ピャニッチが右足ハムストリングの肉離れ2017.09.29 16:05 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスは28日、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチの負傷箇所における診断結果を発表した。

▽ピャニッチは、26日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループD第2節のオリンピアコス戦(2-0でユベントスが勝利)でスタメン入り。だが、試合前のウォームアップ中に右足を痛め、急きょ先発メンバーから外れた。

▽ユベントスが伝えた初期の検査結果によれば、ピャニッチは程度1〜2の右足ハムストリングの肉離れと診断されたとのこと。今後、早期復帰に向けて更なるチェックを続けていくという。

コメント

関連ニュース

thumb

ユベントスとアタランタの一戦が豪雪で延期…28日にはコッパ・イタリアでも対戦予定

25日に予定されていたセリエA第26節、ユベントスとアタランタの一戦が豪雪により延期となった。<br><br>トリノのアリアンツ・スタジアムで開催されるはずだった一戦は、大雪により、ピッチ全面が真っ白に。両チームは試合前のウォーミングアップを続けていたものの、マッチオフィシャルは両チームのキャプテンを呼び、延期することを伝えた。<br><br>首位ナポリの試合が26日に予定されていたため、ユベントスは暫定でトップに立つ可能性もあったが、そのチャンスはなくなってしまった。なお、今回の一戦が何日に延期されるかはいまだ発表されていない。<br><br>なお、両チームはコッパ・イタリア準決勝2ndレグでも対戦予定。28日に再びトリノで顔を合わせる。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.26 05:11 Mon
twitterfacebook
thumb

ドイツ復帰を排除しないケディラ、今はセリエA7連覇に意気込む

▽ユベントスに所属するドイツ代表MFサミ・ケディラが、将来的なブンデスリーガ復帰について語った。ドイツ『Sport-Informations-Dienst』が報じた。 ▽シュツットガルトの下部組織で育ち、2006年からはトップチームでプレーしたケディラ。その実力が認められると、2010年にレアル・マドリーへと移籍。ボランチの一角を努めると、2015年からはユベントスへと活躍の場を移した。 ▽ドイツを離れて以降、各リーグのトップクラブでプレーを続けているケディラ。将来的なブンデスリーガ復帰について、「サッカーにおいて、決して何も除外することはできない」とコメント。現在のブンデスリーガについて語るとともに、ユベントスでの戦いに強い意気込みを見せた。 「ブンデスリーガは、幾つかのクラブがトラブルに巻き込まれていても素晴らしいリーグだ。魅力的なコンペティションだね」 「僕は海外で幾つかの良い経験をした。まだ経験していないこと、新たな考え方、新たな都市、新たな国…僕は新しいチャレンジを好む」 「まだ年老いてはいないが、ブンデスリーガに戻ることを排除はしない。セリエA?そこはユベントスとナポリの一騎打ちだ」 「リーグはしばらくの間、ここまでエキサイティングなことはなかった。ナポリは現在トップに立っているが、僕たちは素晴らしいチームだ。僕たちは11人だけがトッププレーヤーではなく、20人いる」 「僕たちは、自分たちとファンのために、再びタイトルを獲得すると決心している」 ▽セリエAを6連覇中のユベントスだが、今シーズンはナポリに先行を許し、25試合を終えて2位に位置。しかし、ナポリとの勝ち点差はわずかに「1」であり逆転でのスクデット獲得、セリエA7連覇は不可能ではない。果たして、ケディラの強い決心とともに、ユベントスがナポリを追い込む事ができるだろうか。 2018.02.21 22:20 Wed
twitterfacebook
thumb

マルキジオがイタリアを去る? MLSのほかに中国行きの可能性も

▽ユベントスのMFクラウディオ・マルキジオ(32)が、ついにクラブを離れるかもしれない。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』などが伝えた。 ▽子どものころから過ごすユベントスに愛情のあるマルキジオだが、出場機会は限られている。そのため、「イタリア国外で」新天地を探しているようだ。 ▽マルキジオの移籍先については、以前からアメリカ・メジャーリーグサッカー(MLS)が噂されていたが、中国スーパーリーグも候補に挙がっているようだ。 ▽32歳のマルキジオは、今シーズンのセリエAに10試合出場しているが、先発出場はそのうち4回のみ。イタリアでのキャリアは終わりに向かっているのかもしれない。 2018.02.21 01:00 Wed
twitterfacebook
thumb

リーグ戦9連勝のアッレグリ、CLにも自信「悲劇ではない。ロンドンへ勝ちに行く」

ユベントスの指揮官マッシミリアーノ・アッレグリが18日、トリノダービー終了後のインタビューで自信を見せた。<br><br>ユベントスは18日、セリエA第25節でトリノとのダービーに挑み、1-0で勝利。リーグ戦9連勝を飾ったアッレグリは充実感を口にした。<br><br>「このチームを指揮できて嬉しい。素晴らしい選手たちばかりだ。トッテナム戦を含め、すべての大会で勝ち残っている。ユーベは私が指揮した中で最強か? 1年目から、すでに強いチームを引き継いだ。その後、年とともに様相を変えていった」<br><br>続いてアッレグリは、13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦トッテナム戦のファーストレグを振り返り、3月7日に行われるセカンドレグに向けて強気の姿勢を見せた。<br><br>「技術的な面でミスが非常に目立ったが、決定機は我々の方が多かった。ロンドンでは、自分たちのプレーを見せられる、勝てると自信を持って乗り込むつもりだ。一応、繰り返すが、スパーズのようなチームに対し、2-2で引き分けたことは、悲劇とは思えない」<br><br>なおトリノ戦でケガから復帰した&ldquo;ホヤ(宝石)&rdquo;こと、FWパウロ・ディバラについても言及。「ディバラは良かったが、まだコンディションが上がっていない。最初から起用する場合、交代枠を1つ使ってしまうことになっただろう。他の選手同様に、彼には満足している」と語り、90分間プレーするには時期尚早だったことを明かした。<br><br>提供:goal.com 2018.02.19 18:15 Mon
twitterfacebook
thumb

キエッリーニが試合中に顔面パンチ…ベロッティを殴った行為で処分か

▽ユベントスのイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニに処分が下される可能性があるようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 ▽キエッリーニは、18日に行われたセリエA第25節のトリノとのダービーに先発出場。58分、プレスをかけた際、トリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティの顔面を殴っている行為が、映像で捉えられていた。 ▽審判団は、試合の報告書にはこの件を観ていなかったとしており、ビデオが証拠になるとのこと。しかし、キエッリーニの行為が意図的なものだったかどうかは、まだ分かっていない。 ▽セリエAでは、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が導入されているものの、このシーンには使用されず。イタリア『スカイ・スポーツ』のカメラがとらえたものであり、審判らが試合中には確認できなかったようだ。 ▽なお、試合は33分にアレックス・サンドロが決めたゴールで、0-1とユベントスが制していた。 2018.02.19 12:41 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース