レーティング:パリ・サンジェルマン 3-0 バイエルン《CL》2017.09.28 05:54 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループB第2節、パリ・サンジェルマン(PSG)vsバイエルンが27日にパルク・デ・プランスで行われ、ホームのPSGが3-0で完勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽パリ・サンジェルマン採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
16 アレオラ 6.5
再三の決定機を阻止。多くのセットプレーの場面でも冷静な対応が光った

DF
32 ダニエウ・アウベス 7.0
ネイマールとの阿吽の呼吸で先制点を奪取。安定した守備に加え、攻撃面でも圧巻の存在感

5 マルキーニョス 6.5
押し込まれた中でも常に適切なポジショニング、判断を見せてクリーンシートに貢献

2 チアゴ・シウバ 7.0
世界最高クラスのレヴァンドフスキを完封。空中戦でもかなり身体を張った

20 クルザワ 6.0
無謀な攻撃参加を控え、堅実な対応でチームを助けた

MF
6 ヴェッラッティ 6.5
課題の守備面で奮闘しつつ、攻撃の場面では高精度のパスでカウンターの起点に

(→ドラクスラー -)

8 モッタ 6.5
抜群のバランス感覚で流動的なミュラーやハメス・ロドリゲスを封殺。繋ぎの質も高かった

(→ロ・セルソ -)

25 ラビオ 6.5
トリッソ、ビダルというタフな相手に対して、全く引けを取らないインテンシティで圧倒

FW
29 ムバッペ 7.0
1アシストを含め、2ゴールに絡むまさに怪物級の活躍。ネイマールの3点目に繋がる仕掛けは鳥肌もの

(→ディ・マリア -)

9 カバーニ 7.0
前線からの激しい守備に加え、貴重な2点目を奪い、CL6戦連発

10 ネイマール 7.0
開始直後の圧巻アシストに加え、泥臭い一撃で完勝に貢献

監督
エメリ 6.5
難敵相手に完璧な試合運びで完勝

▽バイエルン採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
26 ウルライヒ 5.5
個人としてできることはやったが、厳しい3失点

DF
32 キミッヒ 5.0
攻守両面で奮闘したが、楽しみにしていたネイマールとの対戦では完敗

8 ハビ・マルティネス 6.5
チームとして大量失点も個人としては素晴らしい守備を何度も披露。攻撃でもセットプレーを中心にチャンスに絡んだ

4 ジューレ 4.5
相手の強力トリデンテを前に粉砕される。やや判断に躊躇が見えた

27 アラバ 4.5
負傷明けのぶっつけ本番で絶好調のムバッペ相手ではさすがにきつかった

MF
24 トリッソ 5.0
自身の持ち味を出せないまま、前半のみの出場に

(→ルディ 5.5)
中盤の守備を立て直したが、プラスアルファがほしかった

6 チアゴ 5.5
負傷明けの中で最低限の仕事はこなした

23 ビダル 5.5
後半は積極的に前線に顔を出すなど、劣勢の中で気持ちは見せた

FW
25 ミュラー 5.0
積極的な動き出しで起点にはなっていたが、フィニッシュの場面で怖さがなかった

(→ロッベン 5.0)
大勢が決した中、今日の相手にさすがに1人で何とかするのは難しかった

9 レヴァンドフスキ 5.5
前線で身体を張って存在感は見せたが、今日はチームとして機能しなかった

11 ハメス・ロドリゲス 5.0
プレースキックやクロス以外に見せ場なし。インテンシティの高い試合に入り切れなかった

(→コマン 5.0)
古巣相手に見せ場は作ったが、流れを変えるまでには至らず

監督
アンチェロッティ 4.5
[4-3-2-1]の布陣を含め、メンバー選考などに多くの疑問。とりわけ、戦術批判の影響か、フンメルスを外した決断が痛恨に…

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ネイマール(パリ・サンジェルマン)
▽怪童ムバッペやダニエウ・アウベスの活躍も見事だったが、圧巻の個人技で試合の流れを引き寄せる先制点アシストを決めたネイマールをMOMに選出。カバーニとの衝突でチームの輪を乱した反省か、攻守によく戦った。

パリ・サンジェルマン 3-0 バイエルン
【パリ・サンジェルマン】
ダニエウ・アウベス(前2)
カバーニ(前31)
ネイマール(後18)

コメント

関連ニュース

thumb

【CLグループB総括】本命のPSGとバイエルンが余裕の突破

▽本命のパリ・サンジェルマンとバイエルンが2試合を残してグループステージ突破を決める順当過ぎる結果に終わったグループB。セルティックとアンデルレヒトは2強に立てつくことができなかった。 ■グループB順位表■ [勝ち点/得失点] 1:パリ・サンジェルマン[15/21] 2:バイエルン[15/7] 3:セルティック[3/-13] 4:アンデルレヒト[3/-15] ◆GS最多得点記録更新でバイエルンを上回り首位通過~パリ・サンジェルマン~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_56_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ネイマールとムバッペを加えて欧州最高峰の攻撃陣となったPSGは、2戦目のバイエルン戦を3-0と快勝。圧巻の破壊力を見せ付けると、2試合を残して突破を確定させた。5試合目までに奪ったゴール数は24を数え、昨季のドルトムントが作った21ゴールのグループステージにおける最多ゴール記録を更新した。ただ、4点差以上での大敗を喫しなければ首位通過が決まる最終節のバイエルン戦で1-3と完敗し、エメリ監督の解任報道が出る事態となったのは決勝トーナメントに向けて不安材料だ。 ◆ハインケス就任でV字回復~バイエルン~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_57_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽2戦目でPSGに0-3と完敗し、アンチェロッティ監督解任に踏み切ったバイエルン。結果的にこの判断が奏功することとなった。2011-12シーズンにクラブを3冠に導いたハインケス監督は抜群の人心掌握術を発揮し、チーム状態をV字回復させた。守護神ノイアーやチアゴ、リベリら一部主力を負傷で欠いたものの、トリッソやジューレ、ハメス・ロドリゲスら新戦力をチームにフィットさせたことで大幅な戦力ダウンには陥らなかった。PSG同様、2試合を残してグループステージ突破を決め、最終節のPSG戦では3-1と快勝。逆転での首位通過こそならなかったが、しっかりとリベンジを果たした。 ◆辛くもELへ~セルティック~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_58_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季同様、厳しいグループに組み込まれたセルティックは本命の2チームに太刀打ちできなかった。PSGには2試合で12ゴールを叩き込まれる惨敗を喫し、バイエルンにはホームで1-2と善戦したものの、2連敗に終わった。アンデルレヒトとは1勝1敗となったが、ゴール数で上回り、辛くもヨーロッパリーグに回る権利を得た。 ◆最後に1勝~アンデルレヒト~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_59_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽3年ぶりのCL参戦となったベルギー王者は見せ場なく今大会を終えた。PSGとバイエルンにとって安牌な存在でしかなかったアンデルレヒトは、ELを懸けた最終節でセルティックに何とか1勝を挙げるのが精いっぱいだった。 2017.12.13 18:01 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルン、来夏で満了を迎える“ロベリー”との契約交渉は春先に実施へ

▽バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)が、来年6月に契約が切れる元オランダ代表MFアリエン・ロッベン(33)と元フランス代表MFフランク・リベリ(34)との交渉についてコメントした。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽2009-10シーズンにレアル・マドリーからバイエルンに加入したロッベンは、昨季までの8シーズンで公式戦251試合128ゴールをマーク。今シーズンもリーグ戦で11試合4ゴールとパフォーマンスを維持している。 ▽一方、2007-08シーズンにマルセイユからバイエルンに加入したリベリは、昨季までの10シーズンで公式戦347試合125ゴール。しかし今シーズンは負傷の影響もありリーグ戦で7試合出場でノーゴールに留まっている。 ▽両者はともに2018年6月までの契約となっている。そんな中、ルンメニゲCEOは、両選手がチームにとって重要な選手だとしながらも、契約に関する交渉はまだ先になることを明かした。 「フランクもアリエンも偉大な歴史を持った人物たちであり、我々にとって重要な選手だ。しかしまずは彼らがどういう決断をするのかを知りたい。近い将来、先のことに関する交渉を行うことは事実だ。早くて春先になるだろうね」 ▽なお、ロッベンは今シーズン限りでの現役引退を示唆。一方のリベリは、アリアンツ・アレーナでプレーを続けたいと考えているようだ。 2017.12.13 16:29 Wed
twitterfacebook
thumb

守護神の離脱が相次ぐも…バイエルンはドイツ代表GKの獲得報道を一蹴「何の根拠もない」

バイエルンはレバークーゼンのドイツ代表GKベルント・レノの獲得に動いていないようだ。クラブはドイツ紙『ビルト』の報道を「何の根拠もない」と一蹴した。<br><br>バイエルンはキーパー陣のやりくりに苦しんでいる。長期離脱を強いられる正守護神マヌエル・ノイアーのほか、控えGKのスヴェン・ウルライヒや若手のクリスティアン・フリュヒテルも離脱中。9日のフランクフルト戦はベテランのGKトム・シュタルケがゴールマウスを守っている。<br><br>『ビルト』は先日、バイエルンはそのため今冬にもレノの獲得に乗り出す模様だと伝えていた。しかし、バイエルン側はそれを強い口調で否定。声明で「この報道には何の根拠もない」と伝え、同紙に対して「法的処置を取る」とも強調した。<br><br>当初は今シーズン後半戦に復帰する見通しとなっていたノイアーだが、現時点ではその時期は具体的に伝えられておらず不透明となっている。本人も最近、「ワールドカップには出場できる」としか語っていないことも今回の噂話につながったのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.13 06:04 Wed
twitterfacebook
thumb

大迫勇也、肺炎で来年1月半ばまで離脱…ブンデスリーガ最下位ケルンにさらなる打撃

ケルンに所属する日本代表FWの大迫勇也は肺炎のため、来年1月半ばまでの離脱を強いられるようだ。シュテファン・ルーテンベック監督が12日の会見で明かしている。<br><br>出場停止のため欠場した前節フライブルク戦までほとんどすべての公式戦に出場してきた大迫だが、今後しばらく不在となるようだ。ルーテンベック監督は12日、翌日のバイエルンとのアウェイマッチに向けた会見で、「彼は肺炎になってしまった」と明かしている。<br><br>地元紙『エクスプレス』によれば、「これにより大迫は1月半ばまで離脱することになる」という。従ってバイエルン戦をはじめ、16日の第17節ヴォルフスブルク戦(ホーム)や19日のDFBポカール3回戦のシャルケとのアウェイマッチを欠場することになる。加えて大迫は1月14日のボルシアMG戦(ホーム)、同20日のハンブルガーSV戦(アウェイ)の出場も回避することになるかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.12 22:58 Tue
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第16節プレビュー】大迫がバイエルンと対戦、香川vs武藤も

▽週末に行われた前節では首位バイエルンがフランクフルトに辛勝した一方、2位ライプツィヒがマインツに引き分けて8ポイント差に広がった。そして、ブレーメンに敗れてリーグ戦8試合勝利から見放されたドルトムントがついにボス監督を解任している。火曜日と水曜日に行われる第16節では大迫のケルンがバイエルン戦を、ボス監督を解任してシュティーガー監督を迎えたドルトムントが武藤のマインツと対戦する試合などが組まれている。 ▽まずは水曜日に行われるバイエルンvsケルンから。レヴァンドフスキやフンメルス、アラバら一部主力を温存してフランクフルトに1-0と辛勝した首位バイエルン(勝ち点35)は、未勝利のケルンを確実に下して独走態勢を盤石なモノにしたい。 ▽一方、前節フライブルク戦を出場停止のため欠場となった大迫は、チームが0-3から大逆転負けを喫する屈辱を、スタンドから見守らなければならなかった。歯がゆい思いをした中、フェー監督を迎えてリーグ戦初勝利を目指す中、大迫はギラシーと共にFWでスタメン予想となっている。 ▽続いて火曜日に行われるドルトムントvsマインツ。香川がアシストを記録したものの、ブレーメンに1-2と競り負けた8位ドルトムント(勝ち点22)は、ケルンを解任されたばかりのシュティーガー監督を招へいし、立て直しを図る。まずは崩壊している守備の整備をシュティーガー監督には求めたいところだが、初陣で結果を残せるか。なお、香川はベンチスタート予想となっている。 ▽一方、ライプツィヒに善戦して2-2と引き分けに持ち込んだ14位マインツ(勝ち点16)は、ここ3試合背中の痛みで欠場している武藤が先発予想だが、4試合ぶりの勝利となるか。 ▽そして、今節もう一試合の日本人対決ではハンブルガーSV vsフランクフルトが組まれている。15位HSV(勝ち点15)は、前節ヴォルフスブルク戦を0-0で引き分け、2戦連続ゴールレスドロー中。ヴォルフスブルク戦では伊藤が3試合ぶりに先発し、キレのあるドリブルで存在感を示したが、フランクフルト戦はベンチスタート予想。11試合ぶりにベンチスタートで出場機会のなかった酒井高は先発復帰予想となっている。 ▽対するフランクフルトは前節バイエルン戦を0-1と惜敗。善戦したが、勝ち点を得るには至らなかった。バイエルン戦がベンチ外だった長谷部はベンチスタート予想、鎌田はベンチ外予想となっている。 ▽その他、前節レバークーゼン戦で先発を外れ、チームも得意のホームで敗れたシュツットガルトの浅野は、ホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨むが、引き続きベンチスタート予想となっている。そして、ここ2試合勝利のない2位ライプツィヒはヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨む。 ◆ブンデスリーガ第16節 ▽12/12(火) 《26:30》 ヴォルフスブルク vs ライプツィヒ ハンブルガーSV vs フランクフルト 《28:30》 フライブルク vs ボルシアMG マインツ vs ドルトムント ▽12/13(水) 《26:30》 ホッフェンハイム vs シュツットガルト 《28:30》 レバークーゼン vs ブレーメン シャルケ vs アウグスブルク ヘルタ・ベルリン vs ハノーファー バイエルン vs ケルン 2017.12.12 18:00 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース