【ブンデス第7節プレビュー】長谷部&鎌田フランクフルトvs浅野シュツットガルト開催2017.09.29 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽前節はドルトムントがボルシアMGに6発大勝して首位をキープした一方、バイエルンがヴォルフスブルクに2点差を追いつかれてのドローに終わり、勝ち点差が3に広がった。その他の上位陣ではホッフェンハイムが今季4勝目を、ライプツィヒが3勝目を挙げている。下位では唯一の開幕5連敗となっていたケルンが好調ハノーファーに引き分け、何とか連敗を止めた。迎える第7節では、長谷部&鎌田フランクフルトと浅野シュツットガルトによる日本人対決が行われる。

▽前節ライプツィヒ戦では開幕節以来のスタメンとなった鎌田だったが、チームが守備に追われたこともあってアピールするには至らずチームは1-2の敗戦に終わった。長谷部も失点に絡み、芳しいパフォーマンスではなかったが、引き続きスタメン予想となっている。鎌田はベンチからアピールのチャンスを窺う。

▽前節アウグスブルク戦では再びベンチスタートとなったシュツットガルトの浅野は、終盤に出場するもチームはゴールレスドローに終わった。引き続きベンチスタート予想の浅野だが、長谷部が守備を統率するフランクフルト相手にゴールとなるか。

▽ボルシアMGに対してM・フィリップのドッピエッタとオーバメヤンのハットトリックで6-1と大勝して5勝目を挙げたドルトムントは、アウグスブルクとのアウェイ戦に臨む。火曜日に行われたCLレアル・マドリー戦では1-3と完敗してCL2連敗スタートと苦しい状況となったドルトムントだが、好調のリーグ戦で勝利を取り戻せるか。3勝2分け1敗と上々のスタートを切ったアウグスブルクが相手だが、堅守を誇る相手に自慢の攻撃力で押し切りたい。レアル・マドリー戦で出番のなかった香川は先発予想となっており、活躍に期待だ。

▽ドルトムントを追うバイエルンは原口のヘルタ・ベルリンとアウェイで対戦する。ヴォルフスブルクに引き分け、4勝1分け1敗となったバイエルンは、水曜日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマン戦を0-3と完敗した。その結果を受け、クラブはアンチェロッティ監督を電撃解任。ショック療法で勝利を取り戻し、状況を好転できるか。

▽一方、前節マインツ戦を0-1と敗れて2勝2分け2敗の五分の星となったヘルタは、木曜日に行われたヨーロッパリーグ(EL)のエステルスンド戦を0-1で敗戦。ベンチ入りしながらも出場機会のなかった原口は引き続きベンチ予想だが、出場のチャンスは訪れるか。

▽前節ハノーファー戦をゴールレスドローで乗り切って開幕からの連敗を5で止めた大迫のケルンは、CLベシクタシュ戦を完敗したライプツィヒとのアウェイ戦に臨む。木曜日に行われたレッドスター戦を0-1で落としたケルンは、リーグとELの二束の草鞋に耐えきれていない状況だが、そんなチームを大迫は救えるか。

▽前節ヘルタ戦で先発復帰し、チームの今季2勝目に貢献したマインツの武藤はバイエルンに引き分けたヴォルフスブルクとのアウェイ戦を、2試合連続スタメンとなったものの、チームはレバークーゼンに0-3と完敗したハンブルガーSVの酒井高はブレーメンとのノルト・ダービーを戦うが、2選手共に先発予想となっている。

※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照

◆ブンデスリーガ第7節
▽9/29(金)
《27:30》
シャルケ vs レバークーゼン

▽9/30(土)
《22:30》
ヴォルフスブルク vs マインツ
ボルシアMG vs ハノーファー
フランクフルト vs シュツットガルト
アウグスブルク vs ドルトムント
《25:30》
ハンブルガーSV vs ブレーメン

▽10/1(日)
《20:30》
フライブルク vs ホッフェンハイム
《22:30》
ヘルタ・ベルリン vs バイエルン
《25:00》
ケルン vs ライプツィヒ

コメント

関連ニュース

thumb

長谷部フル出場のフランクフルト、2点差を追いつき香川途中出場のドルトムントにドロー《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第9節、フランクフルトvsドルトムントが21日に行われ、2-2で引き分けた。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地はベンチ入りしなかった。ドルトムントのMF香川真司は58分から出場している。 ▽前節ハノーファー戦を2-1と競り勝って2連勝とした7位フランクフルト(勝ち点13)は、長谷部が前節に続き3バックの中央で先発となった。 ▽一方、パパスタソプーロスの退場などもあってライプツィヒに2-3と競り負けて今季初黒星を喫した首位ドルトムント(勝ち点19)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアポエル戦を1-1と引き分け、グループステージ突破が厳しい状況となった。そのアポエル戦のスタメンから5選手を変更。バー直撃のミドルシュートを放った香川はベンチに戻り、M・フィリップやシャヒン、カストロらが先発に戻ってスボティッチが今季初スタメンとなった。 ▽ヴァイグルがスボティッチとセンターバックを組む[4-3-3]で臨んだドルトムントが徐々に攻勢を強める流れとなると、19分に先制する。ボックス手前右からバルトラの放ったミドルシュートは枠を外れていたが、長谷部の背後にポジションを取っていたシャヒンがダイレクトで合わせてネットを揺らした。 ▽良い流れで先制したドルトムントだったが、これ以降はフランクフルトの反撃に遭う。レビッチがディフェンスライン裏に走って走力に難のあるドルトムント守備陣をけん制すると、31分に決定機。ヴォルフが背後に抜け出しGKビュルキと一対一になりかけたが、ビュルキの好飛び出しで身体に当てられた。続く33分にもレビッチが抜け出してチャンスを作ったフランクフルトだったが、35分にチャンドラーが右ヒザを負傷して交代を強いられる。 ▽ハーフタイムにかけて攻勢に転じたドルトムントは42分、クリアボールに反応したボックス中央のオーバメヤンがボレーシュート。決定的だったが、わずかに枠の左に外れ、前半を1点リードで終えた。 ▽迎えた後半、オープンな展開で推移する中、51分にドルトムントに決定機。ゲッツェのラストパスを受けたボックス右のオーバメヤンがシュート。しかし枠の上に外してしまった。続く53分にはオーバメヤンがボックス左に抜け出してシュートもGKフラデツキーのファインセーブに阻まれる。 ▽それでも57分、ゲッツェのパスを受けたM・フィリップがドリブルで持ち上がり、ボックス左に侵入。左足で放ったグラウンダーのシュートがゴール右隅に決まってリードを広げた。 ▽2点をリードしたドルトムントは香川を投入。しかし、ここからフランクフルトの反撃が始まる。まずは63分、カウンターに転じたフランクフルトは、ガシノビッチのフィードをボックス左で受けたレビッチがGKビュルキに倒され、PKを獲得。これをアラーが決めて1点差に詰め寄った。 ▽さらに68分、ヴォルフがガシノビッチのパスを受けてボックス右へ侵入。ゴール左へシュートを流し込んで試合を振り出しに戻した。続く70分にはガシノビッチがヘディングシュートを、78分にはアラーがゴール至近距離からボレーシュートを浴びせるも、いずれもGKビュルキにセーブされてしまう。 ▽劣勢のドルトムントは84分、U-17ワールドカップから急遽呼び戻したサンチョを左ウイングに投入。すると90分、トルヤンのフィードでゴールエリア左に侵入したサンチョが胸トラップからシュート。しかし、GKの好守に阻まれてしまう。さらにルーズボールをシャヒンがボレーシュートで狙うも、ゴールライン上の長谷部が好クリアを見せてゴールを許さなかった。 ▽このまま白熱の一戦は2-2でドロー。ドルトムントはリーグ戦2試合勝利から見話され、フランクフルトは3戦負けなしとした。 2017.10.22 00:45 Sun
twitterfacebook
thumb

最多出場の長谷部vs最多得点の香川、データで紐解くフランクフルトvsドルトムント

▽ブンデスリーガ第9節のフランクフルトvsドルトムントが21日の22時30分から開催される。日本代表MF長谷部誠、MF鎌田大地が所属するフランクフルトと日本代表MF香川真司が所属するドルトムントの一戦。両チームの一戦を、データで紐解いてみる。 <span style="font-weight:700;">◆好調維持のフランクフルトvs絶好調のドルトムント</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171021hase_kagawa_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ホームのフランクフルトは、ここまで4勝1分け3敗の勝ち点13で7位に位置。現在はシュツットガルト(2-1)、ハノーファー(2-1)と連勝中だ。 ▽対するドルトムントは、ここまで6勝1分け1敗の勝ち点19で首位。開幕7試合を終えて無敗を継続していたが、前節はRBライプツィヒに2-3で敗れ、リーグ戦初黒星を喫していた。 <span style="font-weight:700;">◆ドルトムントにとってはお得意様のフランクフルト</span> ▽長きにわたりブンデスリーガで戦う両チーム。通算成績はフランクフルトの30勝、ドルトムントの42勝、16の引き分け。数字上は大きな差がないように見えるが、実はこの2チームには大きな差がある。 ▽フランクフルトは、ドルトムントがブンデスリーガ内で2番目に敗戦数が多いチームであり、大の苦手に。一方で、ドルトムントにとってのフランクフルトは最も勝利を記録し、得意な相手と言える。 <span style="font-weight:700;">◆直近の対戦成績は五分</span> ▽香川がマンチェスター・ユナイテッドからドルトムントに復帰した2014-15シーズン以降の両チームの対戦成績は、6試合で3勝3分けの五分。その間、長谷部は5試合にフル出場し1アシスト、香川は5試合に出場し1ゴール1アシストを記録している。 ▽しかし、両選手が最後にピッチ上で相見えたのは2016年5月が最後。互いにフル出場し、試合はホームのフランクフルトが1-0で勝利していた。 <span style="font-weight:700;">◆ポジションを確保の長谷部、苦境の香川</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171021hase_kagawa_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽長谷部と香川の日本代表対決という点でも注目される一戦。しかし、両選手の立ち位置は大きな差がある。 ▽長谷部は、ニコ・コバチ監督が採用する3バックシステムにおいて重役を担っており、リベロとして今シーズンもプレー。ここまで6試合に出場し、全試合フル出場している。 ▽一方の香川は、ピーター・ボス監督の下、苦しい状況が続いている。特にリーグ戦では、5試合に出場も先発は2試合。それでも2ゴールを奪い、9月30日のアウグスルブルク戦で決めたループシュートは、ファンが選ぶ9月のブンデスリーガ月間ベストゴールに選ばれている。結果を残し、ポジションを掴みたいところだろう。 <span style="font-weight:700;">◆最多出場の長谷部vs最多得点の香川</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171021hase_kagawa_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽長谷部は、ブンデスリーガで通算242試合に出場し、歴代日本人最多出場記録を更新中だ。一方の香川は132試合に出場し、歴代5位となっている。 ▽しかし、香川は日本人としてブンデスリーガ最多となる38ゴールを記録。岡崎慎司(現レスター・シティ)の記録を「1」上回っている。 ▽長谷部はポジション柄ゴールを挙げる機会が少ないが、意外にもアシストは日本人で3番目に多い「21」を記録。1位は清武弘嗣(現セレッソ大阪)の「29」で、2位は香川の「27」となっている。 ▽守備の要としてチームを支える長谷部、そして攻撃の1ピースとしてチームに貢献する香川。直接対決は実現なるのか。フランクフルトvsドルトムントは、22時30分からDAZNにて独占ライブ中継される。 [データ提供:Opta] 2017.10.21 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場のフランクフルトが終盤豪快弾で連勝! 《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第8節のハノーファーvsフランクフルトが14日に行われ、1-2でアウェイのフランクフルトが勝利した。フランクフルトの日本代表MF長谷部誠はフル出場、MF鎌田大地はベンチ外となった。 ▽2-1で勝利した前節のシュツットガルト戦でメンバー外となった長谷部は、[3-4-3]のディフェンスライン中央で先発。これまで同様、リベロとしての起用となった。 ▽試合開始早々、フランクフルトが先制に成功する。敵陣内中央付近から開始したショートカウンターの場面で、ボールを受けたヴォルフがボックス手前からスルーパス。ボックス内に走り込んだアラーがこれに追いつき、GKを出し抜くチップキックで冷静に決めた。 ▽その後もフランクフルトが攻勢を保ったが、CKからハノーファーが意地をみせる。36分、右CKでキッカーはシュベクラー。アウトスイングで滞空時間の長いクロスを送ると、助走したサネが飛び上がり、高い打点のヘッドを叩きつけた。 ▽それでも1-1で迎えた後半開始早々、フランクフルトがチャンスを迎える。49分、前線でボールを収めたヴォルフが、自らボックス手前まで持ち込み強烈なミドルシュート。これはGKのファインセーブに阻まれたものの、積極的にハノーファーのゴールマウスを脅かしていく。 ▽一進一退の攻防が続くと、84分にハノーファーに好機が訪れた。フランクフルトのボックス内でルーズボールに反応したサネが、ボックス左手前から豪快なボレーシュートを放つ。しかし、左足から繰り出されたシュートは枠を外れた。 ▽フランクフルトがピンチを脱すると、89分に決勝点が生まれる。GKのフィードを最前線のアラーが胸で落とすと、ボックス手前のレビッチが反応。ダイレクトで右足を振り抜き、グラウンダーのシュートをネットに突き刺した。 ▽試合は直後に終了の笛。終了間際に決勝点を決め切ったフランクフルトは、2連勝を飾ることに。一方、あと一歩というところで勝ち点を失ったハノーファーは、連敗を喫することとなった。 2017.10.15 05:07 Sun
twitterfacebook
thumb

長谷部&鎌田先発のフランクフルト、オギュスタン&ヴェルナー弾でライプツィヒに敗戦《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第6節、ライプツィヒvsフランクフルトが23日に行われ、2-1でライプツィヒが勝利した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地は56分に交代している。 ▽3日前に行われた前節ケルン戦ではボランチとリベロの両ポジションでプレーし、チームのシャットアウト勝利に貢献したフランクフルトの長谷部は、[5-4-1]のリベロで先発となった。そして開幕節以降出場機会がなく今季2試合目の先発となった鎌田は左MFで起用された。 ▽前節アウグスブルク戦を0-1で敗れて今季2敗目を喫したライプツィヒに対し、フランクフルトは自陣に引いて対応していく。 ▽しかし、立ち上がりから攻勢に出るライプツィヒが順当に先制する。28分、サビツァーの右クロスをニアで受けたヴェルナーのシュートはGKフラデツキーにセーブされるも、ルーズボールをオギュスタンが詰めて先制した。 ▽ハーフタイムにかけてもライプツィヒが主導権を握ったまま、前半を1点リードして終えると、51分にはフォルスベリがボックス内から左ポストを直撃するシュートを浴びせる。 ▽フランクフルトは56分に見せ場を作れなかった鎌田を下げてレビッチを投入。さらにストライカーのアラーに代えてヨビッチを投入したフランクフルトが前がかるも、67分にライプツィヒが突き放す。 ▽右サイドからのオギュスタンのグラウンダークロスを長谷部がクリアしきれず、ルーズボールを拾ったヴェルナーにボックス右から放たれたシュートがゴール左に決まった。 ▽2点を追う展開となったフランクフルトは77分、右サイドのヴォルフのクロスをファーサイドのレビッチが押し込んで1点を返すも、86分のFKからファレットの放ったヘディングシュートは左ポストに阻まれてタイムアップ。今季3敗目を喫した。一方、勝利したライプツィヒは今季3勝目としている。 2017.09.24 00:46 Sun
twitterfacebook
thumb

“フランクフルトの皇帝”長谷部「自分が戦術の鍵を握っている」

▽フランクフルトの日本代表MF長谷部誠が、20日に行われたブンデスリーガ第5節のケルン戦を振り返った。ブンデスリーガ公式サイトが長谷部のコメントを伝えている。 ▽長谷部はアウェイで行われた一戦でダブルボランチの一角として先発出場。チームメートであるMF鎌田大地はベンチスタートとなり、ケルンの日本代表FW大迫勇也は先発でピッチに立った。 ▽試合は22分にアラーがPKを決めてフランクフルトが先制すると、これが決勝点となった。長谷部と大迫はフル出場。鎌田は出場機会が与えられなかった。 ▽試合後に、インタビューに応じた長谷部は過密日程の中での勝利に満足感を示すとともに、チームにおける自身の役割が勝敗の鍵を握っていると口にした。 「ケルンも疲労のある中、厳しかったとは思いますけど、自分たちもチャンスが少ない中、こういう難しい試合で勝てて、非常に重要な勝ちだったと思います」 「このチームは自分が戦術の鍵を握っていると言っても過言ではないと思うので、責任を持ってやらないといけません。前の試合で、自分が出て負けて、その前の試合は、自分が出ていなくて勝っていたので、責任を感じていましたし、今日はどうしても勝ちたかった。そういった意味でも、まずは勝ってホっとしています」 ▽また長谷部は対戦した大迫やケルンの印象についても言及している。 「(ケルンの)チーム状況もあまり良くないという部分で、その流れに彼も苦しんでいるかな、というのはありますけど、ケルンはあそこ(大迫選手のところ)でボールが収まって攻撃が始まる部分があるので、そういう意味では嫌でしたね。トップにいたり、中盤に下がったりといろいろな動きをする。そこに自分が対応する形になったので、その辺は注意しながら見ました」 2017.09.21 09:10 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース