、自陣に引くシャルケを崩しきれずシュートに持ち込むには至らない。 ▽そんな中、シャルケは28分にシェプフのミドルシュートでゴールに迫ると、ここから流れを引き寄せていった。 ▽しかし36分、ライプツィヒはオギュスタンがボックス内でスタンブリに倒されてPKを獲得。だが、キッカーのオギュスタンの放ったシュートはややコースが甘く、GKフェールマンにセーブされて先制とはならない。 ▽それでも41分、ゴール正面の位置からN・ケイタの放ったミドルシュートがDFにディフレクトしてコースが変わり、ネットを揺らしてライプツィヒが先制。前半を1点リードして終えた。 ▽迎えた後半、シャルケが前がかる入りとする中、55分にシェプフとディ・サントに代えてピアツァとエンボロを投入。すると直後、右サイドからのFKをナウドがヘディングで流し込み、シャルケが同点に追いついた。 ▽追いつかれたライプツィヒはヴェルナーとY・ポウルセンを投入し、勝ち越しを目指す。すると69分、ショートカウンターに転じ、サビツァーの浮き球パスをボックス右のライマーが受けて中へ折り返すと、最後はヴェルナーが押し込んだ。 ▽さらに2分後、ヴェルナーのパスをボックス右で受けたブルマがシュートを流し込んで3-1としたライプツィヒが勝利。シャルケとの上位対決を制し、勝ち点で1上回った。 2018.01.14 04:52 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース