1アシストを含む2ゴールに絡んだムバッペ「ビッグマッチで完璧な試合だった」2017.09.28 11:20 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが、バイエルン撃破に喜びを示した。フランス『レキップ』が伝えている。

▽PSGは27日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループB第2節でバイエルンをホームに迎えた。ネイマール、カバーニと共に世界最高額トリデンテの一角を担ったムバッペは、31分にカバーニのゴールをお膳立てしてチームの2点目に貢献。さらに62分にはスルーパスから自身に決定機が訪れるもシュートは決まらず。それでもこぼれ球をネイマールが押し込むなど、3-0の勝利に大きく貢献した。

▽試合後のインタビューを受けたムバッペは、ドイツの王者であるバイエルンを相手に完璧な内容で勝利できたことに喜びを示している。

「今日はビッグマッチだった。素晴らしい内容と結果を手にできたね。チームとして完璧な試合ができたと思う。このチームには多くの素晴らしい選手がいるんだ。(ムバッペと交代で途中出場の)ディ・マリアも素晴らしい選手だね。個人的には途中でピッチを去ることは嫌だけど、個人の問題は置いておいて、まずはチームが勝つことが何よりも大事なんだ」

コメント

関連ニュース

thumb

クロップ、ドラクスラー獲得を検討か コウチーニョの後任として白羽の矢

▽リバプールがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するドイツ代表MFユリアン・ドラクスラー(24)の獲得を検討しているようだ。イギリス『デイリー・スター』が伝えた。 ▽リバプールは今夏、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョに対するバルセロナのオファーをことごとく拒否。だが、来年1月もブラジル人スターに対するバルセロナの接触が予想されている。伝えられるところによると、リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、コウチーニョの流失に備えて、マージーサイドにドラクスラーを連れてくるプランを画策しているという。 ▽ドラクスラーは今夏、所属先のPSGでFWネイマールとFWキリアン・ムバッペの加入により、昨シーズン以上に熾烈なポジション争いに身を投じること。ここまで公式戦11試合1得点を記録しているが、ライバルの面子が面子だけに、この先も出場機会を得られるかどうか不透明な状況だ。なお、PSGとの現行契約は2021年6月まで。バイエルンやインテル、アーセナルが関心を寄せているとみられる。 2017.10.24 15:30 Tue
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドを祝福するネイマール「おめでとう。彼は受賞に相応しい」

▽パリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表FWネイマールがザ・ベストFIFAアワード2017のFIFA男子最優秀選手賞を受賞したレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを祝福した。イギリス『FourFourTwo』が伝えた。 ▽FIFA男子最優秀選手賞受賞を狙ったネイマールは、C・ロナウド、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに次ぐ3番手にノミネートされた。25歳のブラジル人アタッカーは、2年連続5度目の栄冠に輝いたC・ロナウドについて次のように言及。「同じグループにいれることが嬉しい」とリスペクトの姿勢を示した。 「クリスティアーノ、おめでとう。彼は受賞に相応しいし、勝ち取るだけの理由がある」 「彼は歴史を築いてきた。リスペクトされないとね」 「彼らとトロフィーを争い、同じグループにいれることを嬉しく思う」 2017.10.24 13:10 Tue
twitterfacebook
thumb

世界最高の若手“ゴールデンボーイ”にキリアン・ムバッペ

▽イタリア『トゥットスポルト』が主催する2017年のゴールデンボーイ賞にパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)が選出された。 ▽ヨーロッパでプレーする21歳以下の選手に贈られるゴールデンボーイ賞。先日には、ムバッペのほかに、ドルトムントのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(20)、マンチェスター・シティのブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス(20)が最終候補の3名に選ばれていた。 ▽ムバッペは昨シーズン、モナコで公式戦44試合に出場して26得点を記録。チームのリーグ制覇とチャンピオンズリーグ4強入りに貢献した。今夏には買い取りオプション付きのレンタル移籍でPSGに加入している。 ◆歴代受賞者 2003:MFラファエル・ファン・デル・ファールト 2004:FWウェイン・ルーニー 2005:FWリオネル・メッシ 2006:MFセスク・ファブレガス 2007:FWセルヒオ・アグエロ 2008:MFアンデルソン 2009:FWアレシャンドレ・パト 2010:FWマリオ・バロテッリ 2011:MFマリオ・ゲッツェ 2012:MFイスコ 2013:MFポール・ポグバ 2014:FWラヒーム・スターリング 2015:FWアントニー・マルシャル 2016:MFレナト・サンチェス 2017:FWキリアン・ムバッペ 2017.10.23 19:11 Mon
twitterfacebook
thumb

酒井宏樹がPSG戦で感じた世界との差とは?「あれがハリルさんがよく言う…」

マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹が、パリ・サンジェルマン(PSG)戦での引き分けに悔しさをにじませた。<br><br>マルセイユは22日、リーグ・アン第10節でPSGと対戦。2-1とリードしてアディショナルタイムを迎えたが、最後の最後でエディンソン・カバーニにFKを沈められて、2-2のドローに終わった。酒井は「今日は寝られないですね」と話して、このように続ける。<br><br>「僕のキャリアで初めて、メガクラブに勝てる5秒前だったので。まあまだまだってことだと思いますし、あそこの90分でカバーニがあの場所でファウルを得られるというのが、トッププレーヤーの証拠。(ファウルを献上した)ブーナ(サール)はほとんど触っていないと思うんですけど、あれがハリルさんがよく言う、世界との差ですね。あれをやれることがワールドカップの上に行くチームの条件だと思います」<br><br>また、カバーニについても酒井は、経験や力の差を感じたことを認める。<br><br>「時間帯もあったので、彼は完全にファウルをとりにいっていたと思います。後ろに人数が足りていることもカバーニは見ていたと思います。彼はあの場面、チャンスというより、あそこでファウルをとることに専念していたと思いますし、悔しいけれど、認めざるをえないくらい、能力、というか経験の差が出たというか&hellip;」<br><br>それでも、マルセイユが今シーズン無敗のPSGをあと一歩まで追い詰めたことは事実。「一年で一番大事な試合だった」と話す酒井は、「上を目指すには突き詰めていかないといけない」として、勝ち点1に満足する様子は見せない。サポーターのみんなを気持ちよく帰してあげられなかったと悔やむ日本人SBは、前だけを向いている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.23 18:22 Mon
twitterfacebook
thumb

カバーニの劇的FK弾でPSGがマルセイユとのダービーをドローに持ち込む《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第10節のマルセイユvsパリ・サンジェルマンが22日にベロドロームで行われ、2-2の引き分けに終わった。マルセイユの日本代表DF酒井宏樹は、フル出場を果たしている。 ▽前節ディジョンに辛勝したPSGは、ミッドィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアンデルレヒト戦でも4-0と快勝。いまだに公式戦無敗をキープするPSGは、アンデルレヒト戦から先発を3人変更。キンペンベ、クルザワ、ダニエウ・アウベスに代えてチアゴ・シウバ、ムニエ、クルザワを起用。ムバッペ、カバーニ、ネイマールを前線に並べた[4-3-3]で試合に臨んだ。 ▽一方、ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)のヴィトーリア戦を2-1で勝利したマルセイユは、その一戦から先発を7人と大幅に変更。ジェルマンやサンソン、マキシ・ロペス、エブラらに代えてミトログルやトヴァン、パイエ、酒井宏樹らを先発で起用。1トップにミトログルを起用した[4-2-3-1]の布陣でPSGに挑んだ。 ▽今季初のフランス・ダービーは、ダービー14戦未勝利のマルセイユが先にスコアを動かす。16分、右サイドでボールを受けたパイエからの横パスを中央で受けたグスタボが、ミドルサード最前線まで持ち上がりロングシュート。左アウト回転のかかったシュートは、そのままゴール左隅に突き刺さった。 ▽先制を許したPSGだが、その後は押し込む時間が続く。すると33分、ボックス左でキープしたラビオがゴール前にラストパスを供給。走り込んだネイマールのダイレクトシュートは、右ポストの内側を叩きそのままゴールに吸い込まれた。 ▽1-1で迎えた後半もPSGがボールポゼッションを高め試合をコントロールするが、マルセイユの集中した守りを崩すには至らない。膠着状態が続く中、マルセイユは66分にミトログルを下げてエンジエを投入。対するPSGは、69分にモッタを下げてドラクスラーをピッチに送り出した。 ▽マルセイユは76分、パイエを下げてサンソンを投入。すると79分、左CKを逆サイドで拾ったエンジエが右サイドライン際まで持ち上がりクロスを供給。これをゴール前に走り込んだトヴァンが右足で流し込み、マルセイユが勝ち越しに成功した。 ▽勝ち越しを許したPSGは、直後の80分にムバッペを下げてディ・マリアを投入。しかし、87分にアクシデントが発生。オカンポスに引っかけられたネイマールが報復の暴力行為でこの試合2枚目のイエローカードをもらい退場処分となった。 ▽ビハインドに加え、要のネイマール退場でいよいよ今季初黒星が頭をよぎり始めたPSGだが、頼れるエースストライカーが最後の最後にチームを救う。3分が与えられた後半アディショナルタイム3分、ボックス左手前でカバーニがB・サールに倒されてFKを獲得。これをカバーニ自ら右足で狙うとクロスバーの内側を叩き、ゴールに吸い込まれた。 ▽このゴール直後に試合はタイムアップ。カバーニの劇的FK弾で追いついたPSGが公式戦無敗をキープ。一方のマルセイユは、痛恨のアディショナルタイム被弾で15戦ぶりのダービー勝利を逃した。 2017.10.23 06:07 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース