レーティング:パリ・サンジェルマン 3-0 バイエルン《CL》2017.09.28 05:54 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループB第2節、パリ・サンジェルマン(PSG)vsバイエルンが27日にパルク・デ・プランスで行われ、ホームのPSGが3-0で完勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽パリ・サンジェルマン採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
16 アレオラ 6.5
再三の決定機を阻止。多くのセットプレーの場面でも冷静な対応が光った

DF
32 ダニエウ・アウベス 7.0
ネイマールとの阿吽の呼吸で先制点を奪取。安定した守備に加え、攻撃面でも圧巻の存在感

5 マルキーニョス 6.5
押し込まれた中でも常に適切なポジショニング、判断を見せてクリーンシートに貢献

2 チアゴ・シウバ 7.0
世界最高クラスのレヴァンドフスキを完封。空中戦でもかなり身体を張った

20 クルザワ 6.0
無謀な攻撃参加を控え、堅実な対応でチームを助けた

MF
6 ヴェッラッティ 6.5
課題の守備面で奮闘しつつ、攻撃の場面では高精度のパスでカウンターの起点に

(→ドラクスラー -)

8 モッタ 6.5
抜群のバランス感覚で流動的なミュラーやハメス・ロドリゲスを封殺。繋ぎの質も高かった

(→ロ・セルソ -)

25 ラビオ 6.5
トリッソ、ビダルというタフな相手に対して、全く引けを取らないインテンシティで圧倒

FW
29 ムバッペ 7.0
1アシストを含め、2ゴールに絡むまさに怪物級の活躍。ネイマールの3点目に繋がる仕掛けは鳥肌もの

(→ディ・マリア -)

9 カバーニ 7.0
前線からの激しい守備に加え、貴重な2点目を奪い、CL6戦連発

10 ネイマール 7.0
開始直後の圧巻アシストに加え、泥臭い一撃で完勝に貢献

監督
エメリ 6.5
難敵相手に完璧な試合運びで完勝

▽バイエルン採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
26 ウルライヒ 5.5
個人としてできることはやったが、厳しい3失点

DF
32 キミッヒ 5.0
攻守両面で奮闘したが、楽しみにしていたネイマールとの対戦では完敗

8 ハビ・マルティネス 6.5
チームとして大量失点も個人としては素晴らしい守備を何度も披露。攻撃でもセットプレーを中心にチャンスに絡んだ

4 ジューレ 4.5
相手の強力トリデンテを前に粉砕される。やや判断に躊躇が見えた

27 アラバ 4.5
負傷明けのぶっつけ本番で絶好調のムバッペ相手ではさすがにきつかった

MF
24 トリッソ 5.0
自身の持ち味を出せないまま、前半のみの出場に

(→ルディ 5.5)
中盤の守備を立て直したが、プラスアルファがほしかった

6 チアゴ 5.5
負傷明けの中で最低限の仕事はこなした

23 ビダル 5.5
後半は積極的に前線に顔を出すなど、劣勢の中で気持ちは見せた

FW
25 ミュラー 5.0
積極的な動き出しで起点にはなっていたが、フィニッシュの場面で怖さがなかった

(→ロッベン 5.0)
大勢が決した中、今日の相手にさすがに1人で何とかするのは難しかった

9 レヴァンドフスキ 5.5
前線で身体を張って存在感は見せたが、今日はチームとして機能しなかった

11 ハメス・ロドリゲス 5.0
プレースキックやクロス以外に見せ場なし。インテンシティの高い試合に入り切れなかった

(→コマン 5.0)
古巣相手に見せ場は作ったが、流れを変えるまでには至らず

監督
アンチェロッティ 4.5
[4-3-2-1]の布陣を含め、メンバー選考などに多くの疑問。とりわけ、戦術批判の影響か、フンメルスを外した決断が痛恨に…

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ネイマール(パリ・サンジェルマン)
▽怪童ムバッペやダニエウ・アウベスの活躍も見事だったが、圧巻の個人技で試合の流れを引き寄せる先制点アシストを決めたネイマールをMOMに選出。カバーニとの衝突でチームの輪を乱した反省か、攻守によく戦った。

パリ・サンジェルマン 3-0 バイエルン
【パリ・サンジェルマン】
ダニエウ・アウベス(前2)
カバーニ(前31)
ネイマール(後18)

コメント

関連ニュース

thumb

【ブンデス第4節プレビュー】久保vs浅野&原口、シャルケvsバイエルン開催

▽前節はバイエルンがレバークーゼンを撃破して開幕3連勝とし、大迫と久保の日本人対決はドロー決着に終わった。迎える第4節は久保ニュルンベルクvs浅野&原口ハノーファーの日本人対決やシャルケvsバイエルン、ホッフェンハイムvsドルトムントのCL出場チーム対決が行われる。 ▽まずは日本人対決から。大迫ブレーメンとの日本人対決を後半追加タイム弾で追いついてドローに持ち込んだ久保のニュルンベルクだが、今季未勝利が続く。開幕3試合連続フル出場中の久保だが、ブレーメン戦ではチームが押し込まれたこともあり、見せ場は作れなかった。そろそろ目に見える結果が欲しいところだが、浅野&原口の代表の先輩の前で移籍後初弾となるか。 ▽一方、ヴェルナーの2発でライプツィヒに打ち負けたハノーファーも未勝利となっている。開幕3試合連続スタメン中の浅野はライプツィヒ戦では幾つかゴールに迫るシーンがあったが決め切れず。前節途中出場の原口は見せ場を作れなかった。こちらもそろそろ移籍後初ゴールが欲しいところだが、久保の前でゴールとなるか。 ▽続いてシャルケvsバイエルン。前節ボルシアMG戦を1-2と落としてまさかの開幕3連敗スタートとなったシャルケは、CLポルト戦では2つのPK献上がありながら1-1で引き分けた。なかなか浮上のキッカケを見出せない中、バイエルンから勝ち点をもぎ取ることはできるか。古巣対決となるルディにも注目だ。 ▽対するバイエルンはレバークーゼンに快勝して開幕3連勝とし、CLではベンフィカ相手に2-0と順当勝利を飾った。良い流れを持続している中、不調の相手を叩いて開幕からの連勝を4に伸ばしたい。こちらは古巣対決となるゴレツカに注目だ。 ▽そして、ホッフェンハイムvsドルトムント。前節はデュッセルドルフに敗れて1勝2敗スタートとなったホッフェンハイムは、初のCLに臨んだシャフタール戦では逃げ切れず2-2で引き分けた。ドルトムントに勝利して戦績を五分に戻せるか。 ▽一方、アルカセルの移籍後初ゴールなどでフランクフルトに快勝したドルトムントは、CLクラブ・ブルージュ戦では終盤の幸運弾で辛勝した。クラブ・ブルージュ戦で今季初出場を果たした香川は試合の流れを好転させる働きを見せ、ファブレ監督へのアピールに成功している。戦力外に近い形から這い上がりつつある香川だが、ホッフェンハイム戦でも出場のチャンスを得られるか。 ▽その他、2戦連発はならなかったブレーメンの大迫はアウグスブルクとのアウェイ戦を、リーグ戦ではスタメン落ちが続いているものの、ELではDFLスーパーカップ以来となるフル出場を果たしたフランクフルトの長谷部はライプツィヒとのホーム戦を、前節今季初のベンチ入りを果たしたデュッセルドルフの宇佐美はシュツットガルトとのアウェイ戦に臨む。 ◆ブンデスリーガ第4節 ▽9/21(金) 《27:30》 シュツットガルト vs デュッセルドルフ ▽9/22(土) 《22:30》 ヴォルフスブルク vs フライブルク アウグスブルク vs ブレーメン ヘルタ・ベルリン vs ボルシアMG ホッフェンハイム vs ドルトムント ニュルンベルク vs ハノーファー 《25:30》 シャルケ vs バイエルン ▽9/23(日) 《22:30》 レバークーゼン vs マインツ 《25:00》 フランクフルト vs ライプツィヒ 2018.09.21 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

R・サンチェスが恩返し弾…キミッヒはベンフィカサポーターの反応に感銘「見たことがない」

バイエルン・ミュンヘンのポルトガル代表MFレナト・サンチェスは古巣ベンフィカとの試合でゴールを決め、2-0の勝利に大きく貢献。相手サポーターがそのゴールにスタンディングオベーションを送る光景にDFヨシュア・キミッヒが感銘を受けたようだ。<br><br>19日のチャンピオンズリーグ(CL)グループE開幕節ベンフィカ戦で今シーズン初出場を迎えたR・サンチェスはロベルト・レヴァンドフスキの先制弾(10分)の起点に。そして54分には自陣の深い位置からドリブルで相手ペナルティエリア前まで持ち運び自ら起点となると、最後はハメス・ロドリゲスのパスを押し込み、ついにバイエルンでの初ゴールをマークした。<br><br>そんなサンチェスのゴールによりホームチームが2点ビハインドとされたにも関わらず、ベンフィカサポーターたちはスタンディングオベーションを送った。ドイツ『シュポルト1』によると、その光景を目にしたキミッヒは試合後、以下のように語っている。<br><br>「相手のファンが立ち上がって拍手するのは今まで見たことがない。彼とともにものすごく喜んでいる。彼は19歳のときに1人でやってきて言葉も通じなかった。苦しむこともあったけど、今日は最高なプレーを見せてくれた。最初の瞬間から自信を持って臨んだ。脱帽するよ」<br><br>2016ユーロの最優秀若手選手に選ばれたサンチェスは大会後にベンフィカからバイエルンへ加わったものの、期待に応えられず。昨シーズンはレンタル先のスウォンジー・シティでも不遇のときを過ごした。しかし、ニコ・コバチ監督にはそのダイナミックさを「まるでローター・マテウスのよう」と例えられた同選手はここに来て復活の兆しを見せた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.20 23:04 Thu
twitterfacebook
thumb

R・サンチェス、古巣ベンフィカに恩返し弾で復活の兆し…バイエルン指揮官も称賛

バイエルンのニコ・コバチ監督が、古巣のベンフィカからゴールを挙げたMFレナト・サンチェスを称賛している。<br><br>バイエルンは19日、チャンピオンズリーググループステージ第1節でベンフィカと対戦。R・サンチェスは古巣との一戦で今シーズン初の先発を飾った。1点リードの後半には自らドリブルで持ち運んで起点となると、最後はハメス・ロドリゲスのパスを押し込み、2-0の勝利に大きく貢献している。<br><br>コバチ監督は「チアゴ(アルカンタラ)がケガしたため、今日はレナトにチャンスが回ってきた。彼には『気楽にやれ。君のプレーを見せるだけでいい。ここは君のホームだろ』と伝えていたよ。これだけできることはわかっていた。2ゴール奪うチャンスはあったけど、満足している」と称賛しつつ、「若い選手だし、落ち着かなければならないということは常に念頭に置く必要がある」と釘を刺している。<br><br>また、サンチェスのゴール時にはベンフィカサポーターからも拍手が送られ、ゴールセレブレーションも見せず、スタジアムには美しい光景が広がった。サンチェス自身も素晴らしい夜となったことを語っている。<br><br>「リスボンでの夜を楽しむことができてとても嬉しい。ベンフィカサポートにも感謝したい。僕にとって特別な瞬間だったし、楽しめたよ」<br><br>2016年夏にベンフィカからバイエルンへ加わったものの、真価を発揮できず、昨シーズンもスウォンジー・シティで不遇のときを過ごしたサンチェス。しかし、持ち前のダイナミックさを発揮し、復活の兆しを見せたと言えそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.20 17:16 Thu
twitterfacebook
thumb

今季初出場レナト・サンチェスの恩返し弾などでベンフィカ撃破のバイエルンが白星スタート!《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループE第1節のベンフィカvsバイエルンが19日に行われ、0-2でバイエルンが勝利した。 ▽予選3回戦から勝ち上がり、4大会連続で本選出場を決めたベンフィカは、3トップにサルビオ、セフェロビッチ、セルヴィを並べた[4-3-3]の布陣を採用。その他にもピッツィやジェドソン・フェルナンデスら主力が順当に先発で起用された。 ▽一方、6度目のCL制覇を目指すドイツ王者のバイエルンは、15日に行われたレバークーゼン戦から先発を6人変更。負傷交代したトリソやミュラー、チアゴらに代わり古巣対決となるレナト・サンチェスやハメス、フンメルスらが先発に名を連ねた。 ▽[4-2-3-1]を採用したバイエルンは、2列目に右からロッベン、ハメス、リベリを並べ、最前線にレヴァンドフスキを配置。そのバイエルンは、積極的なプレスでボール奪取を狙うベンフィカにやや苦戦するも10分、ボックス左から侵入したリベリの縦パスをオーバーラップしたアラバがダイレクトクロス。これを中央のレヴァンドフスキがボディフェイントで相手DFをずらして右足を振り抜くと、これがゴール左隅に決まった。 ▽先制を許したベンフィカは、28分に反撃。セルヴィの左クロスはアラバにクリアされるもこぼれ球をボックス右で拾ったピッツィの折り返しをサルビオが狙ったが、これはGKノイアーの好守に阻まれた。 ▽バイエルンは、40分に決定機。ノイアーのロングフィードをレヴァンドフスキが頭でつなぐとこぼれ球を相手DFがクリアミス。このボールを拾ったリベリがダイアゴナルに切り込みラストパスを救急したが、ボックス内に走り込んだロッベンのダイレクトシュートは、GKヴラチョディモスが右手で弾き出した。 ▽迎えた後半、再び試合を動かしたのはリードするバイエルン。54分、自陣でボールを受けたR・サンチェスがドリブルで持ち上がりカウンター。バイタルエリア右でパスを受けたのレヴァンドフスキが左サイドにボールを振ると、これを受けたリベリがボックス内まで切り込みボックス左のスペースへパスを供給。これに反応したハメスのクロスをゴール前に走り込んだR・サンチェスが滑り込みながらで流し込んだ。 ▽リードを広げられたベンフィカの反撃は60分、右サイド高めの位置で獲得したFKからピッツィがクロスを供給すると、これをルベン・ジアスがヘディングで合わせたが、シュートはGKノイアーが好反応を見せて右手で弾き出した。 ▽守護神の好セーブでピンチを凌いだバイエルンは、69分にもアラバのアーリークロスに飛び込んだニャブリがゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 ▽結局、試合はそのまま3-0で終了。今季公式戦初出場となったR・サンチェスの恩返し弾などでベンフィカを撃破したバイエルンが白星スタートを飾った。 ▽また、同日に行われたグループE第1節のアヤックスvsAEKアテネは、3-0でアヤックスが勝利した。試合が動いたのはゴールレスで迎えた後半早々の46分、右CKのこぼれ球をF・デ・ヨングが頭で繋ぐと、ボックス右手前で受けたネレスがクロスを供給。これをゴール前に抜け出したタグリアフィコが左足で流し込み、アヤックスが先制した。 ▽先制したアヤックスは、77分にもボックス右から仕掛けたタディッチのクロスを途中出場のファン・デ・ベークがボレーシュートで流し込み、追加点を奪った。 ▽アヤックスは試合終了間際の90分にも、エイティングのロングパスで左サイドを駆け上がったタグリアフィコがボックス左から直接シュートをゴールに突き刺し、試合を決定づける3点目。結局、試合はそのまま3-0で終了した。 ▽ホームで完勝したアヤックスは10月2日のグループE第2節でバイエルンとのアウェイ戦に臨み、AEKアテネはベンフィカをホームに迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a> 2018.09.20 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

キングスレー・コマンのケガは予想より重傷か…復帰は来年とも

▽バイエルンのフランス代表FWキングスレー・コマンのケガは思ったよりも深刻なのかもしれない。 ▽コマンは8月24日に行われたホッフェンハイムとのブンデスリーガ開幕戦で、前半終了間際に左足首を負傷。翌日、バイエルンから手術を行うことが発表され数週間の離脱が見込まれていた。 ▽フランス『レキップ』がドイツ『ビルト』もとに伝えるところによると、当初は11月中旬の復帰予定だったが、どうやらケガは思ったより深刻なようで、最悪の場合、復帰時期は2019年まで伸びる可能性もあるとのことだ。 ▽2015年からの2年間のレンタル移籍を経て、2017年に完全移籍でユベントスから加入したコマンは、ここまで公式戦96試合に出場し16ゴール22アシストをマーク。昨季はコンスタントに出場機会を得られていたものの、シーズン終盤に足首のじん帯を部分断裂し、リーグ戦出場は21試合だった。また、このケガの影響もあってか、ロシア・ワールドカップに臨むフランス代表メンバーからも落選していた。 2018.09.19 19:00 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース