元鹿島の“貴公子”レオナルド、アンタヤシュポル監督に就任2017.09.29 18:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アンタヤシュポルは28日、レオナルド氏(48)の指揮官就任を発表した。契約期間は2年間となる。

▽現役時代にブラジル代表として活躍したほか、1994年から1996年まで在籍した鹿島アントラーズで“貴公子”として人気を博したレオナルド氏。引退後は指導者の道を歩み、ミランやインテルの監督を歴任した後、パリ・サンジェルマンでスポーツディレクターや解説者を務めるなど監督業から離れていた。

▽6年ぶりに監督業をアンタヤシュポルで再開することになったレオナルド氏は、「私はここにいれて、とても嬉しいよ。この1週間、とても忙しかった。この前の試合を見て、チームの現状も把握することができた。物事が早く進み、今日、この場に入れるとは思ってなかったよ」と監督就任を喜んだ。

▽アンタヤシュポルは国内リーグ6試合終了の現時点で1勝3分け3敗。FWサミュエル・エトーや、MFサミル・ナスリ、FWジェレミー・メネーズ、MFサンドロ、DFヨハン・ジュルーら有名選手が多く在籍しているものの、18チーム中14位と低迷している。

コメント

関連ニュース

thumb

ストークの演出家ジョー・アレン、4年間の新契約にサイン!

▽ストーク・シティは18日、ウェールズ代表MFジョー・アレン(28)との契約更新を発表した。期間は4年間となる。 ▽ウェールズ代表としてジョー・アレンは、2007年にスウォンジー・シティでプロデビュー。2012年8月にリバプール移籍を果たした後、2016年夏からストークに活躍の場を移した。今シーズンは公式戦38試合で4得点7アシスト。チームに欠かせないボールの繋ぎ手として、不動の地位を確立している。 ▽長期契約を勝ち取ったジョー・アレンは、クラブ公式サイトで「シーズンが終わって、トニー・スコールズ(最高経営責任者)と話をしたとき、クラブに売却の意思がなく、僕を必要としていることを明かしてくれた。クラブの姿勢や、僕の幸福度を考えても、簡単な決断だった」とコメントしている。 2018.06.18 19:35 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリー、2部で大爆発のFWラウール・デ・トーマスと契約延長!「僕の人生以上のクラブ」

▽レアル・マドリーのスペイン人FWラウール・デ・トーマス(23)が、2023年まで契約を延長したことを発表した。ツイッターの自身公式アカウント(@RaulDeTomas9)上で発表した。 ▽8歳の頃にマドリーの下部組織に入団したデ・トーマスは、2013年9月にカスティージャに昇格して以来、コルドバやバシャドリードにレンタル移籍で加入。2017-18シーズンはリーガエスパニョーラ2部に属するラージョでプレーして公式戦32試合24ゴール4アシストの結果を残し、1部昇格に導いていた。 ▽ツイッターを更新したデ・トーマスは、以下のように喜びを伝えている。 「僕らはみんな夢を持っている。幼い頃にこのクラブに最初に入団した時、8歳から始まった。これまでに経験した全てのステップが、達成したい夢に導いてくれていたんだと実感している。レアル・マドリーの選手になるためにね」 「僕の人生以上のクラブ、ありがとう。アラ・マドリー」 ▽スペイン『マルカ』によると、2018-19シーズンにトップチーム昇格を果たすことが濃厚なデ・トーマス。ワールドクラスの選手が揃う中で厳しいポジション争いを繰り広げることとなるが、数少ない下部組織出身の新星FWはインパクトを残すことができるのだろうか。 2018.06.18 00:20 Mon
twitterfacebook
thumb

シャフタールがU-20ブラジル代表MF獲得! 新たなスター候補か

▽シャフタールがパルメイラスからU-20ブラジル代表MFフェルナンド・ペドロ(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年となる。 ▽今夏、ブラジル代表MFフレッジがマンチェスター・ユナイテッドに旅立ち、ブラジル代表MFベルナールの退団も決定的となっているシャフタール。そのため、両選手に代わる新たなブラジル人スター候補の獲得が急務となっている。 ▽そして、過去にMFウィリアンやMFフェルナンジーニョ、FWドグラス・コスタを始め多くの有能なブラジル人タレントを発掘してきたクラブが獲得したのは、パルメイラスのユースチームで将来を嘱望されるフェルナンド・ペドロだ。 ▽フェルナンド・ペドロはトップチームでの経験はほとんどないものの、パワフル且つ正確な右足のシュートやトリッキーなプレーを特長とする得点力に優れる攻撃的MFだ。まだまだ粗削りではあるものの、智将パウロ・フォンセカ監督(写真)の下で今後のブレイクが期待されるところだ。 ▽また、シャフタールは17日、カルパティ・リヴィウからウクライナ人GKオレクシー・シェフチェンコ(26)の獲得を発表。契約期間は2023年6月30日までの5年となる。 2018.06.17 16:58 Sun
twitterfacebook
thumb

フライブルク、元ドイツ代表DFギュンターとの契約延長を発表

▽フライブルクは16日、元ドイツ代表DFクリスティアン・ギュンター(25)との契約を延長したことを発表した。なお、契約期間などの詳細な情報は明かされていない。 ▽フライブルクとの契約を延長したギュンターは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「僕はフライブルクで上手くいっている。チームメイトや監督との関係も良好だし、1部に残留することもできた。そして来シーズンも1部残留という目標に向けて頑張りたいと思っているよ」 ▽フライブルクの下部組織出身のギュンターは、2012年にトップチームに昇格。フライブルクでは、在籍6シーズンで公式戦187試合に出場し、2ゴール14アシストをマーク。今シーズンも主力としてブンデスリーガ全試合にフル出場していた。 ▽また、U-20からドイツ代表に選出されてきたギュンターは、2014年5月にA代表デビュー。しかし、デビュー戦以降は招集メンバーから外れている。 2018.06.17 02:20 Sun
twitterfacebook
thumb

セルティック、PSGからレンタル中のFWエドゥアールをクラブ史上最高額で獲得!

▽セルティックは15日、パリ・サンジェルマン(PSG)からレンタル移籍していたフランス人FWオッズソンヌ・エドゥアール(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年となる。 ▽なお、イギリス『BBC』の伝えるところによれば、セルティックはエドゥアール獲得にクラブ史上最高額の800万ポンド(約11億7000万円)を支払うことになったようだ。 ▽PSGの下部組織出身のエドゥアールは187cmの大型ストライカー。卓越した身体能力とテクニック、得点感覚に優れる万能型FWは今季1年間のレンタルで加入したセルティックで公式戦29試合で11ゴール4アシストを記録する活躍をみせ、その高いポテンシャルの一端を見せていた。 2018.06.16 17:40 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース