元鹿島の“貴公子”レオナルド、アンタヤシュポル監督に就任2017.09.29 18:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アンタヤシュポルは28日、レオナルド氏(48)の指揮官就任を発表した。契約期間は2年間となる。

▽現役時代にブラジル代表として活躍したほか、1994年から1996年まで在籍した鹿島アントラーズで“貴公子”として人気を博したレオナルド氏。引退後は指導者の道を歩み、ミランやインテルの監督を歴任した後、パリ・サンジェルマンでスポーツディレクターや解説者を務めるなど監督業から離れていた。

▽6年ぶりに監督業をアンタヤシュポルで再開することになったレオナルド氏は、「私はここにいれて、とても嬉しいよ。この1週間、とても忙しかった。この前の試合を見て、チームの現状も把握することができた。物事が早く進み、今日、この場に入れるとは思ってなかったよ」と監督就任を喜んだ。

▽アンタヤシュポルは国内リーグ6試合終了の現時点で1勝3分け3敗。FWサミュエル・エトーや、MFサミル・ナスリ、FWジェレミー・メネーズ、MFサンドロ、DFヨハン・ジュルーら有名選手が多く在籍しているものの、18チーム中14位と低迷している。

コメント

関連ニュース

thumb

ベルギー代表DFシマンがLAギャラクシー加入! ドラフトで獲得2名とのトレード

▽MLS(メジャー・リーグ・サッカー)に所属するロサンゼルス・ギャラクシーは13日、モントリオール・インパクトからベルギー代表DFローラン・シマン(32)をトレードで獲得したことを発表した。なお、LAギャラクシーは2017ドラフトで獲得したフィンランド代表DFユッカ・ライタラ(29)と、カナダ代表MFラヒーム・エドワーズ(22)をモントリオールに差し出すことになる。 ▽これまで母国のシャルルロワやクラブ・ブルージュ、スタンダール・リエージュで活躍したシマンは、2015年に自閉症を患う娘の治療を優先するため大幅な減俸を受け入れて、自閉症の最新治療が受けられるカナダに本拠地を置くモントリオールに完全移籍。2015年にはMLSの最優秀DF賞を獲得するなど、リーグ屈指のDFとして活躍してきた。 ▽また、アメリカでプレーしているものの、最終ラインの複数ポジションをこなせるユーティリティー性を武器に、タレント揃いのベルギー代表で通算19キャップを記録。バックアッパーながらもロシア・ワールドカップ本大会のメンバー入りが濃厚とされている。 2017.12.14 00:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ビラス=ボアス退任の上海上港、ポルトガル人指揮官のヴィトール・ペレイラ氏を招へい

▽上海上港は12日、新シーズンからポルトガル人指揮官のヴィトール・ペレイラ氏(49)が新指揮官に就任することを発表した。 ▽今シーズン、中国スーパーリーグで2位に入ったほか、AFCチャンピオンズリーグでベスト4、国内カップ戦で準優勝とまずまずの成績を残していた上海上港だが、先月30日にアンドレ・ビラス=ボアス監督(40)と双方合意の下で契約を解消していた。 ▽その後任監督に任命されたのは、ポルト時代にビラス=ボアス監督のアシスタントコーチを務め、ポルトやフェネルバフチェ、オリンピアコスなど各国の名門クラブの指揮官を歴任してきたペレイラ氏となった。 ▽なお、ペレイラ氏は昨季終了までブンデスリーガ2部の1860ミュンヘンを指揮していた。また、過去にサウジアラビアのアル・アハリを率いており、アジアでの経験もある。 2017.12.13 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、プレミア得点リーディング快走中の大化けWG獲得へ?

▽レアル・マドリーが、リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラー(25)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『Don Balon』が伝えている。 ▽サラーは今季、ローマからリバプールに移籍。セリエAのフィオレンティーナやローマで活躍していたとはいえ、2014年に在籍していたチェルシーではいいところなく花が咲かなかったため、この移籍には懐疑的な見方もあった。 ▽しかし、蓋を開けてみれば、サラーはローマ時代以上のパフォーマンスを披露し、リバプールで絶対的な存在となっている。今季、公式戦では24試合19得点6アシストを記録。プレミアリーグでは13ゴールを挙げており、得点リーディングを快走している。 ▽『Don Balon』によれば、サラーに対してメガクラブのレアル・マドリーが興味を示しているという。レアル・マドリーは、今季リーグ戦13試合で1得点と結果を残せていないFWルーカス・バスケスの譲渡に金銭を加える形でリバプールへのオファーを考えているとのことだ。 2017.12.12 20:44 Tue
twitterfacebook
thumb

元新潟監督の呂比須ワグナー、母国の古巣クラブに復帰!

▽今シーズン限りでアルビレックス新潟の監督を退任した呂比須ワグナー氏(48)の新天地が母国ブラジルのパラナに決まった。 ▽パラナは11日、呂比須ワグナー氏の監督就任を発表。同氏にとって、今年5月まで指揮したパラナに復帰した格好だ。 ▽2017シーズンを呂比須ワグナー氏の下でスタートさせたパラナは、来シーズンから2007年以来となる1部参戦が決定している。 2017.12.11 13:15 Mon
twitterfacebook
thumb

どこまでデカくするのか…ユナイテッド、ラツィオ長身の逸材を144億円で獲得か

▽マンチェスター・ユナイテッドが、ラツィオに所属するセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(22)獲得に向けた巨額オファーを準備しているようだ。イギリス『エクスプレス』が報じた。 ▽ミリンコビッチ=サビッチは、トップ下、セントラルMF、セカンドトップを主戦場とする22歳の有望株。昨シーズン、ラツィオでリーグ戦34試合に出場し、4得点9アシストを記録して評価を高めた。今シーズンもここまでリーグ戦13試合に出場し、3得点を記録している。 ▽報道によれば、ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督がミリンコビッチ=サビッチの獲得を望んでいるようで、クラブレコードとなる9500万ポンド(約144億円)のオファーを準備しているようだ。マンチェスター・シティとユベントスも同選手に興味を持っているとのことだが、争奪戦をユナイテッドがリードしているという。 ▽なお、ユナイテッドでは現在、FWズラタン・イブラヒモビッチやFWロメル・ルカク、MFマルアン・フェライニ、MFネマニャ・マティッチ、MFポール・ポグバ、DFクリス・スモーリングなど190cmオーバーの選手を多く抱えている。191cmのミリンコビッチ=サビッチが加われば、よりフィジカル色と空中戦が強くなりそうだ。 2017.12.10 20:21 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース