延長ラッシュのレアル・マドリー、新鋭アセンシオとも新契約にサイン2017.09.29 11:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーは28日、スペイン代表MFマルコ・アセンシオ(21)との契約延長に合意したことを発表した。新契約期間は2023年6月までとのことだ。

▽アセンシオは2014年にマジョルカから390万ユーロ(約5億1700万円)で加入。その後、エスパニョールへのレンタル移籍を経て、レアル・マドリーに復帰していた。

▽レアル・マドリーの次代を担う新鋭は、昨シーズンの公式戦で38試合に出場し10ゴール4アシストをマーク。今シーズンもここまで公式戦10試合で4ゴール1アシストを記録している。

▽レアル・マドリーは最近、DFマルセロ、MFイスコ、FWカリム・ベンゼマ、DFダニエル・カルバハル、MFマルコス・ジョレンテ、DFラファエル・ヴァランとも契約を延長。アセンシオは7人目の契約延長合意者となった。

コメント

関連ニュース

thumb

C・ロナウドを祝福するネイマール「おめでとう。彼は受賞に相応しい」

▽パリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表FWネイマールがザ・ベストFIFAアワード2017のFIFA男子最優秀選手賞を受賞したレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを祝福した。イギリス『FourFourTwo』が伝えた。 ▽FIFA男子最優秀選手賞受賞を狙ったネイマールは、C・ロナウド、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに次ぐ3番手にノミネートされた。25歳のブラジル人アタッカーは、2年連続5度目の栄冠に輝いたC・ロナウドについて次のように言及。「同じグループにいれることが嬉しい」とリスペクトの姿勢を示した。 「クリスティアーノ、おめでとう。彼は受賞に相応しいし、勝ち取るだけの理由がある」 「彼は歴史を築いてきた。リスペクトされないとね」 「彼らとトロフィーを争い、同じグループにいれることを嬉しく思う」 2017.10.24 13:10 Tue
twitterfacebook
thumb

エイバル乾貴士、レアル・マドリーは「やっぱり強かった」

▽エイバルに所属する日本代表MF乾貴士がレアル・マドリー戦を振り返った。 ▽エイバルが22日、リーガエスパニョーラ第9節でレアル・マドリーと対戦した。見慣れないFWの一角で先発した乾は、売りの切れ味鋭いドリブルを披露。だが、チームは0-3と完敗した。 ▽日本が誇るドリブラーは、23日に更新した自身のツイッター(@takashi73784537)でレアル・マドリー戦を次のように回想した。 「レアル戦! 3-0で負けました。やっぱり強かった。自分自身は新しいポジションにも挑戦しながらやってます。まだまだですが、レアルの攻撃陣のアイデアとかはほんまに参考になるし、そういう相手とやれた事をプラスに変えていきたいです! 頑張ろう!! またすぐ試合や!!」 2017.10.24 11:15 Tue
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド「メッシとの争いはまだ終わってない。始まったばかり」

▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがバルセロナでプレーするアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとのライバル関係について言及した。イギリス『FourFourTwo』が伝えた。 ▽C・ロナウドは23日、ザ・ベストFIFAアワード2017のFIFA男子最優秀選手賞を受賞。2年連続5度目の受賞となり、レアル・マドリーとバルセロナという2大クラブのエースとして凌ぎを削るメッシと受賞回数で並んだ。受賞式後、栄冠に輝いた現在の心境を次のように告白している。 「レオ(メッシの愛称)と争わない。彼は同じ時代でプレーする選手。彼は5回受賞し、僕も5回目の栄冠を手にした。世界最高の個人タイトルをね」 「前も言ったけど、ここ数年間の僕は世界最高のクラブにいて、非常に高いレベルにいることを証明するチャンスがあった。フィジカルの状態も良い」 「何が起こるのかなんて予想できないから静かにしていた。次に何が起こるかもわからないわけだから、この素敵な人生の今を楽しまなくちゃね」 ▽最後に、選手として節目となる30歳の誕生日を迎えたメッシとの今後におけるライバル関係について問われると、「まだ終わっちゃいない。始まったばかり」とひと言。今後も2人のリーダーによる絶対統制に意欲を漲らせた。 2017.10.24 09:15 Tue
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが2年連続5度目の男子最優秀選手賞獲得! 各賞受賞者が決定!《ザ・ベストFIFAアワード2017》

▽国際サッカー連盟(FIFA)は23日、ロンドンでザ・ベストFIFAアワード2017を開催し、各賞受賞者を発表した。 ▽全世界200以上のメディア、FIFA加盟国の代表監督とキャプテン、ファンの投票によって、選出されるフットボール界で最も栄誉ある賞の1つである各賞。 ▽ザ・ベストFIFAアワードで最も注目を集めるFIFA男子最優秀選手賞には、FWリオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン)、FWネイマール(バルセロナ→PSG/ブラジル)という2大スターを退けたFWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー/ポルトガル)が選出された。 ▽所属するレアル・マドリーで5シーズンぶりのリーグ優勝や史上初のチャンピオンズリーグ(CL)連覇を達成したC・ロナウドは、個人記録としても史上初のCL5年連続得点王を獲得した。そして、今回の受賞最右翼に推されていたポルトガル代表FWは、2年連続5度目(FIFAバロンドール時代含む)の受賞を果たし、ライバルのメッシと並んで最多受賞者となった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171024_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、FIFA女子最優秀選手賞にはFWデイナ・カステジャノス(サンタ・クラリタ・ブルー・ハート→フロリダ・ステート・セミノールズ/ベネズエラ)、FWカーリ・ロイド(ヒューストン・ダッシュ→マンチェスター・シティ/アメリカ)を退けたMFレイケ・マルテンス(バルセロナ・フェメニーノ/オランダ)が初受賞を果たした。攻撃的MFのマルテンスは、女子ユーロ2017で開催国オランダの初優勝に貢献していた。なお、プレゼンターを務めたのは元日本代表MF中田英寿氏だったが、代表招集中のマルテンスは今回のセレモニーを欠席し、仲間の前で受賞を祝った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171024_2_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽FIFA男子最優秀監督賞は、セリエA6連覇を達成したマッシミリアーノ・アッレグリ監督(ユベントス/イタリア)、就任1年目でプレミアリーグ制覇に導いたアントニオ・コンテ監督(チェルシー/イタリア)とユベントスに所縁のあるイタリア人指揮官2人を退けたジネディーヌ・ジダン監督(レアル・マドリー/フランス)が初受賞を飾った。一昨季途中就任でレアル・マドリーのCL制覇に貢献したフランス人指揮官は、昨季史上初のCL連覇に加え、5年ぶりのリーガエスパニョーラ制覇に導く圧巻のシーズン2冠に導いていた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171024_2_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽FIFA女子最優秀監督賞は、女子ユーロ2017で開催国オランダを初優勝に導いたサリナ・ヴィーグマン監督が選出された。なお、今回欠席となったサリナ監督は、オランダ女子代表の選手たちの前でオランダサッカー界のレジェンド、マルコ・ファン・バステン氏からトロフィーを受け取り、ビデオメッセージで喜びのコメントを伝えた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171024_2_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽FIFA最優秀GK賞には、CL連覇に導いたケイロル・ナバス(レアル・マドリー/コスタリカ)、バイエルンとドイツ代表の絶対的守護神のマヌエル・ノイアー(バイエルン/ドイツ)の2選手を退けたジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス/イタリア)が通算4度目の受賞を果たした。サッカー界屈指のレジェンドGKは、ユベントスでセリエ6連覇、CL準優勝に貢献し、アッズーリでも相変わらずの健在ぶりを見せていた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171024_2_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、最優秀ゴール賞にあたるFIFAプスカシュ賞は、FWオリヴィエ・ジルー(アーセナル/フランス)が2017年1月1日のクリスタル・パレス戦で決めた圧巻のスコーピオンシュートが選ばれた。なお、プレゼンターにはかつてセレッソ大阪でプレーした元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランが務めていた。 ※最終候補3ゴール⇒ https://www.youtube.com/watch?v=5gpT4JF9hME ▽今回発表された各賞の受賞者は以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆FIFA男子最優秀選手賞</span> <span style="font-weight:700;">FWクリスティアーノ・ロナウド</span>(レアル・マドリー/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">◆FIFA女子最優秀選手賞</span> <span style="font-weight:700;">MFレイケ・マルテンス</span>(バルセロナ・フェメニーノ/オランダ) <span style="font-weight:700;">◆FIFA男子最優秀監督賞</span> <span style="font-weight:700;">ジネディーヌ・ジダン</span>(レアル・マドリー/フランス) <span style="font-weight:700;">◆FIFA女子最優秀監督賞</span> <span style="font-weight:700;">サリナ・ヴィーグマン</span>(オランダ代表/オランダ) <span style="font-weight:700;">◆FIFA最優秀GK賞</span> <span style="font-weight:700;">GKジャンルイジ・ブッフォン</span>(ユベントス/イタリア) <span style="font-weight:700;">◆FIFAプスカシュ賞</span> <span style="font-weight:700;">FWオリヴィエ・ジルー</span>(アーセナル/フランス) <span style="font-weight:700;">◆FIFAフェアプレー賞</span> <span style="font-weight:700;">FWフランシス・コネ</span>(スロヴァコ→ズブロヨフカ・ブルノ/トーゴ) <span style="font-weight:700;">◆FIFAファン賞</span> <span style="font-weight:700;">セルティック</span>(スコットランド) 2017.10.24 05:14 Tue
twitterfacebook
thumb

2017年サッカー界最強の11人が決定! レアル・マドリーから最多5人が選出《ザ・ベストFIFAアワード2017》

▽国際サッカー連盟(FIFA)は23日、ロンドンでザ・ベストFIFAアワード2017を開催し、各賞受賞者を発表した。 ▽FIFAと国際プロサッカー選手会(FIFPro)が共同で選出する2017年FIFA/FIFProベストイレブンには、FIFA男子最優秀選手賞を獲得したFWクリスティアーノ・ロナウドを始め、史上初のチャンピオンズリーグ(CL)連覇を含むシーズン2冠のレアル・マドリーから最多5人が選出された。 ▽CLを制したレアル・マドリーが採用する[4-3-3]のフォーメーションに合わせて選出された今回のベストイレブンでは、FIFA最優秀GK賞を獲得したジャンルイジ・ブッフォンが選出されている。 ▽4バックには、白い巨人の最終ラインを支えるセルヒオ・ラモスとマルセロの重鎮コンビに加え、昨季ユベントスで活躍し、今夏パリ・サンジェルマン(PSG)、ミランに新天地を求めたダニエウ・アウベス、レオナルド・ボヌッチの2選手が選出された。 ▽中盤ではリーガ2強にして世界最高峰の中盤を取り仕切るアンドレス・イニエスタ、ルカ・モドリッチ、トニ・クロースの名手3選手が選ばれた。 ▽また、3トップにはFIFA男子最優秀選手賞の最終候補3人に選出されたC・ロナウド、リオネル・メッシ、ネイマールが入った。。2017年のFIFA/FIFProベストイレブンは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆FIFA/FIFProベストイレブン</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171024_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ジャンルイジ・ブッフォン</span>(ユベントス/イタリア) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ダニエウ・アウベス</span>(ユベントス→PSG/ブラジル) <span style="font-weight:700;">セルヒオ・ラモス</span>(レアル・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">レオナルド・ボヌッチ</span>(ユベントス→ミラン/イタリア) <span style="font-weight:700;">マルセロ</span>(レアル・マドリー/ブラジル) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">トニ・クロース</span>(レアル・マドリー/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ルカ・モドリッチ</span>(レアル・マドリー/クロアチア) <span style="font-weight:700;">アンドレス・イニエスタ</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">リオネル・メッシ</span>(バルセロナ/アルゼンチン) <span style="font-weight:700;">クリスティアーノ・ロナウド</span>(レアル・マドリー/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">ネイマール</span>(バルセロナ→PSG/ブラジル) 2017.10.24 05:06 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース