救世主誕生か? 大迫勇也所属のケルンがブンデス外国人得点記録のピサーロを獲得2017.09.29 20:47 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表FW大迫勇也が所属するケルンは29日、元ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロ(38)の獲得を発表した。契約は今シーズン終了までとなる。

▽1999年に母国アリアンサ・リマから初めてブレーメンに加入以降、バイエルンやチェルシーでプレーした時期もあったものの、通算8シーズンを同クラブで過ごしたピサーロは、公式戦通算271試合に出場し144ゴールを記録。また、バイエルン時代の得点を含めると、ブンデスリーガ430試合に出場し、191ゴールを挙げ、ブンデスリーガの外国人歴代最多ゴール記録を保持している。

▽ケルンは、昨シーズンの得点源だったFWアンソニー・モデストが中国スーパーリーグの天津権健へと移籍。マインツからコロンビア代表FWジョン・コルドバを獲得し、大迫との2トップを組んでいるものの、今シーズンはリーグ戦6試合でわずか1得点と、壊滅的なゴール欠乏症に陥っており、現在勝ち点1の最下位に沈んでいる。

コメント

関連ニュース

thumb

フライブルク、2部降格ケルンから主力CBハインツを獲得!

▽フライブルクは23日、ケルンからドイツ人DFドミニク・ハインツ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は23に決定。契約期間に関する詳細は明かされていない。 ▽今シーズンのブンデスリーガを最下位で終えたケルンは、来シーズンの2部降格が決定。そして、クラブは2部降格時に有効な他クラブへの移籍が可能となる契約条項を盛り込んでおり、今回ハインツはそのオプションを行使する形でフライブルクに移籍することになった。 ▽カイザースラウテルンでプロデビューを飾ったハインツは2015年にケルンに完全移籍で加入した。ケルンでは公式戦108試合に出場し3ゴールを記録。188cmの恵まれた体躯に加え、左サイドバックでもプレー可能な精度の高い左足を兼備する同選手は総合力の高いセンターバックとしてハノーファーやフランクフルトからも関心を示されていた。 2018.05.24 14:07 Thu
twitterfacebook
thumb

ブレーメンに完全移籍の大迫勇也 「今の自分に必要なのは高いレベルでプレーを続けて行くこと」

▽16日にケルンからブレーメンに完全移籍した日本代表FW大迫勇也(27)が同日、自身と契約するマネジメント会社を通じてコメントを発表した。 ▽大迫は、2014年6月に1860ミュンヘンからケルンに加入。加入4年目の今シーズンはブンデスリーガ25試合で4ゴール2アシストを記録した。しかし、チームは2部降格が決定。そして、クラブ降格時に一定の移籍金で他クラブへの移籍が可能となる契約条項を行使し、ブレーメンに完全移籍した。 ▽大迫は今回のブレーメン行きを決断した理由に関して以下のように語っている。 「皆さん、いつも応援ありがとうございます。この度、ドイツの中でも歴史あるクラブであるブレーメンに完全移籍することになりました。来シーズンは新たなチームで挑戦できることをうれしく思います」 「ケルンで過ごした4年間は、初のヨーロッパリーグ出場やフォワード以外でのポジションなど沢山の経験をさせてもらい、サッカー選手として、1人の人間として成長させてもらえたことは感謝でしかありません」 「2部降格が決まった後、いくつかの他クラブからのオファーを頂きました。正直悩みました。ケルンへの想いと新しいチャレンジ。最終的に今の自分に必要なのは高いレベルでプレーを続けて行くことだと思い移籍を決断しました」 「ブレーメンはケルン同様、今シーズン当初は苦しんでいましたが、監督交代以降内容も結果も充実していきました。コーフェルト監督と話した時も、攻撃的なサッカーを続け、より高みを目指して行く中で『大迫が必要だ!』とストレートに言われ、その想いに答えたいと思いブレーメン移籍を決断しました」 「来シーズンは新天地でのスタートになりますが、みなさんに活躍している姿を届けられる様に頑張りたいと思います。引き続き応援よろしくお願いします」 2018.05.16 23:39 Wed
twitterfacebook
thumb

大迫勇也、加入報道のブレーメンに「抜群にマッチする可能性」!?

▽ブレーメンの地元紙『ヴェーザー・クーリエ』が、同クラブ入団間近と伝えられるケルンの日本代表FW大迫勇也について取り上げた。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ▽大迫が所属するケルンは、今シーズンのブンデスリーガを最下位で終え、2部降格が決定。ブレーメンの補強リストに入っていた大迫は、関心を寄せられているとされ、すでにメディカルチェックを受けたとの報道も伝えられている。 ▽そんな中、『ヴェーザー・クーリエ』は大迫について分析。「トップ、ウイング、トップ下でのプレーが可能だが、点取り屋でもなく、ドリブラーでもなく、典型的なトップ下のタイプでもない。チームへの組み込みが難しい選手」と指摘しながらも「セカンドトップとして興味深い選手。ラインの間で動き回り、スリムな体で屈強な相手からうまくすり抜けて、ゴールに向かうことが可能。最大の特徴はテクニックの高さ」と評価している。 ▽また、ブレーメンを率いるフロリアン・コーフェルト監督か掲げる「ウイングが積極的に中央へ仕掛け、FWとのコンビネーションサッカーで打開していくスタイル」には抜群にマッチする可能性があると見方を示した。 2018.05.16 11:59 Wed
twitterfacebook
thumb

来季CL出場のホッフェンハイム、大迫同僚MFビッテンコートを獲得!

▽ホッフェンハイムは14日、ケルンからドイツ人MFレオナルド・ビッテンコート(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年となる。 ▽かつてブンデスリーガで活躍したブラジル人FWフランクリン・ビッテンコート氏を父親に持つビッテンコートは、コットブス、ドルトムント、ハノーファーを経て2015年にケルンへ完全移籍。主戦場の左ウイングや2列目でのプレーを得意とするアタッカーは、今シーズンのリーグ戦22試合に出場し5ゴール3アシストを記録していた。 ▽しかし、今季を最下位で終えたケルンとの間で結ばれた2部降格時の契約オプションを行使する形で800万ユーロ(約10億4000万円)といわれる移籍金でホッフェンハイムに完全移籍することになった。 ▽ビッテンコートはホッフェンハイム移籍に際して以下のようなコメントを残している。 「ホッフェンハイムは数年前から非常に素晴らしい成長を見せているクラブだ。同時に何人かのプレーヤーをドイツ代表に送り出し、多くの野心的な若手プレーヤーの存在も僕に刺激を与えてくれたんだ」 「ユリアン・ナーゲルスマンの仕事ぶりにも感銘を覚えている。僕は彼との仕事を通じて多くの利益を得られると思っているし、今後も成長し続けられることを確信しているよ」 「ブンデスリーガやヨーロッパのコンペティションでプレーすることが自分にとって重要なことだった。僕はそのチャンスをホッフェンハイムで得ることができた。このクラブで自分が重要なパズルのピースになれることを確信しているよ」 2018.05.16 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

大迫勇也がブレーメン移籍か? すでにメディカルチェックを完了

▽ケルンの日本代表FW大迫勇也が、ブレーメン移籍に近づいているようだ。ドイツ『WESER-KURIER』が報じた。 ▽大迫が所属するケルンは、ブンデスリーガ最下位で2部に降格。しかし、GKティモ・ホルンやDFヨナス・ヘクター、MFマルコ・ヘーガーらは残留を表明していた。 ▽ブレーメンはMFレオナルド・ビッテンコートの獲得に動いていたものの、ビッテンコートはホッフェンハイム行きに近づいているとのこと。ブレーメンは、代わりに大迫に興味を持ったようだ。なお、報道によると、大迫はブレーメンのメディカルチェックを受けたとのことだ。 ▽大迫はブレーメンの補強候補の中に入っており、プレーの幅の広さと適切な金額が獲得のポイントになるとのこと。ブレーメンは6〜800万ユーロ(約7億8600万円〜約10億4800万円)の資金を用意するようだが、2020年までケルンとの契約を残す大迫は、この金額で足りるようだ。 ▽今シーズンの大迫はブンデスリーガで25試合に出定し4ゴールを記録。昨シーズンほどの活躍が見せられなかったが、評価はされているようだ。 2018.05.15 22:05 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース