1アシストを含む2ゴールに絡んだムバッペ「ビッグマッチで完璧な試合だった」2017.09.28 11:20 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが、バイエルン撃破に喜びを示した。フランス『レキップ』が伝えている。

▽PSGは27日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループB第2節でバイエルンをホームに迎えた。ネイマール、カバーニと共に世界最高額トリデンテの一角を担ったムバッペは、31分にカバーニのゴールをお膳立てしてチームの2点目に貢献。さらに62分にはスルーパスから自身に決定機が訪れるもシュートは決まらず。それでもこぼれ球をネイマールが押し込むなど、3-0の勝利に大きく貢献した。

▽試合後のインタビューを受けたムバッペは、ドイツの王者であるバイエルンを相手に完璧な内容で勝利できたことに喜びを示している。

「今日はビッグマッチだった。素晴らしい内容と結果を手にできたね。チームとして完璧な試合ができたと思う。このチームには多くの素晴らしい選手がいるんだ。(ムバッペと交代で途中出場の)ディ・マリアも素晴らしい選手だね。個人的には途中でピッチを去ることは嫌だけど、個人の問題は置いておいて、まずはチームが勝つことが何よりも大事なんだ」

コメント

関連ニュース

thumb

デパイの劇的弾でリヨンが10人のPSGを撃破し2位浮上!《リーグ・アン》

▽21日、リーグ・アン第22節のリヨンvsパリ・サンジェルマン(PSG)が行われ、2-1でリヨンが勝利した。 ▽首位を快走するPSG(勝ち点56)が、3位リヨン(勝ち点45)のホームに乗り込んだ上位対決。ミッドウィークに行われた第21節でディジョンに8ゴールを奪い圧勝したPSGは、その試合から先発を4人変更。ドラクスラーやキンペンベ、ムニエらに代えてラビオやマルキーニョス、ダニエウ・アウベスら先発に名を連ねた。一方のリヨンは、ミッドウィークに完勝したギャンガン戦と同じ先発で試合に臨んだ。 ▽試合は開始早々の2分に動く。リヨンはバイタルエリア右でフェキルがラビオに倒されてFKを獲得。このFKをフェキルが直接狙うと、ゴール右上にシュートが突き刺さった。 ▽先制を許したPSGは、29分にアクシデントが起きる。ヴェラッティのロングパスでゴール前に抜け出したムバッペが、飛び出したGKアントニー・ロペスと激しく接触。治療を受けたムバッペは、一度歩いてピッチを離れたがプレー続行不可能となり、そのまま担架でピッチを後にした。 ▽一進一退の展開が続く中、前半終了間際にスコアが動く。追加タイム4分、ラビオのスルーパスで右サイドを突破したダニエウ・アウベスのクロスをボックス中央のクルザワが左足のダイレクトボレーでゴールネットを揺らした。 ▽迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはPSG。49分、ボックス右から縦に仕掛けたディ・マリアの折り返しにヴェッラッティが飛び込むも、これはわずかに届かない。さらに51分にも、ヴェッラッティがボックス左からシュートを狙ったが、これは枠上に外れた。 ▽攻勢を見せていたPSGだが57分、判定に対して激しく抗議したダニエウ・アウベスが主審に暴言を吐くと、主審はすかさずレッドカードを提示した。数的不利となったPSGは、61分にディ・マリアを下げてムニエを投入した。 ▽数的優位のリヨンは64分にアワールに代えてデパイを投入した。すると85分、右サイドからカットインにしたM・コルネが、ペナルティアーク右横から左足を振り抜いたが、これはGKアレオラの好セーブに防がれた。 ▽このまま試合終了かと思われた93分、リヨンはボックス左手前でパスを受けたデパイがカットインから豪快に右足を振り抜くと、このシュートがゴール右上に突き刺さった。 ▽結局、このゴールが決勝点となりリヨンが10人のPSGを撃破。リーグ戦7試合無敗のリヨンが2位に浮上している。 2018.01.22 07:08 Mon
twitterfacebook
thumb

マンチーニ、PSGでの監督業に興味「是非ともやってみたい」

▽ゼニトのロベルト・マンチーニ監督が、パリ・サンジェルマン(PSG)での指揮に興味があることを明かした。イギリス『Four Four Two』がフランス『レキップ』でのインタビューを引用して伝えている。 ▽フィオレンティーナ、ラツィオで指導者としての経験を積み、2004年に就任したインテルでセリエA3連覇を成し遂げたマンチーニ監督。2009年12月にマンチェスター・シティに就任すると、2011-12シーズンにはプレミアリーグ制覇へ導いた。その後はガラタサライ、自身2度目となるインテルでの指揮を経て、今シーズンはゼニトを指揮。国内リーグ戦では、首位のロコモティフ・モスクワに勝ち点8差で次ぐ2位につけている。 ▽そんなマンチーニ監督は、PSGでの指揮に関心を抱いていることを告白。また、タレント揃いのPSGが数年のうちにチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げる可能性があると主張している。 「是非ともパリ・サンジェルマンで監督をやってみたい。ありえない話ではないだろ? 素晴らしい仕事をした監督でさえ、1日で全てが変わる可能性があるんだ」 「コンタクトはなかったが、将来はわからないよ。PSGは各ポジションに素晴らしい選手がいるんだ。全ての監督がそのようなチームで指揮してみたいと思うだろう」 「PSGは世界でベストなチームの一つだ。ネイマールやキリアン・ムバッペがいるし、チャンピオンズリーグを優勝するチャンスを持っている。今シーズンだけでなく、数年間はその可能性がある」 2018.01.20 13:25 Sat
twitterfacebook
thumb

トッテナムがプレミア移籍希望のルーカス・モウラ獲得に興味?

▽トッテナムがパリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表MFルーカス・モウラ(25)の獲得に興味を持っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽若くして将来を嘱望されるアタッカーとして名を轟かせたルーカス・モウラは、2012年夏にサンパウロからPSGに移籍。以降、主力として活躍し、昨シーズンでもリーグ・アンで37試合12ゴール5アシストを記録するなど結果を残していた。しかし、今シーズンはFWネイマールとFWキリアン・ムバッペといったタレントの加入に伴い、ここまでリーグ・アン5試合の出場機会と出番が減り、移籍の可能性が取り沙汰されている。 ▽そんな中、トッテナムはルーカス・モウラを今冬の移籍市場で獲得する選手の選択肢の一つとして考えている模様。一方、ルーカス自身も今冬での移籍を希望しており、フランス『Le Parisien』に 「パリにとどまる可能性? そうは考えてない」 「パリでの僕の物語は終わりだ。僕はイングランドのフットボールが好きだ。世界でも最高峰のリーグの1つだよ」 とプレミアリーグへの憧れを口にしている。 ▽最近ルーカスは、以前から関心を寄せられているマンチェスター・ユナイテッドと個人間合意に至ったことが報じられた。しかし、『スカイ・スポーツ』はユナイテッドがアーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)の獲得に迫っていることで、ルーカスのユナイテッド加入の可能性が低くなっていると見解を示している。 ▽また、同メディアによるとトッテナムは同じウインガーの選手であるボルドーのU-23ブラジル代表FWマウコム(20)にも興味を持っているようだ。 2018.01.20 11:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ヴェッラッティ元代理人「PSGは黄金の監獄」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティの前代理人が、同クラブを“黄金の監獄”と批判した。イタリア『トゥットスポルト』が伝えている。 ▽ヴェッラッティの前代理人であるドナート・ディ・カンプリ氏は、同選手がバルセロナ移籍に近づいた昨夏に「ヴェッラッティはPSGで囚人のような扱いを受けている」とコメント。移籍を断固拒否するクラブを痛烈に批判した末に、敏腕代理人ミーノ・ライオラ氏に代理人の座を取って代わられることとなった。 ▽当時のことを回想したディ・カンプリ氏が、改めてPSGを激しく揶揄した。 「(PSGでは)人生の中で最も醜い経験をしていたよ。感謝はゼロ、私にとってヴェッラッティなんて存在していなかった。問題はクラブとの闘争だけには留まらない。私は国家と戦っていたんだ。一粒の砂のように拭き取られたよ」 「ネイマールをPSGから移籍させられる人はいないだろう。それは他にも当てはまる。あのチームは他のどこよりもポテンシャルが高く、選手たちは黄金で作られた監獄に居る。決して脱出を決心しない。彼らの契約は他の場所では不可能なものだからね。そうして、リーグ・アンが一つのクラブしかない“パペットリーグ”(傀儡のリーグ)という真実があっても残るんだ」 「私は(ハビエル・)パストーレと一緒に休暇を過ごしていて、彼は凄い男だよ。そして明らかに、あの少ない出場機会が好きではない。それでも、契約はパリにあるんだ…」 2018.01.20 01:29 Sat
twitterfacebook
thumb

「W杯優勝がなくても…」ディ・マリアが同僚メッシを“史上最高の選手”と絶賛

パリ・サンジェルマンFWアンヘル・ディ・マリアは、アルゼンチン代表チームメイトのリオネル・メッシを&ldquo;史上最高の選手&rdquo;と称えた。<br><br>14日に行われたレアル・ソシエダ戦で、メッシはフリーキックを直接ゴールに叩き込み、リーグ通算366ゴール目を記録。ゲルト・ミュラー氏の持つ欧州5大リーグの同一クラブ通算得点記録を更新する大記録を打ち立てた。<br><br>バルセロナで数々のタイトルを勝ち取り、バロンドールを5度受賞するなど、ほぼすべてのタイトルを獲得したメッシだが、唯一ワールドカップには手が届いていない。しかし、ディ・マリアはアルゼンチン代表で世界一になっていなくとも、同選手が&ldquo;史上最高の選手&rdquo;だと語った。<br><br>「メッシはすでに最高の選手だ。W杯で優勝できれば、間違いなく最高の選手と呼ばれるだろうが、彼はもうそのような存在になっている」<br><br>「アルゼンチンは常にW杯優勝候補の一角で、今年の大会でもそれは変わらないだろう。その理由は、僕たちにはメッシがいるからだと思う。もちろん、他にもフランスやスペインなど強豪がひしめき合っているが、アルゼンチンがその中でもベストだ」<br><br>南米予選では、最終節に辛うじて本戦出場を決めたアルゼンチン。しかし、アイスランド、クロアチア、ナイジェリアとグループリーグで対戦することが決まっているディ・マリアは、ロシアで違った結果を得られると自信をのぞかせた。<br><br>「トップを維持するためにハードワークを続けなくてはならない。でも、本戦は予選とは全くの別物だ。勝てなければ、黙って家に帰るだけ。だから、この大会での試合はとても特別なものなんだ。今年のワールドカップで優勝することを僕たちは望んでいる。でも、勝てても、勝てなくても、またカタールで優勝できるチャンスはある」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.19 10:43 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース