岐阜、中央大学の“地元出身”MF三島頌平の来季加入内定を発表2017.09.29 16:40 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽FC岐阜は29日、中央大学MF三島頌平(21)の来シーズン加入内定を発表した。

▽岐阜県出身の三島は、技術が高く、長短自在の正確なパスで攻撃的なポジションから守備的なポジションまで器用にプレーすることができるMF。地元クラブでプロキャリアの第一歩を踏み出すことになった三島は、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。

「来シーズンからFC岐阜に加入する事になりました中央大学の三島頌平です。幼い頃からの夢であったプロサッカー選手になれ、地元である岐阜でプロ生活をスタートできる事を大変嬉しく思っています。今まで支えてくれた両親、チームメイト、スタッフ、たくさんの方々への感謝の気持ちを忘れず、一生懸命頑張ります。応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

大分の元U-20日本代表MF坂井大将が新潟へ期限付き移籍…昨年ベルギー2部へ期限付き移籍もビザ取得困難により帰国

▽アルビレックス新潟は22日、大分トリニータの元U-20日本代表MF坂井大将(21)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。期限付き移籍期間は2018年2月1日から2019年1月31日までとなる。 ▽坂井は、大分の下部組織出身で、2014年にトップチームへ昇格。2017年8月にベルギー2部に属するAFCトゥビーズへと期限付き移籍していたが、出場機会がなく、新潟へと期限付き移籍することとなった。 ▽世代別の日本代表にも選出されていた坂井だが、大分によると「VISA取得の関係により出場機会を得ることが困難になったため、AFC Tubizeとの期限付き移籍を解除し、新たな成長の場としてアルビレックス新潟へ期限付き移籍することが決定いたしました」との事だ。坂井は両クラブを通じてコメントしている。 ◆アルビレックス新潟 「初めまして新潟の皆さん、大分トリニータから来ました坂井大将です!みんなからはだいすけや、だいちゃんと呼ばれているので、そう呼んでもらえたら嬉しいです!1年でJ1に復帰できるよう、一生懸命頑張ります。よろしくお願いします!」 ◆大分トリニータ 「今回、新潟に行く事になりました。半年前、ベルギーに1年間レンタルで行く事は自分なりに相当な覚悟を持った決断でした。当初は試合にも出られ、言葉や文化が違ってストレスが溜まる事があっても、海外でやっていることが実感出来て全てが新鮮で楽しく感じていました。しかし数か月後からVISAがおりず試合に出られない環境が続きました。海外に出ないと分からない事でそれもひとつの経験だと思っていましたが、やはり試合に出たいという気持ちが強くなりました。気が付いたらVISAがおりないまま、リーグは終盤に入っていました」 「大分に帰るという選択肢もありましたが、海外に出て結果という部分に凄くこだわりを持つようになり、結果を出してない、活躍していないまま大分に帰るのは自分の中で違うと思いました。そんな中アルビレックス新潟からお話を頂き、自分なりに決断しました」 「ベルギーの生活にも慣れ、日本に帰るという選択自体も本当に凄く悩みましたが、やはり試合に出たいという気持ちが勝りました。大分で活躍がしたいからこそ、この様な決断をしました。これが僕の素直な気持ちです」 「皆さんに直接報告出来ず、この様な形になってしまった事を本当に申し訳なく思っています。しかしこの半年間、凄く良い時間を過ごせて、色々な人と出会い、自分の考えが変わり、海外に出たからこそ分かる事ばかりだったので、貴重な時間を過ごせました!新潟に行って活躍出来るように頑張ります。よろしくお願いします!」 ▽なお、坂井は大分との全公式戦に出場できない。 2018.01.22 21:14 Mon
twitterfacebook
thumb

鳥栖退団のMF太田徹郎、JFLラインメール青森に加入 昨季途中から古巣山形に期限付き移籍

▽日本フットボールリーグ(JFL)のラインメール青森は22日、MF太田徹郎(28)の完全移籍加入を発表した。 ▽太田は、2008年にモンテディオ山形でプロデビュー後、柏レイソル、サガン鳥栖でプレーした。昨年夏から期限付き移籍で古巣の山形に加わったが、シーズン終了後に期限付き期間満了で退団。さらに、保有元の鳥栖も契約満了を発表していた。 ▽ラインメール青森でプレーすることになった太田は、クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「この度ラインメール青森に加入することになりました、太田徹郎です。青森の為に、チームの勝利の為に一戦一戦全力で戦いたいと思います。宜しくお願いします」 2018.01.22 16:15 Mon
twitterfacebook
thumb

甲府退団のMF保坂一成、関東1部の東京ユナイテッドFCに加入 「魅力的なチーム」

▽ヴァンフォーレ甲府は22日、MF保坂一成(34)が関東サッカーリーグ1部の東京ユナイテッドFCに移籍することを発表した。 ▽保坂は、東京学芸大学を経て、2005年に甲府入り。2009年にファジアーノ岡山でプレーした後、2010年から再び甲府に活躍の場を移した。だが、甲府は2017シーズン限りでの退団を発表。保坂は、12年間在籍した甲府を離れることとなっていた。 ▽新たに東京ユナイテッドFCでプレーすることになった保坂は、クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「この度、東京ユナイテッドFCに加入することになりました、保坂一成です。大いなる可能性を秘めた、魅力的なチームに加入できて大変嬉しく思います。チームの目標、ビジョンに貢献できるよう全身全霊で頑張ります!」 2018.01.22 15:20 Mon
twitterfacebook
thumb

元日本代表FW播戸竜二、琉球へ! 昨季限りで大宮退団

▽FC琉球は22日、元日本代表FW播戸竜二(38)の完全移籍加入を発表した。 ▽日本代表として7試合2得点を誇る播戸は、ガンバ大阪、コンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)、ヴィッセル神戸、セレッソ大阪、サガン鳥栖を経て、2015年から大宮アルディージャでプレー。2017シーズン限りで契約満了となり、今後の去就に注目が集まっていた。 ▽琉球で現役続行を決断した“稀代の点取り屋”播戸は、両クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆FC琉球 「沖縄の皆さん、はじめまして。播戸竜二です。FC琉球を盛り上げにやって参りました! チームの目標であるJ2昇格に向けて、J3優勝に向けて、日々戦っていきます! FC琉球がさらに上に行くために、みんなで一緒に盛り上げていきましょう! 可能性は無限大です! FC琉球は沖縄の代表チームです! 皆さんと一緒に戦いたいです! よろしくお願いします!」 ◆大宮アルディージャ 「大宮の皆さん、3年間ありがとうございました。大宮アルディージャがJ2で優勝し、J1に復帰することを楽しみにしています! 僕はFC琉球でプレーします。時間があれば沖縄に遊びに来てください。皆さんの声援を受けてプレーできた3年間は、本当に幸せでした。ありがとうございました!」 2018.01.22 15:15 Mon
twitterfacebook
thumb

元日本代表MF松井大輔、横浜FCに完全移籍加入 23日に加入記者会見

▽横浜FCは22日、オドラ・オポーレ(ポーランド)に所属する元日本代表MF松井大輔(36)の完全移籍加入を発表した。背番号は35番に決定している。 ▽松井は京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)でプロキャリアスタート後、ル・マン(フランス)、サンテチェンヌ(同)、グルノーブル(同)、トム・トムスク(ロシア)、ディジョン(フランス)、スラビア・ソフィア(ブルガリア)、レヒア・グダニスク(ポーランド)でプレー。2014年のジュビロ磐田加入を経て、2017年途中からオドラ・オポーレに活躍の場を移していた。 ▽約半年間の海外再挑戦を経て、再びJリーグの舞台に戻ってきた生粋のファンタジスタの加入記者会見は、23日13時より実施。横浜FCの公式フェイスブック、インスタグラムにてライブ配信される。 2018.01.22 13:20 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース