原口不出場のヘルタ、PKの一発に泣いて敗戦《EL》2017.09.29 03:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ヘルタ・ベルリンは28日、ヨーロッパリーグ(EL)グループJ第2節でエステルンドとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。ヘルタのMF原口元気はベンチ入りも出場機会はなかった。

▽開幕節のビルバオ戦を0-0と引き分けたヘルタが、ゾリャに2-0と勝利したエステルンドのホームに乗り込んだ一戦。

▽原口を引き続きベンチスタートとしたヘルタが立ち上がりからボールを保持すると、13分に決定機。右クロスをファーサイドのラザロがヘディングシュート。しかし、GKの好守に阻まれ、ルーズボールをイビセビッチが押し込むも、相手DFにゴールライン前で好ブロックに遭った。

▽すると22分、ヘルタはPKを献上してしまう。トルナリガがボックス内でハンドを犯してしまった。このPKをヌーリに決められ、先制された。

▽失点後もボールを保持したものの、目立ったチャンスを作れなかったヘルタは1点ビハインドのまま前半を終えた。

▽迎えた後半、ゴールが遠いヘルタは、62分にダリダを、65分にドゥダを立て続けに投入していく。

▽しかし、終盤にかけては押し込み続けるものの、ピンチを迎えるなどペースを握れないまま0-1で敗戦。1分け1敗スタートとなっている。

コメント

関連ニュース

thumb

R・シルバ移籍でヘルタFW原口元気が浦和復帰も? イングランド、ドイツのクラブも獲得に興味

▽今冬の移籍の可能性が報じられているヘルタ・ベルリンの日本代表FW原口元気(26)だが、ここに来て古巣の浦和レッズも獲得に動いているようだ。ドイツ『キッカー』が報じた。 ▽今シーズン終了後にヘルタ・ベルリンとの契約が満了を迎える原口は、昨夏トランスファーリクエストをクラブに提出。しかし、移籍先が決定せずにチームに残るも、パル・ダルダイ監督の構想外となり、今シーズンはブンデスリーガで7試合、ヨーロッパリーグで3試合の出場に留まっている。 ▽原口は、19日に行われたドルトムント戦でもメンバー外となっており、6月に行われるロシア・ワールドカップへ向けて出場機会を得るため、今冬の移籍の可能性が噂されている。原口には、イングランドの2クラブやブンデスリーガのクラブも興味を持っている中、浦和も手を挙げているようだ。 ▽浦和は、昨シーズン加入したブラジル人FWラファエル・シルバが中国2部の武漢卓爾職業足球倶楽部への移籍が決定的となっており、AFCチャンピオンズリーグやJリーグで活躍したストライカーを失うこととなる。ラファエル・シルバの移籍金は700万ユーロ(約9億4700万円)とになると言われている。 ▽原口は50万ユーロ(約6800万円)で2014年にヘルタ・ベルリンへと加入。今なお高い評価をしている古巣に移籍する可能性もあるが、どのような決断を下すだろうか。 2018.01.20 12:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、香川同点弾も原口ベンチ外のヘルタにドローで2戦連続引き分け《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第19節、ヘルタ・ベルリンvsドルトムントが19日に行われ、1-1で引き分けた。ヘルタのMF原口元気はベンチ入りせず、ドルトムントのMF香川真司はフル出場している。 ▽ドルトムント(勝ち点29)は新年初戦となった前節ヴォルフスブルク戦を決め手を欠いてゴールレスドローに終わり、4位に後退した。そのドルトムントはアーセナルへの移籍が噂されるオーバメヤンが規律違反を犯した前節に続いて欠場となり、代役にはシュールレが入った。そして、リーグ戦5試合連続スタメンとなった香川は[4-3-3]の右インサイドで起用された。 ▽原口が引き続きベンチ外となった11位ヘルタ・ベルリン(勝ち点24)に対し、ドルトムントがポゼッションしていくと、14分にプリシッチの右クロスを香川がヘディングシュート。しかし、ミートしきれずシュートは枠を捉えなかった。 ▽自陣に引いて集中した守備を続けるヘルタはセットプレーに活路を見いだす。まずは30分、左サイド高い位置で得たFKをラザロが直接狙うも、わずかに枠の左に外れる。続く33分には左CKからシュタルクが可能性のあるヘディングシュートを浴びせた。 ▽ハーフタイムにかけてもドルトムントがボールを持ったものの、ヘルタの守備網を攻略するには至らず、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半開始1分、ヘルタが先制する。右サイドを味方とのワンツーで打開したラザロのクロスをファーサイドのゼルケが左足で押し込んだ。 ▽出鼻を挫かれたドルトムントはヘルタを押し込む流れとすると、56分にボックス右からプリシッチがオンターゲットのシュートを浴びせる。しかし、GKクラフトにセーブされた。さらに59分、左サイドのトルヤンのクロスを香川がボレーで合わせるも、ミートしきれない。 ▽すると62分、カルーのラストパスに反応したヴァイザーがネットを揺らしたが、オフサイドに阻まれ、ヘルタは追加点を奪えない。 ▽助かったドルトムントはゲッツェに代えてイサクを投入。すると71分、ボックス左深くで粘ったサンチョの丁寧なクロスをゴール前の香川がヘディングで押し込み、ドルトムントが同点とした。 ▽香川のリーグ戦4ゴール目で試合を振り出しに戻したドルトムントが終盤にかけても攻勢に出ると85分、トルヤンのボレーシュートが枠を捉えたが、GKクラフトの好守に阻まれ1-1で試合終了。香川が同点弾を決めたものの、オーバメヤンを欠いた影響が響き、2戦連続ドローに終わっている。 2018.01.20 06:32 Sat
twitterfacebook
thumb

原口元気に浦和への復帰話が浮上…R・シルバの穴埋め役としてヘルタ退団も?

浦和のラファエル・シルバが、中国リーグ武漢卓爾からのオファーを受け、退団することが確実となった。クラブの強化部長、山道守彦氏も同選手の去就について「このタイミングというのは急でしたし驚きもありました」という見解を、クラブ公式メディアを通して明らかにしている。<br><br>この動きを受け「ヘルタ・ベルリンで構想外となっている原口元気が、浦和レッズに復帰する可能性がある」とドイツ『transfermarkt』で話題になっている。<br><br>原口はこれまでヘルタ・ベルリンで主力の一人として活躍していたが、契約延長交渉を拒否したとされ、今シーズンは構想外となっていた。浦和もラファエル・シルバが退団確実の状況となり、原口に関心を寄せていると見られる。<br><br>浦和で評価を高め、14-15シーズンからヘルタ・ベルリンでプレーしている原口は、ヘルタと2018年6月まで契約を結んでいる。ロシア・ワールドカップのメンバー入りに向け、出場機会が必須となる後半戦はどのユニフォームを着用するのか。果たしてヘルタに残留するのか、それとも浦和復帰を選択するのか。決断の時は間もなくやってくることになりそうだ。<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.19 10:42 Fri
twitterfacebook
thumb

去就不透明の原口元気、ヘルタと契約延長する可能性も?地元紙「移籍金が発生しなければ…」

日本代表FW原口元気は、ヘルタ・ベルリンとの契約を延長する可能性を残しているようだ。地元紙『BZ』が報じている。<br><br>昨年の春先にヘルタから提示された契約延長オファーに断りを入れ、夏の移籍を目指していた原口。だが、ヘルタがオーストリア代表FWマッシュー・レッキーやオーストリア代表MFヴァレンティーノ・ラザロといった同じポジションでプレーする戦力を獲得した一方で、原口の移籍は実現せず、今シーズンに入ってからヘルタでの状況がますます厳くなっていた。<br><br>そして、先日には原口と同様、ヘルタと今年夏までの契約を結んでいたスイス代表MFヴァレンティン・シュトッカーがヘルタからバーゼルへと復帰している。ヘルタはバーゼルに対して、移籍金を求めなかったと伝えられている。一方、この1月の放出が最有力と見られていた原口だが、未だに移籍先が見つかっていない。<br><br>だが『BZ』によると、ヘルタは原口に関してはフリーでの移籍は認めないという。「(移籍市場が終了する)1月31日までに移籍金が発生する移籍が実現しなければ、彼は残ることになる。その場合、日本人選手が昨年断っていた契約延長となることすら考えられる。ヘルタは彼をサブとして役立つと考えているようだ」との見解が述べられている。<br><br>ヘルタのミヒャエル・プレーツSD(スポーツ・ディレクター)は先日、原口の去就について「必ずしも選手を手放すことを目指しているわけではない」と言及していた。実際に、今夏以降もヘルタに残る可能性があるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.16 23:07 Tue
twitterfacebook
thumb

今季で契約満了のヘルタFW原口元気が今冬にも移籍実現か…チーム関係者は「1月末まで時間がある」とコメント

▽ヘルタ・ベルリンの日本代表FW原口元気(26)が、今冬にも移籍する可能性があるようだ。ドイツ『ベルリナー・クリエール』が伝えた。 ▽原口は、今シーズン開幕前にもステップアップを目指して移籍の可能性があると報じられていたものの、結局はヘルタ・ベルリンに残留。その影響もあってか、今シーズンは構想外となり、ブンデスリーガで7試合、ヨーロッパリーグで3試合、DFBポカールで1試合の出場に留まっており、ゴールは記録していない。 ▽ヘルタ・ベルリンは、今冬に構想外であったスイス代表MFヴァレンティン・シュトッカーをバーゼルへと放出。チームのマネージャーを務めるミヒャエル・プレーツ氏が、原口についても言及した。 「ヴァレンティンとゲンキは、自身の役割とプレー時間に満足していないことは知られていることだ。ヴァレンティンに対しては、良い解決策を見出せた」 「ゲンキには、1月末まで時間がある。彼や我々との繋がりがあるならば、その状況に対処する。ドアは閉じていない」 「もちろん、ここ(ヘルタ・ベルリン)にも時間はある。彼がここで再びパフォーマンスを見せることは決して禁じられたものではない」 ▽原口とヘルタ・ベルリンの契約は今シーズン終了までとなっている。かつてはプレミアリーグへの移籍を希望していた原口だが、新天地に旅立つのだろうか。 2018.01.12 11:00 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース