原口不出場のヘルタ、PKの一発に泣いて敗戦《EL》2017.09.29 03:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ヘルタ・ベルリンは28日、ヨーロッパリーグ(EL)グループJ第2節でエステルンドとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。ヘルタのMF原口元気はベンチ入りも出場機会はなかった。

▽開幕節のビルバオ戦を0-0と引き分けたヘルタが、ゾリャに2-0と勝利したエステルンドのホームに乗り込んだ一戦。

▽原口を引き続きベンチスタートとしたヘルタが立ち上がりからボールを保持すると、13分に決定機。右クロスをファーサイドのラザロがヘディングシュート。しかし、GKの好守に阻まれ、ルーズボールをイビセビッチが押し込むも、相手DFにゴールライン前で好ブロックに遭った。

▽すると22分、ヘルタはPKを献上してしまう。トルナリガがボックス内でハンドを犯してしまった。このPKをヌーリに決められ、先制された。

▽失点後もボールを保持したものの、目立ったチャンスを作れなかったヘルタは1点ビハインドのまま前半を終えた。

▽迎えた後半、ゴールが遠いヘルタは、62分にダリダを、65分にドゥダを立て続けに投入していく。

▽しかし、終盤にかけては押し込み続けるものの、ピンチを迎えるなどペースを握れないまま0-1で敗戦。1分け1敗スタートとなっている。

コメント

関連ニュース

thumb

低調ヘルタが公式戦5戦未勝利でグループ最下位に転落…《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループJ第3節のゾリャvsヘルタ・ベルリンが19日に行われ、2-1でゾリャが勝利した。ヘルタの日本代表FW原口元気はベンチ入りしたが出場機会はなかった。 ▽前節エステルンドに惜敗した3位ヘルタ(勝ち点1)が、2位ゾリャ(勝ち点3)のホームに乗り込んだ一戦。EL初勝利を目指すヘルタは、直近に行われたシャルケ戦からスタメンを5人変更。カルーや原口、シェルブレらをベンチに置き、ゼルケやラザロ、エスヴァインらを先発で起用した。 ▽試合は立ち上がりから膠着状態が続いた中、39分にようやくゾリャに決定機。左クロスの流れたボールをボックス右に駆け上がったオパナセンコが胸トラップからダイレクトで折り返すも、ゴール前で受けたイウリのシュートは枠の左に逸れた。 ▽さらにゾリャは42分、ボックス右手前でルニョフがシュタルクに倒されFKを獲得。このFKをシラスが直接狙うと、低弾道のシュートが壁の間を抜けゴール右に突き刺さった。 ▽迎えた後半、1点を追うヘルタが先にチャンスを迎える。56分、プラッテンハールトの左CKをニアサイドに走り込んだゼルケが頭で流し込んだ。勝ち越しを狙うヘルタは、58分にゼルケとエスヴァインを下げてカルーとイビセビッチを投入する2枚替えを敢行した。 ▽対するゾリャは、60分に決定機。スコツスキのロングパスで相手DFの裏に抜け出したカラバエフが相手GKとの1対1を迎えたが、シュートはGKヤルシュテインのファインセーブに阻まれた。 ▽決定機を逃したゾリャは、63分にハラティンを下げてアンドリェフスキを投入。さらに67分にプライマに代えてスヴァトクをピッチに送り出した。すると79分、スコツスキの縦パスで右サイドを抜け出したカラバエフがボックス右深くから侵攻。折り返しをゴール前のスヴァトクがヒールシュートで流し込んだ。 ▽試合終盤、同点ゴールを狙うヘルタが猛攻を見せるも、91分にカルーが迎えた決定機もシュートはゴール右に逸れる。結局、試合はそのまま2-1で終了。格下相手に痛恨の敗戦を喫したヘルタは、公式戦5試合未勝利。また、グループステージ3試合を終え1分け2敗でグループJ最下位に転落した。 2017.10.20 04:34 Fri
twitterfacebook
thumb

一発退場の原口元気、問題は“意気込みすぎ”?ヘルタ指揮官や強化部長が再度指摘

ヘルタ・ベルリンは14日に行われたブンデスリーガ第8節のシャルケ戦を0-2で落とした。パル・ダルダイ監督やミヒャエル・プレーツSD(スポーツディレクター)は、一発退場となったFW原口元気のプレーを擁護しつつ、同選手の「過剰なモチベーション」を問題視している。<br><br>前節バイエルン・ミュンヘン戦で見事なドリブルからアシストを記録し、王者から勝ち点1獲得に貢献した原口。シャルケ戦でも先発出場を果たすが、スコアレスの状況で迎えた前半終了間際にはボールを失いリカバーを試みると、スライディングがシャルケFWギド・ブルクシュタラーの右足に。主審はこのファウルに迷うことなく、レッドカードを提示。同選手にとって、ブンデスリーガ90試合目にて初の退場処分となった。<br><br>ドイツ誌『キッカー』が伝えたコメントによると、プレーツSDは試合後、「退場者を出すまで試合はオープンだった」と言及。原口の退場が試合の流れを大きく変えたとした。そのファウルについては「過剰なモチベーション、そして疲労のミックスによるもの。ゲンキが担当するサイドでたくさん走っていたのでね」と話す同SDは「彼は遅れてしまった。アンラッキーで不要だったが、ゲンキは意図的なファウルをするようなタイプじゃない」と続けた。<br><br>また過去にも「意気込み過ぎる」ことを理由に原口を先発メンバーから外したことがあるダルダイ監督だが、近々に同選手と話し合う予定であることを明かしている。そして、「モチベーションがあり余っている選手を引き止めるのは難しい」ともはや&ldquo;制御不可能&rdquo;となるリスクへの懸念を口にし、「ゲンキは以前もそういう時がよくあった」と述べた。<br><br>なお、マッチレポートでも「原口のブルクシュタラーへのタックルが試合を左右した」と記した『キッカー』は原口に最低点「6」をつけている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.16 23:33 Mon
twitterfacebook
thumb

原口元気所属ヘルタ、トランプ米大統領に反旗 シャルケ戦でヒザつきパフォ

▽日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンがアメリカのドナルド・トランプ大統領に反旗を翻した。 ▽トランプ大統領は先日に自身のツイッター(@realDonaldTrump)で、黒人に対する暴力根絶の意味を込めたナショナルフットボールリーグ(NFL)の選手のヒザをつくパフォーマンスに対して、「国歌時に起立しないNFL選手はクビにすべき」とツイート。このつぶやきが物議を醸しているところだ。 ▽広まるアメリカ大統領に対する反発にサッカー界からヘルタも続いた。ヘルタは14日に行われたブンデスリーガ第8節のシャルケ戦で、試合前に先発組でNFLのコリン・キャパニックが始めたヒザをついたパフォーマンスを実施。さらに、クラブ公式ツイッター(@HerthaBSC)で次のような声明を発表した。 「ヘルタ・ベルリンは寛容と責任を支持する! 寛容なベルリンのために、世界に対して永遠にオープンな立場であり続ける!」 2017.10.15 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

原口2戦連続先発も一発退場・・・シャルケがヘルタ下し4戦ぶり勝利《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第8節のヘルタ・ベルリンvsシャルケが14日に行われ、0-2でアウェイのシャルケが勝利。ヘルタの日本代表FW原口元気は先発して44分に一発退場した。 ▽前節のバイエルン戦で今季初めてスタメン出場し、1アシストの活躍をみせて2-2の引き分けに貢献した原口は、今節も先発。[4-2-3-1]の中盤左サイドでの起用となった。 ▽前半はお互いに簡単にフィニッシュまで持ち込ませず、にらみ合いの様相を呈した。19分には、味方の落としを受けたディ・サントがボックス手前から体勢を崩しつつボレーシュートを放ったが、ボールは枠を大きく外れていく。 ▽試合はチャンスが少なく、ややフィジカルコンタクトの多い展開となると、前半の終了間際にヘルタにとって痛恨となる出来事が発生する。44分、左サイドでボールを失った原口が、自らボールを取り返そうとブルクシュタラーに決死のスライディング。これが後ろから削る形となり原口は一発レッドを提示され、退場処分となってしまう。 ▽ヘルタが10人となった後半、再びファウル絡みで試合のバランスを大きく傾けてしまう。54分、アリがドリブルでボックス内に侵攻すると、後ろからチェックにいったダリダが接触。これがPKの判定となり、キッカーのゴレツカが勢い良く蹴り込み、先制点とした。 ▽その後、ビハインドを抱えたヘルタは狙いをほぼカウンターに絞って試合を進行。シャルケもあまりリスクを負った攻めは行わないため、試合は再びチャンス生まれにくい展開となる。 ▽それでも78分、ヘルタが再び守備のミスから失点を許す。ヘルタのボックス内に残っていたブルクシュタラーが、ボールを持ったレキクに背後からプレス。こぼれたボールをナウドがワンタッチでブルクシュタラーに返すと、ボックス内で一対一に。ブルクシュタラーは難なくこれを制し、ネットを揺らした。 ▽ヘルタはその後も効果的な反撃を行えず、試合はこのまま終了することに。この結果、シャルケは4試合ぶりに勝利。対するヘルタは、前節のバイエルン戦で健闘した力を示すことはできずに、3戦勝ちなしとなった。 2017.10.15 05:47 Sun
twitterfacebook
thumb

浮かないFW原口元気「自分よりチームのバラバラ感が強かった」《キリンチャレンジカップ2017》

▽日本代表は10日、日産スタジアムでキリンチャレンジカップ2017のハイチ代表戦に臨み、3-3のドローに終わった。 ▽試合後、FW原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。「自分よりチームのバラバラ感が強かった」と浮かない表情で試合を振り返った。 <span style="font-weight:700;">◆FW原口元気</span>(ヘルタ・ベルリン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──途中出場した際のイメージは</span> 「『いつもどおりのことをやれ』という感じだった」 <span style="font-weight:700;">──思い描いたプレーイメージは</span> 「仕留めることしか考えていなかった。というより、(後半の)守備がはまらなかった。自分たちの良さが全く出なかった」 「前半も相手が寝ていたというか、フワッとした中で2点をポンポン獲るところまで良かったけど、僕らもフワッと後半に入ってしまった」 <span style="font-weight:700;">──スカウティングが少なかったのでは</span> 「いやいや。というより意思の統一がされてなかった。僕ら(前線)は前から行きたいのに、後ろはあまり付いてこなかった。で、かわされて、戻って守備みたいな。それだと、僕らの良さは出ない」 <span style="font-weight:700;">──MF乾貴士(エイバル/スペイン)とのポジションチェンジは監督の指示か</span> 「自分で行きたいなと。たまたま変われるタイミングがあったので」 <span style="font-weight:700;">──自身のプレーぶりについて</span> 「自分というよりチームのバラバラ感があった。チームとしてどう攻めて、どう守るかというところが曖昧だった。もちろん、自分の最後のクオリティも低かったけど、それを徹底できなかったことの方が問題」 「選手がたくさん変わっていて、相手もフワッとしてきた中でテンポを変えてきたりして難しかったけど、その中でも自分たちがやるべきことをやらないとこういう結果になる」 2017.10.11 02:22 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース