コンテ、内容と結果が伴った逆転勝利に「戦う集団だと示せた」2017.09.28 09:09 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーのアントニオ・コンテ監督が、、27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループC第2節のアトレティコ・マドリー戦を振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

▽新スタジアムであるワンダ・メトロポリターノに乗り込んだチェルシーは前半から主導権を握るが、ダビド・ルイスがカラスコを倒してPKを献上。これをグリーズマンに決められて、ビハインドで試合を折り返した。

▽しかし後半もチェルシーが流れを掴むと60分にアザールのクロスからモラタがネットを揺らして同点に。さらに試合終了間際には途中出場のバチュアイに決勝ゴールが生まれ、チェルシーが逆転で勝ち点3を獲得した。

▽試合後、インタビューに応じたコンテ監督は内容と結果が伴ったことに満足感を示した。

「このチームは勝利を手にできるだけのものを持っている。しかしゴール前を固めて、カウンターからゴールを奪っての勝利ならば、そこに満足感はないだろう。敵地であっても、我々は戦う集団であることを示せたことが良かった」

「常に同じパーソナリティを持って試合に臨まなければいけない。つまり、いつものようにプレーして、いつものように勝利を目指すことだ。今日は選手たちがその答えを見せてくれた。非常にポジティブな結果となった」

コメント

関連ニュース

thumb

低調チェルシー、ワトフォードキラーのバチュアイ2ゴールに救われ連敗ストップ!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第9節、チェルシーvsワトフォードによるロンドン・ダービーが21日にスタンフォード・ブリッジで行われ、ホームのチェルシーが4-2で勝利した。 ▽前節、開幕から全敗中の最下位クリスタル・パレス相手に今季初ゴールと初白星を献上した5位チェルシーは、リーグ戦2連敗と調子を落とす。ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のローマ戦ではホームで2点差をひっくり返されるも、エースのアザールのゴールによって3-3のドローに持ち込み、公式戦の連敗をストップした。 ▽直近の試合でアーセナルを破るなど、マルコ・シウバ新監督の下で4位と躍進するワトフォードとのダービーに向けてはローマ戦から先発2人を変更。クリステンセンとザッパコスタに代えてリュディガーとペドロを起用し、ダビド・ルイスを本来の3バックの中央に戻したほか、アウピリクエタを右ウイングバックに配置し、最前線のモラタの下にアザールとペドロを置く本来の[3-4-3]の布陣に戻した。 ▽中2日の過密日程を受けて、早い時間帯に先制点がほしいチェルシーは立ち上がりからサイドを起点に攻勢を強めていく。すると12分、右サイドのゴールライン際でDFブリトスと競ったアザールが微妙な判定ながらCKを獲得する。このCKの流れからボックス右のアザールが丁寧にマイナスパスをペドロに送ると、ボックス手前右のペドロが右足で強いカーブをかけたダイレクトシュートが右ポストの内側を叩きゴールネットに吸い込まれた。 ▽ペドロのゴラッソで先制に成功したチェルシーは16分にも追加点のチャンス。バイタルエリア左でパスを受けたモラタがボックス右にフリーで走り込むセスクへ絶妙な斜めのスルーパスを通す。だが、GKゴメスに詰められたセスクのループシュートは完璧に読まれてしまい、絶好の決定機を逸した。 ▽この決定機以降、なかなかチャンスを作れなくなったチェルシーは、休養十分で球際のバトルで奮闘するアウェイチーム相手に主導権を握られる。それでも、クレバリーやリシャルリソンにフィニッシュに持ち込まれるものの、決定機は許さない。逆に、前半終了間際の40分にはセスクのミドルシュートでゴールに迫るが、ここはGKゴメスの好守に阻まれる。すると、前半終了間際の48分には自陣左サイド深くで与えたスローインの場面でホレバスのロングスローのこぼれをボックス右のドゥクレに右足アウトにかけた見事なシュートでニアを抜かれ、1-1に追いつかれてハーフタイムを迎えた。 ▽後半に入ってもギアが上がらないチェルシーは立ち上がりの48分に右サイドを破ったロベルト・ペレイラの鋭いグラウンダーのクロスからファーでフリーのリシャルリソンに絶好機を許すが、これは相手のシュートミスに救われる。だが、直後の49分に中盤でのバカヨコのボールロストからカウンターを浴びると、ボックス左でボールを持ったリシャルリソンのグラウンダーのパスをファーでフリーのペレイラに冷静に流し込まれ、逆転を許した。 ▽後半立ち上がりの痛恨の失点に動揺するチェルシーは54分にも相手セットプレーの流れからブリトスのクロスをゴール前でドフリーのリシャルリソンに頭で合わせられるが、これは再びリシャルリソンのシュートミスに救われる。 ▽何とか流れを変えたいコンテ監督は61分、疲労困憊のモラタを下げてバチュアイを投入。さらに68分にはマルコス・アロンソに代えてウィリアンを投入し、アスピリクエタを左サイドバックに移した[4-2-3-1]の布陣に変更した。 ▽するとこの選手交代が同点ゴールをもたらす。71分、相手陣内右サイドで得たFKの流れからウィリアンとパス交換した右サイドのペドロがニアを狙ったクロスを入れると、相手DFの前に飛び出したバチュアイが頭で合わせてゴール左隅に流し込んだ。 ▽ワトフォードキラー、バチュアイの対ワトフォード戦3試合連続ゴールで試合を振り出しに戻したチェルシーだが、ここから一気に流れを引き戻すまでには至らない。82分にはボックス内でゴールを背にしてセスクのパスを受けたバチュアイが強引に右足の反転シュートを試みるが、これは枠の右に外れる。さらに86分にはペドロに代わってザッパコスタを右サイドに投入すると、この交代が勝ち越しゴールに繋がる。 ▽87分、右サイド深くでザッパコスタがタメを作って外のウィリアンに短いパスを渡すと、ウィリアンが鋭いクロスを供給。ニアで相手DFカバセレがフリックしたボールをファーに詰めたアスピリクエタが頭で流し込んだ。伏兵の今季初ゴールで試合を再び引っくり返したチェルシーは、試合終了間際の95分にも相手DFの不用意なパスをバカヨコが頭で跳ね返すと、これに反応したバチュアイが冷静にGKとの一対一を制し、ダメ押しの2点目を奪った。 ▽上位対決で大苦戦のチェルシーだったが、ワトフォードキラーのバチュアイの2ゴールなどで打ち合いを制し、リーグ戦の連敗をストップした。 2017.10.21 22:40 Sat
twitterfacebook
thumb

解任も? コンテとチェルシーの関係は終焉か

▽チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督とクラブの関係が悪化の一途を辿っているようだ。著名なジャーナリストであるダンカン・キャスルズ氏が『Yahoo Sport UK』で伝えた。 ▽コンテ監督とクラブの関係が良好ではないことはかねてから報じられている。ダンカン・キャスルズ氏が伝えるところによれば、コンテ監督とクラブ上層部の関係は現在、限界を迎えている。チームも現在、リーグ戦連敗に加えて18日にホームで行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節のローマ戦で3-3に終わっており、選手も指揮官のメソッドに疑問を持ち始めているという。 ▽さらに、監督を頻繁に変えながら成績を残してきたチェルシーを見てきたクラブスタッフ陣は、コンテ監督が既に「デッドマン・ウォーキング」の状態だと比喩しているとのことだ。一方で、コンテ監督自身もシーズン終了後の退団を既に決断したと話しているとも伝えられている。 ▽今季終了をまたず解任される可能性も指摘されているコンテ監督。21日にホームで行われるプレミアリーグ第9節のワトフォード戦では是が非でも白星を取り戻しておきたいところだ。 2017.10.21 10:05 Sat
twitterfacebook
thumb

古巣サポがチェルシーDFリュディガーにモンキーチャント…来月16日にローマの処分が決定か

▽チャンピオンズリーグ(CL)のチェルシーvsローマの中で、チェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガーに対する人種差別行為が行われたとして、欧州サッカー連盟(UEFA)がローマに警告を発した。イギリス『BBC』が報じた。 ▽ローマで評価を高めて今夏チェルシーに加入したリュディガーは、18日に行われたCLグループC第3節で、古巣対戦となるローマ戦に77分から途中出場。試合はドロー決着に終わったものの、3-3の打ち合いを演じるなど白熱した展開をみせた。しかし、その最中に古巣サポーターからリュディガーに対して心ない行為が行われていたようだ。 ▽ロマニスタは、2015年夏からの2年間クラブを支えたリュディガーに対して、モンキーチャント(サルの鳴きまね)を浴びせて非難。『BBC』によれば、これがUEFA規律規則(DR)第14条に抵触する差別的行為にあたり、UEFAからローマに警告が発せられたとのことだ。この一件についての処分は、UEFAの統制・倫理・懲戒機関によって11月16日に下される予定となっている。 ▽また、リュディガーはローマ所属時代にも、ライバルクラブであるラツィオとのダービーマッチで同様の差別的行為の被害にあっていた。その件に関して、同選手は「(ああいったことをするのは)寂しい人だ。僕には理解できない」と発言。悲しみを語っていた。 2017.10.21 00:08 Sat
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー会長、クルトワに来夏オファーを確約か

▽チェルシーの絶対的守護神であるベルギー代表GKティボー・クルトワ(25)が来夏のレアル・マドリー移籍に向かっているようだ。スペイン『Diario Gol』が報じた。 ▽レアル・マドリーのGK人事を巡っては、以前から様々な噂が錯綜。レアル・マドリーの現守護神であるGKケイロル・ナバスを評価していないフロレンティーノ・ペレス会長は、マンチェスター・ユナイテッドのGKダビド・デ・ヘアをトップターゲットに定めているようだが、獲得困難であることから、クルトワに対する関心を強めているという。 ▽また、ペレス会長は、クルトワの元恋人と2人の子供が現在、生活拠点をマドリッドに置いていることを注視。子供らとの同居を希望するクルトワとも接触済みで、本人に来夏のオファーを約束したとのことだ。 2017.10.19 16:15 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:チェルシー 3-3 ローマ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループC第3節、チェルシーvsローマが18日にスタンフォード・ブリッジで行われ、3-3のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽チェルシー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171019_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 クルトワ 5.5 3失点も防げるシュートはきっちり防いだ。クロスへの対応も秀逸 DF 28 アスピリクエタ 5.0 コラロフの1人スルーパスの場面では判断を誤る。空中戦で劣勢を強いられた 27 A・クリステンセン 5.0 大きなミスとは言えないが、相手に詰め切れずに2失点に関与 24 ケイヒル 5.0 ゼコ相手の空中戦ではよく戦った。ただ、ボールを持った場面で苦しむ MF 21 ザッパコスタ 5.5 対面のコラロフに懸命に食い下がった。仕事量はかなり多かった (→リュディガー -) 古巣初対戦を飾る 4 セスク 5.5 バタ付いた中で冷静な繋ぎを見せた。守備では時間の経過と共に球際で劣勢に 30 D・ルイス 6.5 見事なフィニッシュで先制点を奪取。足の具合が気がかりだが、交代するまでアグレッシブなプレーでチームをけん引 (→ペドロ 6.0) なかなか試合に入り切れなかったが、同点ゴールをアシスト 14 バカヨコ 5.5 前半は積極的なプレッシャーでカウンターの起点となるが、後半は押し込まれて耐える展開に 3 マルコス・アロンソ 6.0 相手の右サイドの攻撃に対して、まずまず対応。攻撃では要所で正確なキックを披露 FW 9 モラタ 5.5 アザールの1点目をアシスト。フル出場したが、後半は動きにキレを欠いた 10 アザール 7.0 見事な2ゴールでチームを救う。前半は攻撃的な守備でショートカウンターをけん引しつつ、後半はオープンスペースで積極的に仕掛け続けた (→ウィリアン -) 監督 コンテ 5.5 試合内容では相手に圧倒されたが、懸命なやりくりで何とか勝ち点1を手にした ▽ローマ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171019_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 アリソン 5.0 好守なく3失点。それでも、積極的な飛び出しで背後のスペースをケアした DF 25 ブルーノ・ペレス 5.0 前半はファン・ジェズスと共にビルドアップの部分で苦戦し、失点に関与した。後半は積極的な攻撃参加で盛り返す 20 ファシオ 6.0 チームは3失点も自身は空中戦や粘りの対応でまずまずの出来。ゼコのゴラッソをお膳立て 5 ファン・ジェズス 5.0 後半は一対一の対応など良い面も見せたが、試合序盤の再三のボールロストは頂けない 11 コラロフ 7.0 慣れ親しんだイングランドの地で攻守に躍動。1ゴール1アシストの大暴れだった MF 4 ナインゴラン 6.0 ハイインテンシティでローマの攻守の切り替えのスイッチを入れた 21 ゴナロン 6.5 1アシストを記録するなど、攻守に気を配ったベテランらしい職人ぶりだった 6 ストロートマン 5.5 攻守に及第点の出来。ただ、コンディションの問題か、やや消極的なプレーも多かった (→フロレンツィ -) FW 30 ジェルソン 5.5 先発抜擢で攻守にハードワークをこなしたが、攻撃面でインパクトがほしかった (→ペッレグリーニ 5.0) 無難に試合に入った 9 ゼコ 7.0 ローマでの公式戦100試合目で見事なゴラッソ含む2ゴールの大活躍 8 ペロッティ 6.5 フィニッシュだけうまくいかなかったが、変幻自在の仕掛けや積極的にボールを呼び込むプレーで攻撃の起点となった (→エル・シャーラウィ -) 監督 ディ・フランチェスコ 6.0 ローマらしい勇敢な戦いぶりで勝ち点1を持ち帰る。勝てた試合だったが、0-2からの展開を考えれば、致し方なし ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ゼコ(ローマ) ▽相手エースのアザールやコラロフの活躍も見事だったが、あと一押しが足りない中で圧巻のボレーシュートでゴールをこじ開け、一気に流れを引き寄せたローマの大エースをMOMに選出。以外にも対チェルシーでは初ゴール。 チェルシー 3-3 ローマ 【チェルシー】 D・ルイス(前11) アザール(前37) アザール(後30) 【ローマ】 コラロフ(前40) ゼコ(後19) ゼコ(後25) 2017.10.19 06:21 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース