ウィルシャーの復活を喜ぶヴェンゲル「キャリアの中で最高の状態」2017.09.29 15:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が、イングランド代表MFジャック・ウィルシャーのパフォーマンスを称賛した。イギリス『BBC』が伝えた。

▽アーセナルは、28日に行われたヨーロッパリーグ(EL)のBATEボリソフ戦で、4-2の勝利を収めた。その試合で、ウィルシャーはフル出場。序盤にFWセオ・ウォルコットの先制点をお膳立てするなど、活躍をみせた。

▽アーセナルの下部組織出身であり、若い頃から大きな期待を背負ってきたウィルシャーだったが、度重なる負傷により十分な活躍をみせることができず。それでも、BATEボリソフ戦では好調ぶりをアピール。ウィルシャーが17歳の頃にトップチームに抜擢するなど、同選手の才能を信じるヴェンゲル監督が、試合後に口を開いた。

「彼(ウィルシャー)は(試合の)最後まで戦う選手だ。状態をベストに戻しており、それを証明した。彼はこの歳にして、選手がノーマルに得られる、キャリアの中で最高の状態となった。立ち上がったんだ。度重なる負傷で歩みを止められていたに過ぎない」

「うまくすれば、私が祈った通り、彼はこれ以上他の問題を抱えることはない。そして、彼はより強くなった姿をみせるだろう。自身のフットボールを失っていないことを、再び示している」

コメント

関連ニュース

thumb

C・ロナウドが2年連続5度目の男子最優秀選手賞獲得! 各賞受賞者が決定!《ザ・ベストFIFAアワード2017》

▽国際サッカー連盟(FIFA)は23日、ロンドンでザ・ベストFIFAアワード2017を開催し、各賞受賞者を発表した。 ▽全世界200以上のメディア、FIFA加盟国の代表監督とキャプテン、ファンの投票によって、選出されるフットボール界で最も栄誉ある賞の1つである各賞。 ▽ザ・ベストFIFAアワードで最も注目を集めるFIFA男子最優秀選手賞には、FWリオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン)、FWネイマール(バルセロナ→PSG/ブラジル)という2大スターを退けたFWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー/ポルトガル)が選出された。 ▽所属するレアル・マドリーで5シーズンぶりのリーグ優勝や史上初のチャンピオンズリーグ(CL)連覇を達成したC・ロナウドは、個人記録としても史上初のCL5年連続得点王を獲得した。そして、今回の受賞最右翼に推されていたポルトガル代表FWは、2年連続5度目(FIFAバロンドール時代含む)の受賞を果たし、ライバルのメッシと並んで最多受賞者となった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171024_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、FIFA女子最優秀選手賞にはFWデイナ・カステジャノス(サンタ・クラリタ・ブルー・ハート→フロリダ・ステート・セミノールズ/ベネズエラ)、FWカーリ・ロイド(ヒューストン・ダッシュ→マンチェスター・シティ/アメリカ)を退けたMFレイケ・マルテンス(バルセロナ・フェメニーノ/オランダ)が初受賞を果たした。攻撃的MFのマルテンスは、女子ユーロ2017で開催国オランダの初優勝に貢献していた。なお、プレゼンターを務めたのは元日本代表MF中田英寿氏だったが、代表招集中のマルテンスは今回のセレモニーを欠席し、仲間の前で受賞を祝った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171024_2_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽FIFA男子最優秀監督賞は、セリエA6連覇を達成したマッシミリアーノ・アッレグリ監督(ユベントス/イタリア)、就任1年目でプレミアリーグ制覇に導いたアントニオ・コンテ監督(チェルシー/イタリア)とユベントスに所縁のあるイタリア人指揮官2人を退けたジネディーヌ・ジダン監督(レアル・マドリー/フランス)が初受賞を飾った。一昨季途中就任でレアル・マドリーのCL制覇に貢献したフランス人指揮官は、昨季史上初のCL連覇に加え、5年ぶりのリーガエスパニョーラ制覇に導く圧巻のシーズン2冠に導いていた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171024_2_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽FIFA女子最優秀監督賞は、女子ユーロ2017で開催国オランダを初優勝に導いたサリナ・ヴィーグマン監督が選出された。なお、今回欠席となったサリナ監督は、オランダ女子代表の選手たちの前でオランダサッカー界のレジェンド、マルコ・ファン・バステン氏からトロフィーを受け取り、ビデオメッセージで喜びのコメントを伝えた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171024_2_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽FIFA最優秀GK賞には、CL連覇に導いたケイロル・ナバス(レアル・マドリー/コスタリカ)、バイエルンとドイツ代表の絶対的守護神のマヌエル・ノイアー(バイエルン/ドイツ)の2選手を退けたジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス/イタリア)が通算4度目の受賞を果たした。サッカー界屈指のレジェンドGKは、ユベントスでセリエ6連覇、CL準優勝に貢献し、アッズーリでも相変わらずの健在ぶりを見せていた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171024_2_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、最優秀ゴール賞にあたるFIFAプスカシュ賞は、FWオリヴィエ・ジルー(アーセナル/フランス)が2017年1月1日のクリスタル・パレス戦で決めた圧巻のスコーピオンシュートが選ばれた。なお、プレゼンターにはかつてセレッソ大阪でプレーした元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランが務めていた。 ※最終候補3ゴール⇒ https://www.youtube.com/watch?v=5gpT4JF9hME ▽今回発表された各賞の受賞者は以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆FIFA男子最優秀選手賞</span> <span style="font-weight:700;">FWクリスティアーノ・ロナウド</span>(レアル・マドリー/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">◆FIFA女子最優秀選手賞</span> <span style="font-weight:700;">MFレイケ・マルテンス</span>(バルセロナ・フェメニーノ/オランダ) <span style="font-weight:700;">◆FIFA男子最優秀監督賞</span> <span style="font-weight:700;">ジネディーヌ・ジダン</span>(レアル・マドリー/フランス) <span style="font-weight:700;">◆FIFA女子最優秀監督賞</span> <span style="font-weight:700;">サリナ・ヴィーグマン</span>(オランダ代表/オランダ) <span style="font-weight:700;">◆FIFA最優秀GK賞</span> <span style="font-weight:700;">GKジャンルイジ・ブッフォン</span>(ユベントス/イタリア) <span style="font-weight:700;">◆FIFAプスカシュ賞</span> <span style="font-weight:700;">FWオリヴィエ・ジルー</span>(アーセナル/フランス) <span style="font-weight:700;">◆FIFAフェアプレー賞</span> <span style="font-weight:700;">FWフランシス・コネ</span>(スロヴァコ→ズブロヨフカ・ブルノ/トーゴ) <span style="font-weight:700;">◆FIFAファン賞</span> <span style="font-weight:700;">セルティック</span>(スコットランド) 2017.10.24 05:14 Tue
twitterfacebook
thumb

メルテザッカー「エジルは決定的な仕事をした」...今季初得点の同郷選手の活躍を喜ぶ

アーセナルのペア・メルテザッカーは、エバートン戦の勝利に貢献したメスト・エジルを称賛している。<br><br>22日に行われたプレミアリーグ第9節でアーセナルはエバートンと対戦。先制点を許したアーセナルだが、その後エジルの今シーズン初ゴールと初アシストなどの活躍もあり、5-2で逆転勝利を収めた。この勝利でリーグ戦5位に浮上している。<br><br>試合後、メルテザッカーは『スカイ・スポーツ』で「僕たちは良いスタートを切ったが、先制点を許してしまった。しかし、ゲームプラン通りに試合を運び、多くのチャンスを作り出した。ハーフタイムではもっと良いプレーをする必要があると話し合った。そして後半のメストのプレー、チャンスメイク、ゴールは決定的なものだった」とチームメイトを称えた。<br><br>1ゴール1アシストを記録したエジルは、この試合で初めてアレクサンドル・ラカゼットとともに先発で出場。ドイツ代表MFはフランス代表ストライカーとのプレーについて「僕たちはいつも一緒に練習し、お互いの能力を理解している。今日はピッチ上で最初から最後まで良いプレーができた。特にゴール前ではクオリティを見せられたと思う」と大きな手ごたえをつかんだようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.23 18:48 Mon
twitterfacebook
thumb

早くもリーグ戦5敗のクーマン「次に起こり得ることを理解している」進退は首脳陣次第

エバートンのロナルド・クーマン監督は、自身の進退を決めるのはクラブの首脳陣だと語っている。<br><br>22日に行われたプレミアリーグ第9節でエバートンはホームでアーセナルと対戦。ウェイン・ルーニーの得点で先制するも、68分にはイドリッサ・ゲイェが2枚目の警告を受けて退場に。数的不利に陥ったエバートンは、その後アーセナルの攻撃陣の前に屈し、2-5で敗れた。<br><br>アーセナル戦の逆転負けで今シーズン5敗目を喫したクーマン監督は『スカイ・スポーツ』で「我々はプレミアリーグの9試合を戦った。昨シーズンのトップ5との試合を終わらせたが、この順位はエバートンにとって良いものではない」と序盤に強豪との試合が重なったことが成績不振の理由と語った。<br><br>続けて「私は長年監督を務めているから、今後起こり得ることを理解している。しかし、遅すぎるとは決して思っていない。このチームの責任は私にあり、私は選手たちを、彼らの献身性を信用している。しかし、決定を下せるのは私ではない」と進退はクラブ首脳陣に次第と考えているようだ。<br><br>また試合について同指揮官は「もちろん試合結果には失望している。2-1の状況では、試合がどっちに転ぶかわからない。アーセナルは良いチームでチャンスを多く作り出していたが、2-1の状況では我々にも勝ち点を奪えるチャンスがあった」と言及。<br><br>「しかしゲイェの退場で難しくなった。アーセナルにスペースを与え、彼らにはそれを生かすだけのクオリティがある。この試合は良いスタートを切り、前半はすべてで戦えていて、(ジョーダン・)ピックフォードも多くのセーブを見せていたが、これがフットボールだ。能力の高い選手たちのいる彼ら相手に退場者を出せば、同等に戦えない」とゲイェの退場が試合の分岐点になったと嘆いている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.23 18:37 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル、エジルのユナイテッド行きの可能性を一蹴「間違ったニュース」

アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、MFメスト・エジルのマンチェスター・ユナイテッド行きに関するうわさを否定した。<br><br>今シーズン末で契約を満了するエジルは、今冬にユナイテッドへ向かうといううわさが立ち上がった。ヴェンゲルはすべての可能性がテーブルの上にあるとしながらも、ライバルクラブへの移籍については馬鹿げた話とエバートン戦後の記者会見で一蹴している。<br><br>「我々は間違ったニュースにも対処しないといけない環境にいる。今日の彼の働きを見れば、集中していることは明らかだし、試合を楽しんでいた。こういった類のうわさを信じることは難しい」<br><br>なお、エジルは22日のエバートン戦に先発出場し、1ゴール1アシストを記録している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.23 18:34 Mon
twitterfacebook
thumb

去就注目のエジル&サンチェスが今季初ゴール! 10人エバートンに完勝のアーセナルがヴェンゲルの68歳誕生日に白星捧げる!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第9節、エバートンvsアーセナルが22日にグディソン・パークで開催され、アウェイのアーセナルが5-2で快勝した。 ▽直近の公式戦4試合未勝利と今夏の大型補強も実らず、苦しい序盤戦となったエバートンは、指揮官クーマンが解任の可能性に言及するなど、苦境を迎える。公式戦5戦ぶりの勝利を目指す今節は1-2で競り負けたヨーロッパリーグ(EL)のリヨン戦を欠場したルーニー、これがプレミアリーグデビューとなる若手DFケニーを起用するなど、数名のメンバー変更を行った。 ▽前節、ワトフォード相手に試合終了間際の痛恨失点で逆転負けを喫したアーセナルだが、直近のELでは多くの主力を温存した中、ジルーのゴールで接戦を制してグループステージ3連勝を飾った。今回の一戦ではGKチェフを除くフィールドプレーヤー全員を入れ替え、エジルとサンチェス、ラカゼットの3トップが初共演を果たした。 ▽試合開催日の10月22日に68歳の誕生日を迎えた指揮官ヴェンゲルに白星をプレゼントするため、立ち上がりからエンジン全開のアーセナルは、開始3分にラムジー、5分にコラシナツ、ラカゼットと続けてフィニッシュに持ち込むなど、敵地で積極的な入りを見せる。 ▽一方、難敵相手にホームで勝ち切りたいエバートンは、今月24日に32歳のバースデーを迎えるエースがいきなり魅せる。12分、高い位置で相手のビルドアップにプレッシャーをかけると、ジャカからグイエがボールを奪い、ボックス手前中央のルーニーにシュートチャンスが訪れると、右足の見事なミドルシュートをゴール左隅に突き刺し、プレバースデーゴールを決めた。 ▽敵地で厳しいスタートとなったアーセナルだが、その後はサンチェスの積極的な仕掛けや両ウイングバックの攻撃参加を活かし、サイドと中央をバランス良く使った厚みのある仕掛けを見せる。16分にはサンチェス、ラムジーの連続シュートに始まり、その後もボックス付近での細かい連携からサンチェスやラカゼットがGKとの一対一のチャンスを得るが、相手GKピックフォードの牙城をあと一歩で破れない。 ▽それでも、ホームチームを押し込み続けるアーセナルは40分、ボックス付近での波状攻撃からジャカが強烈なミドルシュートを放つと、これをGKピックフォードが前にこぼす。ルーズボールにいち早く反応したモンレアルのシュートはピックフォードに触られるも、そのままニアサイドに吸い込まれた。 ▽1-1のイーブンで折り返した中、エバートンは前半にカードをもらっていたうえ、際どい対応が目立っていたウィリアムズを下げてハーフタイム明けにトム・デイビスを投入。この交代でシステムを4バックに変更した。 ▽一方、前半終盤に追いついた勢いを後半も継続するアーセナルは、今後の去就が注目される2大エースが仕事を果たす。53分、左サイド深くに流れてパスを受けたサンチェスが絶妙なインスウィングのクロスをゴール前に供給すると、これをゴール前に走り込んだエジルが頭で流し込み、今季初ゴールを記録した。 ▽後半早い時間帯に試合を引っくり返したアーセナルは、その後も試合をきっちりコントロール。すると69分には前半にカードをもらっていたグイエがやや軽率なファウルで2枚目の警告をもらい退場に。アーセナルはリードに加えて、数的優位まで手にする。 ▽この退場をキッカケに完全に試合を掌握したアウェイチームは74分、ラムジーのワンタッチパスに抜け出した右サイドのエジルが丁寧に中央へ折り返すと、これをラカゼットが冷静に流し込み、3点目を奪取。その後、77分にそのラカゼットを下げて今季リーグ初出場のウィルシャーをピッチに送り出すと、90分にはウィルシャーのアシストからラムジーが決定的な4点目を奪う。 ▽その後、93分にはDFモンレアルとGKチェフの連係ミスから1人少ないエバートンのニアッセにゴールをプレゼントしてしまうが、95分にはボックス手前左でラムジーからパスを受けたサンチェスが右にドリブルで運びながら腰のキレを生かした右足のシュートを左隅に流し込み、エジルに続いて今季リーグ戦初ゴールを奪った。そして、10人のエバートンに完勝したアーセナルが、指揮官の68歳のバースデーに白星をプレゼントした。 2017.10.22 23:40 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース