ルカク2発などで圧勝のユナイテッドが連勝! バーゼルに5発大敗のベンフィカがまさかの連敗…《CL》2017.09.28 06:13 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループA第2節、CSKAモスクワvsマンチェスター・ユナイテッドが27日にルジニキ・スタジアムで行われ、アウェイのユナイテッドが4-1で勝利した。

▽バーゼルとの開幕節を3-0の快勝で飾ったユナイテッドは、国内リーグでも5勝1分けの無敗と絶好調。ベンフィカとの初戦を2-1で勝利しているCSKAモスクワとの一戦に向けては、直近のサウサンプトンから先発5人を変更。バイリーと共にスモーリング、リンデロフを3バックに配し、両ウイングバックにヤングとブリント、負傷者続出のセントラルMFはマティッチとエレーラのコンビとなる3トップはムヒタリアン、ルカク、マルシャルが務めた。

▽試合は開始早々に動く。4分、ボックス左手前で仕掛けたマルシャルの浮き球のクロスをファーサイドでDFに競り勝ったルカクが頭で流し込んだ。

▽ルカクの2試合連続ゴールでいきなりリードを奪ったユナイテッドは、13分にもブリントの鋭い左クロスをゴール前に飛び込んだムヒタリアンがワンタッチで合わすが、ここはGKアキンフェエフの正面を突く。それでも、18分にはボックス右に抜け出したムヒタリアンが相手DFシェンニコフと交錯し、ユナイテッドにPKが与えられる。これをキッカーのマルシャルが冷静に決めた。

▽その後も攻勢を続けるユナイテッドは27分、左サイド深くでマルシャルが入れた何でもないクロスをDFヴァシリフ・ベレズツキが痛恨の空振り。ファーに流れたボールをルカクが難なく流し込んだ。このラッキーな3点目で勝利を大きく引き寄せたユナイテッドは、その後もルカクの強烈なミドルシュートなどで、4点目に近づく。また、守備の局面ではヴィチーニョらの個人技にやや手を焼くも、前半終盤のチャロフやヴィチーニョの決定機をGKデ・ヘアの圧巻のセーブなどで凌ぎ、前半を3-0で終えた。

▽迎えた後半、開始4分にマルシャルのクロスからルカクにハットトリックのチャンスが訪れるなど、後半も相手を押し込むユナイテッド。すると57分、最終ライン裏へ抜け出したマルシャルのシュートが相手GKを襲うと、このこぼれ球に詰めたムヒタリアンが冷静に流し込み、後半最初のゴールを奪った。

▽この4点目で試合の大勢を決したユナイテッドは、ムヒタリアンに代えてリンガード、ヤングに代えてダルミアンを続けて投入。さらに、足を痛めたマルシャルに代えてラッシュフォードを投入したユナイテッドは、リンガードらに幾つか決定機が訪れるものの、意地を見せる相手GKアキンフェエフにことごとく阻まれる。その後、試合終了間際に途中出場のクチャイェフにゴールを決められ、クリーンシートこそ逃したものの、敵地で4-1の快勝を収め、グループステージ2連勝を達成した。

▽また、同日行われたグループAのもう1試合、バーゼルvsベンフィカは、ホームのバーゼルが5-0で圧勝し今大会初勝利を手にした。

▽共に初戦を落とした両者が今大会初勝利を目指す一戦は、開始早々に動く。2分、相手守備陣の連係ミスを突きこぼれ球に反応したラングが冷静に流し込み、ホームのバーゼルが早々に試合を動かす。その後、20分にカウンターからオベルリン、59分にはファン・ヴォルフスヴィンケルがPKでゴールを重ねる。

▽一方、厳しい3失点を喫したベンフィカは、それに追い打ちをかけるように63分にアウメイダが危険な両足タックルで一発退場となり、数的不利まで背負う。その後、オベルリンに2点目を許すなど、大量5失点を喫したベンフィカは開幕2連敗と厳しいスタートとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

インテル、ジョアン・マリオを狙うユナイテッドに要求する選手は!?

▽インテルがマンチェスター・ユナイテッドのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(28)の獲得を狙っているようだ。イタリア『コッリエ・デロ・スポルト』が報じている。 ▽先日、ユナイテッドがインテルのポルトガル代表MFジョアン・マリオ(24)の獲得に興味を持っていることが報じられた。ジョゼ・モウリーニョ監督のお気に入りである同選手の獲得に向けて、ユナイテッドは元スペイン代表MFフアン・マタ(29)の譲渡を交渉材料に使いたいと考えているという。 ▽しかしインテル側はマタに魅力を感じていない模様。ユナイテッドが選手の譲渡を交渉材料とするのであれば、ムヒタリアンの獲得を望んでいるという。インテルは当初、同じくジョアン・マリオの獲得を望んでいたパリ・サンジェルマンに対して、アルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ(28)とのトレードを持ちかけていた模様。しかし、現在はより積極的なユナイテッドからムヒタリアンを引き出そうとしているようだ。 ▽2016-17シーズンにドルトムントからユナイテッドに加入したムヒタリアンは、移籍初年度に公式戦41試合11ゴールをマーク。今シーズンはリーグ戦12試合の出場にとどまっている。 2017.12.14 09:23 Thu
twitterfacebook
thumb

【FIFA18体験記】赤い悪魔・ユナイテッドが圧巻の強さを見せるシティを迎える“マンチェスター・ダービー"

▽圧巻のグラフィックとリアルさを追求し、バーチャルとリアルの境界線を曖昧にするほどの表現を追求した『FIFA 18』。超ワールドサッカー編集部体験記の第3回は10日に行われるプレミアリーグの一戦。マンチェスター・ユナイテッドvsマンチェスター・シティの“マンチェスター・ダービー"に挑戦します。 <span style="font-weight:700;">◆今シーズンの覇権争いを左右するダービー</span> ▽ジョゼ・モウリーニョ監督に率いられ、2シーズン目を迎えるユナイテッドと、圧倒的な強さを誇りリーグ首位を独走するシティの一戦。 ▽今シーズン最初の“マンチェスター・ダービー"は、ユナイテッドのホームであるオールド・トラッフォードで行われます。 ▽2位のユナイテッドと首位のシティ。両チームの勝ち点差は15節を終えた時点で「8」となっており、結果次第ではシーズンの行方が左右されるでしょう。 <span style="font-weight:700;">◆ユナイテッドが牙をむく!</span> ▽ホームのユナイテッドを操作してまずはプレー。すでに、シティvsサウサンプトンをプレーしたことで、シティの強さは十分知り尽くしているつもりです。 ▽試合はユナイテッドが優勢に進めます。まずは17分、ヘンリク・ムヒタリャンのパスを受けたロメル・ルカクがボックス手前中央からシュート。これが決まり、ユナイテッドが先制します。 ▽さらに前半終了間際の42分には、フアン・マタがセンターサークル付近でボールを持つと、ロングスルーパス。これに反応したルカクが最終ラインの裏をとると、そのまま冷静に流し込み、ユナイテッドが2点リードで前半を終えます。 ▽圧倒的な強さを誇るシティに対し、リードしているユナイテッドは、76分にも追加点。アンソニー・マルシャルからのパスを受けたルカクがそのままダイレクトで叩くと、マルシャルが落ち着いて沈めて勝負あり。ユナイテッドが3-0でシティを下しました。ユナイテッド強し。 <span style="font-weight:700;">◆シティもやっぱり強かった…</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/ea20171210_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽ということで、例のごとくシティを使ってもプレー。するとやっぱり強いんですよ。シティは。 ▽まずは13分、右サイドを仕掛けたガブリエウ・ジェズスがグラウンダーのクロス。これを、セルヒオ・アグエロがシュート。GKダビド・デ・ヘアがセーブするも、アグエロが自ら詰めてシティが先制します。 ▽しかし35分、ユナイテッドが追いつきます。右サイドからのアシュリー・ヤングのクロスをマーカス・ラッシュフォードがファーで合わせて同点となります。 ▽それでもシティは強かった。前半終了間際の45分、CKからジョン・ストーンズがヘッドで折り返すと、最後はダビド・シルバが蹴り込み、シティが勝ち越しに成功。後半はこう着状態が続いたものの、93分にスルーパスに抜け出したリロイ・ザネが決めて勝負あり。3-1でシティが勝利しました。 <span style="font-weight:700;">◆ハイレベルな戦い</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/ea20171210_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽今回マンチェスターの両クラブを使用しましたが、どちらも選手個々のレベルの高さを感じました。ルカクはスピードだけでなくパワーと精度があり、シティのザネはテクニックとスピードに。どちらもチームも操作することで3得点を奪えたことを考えると、チームのレベルが高いことが分かります。ちなみに、サウサンプトンでの悔しさをユナイテッドで果たすことに成功しました! にしても、実際と同じでシティは強すぎるぞ…そんなところで、また次回です。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/pxonVw" target="_blank">『FIFA 18』をプレーしよう!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">★僕の「Alex Hunter」</span> ▽よもやのチェルシー退団、ロサンゼルス・ギャラクシー入りとなった「Alex Hunter」。しかし、世界中が注目する若き才能はMLSで爆発した。デビュー戦は途中出場ながら1ゴール1アシスト、2戦目には先発すると2ゴール3アシストと爆発。3戦目にしてハットトリックを達成するなど、アメリカでのキャリアは順風満帆なスタートとなった。 レーティング:78(2↑) 市場価格:$16,119,999(37%↑) 性格:情熱的 MLS:7試合14ゴール11アシスト プレミアリーグ:3試合出場4ゴール3アシスト <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/6oqwwj" target="_blank">『FIFA 18』で<br />「The Journey」をプレーしよう!</a><hr></div> 2017.12.14 09:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ルカクが5試合ぶり今季9点目! 前半のリード守り抜きユナイテッドがボーンマスに勝利! 《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・ユナイテッドは13日、プレミアリーグ第17節でボーンマスをオールド・トラッフォードに迎え、1-0で勝利した。 ▽前節マンチェスター・シティとの頂上決戦で1-2の敗北を喫した2位のユナイテッド(勝ち点35)と、直近のリーグ4試合で勝ちがない14位のボーンマス(勝ち点16)が対戦。ユナイテッドはシティ戦からスタメンを4名変更し、ロホ、A・ヤング、エレーラ、ラッシュフォードに代えて、フィル・ジョーンズ、ショー、マクトミネイ、マタを起用した。 ▽序盤は、後方からマティッチがボールによく絡みつつ好機を窺うユナイテッドに対し、ウィルソンに当てつつスピーディーにフィニッシュを狙うボーンマスという構図が続く。21分には左サイドでボールを持ったダニエルがドリブルで中央まで運んでミドルシュート。ボールは枠を捉えていたが、GKデ・ヘアの牙城は崩せなかった。 ▽試合が動きを見せたのは26分、ユナイテッドのスコアラーが強さを発揮する。ボックス手前左でボールを持ったマタが、アーリークロスを供給。ボックス内のルカクは相手DF2人に挟まれていたが、競り合いを制すと頭で合わせ、ネットを揺らした。 ▽反撃に出たいボーンマスには、34分に決定機が訪れる。左CKを獲得すると、ボールは中央の密集地を抜けてボックス右のフランシスの下へ。千載一遇のチャンスにフリーで左足を振り抜いたが、シュートは枠を大きく越えていった。 ▽1点のリードで迎えた後半、ユナイテッドはややゆったりとしたペースに。それでも相手が徐々に攻勢を強めた60分、カウンターからボックス左に抜け出したルカクがシュート。GKベゴビッチが飛び出してこぼれたところにマルシャルが反応したが、追加点とはならなかった。 ▽82分、追う展開となっているボーンマスにチャンス。ボックス右に侵攻したA・スミスが中央に折り返すと、途中出場のデフォーがボックス右の角度の無いところからシュートを放つ。しかし、これはGKデ・ヘアが身体でブロック。同点弾にはできなかった。 ▽結局、試合はユナイテッドが前半のリードを維持したまま終了。ホームチームが手堅く白星を確保した一方、ボーンマスは5戦勝ちなしとなっている。 2017.12.14 07:08 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、2000万ポンドのU-21ドイツ代表MF獲得に関心か

▽マンチェスター・ユナイテッドがホッフェンハイムに所属するU-21ドイツ代表MFナディム・アミリ(21)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽アフガニスタン出身のアミリは、2015年にホッフェンハイムでトップチームデビュー。卓越したテクニックと攻撃センスに加え、球際でも強さを見せる攻撃的MFは、今シーズンの公式戦18試合に出場し4ゴール2アシストを記録している。また、今年行われたU-21欧州選手権ではU-21ドイツ代表の主力として優勝に貢献していた。 ▽『ミラー』の伝えるところによれば、ユナイテッドは現在、トッテナムやアーセナルも獲得に関心を示す万能型MFの獲得に関心を示しているという。ただ、アミリの才能を高く評価するホッフェンハイムは、放出条件を2000万ポンド(約30億円)程度に設定しており、現時点で即戦力とは言い難い、同選手の獲得に早い段階で動くかは微妙なところだ。 2017.12.14 00:45 Thu
twitterfacebook
thumb

【CLグループA総括】ユナイテッド貫禄突破、バーゼルが躍進

▽昨季ヨーロッパリーグ(EL)王者であるマンチェスター・ユナイテッドを筆頭に、ポルトガル王者のベンフィカ、スイス王者のバーゼル、そして予選から勝ち上がってきたロシアリーグ2位のCSKAモスクワが同居したグループAでは、ユナイテッドが貫録の首位通過。そして、注目の2位争いはバーゼルが制した。 ■グループA順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.マンチェスター・ユナイテッド[15/5/0/1/9] 2.バーゼル[12/4/0/2/6] 3.CSKAモスクワ[9/3/0/3/-2] 4.ベンフィカ[0/0/0/6/-13] ◆貫禄の首位通過~マンチェスター・ユナイテッド~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_20_tw.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽EL王者のユナイテッドは開幕から4連勝を達成し、4試合を終えた時点でほぼ首位通過を決定づけた。ただ、第5節でバーゼルに敗れたことで実際に突破を“確定”させたのは最終節だったため、ラスト2試合でローテーションしきれなかった点は誤算だった。それでも、5勝を記録したあたりは、欧州での勝ち方を熟知しているモウリーニョ監督らしい安定感だ。CL決勝トーナメント進出は実に4シーズンぶりとなるレッド・デビルズ。セビージャとの対戦が決まっている中、名門復活をアピールするためにはリーグ戦だけでなくCLでもきっちりと8強入りすることが必要だ。 ◆スイスの雄が快挙~バーゼル~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_20_tw2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽スイスの雄が快挙を成し遂げた。初戦でユナイテッドに0-3で敗戦したことを引きずることなく、第2節ではホームでベンフィカを5-0と一蹴。これで自信をつけたチームは、第3節にCSKAモスクワとのアウェイ戦を2-0で制した。また、第5節でもホームでユナイテッドに試合終盤、DFミヒャエル・ラングのゴールで1-0の勝利。これには、テニス界のレジェンドであるロジャー・フェデラーも「信じられない瞬間だね、言葉で言い表せないよ! ワォ! おめでとう」と母国クラブの快挙を称えた。ユナイテッド戦をのぞけば失点数はわずかに「2」。決勝トーナメント1回戦ではマンチェスター・シティと戦うことが決まったが、組織的な守備とインテンシティの高さを武器に、ジャイアントキリングを再現したい。 ◆好スタートも一歩及ばず~CSKAモスクワ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_20_tw3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽勝ち点9を獲得したCSKAモスクワだが、一歩及ばず3位フィニッシュ。初戦、ベンフィカとのアウェイ戦を2-1でモノにし、このグループの2位争いを面白くした。ただ、アウェイで2勝した一方、ホームで手にした勝ち点が3と、本来は大きなアドバンテージとなるホーム戦で勝ち点を積み重ねることができなかった点は痛く、ヴァシリ&アレクセイのベレズツキ兄弟やイグナシェビッチらベテラン勢も国内リーグならまだしも、この舞台ではスピードとアジリティ不足となっており、欧州で躍進するためには世代交代が必要な時期だろう。 ◆今大会最大のネガティブ・サプライズ~ベンフィカ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_20_tw4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ベンフィカは6戦全敗の最下位で、今大会最大のネガティブなサプライズとも言える結果に終わった。初戦のホーム戦を落とし、2戦目のバーゼル戦では0-5の大敗。そこからユナイテッドとの2連戦だっただけに、モチベーションを維持することも難しかっただろう。GKエデルソン、DFリンデロフ、DFセメドら主力の流出はやはり痛かったが、それでもネームバリューではCSKAモスクワとバーゼルを上回っていた。ルイゾンやサルビオ、サマリス、セフェロビッチら本来チームを牽引すべき選手たちの低調なパフォーマンスが結果に響いた。 2017.12.13 18:00 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース