【セリエA第7節プレビュー】ミランvsローマのビッグマッチ開催2017.09.30 18:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽前節はトリノ・ダービーを完勝したユベントスが開幕6連勝を飾り、SPALに競り勝ったナポリと共に6連勝とした。この2チームを追うインテル、ローマ、ラツィオが順当に勝利した一方、ミランがサンプドリアに敗れて今季2敗目を喫している。代表ウィーク前の迎える第7節、ミランvsローマのビッグマッチが開催される。

▽難所ルイジ・フェラリスでの前節サンプドリア戦を0-2と完敗したミランは、木曜日に行われたヨーロッパリーグ(EL)のリエカ戦を3-2と辛勝。2点差を追いつかれるまずい試合運びを見せながらも、何とか追加タイムのクトローネ弾で競り勝った。とはいえ、ローマに敗れればモンテッラ監督の首が危うくなるだけに勝ち点をもぎ取って代表ウィーク明けのミラノ・ダービーに臨みたい。

▽一方、エル・シャーラウィのドッピエッタとゼコの3試合連続ゴールなどでウディネーゼに快勝したローマは、水曜日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)のカラバフ戦を好調を維持するゼコのゴールなどで2-1と辛勝した。芳しい内容ではなかったが、代表ウィーク明けのナポリ戦を前にすっきりと勝利できるか。

▽10人となったトリノに対し、ディバラのドッピエッタなどで4-0と快勝したユベントスは、日曜日のナイトゲームにアタランタとのアウェイ戦に臨む。水曜日に行われた必勝のCLオリンピアコス戦を途中出場のイグアインの活躍で2-0と押し切ったユベントスは、ビッグクラブでも軒並み苦戦する難所アトレティ・アズーリ・ディタリア攻略となるか。早くもリーグ戦10ゴールに到達したディバラとオリンピアコス戦で存在感を示したイグアインの活躍に注目だ。

▽主力を投入した中、SPALに3-2と競り勝ったナポリは、カリアリとのホーム戦に臨む。火曜日に行われたCLフェイエノールト戦では攻撃陣揃い踏みで3-1と快勝したナポリは、2連敗中で2勝4敗スタートとなったカリアリを下してユベントスにプレッシャーをかけたい。

▽ダンブロージオの終盤弾でジェノアに1-0と辛勝して勝利を取り戻したインテルは、ベネヴェントとのアウェイ戦に臨む。6戦全敗のベネヴェント相手に勝利して代表ウィーク明けのミラノ・ダービー、ナポリ戦につなげたい。長友は引き続きベンチスタート予想だ。最後に好調インモービレのドッピエッタでヴェローナに3-0と快勝して勝利を取り戻したラツィオは、今季1勝のサッスオーロとのホーム戦で連勝を目指す。

※スタメン予想はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』参照

◆セリエA第7節
▽9/30(土)
《25:00》
ウディネーゼ vs サンプドリア
《27:45》
ジェノア vs ボローニャ

▽10/1(日)
《19:30》
ナポリ vs カリアリ
《22:00》
ラツィオ vs サッスオーロ
SPAL vs クロトーネ
トリノ vs ヴェローナ
キエーボ vs フィオレンティーナ
ベネヴェント vs インテル
《25:00》
ミラン vs ローマ
《27:45》
アタランタ vs ユベントス

コメント

関連ニュース

thumb

意外と安い!! ドンナルンマのバイアウト条項はGK最高額も…

▽イタリア期待の若手GKであるミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(18)の移籍金は、昨今のサッカー界では安い金額に設定されているようだ。『フットボール・イタリア』がイタリアメディアの報道をまとめて伝えた。 ▽ミランのプリマヴェーラ出身であるドンナルンマは、2015年10月に16歳8カ月という若さでプロレビューを果たし、GKにおけるセリエAの最年少出場記録を樹立した。その後ミランの守護神に定着するも、今夏にはミランとの契約延長を行わないと発表していた。 ▽同選手の争奪戦が予想されていたが、最終的にはドンナルンマが態度を一転させ、2021年6月末まで契約を延長している。新契約締結に際して当時は、バイアウト条項は最大で1億ユーロ(約133億2000万円)に設定され、ミランがチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃した場合は5000万ユーロ(約66億6000万円)まで引き下げられると報じられていた。 ▽この契約延長に不満を持っていたのが代理人のミノ・ライオラ氏。当時からドンナルンマに移籍を勧めて、高額の報酬を得ようと考えていると伝えられていた。そんなライオラ氏は、ミラン側にバイアウト条項の盛り込むように迫ったという。 ▽ライオラ氏がミラン側に提示した契約は、報道されていたものよりも割安で最大で7000万ユーロ(約93億2400万円)。またCL出場権を逃した場合は4000万ユーロ(約53億2800万円)に減額されるというものだった。なお、報道によるとミラン側はこの条件を飲まなかったようで、実際はもう少し高い移籍金が設定されているという。 ▽昨今のサッカー界ではブラジル代表FWネイマール(25)が、史上最高額となる2億2200万ユーロ(現在のレートで約295億7100万円)でバルセロナからパリ・サンジェルマンに加入。さらにフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)も総額1億8000万ユーロ(現在のレートで約239億7600万円)を支払ってモナコからパリ・サンジェルマンに加入することが決まっている。 ▽高騰する移籍金の中、GKでの最高額は今夏にベンフィカからマンチェスター・シティに加入したブラジル代表GKエデルソンの3500万ポンド(約52億8800万円)と言われている。ドンナルンマのバイアウト条項が、今回の報道の通り7000万ユーロであれば、エデルソンの移籍金を2倍近く更新することになるが、同じ18歳のムバッペに比べると半分以下となっている。 2017.12.13 10:48 Wed
twitterfacebook
thumb

ボローニャ戦で足首負傷のボリーニ、軽傷も大事には至らず

▽ミランに所属する元イタリア代表FWファビオ・ボリーニが10日に行われたセリエA第16節のボローニャ戦で負傷した。しかし、大事には至らなかったようだ。イタリア『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽ボローニャ戦に先発出場したボリーニは、試合中に足首を痛めた模様。チームは2-1とガットゥーゾ体制初勝利を飾ったが、ボリーニは83分にカラブリアと交代していた。 ▽『フットボール・イタリア』によると、11日の朝に行われた検査の結果、ボリーニは重傷でないことが判明。13日に行われるコッパ・イタリア5回戦のヴェローナ戦を欠場する可能性はあるが、17日に行われるセリエA第17節のヴェローナ戦には出場可能だという。 2017.12.12 02:22 Tue
twitterfacebook
thumb

初勝利を喜ぶガットゥーゾ「勝利には満足しているがまだまだだ」

▽ミランのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が就任後の初勝利を喜んだ。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽ミランは11月27日、成績不振を受けてヴィンチェンツォ・モンテッラ前監督を解任し、後任にクラブのレジェンドでもあるガットゥーゾ監督を据えた。今月10日に行われたセリエA第16節のボローニャ戦で、公式戦3戦目にしてようやく勝利を手にしたガットゥーゾ監督は試合後の記者会見で喜びを語っている。 「勝利できて本当に嬉しい。私は選手たちに感謝し彼らをひとりひとり抱きしめた。彼らが何をしたのか、1週間を通して何を与えてくれたのか知っている。だから、私は彼らのメンタリティを祝福したい。だが、これから長い道が続いていることもわかっている」 「私は子供たちとフットボールをしているときでさえ緊張するんだ。私にとってそれが自然だからね…試合ではなおさらだ。ミランのユニフォームは14年間着てきた。ここに戻ってクラブを率いることが出来て非常に光栄だ」 「結果は嬉しいが、また別の試合があり現在の順位に満足していない。守備には改善の余地がある。1試合1試合労力を惜しまずやっていくだけだ」 2017.12.11 14:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ボナヴェントゥーラのドッピエッタでガットゥーゾ体制初勝利! ミランがリーグ戦4試合ぶり勝利《セリエA》

▽ミランは10日、セリエA第16節でボローニャをホームに迎え、2-1で競り勝った。 ▽前節ベネヴェント戦を相手GKによる追加タイム被弾で引き分けた7位ミラン(勝ち点21)は、ガットゥーゾ体制での初陣を勝利で飾れなかった。そのミランは3日前に行われた消化試合のヨーロッパリーグ・リエカ戦を0-2と敗れた。そのリエカ戦のスタメンから全選手を変更。ベネヴェント戦のスタメンからは退場したロマニョーリに代えてアバーテのみを変更した。 ▽同勝ち点で並ぶボローニャに対し、ここ2試合結果の出なかった3バックから、4バックに変更して臨んだガットゥーゾ・ミランは、[4-3-3]を採用。3トップに右からスソ、カリニッチ、ボリーニ、中盤アンカーにモントリーボ、両インサイドにボナヴェントゥーラとケシエを並べた。 ▽そのミランが立ち上がりから押し込んでいくと、10分に先制した。ボヌッチのロングフィードをカリニッチが頭で落とし、ボックス中央のボナヴェントゥーラがダイレクトでゴール右へシュートを流し込んだ。 ▽良い入りを見せたミランは続く12分にボリーニが枠内シュートを浴びせれば、16分にもケシエが枠内シュートをマークし、ボローニャを攻め立てていく。 ▽しかし、20分を過ぎて圧力を強めてきたボローニャに23分、同点とされる。ムサッキオがデストロにドリブルで交わされてボックス左への侵入を許すと、ラストパスを受けたボックス中央のヴェルディに左足でシュートを蹴り込まれた。 ▽失点後、再びポゼッションを高めたミランは41分、スソの右CKにボヌッチがヘディングで合わせるも、シュートは枠の上を越え、前半を1-1で終えた。 ▽迎えた後半、一進一退の攻防で推移していくと、ガットゥーゾ監督は59分にアバーテに代えてクトローネを投入。4バックを維持したまま右サイドバックにボリーニを配置し、2トップとした。 ▽その後も主導権争いが続く中、68分にカリニッチに代えてアンドレ・シウバを投入。目立ったチャンスを作れず苦戦が続いていたが、76分に勝ち越す。右サイドからのボリーニのアーリークロスをボナヴェントゥーラがヘディングでねじ込んだ。 ▽その後、78分のタイデルのヘディングシュートをGKドンナルンマがファインセーブで阻止すると、直後のマジーナのミドルはディフレクトしてバーを直撃。ひやりとしたミランだったが、終盤にかけてはボローニャの反撃を凌ぎきって逃げ切り。ガットゥーゾ体制3戦目にして初勝利を飾り、リーグ戦4試合ぶりの白星を挙げている。 2017.12.11 06:37 Mon
twitterfacebook
thumb

ガットゥーゾ新監督、ミラン就任後2戦勝利なしに「堪える。方向性を変えなければ」

ミランを率いるジェンナーロ・ガットゥーゾ新監督の初勝利が遠い。すでに決勝トーナメント進出を決めているヨーロッパリーグ(EL)でも白星を奪うことができなかった。<br><br>ミランは7日、ELグループステージ第6節でリエカと対戦。ガットゥーゾ就任から2戦目となったが、0-2と敗れてまたも初勝利はお預けとなった。ガットゥーゾ監督は試合後に改善が必要なことを認めている。<br><br>「ネガティブな何かが起きたときに、チームは消えてしまうようだ。そこを直さなければならない。方向性を変えなければならない。こういう結果に終わっているんだからね」<br><br>「ミランのユニフォームを着たら、リスペクトする必要がある。だからこそ、この結果は堪えるね。ここへ負けに来たわけではないのだから」<br><br>10日に行われるボローニャ戦の必勝を誓ったガットゥーゾ。就任後初勝利をつかむことはできるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.08 13:03 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース