完敗を認めるシメオネ「チェルシーが勝利に値するチームだった」2017.09.28 08:33 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループC第2節のチェルシー戦を振り返り、完敗を認めている。スペイン『マルカ』が報じた。

▽新スタジアムのワンダ・メトロポリターノで行われた一戦は、グリーズマンのPK弾でアトレティコが先制する。しかし後半に入ると60分にモラタ、試合終了間際にバチュアイのゴールでチェルシーが逆転。そのまま試合は終了し、アトレティコはワンダ・メトロポリターノでの初黒星を喫した。

▽試合を振り返ったシメオネ監督は、アトレティコのパフォーマンスよりもチェルシーの方が良かったと率直な感想を述べている。

「単純にチェルシーの方が我々よりも良かった。どの場面においても、相手は快適にプレーしていたように思う。彼らは完璧に近い試合をした。勝負強く、勝利に値するチームだったと思う」

「我々は歩みを続けるしかない。チームの状態が良くなっているのも事実だ。これを続けていれば、再び勝利を手にできる。今日もチャンスはあったし、サウールが2点差にするチャンスもあった。ただ、この試合ではチェルシーの方が戦術的にも良かったように思う。強さを見せていた」

コメント

関連ニュース

thumb

セビージャに大勝のアトレティコ、シメオネは「ミスが生じるのはプレッシングがあるから」

25日のリーガエスパニョーラ第25節、アトレティコ・マドリーは敵地サンチェス・ピスフアンでのセビージャ戦に5&minus;2で勝利した。ディエゴ・シメオネ監督は試合後、前線からのプレッシングがうまくはまり、ゴールを量産することができたと満足感を表している。<br><br>スペイン『アス』がアルゼンチン人指揮官のコメントを伝えている。<br><br>「最初のムリエルのプレーを除けば、チームは望んでいたような展開にすることができた。ボールを奪う位置は偶然の産物ではない。ミスが生じるためには、プレッシングがなければならない。相手に重圧を与えることで、ミスというものは生まれるんだよ。チームはファンタスティックな試合を演じた」<br><br>「アトレティコ監督として経験した最高の試合? 後半は確実にそうだった。私たちは前半の15分あたりから道を見つけ、より力強く、確信を持ってプレーし始めた」<br><br>またハットトリックを達成したFWアントワーヌ・グリエズマンについても言及している。<br><br>「彼は輝かしい時期にいる。今季はいつものようなスタートを切れず、チームもその影響を受けることになった。しかし今のグリエズマンは素晴らしい調子にある」<br><br>シメオネ監督は一方で、オスカーにちなんで最優秀監督を選ぶとすれば、一体誰になるかとの問いに対して、こう返している。<br><br>「優勝を果たした監督に授与したい。だがシーズンの半ばにいれば、チャンピオンなど存在しない。誰かに与えるわけにはいかないね」<br><br>提供:goal.com 2018.02.26 10:15 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:セビージャ 2-5 アトレティコ・マドリー《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第25節、セビージャvsアトレティコ・マドリーが25日にサンチェス・ピスファンで行われ、2-5でアトレティコ・マドリーが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽セビージャ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180226_10_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 セルヒオ・リコ 4.5 不用意なパスで自ら失点を御膳立てし、PKも献上…悪夢のような試合に DF 16 ヘスス・ナバス 5.5 積極的な攻撃参加から決定機を作り出したが無念の負傷交代 (→ラユン 5.0) 対面のフィリペ・ルイスに完敗も最後にアシスト 25 メルカド 4.5 ジエゴ・コスタを相手にフィジカル勝負を挑んで敗北。後半には最悪のバックパス失点の要因に 5 ラングレ 5.5 フォローに回ったが歯が立たず 18 エスクデロ 5.0 うまくチェックをかけたがクロスを許すシーンも MF 17 サラビア 6.0 タイミング良く中央に顔を出し、意地の1ゴール 10 バネガ 4.5 試合を破壊することになるミスを犯した 22 フランコ・バスケス 5.5 カウンターから好機に絡んだが結果には繋がらず (→ノリート 6.0) 途中出場ながら悔しさを晴らす得点 15 エンゾンジ 5.0 中盤のフィルターになれず、展開力も発揮できず 11 ホアキン・コレア 5.5 再三の仕掛けで奮闘したが実ることはなかった (→イェデル 6.0) アシストで気を吐くことはできたが FW 20 ムリエル 5.0 序盤のシュートを決めたかった 監督 モンテッラ 5.0 途中出場の選手が得点に絡んだが、ホームで不甲斐ないミスを連発した最悪の印象は拭えず ▽アトレティコ・マドリー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180226_10_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 オブラク 6.0 序盤に1点もののセーブを披露したが、完封ならず DF 16 ヴルサリコ 6.5 対面のホアキン・コレアを封じつつ攻撃に顔を出す場面も 24 ホセ・ヒメネス 6.0 不用意なポジショニングから危機を招いたがその後は冷静に対応 2 ゴディン 6.5 相手の攻撃を跳ね返し続けた 3 フィリペ・ルイス 6.5 上下運動を繰り返し左サイドで脅威に MF 8 サウール 6.5 突破からグリーズマンのハットトリックを演出 5 トーマス 6.0 味方がフォローを必要としている場面に顔を出し続けた (→アンヘル・コレア 6.0) 落ち着きかけていた前線を活性化 14 ガビ 6.5 相手のカウンター時には必ずチェック 6 コケ 6.5 流石の運動量でPK獲得に貢献&1得点 (→ビトロ 6.0) かつての本拠地で積極的にシュートを放った FW 18 ジエゴ・コスタ 7.0 相手のミスを見逃さず貴重な先制点を奪取しPKも獲得 (→ガメイロ -) 7 グリーズマン 7.0 圧巻のゴラッソで試合を楽にし、相手のミスを突き試合を決定付けた 監督 ディエゴ・シメオネ 6.5 重要な選手を休ませる余裕をみせつつ上位対決で完勝 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! グリーズマン(アトレティコ・マドリー) ▽前線で常に脅威になり、徹底的に相手の嫌がることをした。エースとしてハットトリックを決めた中でも、2得点目のゴラッソは圧巻 2018.02.26 06:43 Mon
twitterfacebook
thumb

グリーズマンハットのアトレティコが敵地で5発快勝! セビージャ終盤2発も及ばず…《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第25節セビージャvsアトレティコ・マドリーの上位対決が、25日にサンチェス・ピスファンで行われ、2-5でアトレティコ・マドリーが勝利した。 ▽リーガ4戦連続無失点勝利中の2位アトレティコ・マドリー(勝ち点55)が、連勝中の5位セビージャ(勝ち点39)のホームに乗り込んで行った一戦。 ▽セビージャは、ゴールレスドローで終えたミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)マンチェスター・ユナイテッド戦からスタメンを変更せず。現状のベストメンバーでこの一戦に臨んだ。 ▽対するアトレティコは、1-0で勝利してラウンド16進出を決めたミッドウィークのヨーロッパリーグ(EL)コペンハーゲン戦からスタメンを6名変更。ファンフラン、セルヒオ・ゴンサレス、ビトロ、アンヘル・コレア、トーレス、ガメイロに代えて、ヴルサリコ、ゴディン、トーマス、サウール、グリーズマン、ジエゴ・コスタを起用した。 ▽中国移籍が騒がれているカラスコは登録メンバーから外れ、サンチェス・ピスファン凱旋となるビトロはベンチに座った。 ▽試合が始まると、セビージャがいきなりチャンスを迎える。3分、右サイドを駆け上がったヘスス・ナバスが、浅い位置から中央にグラウンダーのパスを供給。しかし、ボックス内に飛び込んだムリエルがワントラップして放ったシュートはGKオブラクのファインセーブに遭い、こぼれ球を拾ったホアキン・コレアが狙ったシュートも枠を外れた。 ▽セビージャは右サイドを中心に積極的に攻撃を仕掛けていくが、18分にアクシデントが発生する。序盤から果敢な攻撃参加をみせていたヘスス・ナバスがふくらはぎを抑えつつ座り込み、交代を要求。セビージャはラユンを起用し、早くも交代枠を一つ使うこととなった。 ▽ペースを掴みたいアトレティコは25分、ハーフウェーライン付近でボールを持ったホセ・ヒメネスが、思い切って右足を振り抜き、ロングシュートを狙う。ボールは大きく枠を外れたが、悪い雰囲気の打開を試みていく。 ▽ややセビージャの攻撃が鳴りを潜め始めた29分、アトレティコはチャンスを見逃さなかった。バネガがGKセルヒオ・リコからのパスを受けに下がったところ、ジエゴ・コスタが猛プレスをかける。ボールを奪い切り、そのまま対応が遅れたGKセルヒオ・リコの虚を突き、先制点を沈めた。 ▽失点後もボールを支配しつつ攻め込もうとするセビージャだったが、ホアキン・コレアが再三に渡り仕掛けていくも、アトレティコの強固な守備を崩すには至らない。逆に38分には、GKセルヒオ・リコが阻んだもののカウンターからボックス内に侵攻したジエゴ・コスタにシュートを浴びせられた。 ▽相手にボールを持たせるような形で効率的に攻撃を完結させるアトレティコは、42分にも好機を作り出す。相手陣内中央付近でルーズボールを拾ったグリーズマンが、DF4人に囲まれながらもボックス手前まで侵攻。右足を振り抜き、ゴール左上に突き刺した。 ▽アトレティコは、エースの一撃でリードを広げて試合を折り返すことに成功。巻き返しを図りたいセビージャだったが、後半に入ってもアトレティコの時間帯は途切れない。 ▽51分、またしても最前線でボールを奪い切ったジエゴ・コスタが、コケとのワンツーでボックス内左に侵攻。すると、GKセルヒオ・リコが前に出てブロックを試み、ジエゴ・コスタを転倒させてしまい、PKを与えることに。キッカーのグリーズマンが決めきり、スコアは3-0となった。 ▽一矢報いたいセビージャは60分、疲れの見えるホアキン・コレアに代えてイェデルを投入。対するアトレティコも、64分にトーマスに代えてアンヘル・コレアを投入し、前線の圧力を高く保つ。 ▽すると65分、メルカドの不用意なGKセルヒオ・リコへのバックパスを、グリーズマンがインターセプト。駆け上がったコケにボールを送り、コケが冷静に流し込んだ。 ▽4点目差を付けて試合を決定的なものとしたアトレティコは、71分にコケに代えてサンチェス・ピスファン凱旋となるビトロを投入。77分にはジエゴ・コスタとガメイロを入れ替えて、さらにリフレッシュを図っていく。 ▽さらに81分にも、ボックス手前左でボールを持ったサウールが、ドリブルでボックス内左の深い位置まで突破。中央への折り返しをグリーズマンが落ち着いて決め、ハットトリックとした。 ▽それでも85分、カウンターからボックス内右に侵攻したイェデルが中央に折り返す。反応したサラビアが落ち着いて決め、一矢報いることに成功。さらに試合終了間際の89分にも、途中出場のノリートが気を吐くゴールを決めたが、試合は直後に終了を迎えた。 ▽この結果、アトレティコは無失点ではなかったものの、大量5発を奪って5連勝。対するセビージャは、ホームで大敗を喫して上向きかけた調子に水を差すこととなった。 2018.02.26 06:42 Mon
twitterfacebook
thumb

F・トーレス獲得を狙う中国の大連一方…年俸として約20億円を用意

大連一方への移籍を考慮しているアトレティコ・マドリーFWフェルナンド・トーレスだが、中国へと渡る場合には巨額の年俸を受け取ることになるようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>大連一方はアトレティコMFヤニク・フェレイラ=カラスコとの交渉に臨んでいる機会に乗じて、F・トーレス獲得の可能性も模索。一方F・トーレスは、ディエゴ・シメオネ監督が自身の慰留にも努めるかとの問いに「ノー」と返答したことを受け、心のクラブを退団する可能性を考慮し始めたとされる。現在、F・トーレスの代理人業を務めるバイーア・インテルナシオナルが、大連一方のオファーを検討しているようだ。<br><br>『マルカ』によれば、大連一方は3月で34歳となるF・トーレスに対し、年俸として1500万ユーロ(約20億円)を支払う考えがある模様。なおF・トーレスがクラブ退団を決断した場合、アトレティコはその移籍を妨げないことを同選手と約束しているとされる。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.26 03:00 Mon
twitterfacebook
thumb

シメオネ、中国移籍が噂される2選手について「カラスコは交渉中。トーレスは知らない」

25日のリーガエスパニョーラ第25節、アトレティコ・マドリーは敵地サンチェス・ピスフアンでのセビージャ戦に臨む。前日会見に出席したディエゴ・シメオネ監督は、セビージャに敗退に追いやられたコパ・デル・レイ準々決勝とは、また異なる一戦になるとの見解を示した。<br><br>「もちろん、先の試合とはまた別物だ。コパの2ndレグでは逆転のためにゴールを奪う必要があったが、今は勝ち点を獲得するためにあそこに赴く」<br><br>「セビージャはとても良い仕事を実現している。縦に速く、中盤を支配でき、フランコ・バスケスは中盤のトランジションの起点で、ヘスス・ナバスとエスクデロはサイドを見事に守っている。彼らの良質な仕事ぶりは、その数字が物語っているよ」<br><br>シメオネ監督は一方で、中国の大連一方への移籍が噂されるMFヤニック・カラスコ、FWフェルナンド・トーレスについても言及。セビージャ戦の招集リストに含めなかったカラスコが移籍交渉中であることは認めながら、リストに含めたF・トーレスの移籍の可能性は関知していないようだ。<br><br>「あまり意見を言うことはできない。カラスコは交渉中で、フェルナンドについてはクラブから何も報告を受けていない。28日に中国の市場が閉まってから、以降にどういったことが起こり得るのかという見当をつけたい」<br><br>中国の移籍市場が2月28日まで開いていることは、快く感じていないようだ。<br><br>「中国の市場が28日に閉鎖するというのは、監督にとって良いものではない。移籍は選手本人だけでなく、代理人などその周囲の人々も関与して話し合われることであり、長い時間がかけられる。ほぼ2カ月間、選手の頭の中に移籍の可能性がちらつき続けるんだよ。市場は共通の期間を設ける方が好ましい」<br><br>シメオネ監督はまた、アトレティコの選手であっても中国移籍に傾くことについて感想を求められると、こう返した。<br><br>「選手個人の問題について首を突っ込む気はない。スポーツ面における成長ならば私は満足だし、金銭面の話ならば、それは個人の選択となる。フットボールにおいて、私が驚きを感じることは存在しない。中国移籍はすでに現実の選択肢なんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.25 11:30 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース