アンチェロッティ解任理由はやはり…バイエルン会長が内情を暴露2017.09.29 08:24 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンのウリ・ヘーネス会長が、カルロ・アンチェロッティ監督を解任した内情を暴露した。スペイン『マルカ』た報じている。

▽バイエルンは28日、カルロ・アンチェロッティ監督の解任を発表した。前日の27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマン戦で0-3と完敗。これが要因となり、カール・ハインツ・ルンメニゲCEOは「著しくないパフォーマンスだった」と明かしている。

▽しかし、一部報道では主力選手との間に溝ができていたとも報じられていた。そのため、PSG戦の結果だけが解任の理由ではないのではないかとも言われている。

▽そんな中、ウリ・ヘーネス会長は、この報道を認める発言をしている。

「カルロには、彼に反対した5人の選手がいた。すでにどうにもならないまでの状態になっていたんだ。起用法の部分で問題を抱えていたようだ。このことから私は、『もっとも危険な敵は身近にいる』という格言を学んだよ。だから我々はチームを変えなければいけなくなったのだ」

▽なお、ウリ・ヘーネス会長は不満を抱えていた5選手の名前は明かしていないものの、一部メディアはトーマス・ミュラー、アリエン・ロッベン、フランク・リベリ、マッツ・フンメルス、ジェローム・ボアテングらではないかと推測している。

コメント

関連ニュース

thumb

バイエルンCEO、決戦を前に意気込む「レアル・マドリーを倒せるチームがあるとすれば、それは我々だ」

バイエルン・ミュンヘンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOが、決戦を前に自信をのぞかせている。<br><br>バイエルンはチャンピオンズリーグ準決勝でレアル・マドリーと対戦する。昨季は準々決勝でマドリーに敗れているバイエルンだが、今季は雪辱を期して意気込んでいる。<br><br>ルンメニゲCEOは「レアル・マドリーに勝つためには、偉大な試合を2度演じなければいけない。だが、彼らを倒せるチームとすれば、それはバイエルンだ」とのマドリーとの一戦について語った。<br><br>また、ルンメニゲCEOはユップ・ハインケス監督を称賛している。<br><br>「このチームには、個の能力に秀でた選手がたくさんいる。ユップは、素晴らしい形でそのパズルを組み立ててくれた。今のチームに、嫉妬やエゴイズムは存在しない。大いなるチームスピリットに支えている」<br><br>一方、バイエルンMFトーマス・ミュラーは精神面の重要性を指摘した。<br><br>「僕たちは最高にハングリーな状態だ。とても貪欲になっている。まだやるべきことが残されている。ここまではブンデスリーガのタイトルを獲得しただけ。ただ、この前のレバークーゼン戦なんかはファンのハートをつかんだかもしれないね。ドイツサッカーの宣伝になるような試合だった」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 23:56 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンOBがC・ロナウドに懇願?「本来であれば違いをつくる選手だが...」

元バイエルン・ミュンヘンのローター・マテウス氏が、レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドにあるお願いをしている。<br><br>バイエルンはチャンピオンズリーグ(CL)準決勝でレアル・マドリーと対戦する。この試合で、バイエルンが注意すべきは今季のCLで15得点を挙げて得点ランク首位に立つC・ロナウドだ。<br><br>マテウス氏は、決戦を前に次のように話している。スペイン『EFE通信』がコメントを伝えた。<br><br>「バイエルンには偉大な選手が揃っているし、大きなスピリットがある。だがレアル・マドリーは素晴らしいチームだ。それだけではない。ロナウドという違いをつくる選手がいる。ただ、バイエルン戦では違いをつくらないでほしいね」<br><br>「レアル・マドリーがバイエルンより優れているとは言えないだろう。両チームともに、フットボールで歴史を築いてきた。最終的にはチームスピリットが結果を左右するかもしれないね」<br><br>マドリーは準々決勝で&rdquo;疑惑のPK&rdquo;により、ユベントスを下している。マテウス氏は一連の騒動にも触れた。<br><br>「あのPKは、吹く審判もいれば、吹かない審判もいるだろう。チャンピオンズリーグの準々決勝、準決勝、決勝というのは、ディテールで決まってしまう。フットボールは不条理なんだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 13:50 Thu
twitterfacebook
thumb

懸念材料はバイエルンの重圧...判定めぐる過熱報道を危惧するレアル・マドリー

レアル・マドリーは、ビッグマッチで正当な判定が下されるかどうかを気にかけているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。<br><br>チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でユベントスを下して準決勝進出を決めたマドリーだが、第2戦で終了間際にMFルーカス・バスケスが相手DFベナティアに倒されて獲得したPK(クリスティアーノ・ロナウドが得点)が物議を醸した。ジネディーヌ・ジダン監督が「『試合の盗難』を話題にされていることに憤りを感じる」と語れば、MFイスコは「同じ職業において、ふたつの基準がある。恥ずべきことだ」と、ルーカス・バスケスは「アンチ・マドリディスモがあると感じて得要る。あのPKが、イタリアよりスペイン国内で議論されているんだ。マドリーが8年連続で準決勝進出を決めたから、嫉妬しているんだよ」と指揮官に同調した。<br><br>17日付の『マルカ』紙面は「レアル・マドリーが試合の盗難を懸念している」と一面トップで報じた。翌日の紙面ではその続報として、CL準決勝で対戦するバイエルンがこの過熱報道を利用することを予想。ウリ・ヘーネス会長やカール=ハインツ・ルンメニゲCEOが試合前に判定について何らかの意見を述べるだろうとつづっている。<br><br>マドリーとバイエルンは昨季CL準々決勝で激突している。その際にも判定が議論を呼んだ。第2戦の延長戦まで持つれ込んだ一戦は、結果マドリーが2試合合計スコア6-3で勝利を収めている。しかし第2戦の試合では、ハンガリー人主審ビクトール・カサイのジャッジが波紋を呼んだ。バイエルン側はMFアルトゥーロ・ビダルへの2枚目のイエローカード、延長戦突入後のマドリーの2得点がオフサイドポジションから生み出されたものとして、レフェリングに不服を唱えていた。<br><br>一方でマドリーは現在、UEFAの審判団決定を冷静に待つ構えを示している。この一連の騒動が8年連続CL準決勝進出によって生み出されたものだとの自覚があり、UEFAが強いパーソナリティーを備えたエキスパートを選任することを望んでいるとされている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

コバチ体制となるバイエルン、OBがさらに集結?クローゼ、ショルの入閣を検討か

バイエルン・ミュンヘンは先日、現フランクフルト指揮官のニコ・コバチ監督を次期監督として迎えることを発表した。バイエルンの元選手であるコバチ監督に続いて、元ドイツ代表のミロスラフ・クローゼ氏やメーメット・ショル氏といったクラブのOBたちも下部組織のコーチとして戻ってくることになるかもしれない。<br><br>自身もOBであるハサン・サリハミジッチSD(スポーツディレクター)は17日に行われたレバークーゼンとのDFBポカール準決勝後、クローゼ氏をバイエルンに連れ戻す考えを示唆。現在ドイツ代表のスタッフの一員であり、DFB(ドイツサッカー連盟)の下で指導者ライセンス取得を努める同氏をU-17チームのコーチとして迎えるにあたって、「いい話し合いができている」と明かしている。<br><br>またドイツ誌『シュポルト・ビルト』によると、バイエルンは過去にも2軍を率いたショル氏に再び同チームの指揮を託すかもしれないという。ウリ・ヘーネス会長は現在『ARD』のコメンテーターを務める同氏の復帰を検討中だと伝えられている。<br><br>ヘーネス会長もカール=ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営者)も現役時代はバイエルンで活躍した元選手たちだ。首脳陣はともかく、今後は下部組織の各チームもOBたちが担当することになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.18 22:58 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルン次期監督内定のコバチ、オファー当日前の接触を否定「決断を下したのは…」

フランクフルトを率いるニコ・コバチ監督は先日、バイエルンの次期監督に内定した。バイエルンとの接触について、同監督がドイツメディアに対して説明している。<br><br>ドイツ紙『ビルト』は12日に、コバチ監督のバイエルン行きの可能性が急浮上したことを初めて報道。続いてサッカー誌『キッカー』は、バイエルンがコバチ監督とフランクフルトとの契約に盛り込まれていた220万ユーロ程度に設定されている契約解除条項を行使する見通しだと報じた。また、13日にはバイエルンが声明で一連の報道が事実であることを認め、コバチ監督が今夏に引退するユップ・ハインケス監督の後任になることを発表している。<br><br>同日に開かれたフランクフルトの会見で、コバチ監督は「1週間前の段階でバイエルンと接触はないと話した。ところが昨日すべてが変わったんだ」とオファーを受けた経緯について言及した。つまり、12日にバイエルンから来季から監督を務めるオファーが届き、話がその日のうちにまとまったとのことだが、現地では「以前から話していたのでは」とその信憑性に疑問符が投げかけられ、現地では周囲から批判が集まっている。<br><br>だが、コバチ監督は次のように説明。ドイツ紙『ビルト』など複数メディアが伝えている。<br><br>「フランクフルトと2016年12月に契約を延長した際、チャンピオンズリーグ・クラブからオファーが届いた場合、そのクラブに向かうことを可能とする(契約解除)条項を盛り込めてもらった」<br><br>「サッカーでは予期できないことが起き得ることを知っているからだ。それに自分はチームとの仕事を通じて、ビッグクラブが興味を持ってくれるようになり得ると確信していた。バイエルンに行く決断は1日で下したのではなく、当時あの契約にサインしたときに下したのだ」<br><br>「私のことを知る人は、私はバイエルンを率いることを目標にしていることを知っていただろう」とも明かす同監督。バイエルン幹部と前々から接触があったとの非難に対し、「ミュンヘンからのシグナルはあったが、直接バイエルンによるものではなかった」あらためて否定した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.18 21:48 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース