マルセイユ、不動の右SB酒井宏樹と2021年まで契約延長2017.09.29 20:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マルセイユは29日、日本代表DF酒井宏樹(27)と新たに1年間の契約延長で合意したことを発表した。新たな契約期間は2021年までとなる。

▽酒井は昨夏、ハノーファーからマルセイユに移籍。加入初年度からリーグ・アン35試合に出場するなど右サイドバックのポジションを確保した。今シーズンも日本代表でもレギュラーポジションを確保し続ける傍らで、ここまでリーグ・アン開幕から第3節を除く6試合に先発している。

▽日本人右サイドバックとの新契約締結を発表したマルセイユは、「ルディ・ガルシアは彼のキャラクターや気質を高く評価している。彼は素早くチャンスを掴み、攻撃面だけではなく、守備面でもリーグ・アンでプレーするために必要な資質を持っている選手」と評している。

コメント

関連ニュース

thumb

解任も? コンテとチェルシーの関係は終焉か

▽チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督とクラブの関係が悪化の一途を辿っているようだ。著名なジャーナリストであるダンカン・キャスルズ氏が『Yahoo Sport UK』で伝えた。 ▽コンテ監督とクラブの関係が良好ではないことはかねてから報じられている。ダンカン・キャスルズ氏が伝えるところによれば、コンテ監督とクラブ上層部の関係は現在、限界を迎えている。チームも現在、リーグ戦連敗に加えて18日にホームで行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節のローマ戦で3-3に終わっており、選手も指揮官のメソッドに疑問を持ち始めているという。 ▽さらに、監督を頻繁に変えながら成績を残してきたチェルシーを見てきたクラブスタッフ陣は、コンテ監督が既に「デッドマン・ウォーキング」の状態だと比喩しているとのことだ。一方で、コンテ監督自身もシーズン終了後の退団を既に決断したと話しているとも伝えられている。 ▽今季終了をまたず解任される可能性も指摘されているコンテ監督。21日にホームで行われるプレミアリーグ第9節のワトフォード戦では是が非でも白星を取り戻しておきたいところだ。 2017.10.21 10:05 Sat
twitterfacebook
thumb

フェライニ、ユナイテッドの契約延長オファー拒否か

▽ベルギー代表MFマルアン・フェライニ(29)がマンチェスター・ユナイテッドからの契約延長オファーを拒否したようだ。イギリス『テレグラフ』が報じた。 ▽クラブとの契約が今季限りとなっているフェライニは、今シーズンにジョゼ・モウリーニョ監督の下で印象的なパフォーマンスを披露している。モウリーニョ監督はフェライニを必要としているようだが、選手側はクラブからの最初のオファーを拒絶したとのことだ。 ▽また、ユナイテッドは同じく契約が今季限りとなっているスペイン代表MFアンデル・エレーラに関しても契約延長に動きている模様。ただ、契約延長の交渉が長引けば、現行契約のオプションである1年の契約延長の条項を行使することにするとみられている。 2017.10.21 09:28 Sat
twitterfacebook
thumb

バルサSD、ユナイテッド戦を視察 ターゲットは…

▽バルセロナのロベルト・フェルナンデスSD(スポーツディレクター)が、18日に行われたベンフィカvsマンチェスター・ユナイテッドを観戦した。お目当てはユナイテッドのフランス代表FWアントニー・マルシャル(21)だったようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 ▽ユナイテッドは、チャンピオンズリーグ(CL)グループA第3節でベンフィカとのアウェイ戦を行い、1-0で勝利した。マルシャルはこの試合、76分にFWマーカス・ラッシュフォードとの交代でピッチに登場した。 ▽『ムンド・デポルティボ』によれば、フェルナンデスSDはマルシャルを視察。今夏、バルサはFWネイマールを引き抜かれた一方で、狙っていたリバプールのMFフィリペ・コウチーニョ獲得に失敗しており、新たな補強候補としてマルシャルが挙がっているようだ。 ▽なお、フェルナンデスSDはこの前日、サンチャゴ・ベルナベウで行われたCLグループH第3節のレアル・マドリーvsトッテナムも現地観戦。トッテナムのMFクリスティアン・エリクセンとFWハリー・ケインのプレーをチェックするためだったとみられている。 2017.10.21 08:48 Sat
twitterfacebook
thumb

ドルトムントの守護神ビュルキが2021年まで契約延長

▽ドルトムントは20日、スイス代表GKロマン・ビュルキ(26)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から2年更新した格好だ。 ▽2015年夏にフライブルクから加入したビュルキは、これまで公式戦95試合に出場。2017年にはDFBポカールで優勝を果たしていた。 ▽先日行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアポエル戦では2度の大きなミスにより失点を許し、厳しい批判にさらされているビュルキは、クラブの公式サイトで契約延長について次のように語った。 「ドルトムントがこの厳しい時期に示してくれたこの信頼をとてもうれしく思う。この素晴らしいクラブのゴールマウスに立てることを嬉しく、そして誇りにも思っているよ」 ▽また、ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSDは以下のように語っている。 「ロマンはプレーの面でも人間性でも、ドルトムントにとてもマッチしている。我々は彼のプレースタイルを好んでいるし、大きな伸び代をもっていると考えているよ。そしてまたコンスタントにパフォーマンスを発揮するはずだ」 2017.10.20 23:25 Fri
twitterfacebook
thumb

エジル、ユナイテッド行きを仲間に報告か

▽アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジル(29)が、マンチェスター・ユナイテッドに移籍する見込みであることをチームメートに報告したと、イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽今季限りとなっているアーセナルとの契約延長交渉の進展が伝えられていないエジルに関しては、レアル・マドリー時代の恩師であるジョゼ・モウリーニョ監督が率いるユナイテッドとの関連がかねてから伝えられている。 ▽『ミラー』が伝えるところによれば、現在も契約延長交渉に進展はなく、エジル側は週給35万ポンド(約5200万円)を求めていたものの、アーセナルは昨シーズンの時点で週給27万5000万ポンド(約4100万円)をオファー。だが現在は、エジルを慰留させることへの拘りがなくなっているようだ。 ▽これを受け、エジルは既にユナイテッドと契約することをチームメートに報告したとのことだ。アーセナルとしては、来夏にフリーで移籍させるよりも、来年1月に放出して移籍金を得たい考えとのことで、この件に関してはアーセン・ヴェンゲル監督も先日に公に認めていた。 2017.10.20 09:49 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース