レーティング:アトレティコ・マドリー 1-2 チェルシー《CL》2017.09.28 05:44 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループC第2節、アトレティコ・マドリーvsチェルシーが27日にワンダ・メトロポリターノで行われ、チェルシーが2-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽アトレティコ・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 オブラク5.5
失点シーン以外は及第点の守り

DF
20 フアンフラン 5.5
アザールとマルコス・アロンソの対応に追われたが、持ち味の攻撃参加もあった

2 ゴディン 6.0
正確なラインコントロールで隙を与えず

19 リュカ 5.5
モラタのマークにつききれず失点に関与

3 フィリペ・ルイス 5.5
あまり攻撃参加できず、守備に奔走

MF
6 コケ 6.0
劣勢の中盤の中で気の利いたポジショニングで攻撃をけん引

5 トーマス 5.5
中盤を押し込まれ仕事ができず

(→ホセ・ヒメネス 5.5)
途中出場も何もできなかった

8 サウール 5.5
カンテとバカヨコに手を焼くも、先制点のPKを誘発

10 カラスコ 5.5
中盤の主導権争いに苦労。攻撃よりも守備が目立った

(→トーレス 5.5)
唯一のシュートは可能性無く

FW
7 グリーズマン 6.0
PK弾だけなく、前線からの守備でも貢献

11 コレア 5.5
チェルシーの守備陣に抑え込まれ、役割が果たせず

(→ガイタン 5.5)
途中出場も流れを変えられず

監督
シメオネ 5.0
選手交代で明暗。出場選手は何もできず

▽チェルシー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 クルトワ 6.0
PK被弾も、それ以外は安定したセービング

DF
28 アスピリクエタ 6.0
安定した守備で隙を見せず

30 D・ルイス 5.5
全体的には問題なかったが、前半にPKを献上してしまった。

24 ケイヒル 5.5
安定のパフォーマンス。グリーズマンを封じた

MF
15 モーゼス 5.5
右サイドで攻守にわたって貢献も、決定的な仕事はできず

7 カンテ 6.5
広範囲の守備と運動量で攻守に貢献

4 セスク 5.5
攻撃のタクトを振るうも今日は彼の日ではなかった

(→A・クリステンセン -)

10 アザール 6.5
再三チャンス演出。アシストも記録し、攻撃の中核を担った

(→ウィリアン -)

14 バカヨコ 6.0
カンテの上がりを上手くカバー。攻守の切り替えも〇

3 マルコス・アロンソ 6.5
高いポジショニングで攻撃に関与。決勝点をアシスト

FW
9 モラタ 6.5
同点ゴールを記録。ポストプレーもこなし存在感を発揮

(→バチュアイ 7.0)
途中出場で値千金の決勝点

監督
コンテ 6.5
確かな戦術眼で、選手交代が功を奏した

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
バチュアイ(チェルシー)
▽途中出場で監督の期待に応え、値千金の決勝弾を挙げた。

アトレティコ・マドリー 1-2 チェルシー
【アトレティコ・マドリー】
グリーズマン(前40)【PK】
【チェルシー】
モラタ(後15)
バチュアイ(後48)

コメント

関連ニュース

thumb

【CLグループC総括】“死の組”を制したのはローマ! チェルシー2位通過で昨季4強アトレティコが敗退…

▽昨季ベスト4の本命アトレティコ・マドリーに加え、プレミアリーグ王者のチェルシー、セリエA2位のローマと強豪3チームが揃い、“死の組”と評されたグループCでは、3番人気のローマが下馬評を覆して首位通過。また、不調のアトレティコを振り切ったチェルシーが2位通過を決めた。 ■グループC順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.ローマ[11/3/2/1/3] 2.チェルシー[11/3/2/1/8] 3.アトレティコ・マドリー[7/1/4/1/1] 4.カラバフ[2/0/2/4/-12] ◆柔軟性のある戦いで“死の組”制す~ローマ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_102_tw2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季の主力であるFWサラー、DFリュディガーらの流出に加え、バンディエラのFWトッティの引退、CL初経験のディ・フランチェスコ新監督の采配と、多くの不安要素を抱えて今大会に臨んだローマ。だが、終わってみれば格上アトレティコ、チェルシーとの三つ巴の争いを制し首位通過を決めた。アトレティコとの初戦を新守護神GKアリソンの圧巻のゴールキーピングでゴールレスドローで終えると、第2節のカラバフ戦で順当に初勝利。その後、チェルシーとの連戦では初戦でFWゼコ、2戦目でFWエル・シャーラウィが2ゴールずつを奪う活躍を披露し、1勝1分けで首位に浮上。その後、崖っぷちのアトレティコに初黒星を喫するも、最終節でカラバフに勝ち切って首位通過を決めた。ディ・フランチェスコ新監督の下、持ち味のハイライン&ハイプレスの能動的なスタイルに加え、後方に構えての堅守速攻と柔軟性を兼ね備える、より大人な今季のローマは、決勝トーナメント1回戦で同じセリエA勢のナポリを退けてグループFを2位通過したウクライナ王者シャフタールと対戦する。 ◆安定感欠き痛恨の2位通過に~チェルシー~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_102_tw3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽CLの舞台での経験値という部分でこそ劣るものの、戦力面と智将コンテ監督の手腕という部分で本命に推す声もあったチェルシーだったが、最終節でローマに抜かれて2位通過となった。初戦のカラバフ戦に続き、第2節でアトレティコ相手に新本拠地ワンダ・メトロポリターノでの公式戦初黒星を与え連勝スタート。だが、ローマとの連戦ではMFカンテを欠いた中、2戦を通じて守備面を中心にミスが目立ち、1敗1分けで首位陥落。その後、ローマの取りこぼしで首位に返り咲いて最終節を迎えたが、FWモラタらの決定力不足が響き、アトレティコ相手にドロー止まりに終わった。この痛恨ドローの結果、イングランド勢で唯一の2位通過となったチームは、決勝トーナメント1回戦で優勝候補バルセロナといきなり激突することになった。 ◆グループ本命の昨季ベスト4が散る~アトレティコ・マドリー~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_102_tw4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽FIFAからの補強禁止処分があったものの昨季ベスト4に導いた主力が揃って残留したことで、首位通過の大本命となったアトレティコ。しかし、同じく昨季ベスト4のモナコと共にグループステージ敗退という憂き目を味わうことになった。昨季同様に堅守は健在も、FWグリーズマンらの不調で深刻な得点力に陥り、6戦中4度のドローと勝ち切れないグループステージとなった。とりわけ、試合を完璧に支配した初戦のローマ戦、格下カラバフとの連戦では、引いた相手を崩す術を持たず、ほとんどゴールの可能性を感じさせない体たらくだった。ラウンド32からの参戦となるヨーロッパリーグ(EL)ではコペンハーゲンとの対戦となるが、EL優勝に向けては同様の課題を克服できるかが重要となる。 ◆アゼルバイジャン史上初の快挙~カラバフ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_102_tw5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽アゼルバイジャン史上初のグループステージ進出を果たした時点で偉業達成といえたが、強豪揃いのグループステージでも2つの偉業を成し遂げた。初戦のチェルシー戦では0-6の大敗を喫するも、第2節のローマ戦ではMFペドロ・エンリケの得点でCL初得点を記録。また、アトレティコとの連戦では史上初の勝ち点獲得を含め、2つのドローと大健闘を見せた。今大会で初勝利を飾ることはできなかったが、来季以降再びこの舞台に返り咲き、その偉業を成し遂げる可能性は十分にあるはずだ。 2017.12.13 18:02 Wed
twitterfacebook
thumb

プレミア復帰が噂されるトーレス、一転してアトレティコ残留か

▽アトレティコ・マドリーの元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(33)が、愛するクラブでの現役引退を望んでいることを明かした。『フットボール・エスパーニャ』が報じている。 ▽アトレティコの下部組織で育ったトーレスは、一度は愛するクラブを離れるもリバプール、チェルシー、ミランを経て2015年に復帰。サポーターたとの間でも“エル・ニーニョ"(=神の子)として長らく親しまれてきた。 ▽しかし今シーズンは出場機会に恵まれておらず、出場したリーガエスパニョーラの試合は10試合だが、先発出場は1度だけとなっており、251分のプレータイムにとどまっている。 ▽そんな中、先日にイギリス『ミラー』は、トーレスにはアメリカや中国行きの選択肢があると主張。しかし本人はもう一度プレミアリーグでのプレーを希望しているとして、来年1月にレンタル移籍でニューカッスルやサウサンプトンに売り込みをかけたと報じられている。 ▽しかしトーレス自身はアトレティコでのプレーを続けることがベストだと主張。2018年6月までとなっている契約を延長して、アトレティコに残りたいと思っているようだ。 「このクラブでの最後のシーズンにならないことを願っているよ。僕の目標はこのクラブで戦い続けること。確かに、いつ最後の試合になるかもわからないけれど、まだ辞めるつもりはないんだ」 「ゴールだけが全てではないし、ゴールを決めたからと言ってスタメンが確約されるわけではない。でもクラブのために全力で取り組まなければいけないことに変わりはないんだ。これからも今のレベルを維持して、もっと出場機会を増やせるように取り組んでいきたいね」 2017.12.13 08:24 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、ヴルサリコの残留を希望...シメオネがヒル・マリンCEOに要望

アトレティコ・マドリーは、DFシメ・ヴルサリコの残留を希望しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。<br><br>アトレティコで定位置を確保できていないヴルサリコは、ジュゼッペ・リソ代理人を通じて1月の移籍市場での退団を申し出たとされる。クロアチア代表DFにはナポリが強い関心を寄せている。<br><br>アトレティコはヴルサリコを獲得する際、サッスオーロに移籍金1600万ユーロ(約21億円)を支払った。首脳陣は同選手獲得に2500万ユーロ(約33億円)以上の移籍金を提示するクラブがあれば移籍を考慮する意向だったが、ディエゴ・シメオネ監督は異なる見解を持っていた様子だ。<br><br>ヴルサリコの残留を願うシメオネ監督は、先週ミゲル・アンヘル・ヒル・マリンCEOを含めヴルサリコとの話し合いの場を設け、その意思を25歳DFに伝えたという。指揮官は先のベティス戦(1-0)でヴルサリコを先発起用し、ヴルサリコはMFサウール・ニゲスの決勝点をアシストして、それに応えている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.13 06:01 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、エース抜きの試合で16戦無敗...グリーズマン不在でも問題なし

アトレティコ・マドリーは、FWアントワーヌ・グリーズマン不在の試合において無敗を維持している。<br><br>グリーズマンは、10日のリーガエスパニョーラ第15節ベティス戦を負傷欠場。エースを欠いたアトレティコだが、MFサウール・ニゲスの得点で1-0の勝利を手にした。<br><br>グリーズマンは2014年夏にアトレティコに加入して以降、16試合を欠場している。しかしながらアトレティコはフランス代表FW抜きの試合で2014-15シーズン(3試合3分け)、15-16シーズン(3試合2勝1分け)、16-17シーズン(5試合3勝2分け)、今シーズン(5試合3勝2分け)と負けなしだ。<br><br>アトレティコは今季、リーガで15試合中9試合を無失点で終えている。堅守を武器に、ディエゴ・シメオネ監督率いるチームは現在3位に位置している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.13 04:11 Wed
twitterfacebook
thumb

ヴルサリコはナポリ移籍を希望か…ローマやユベントスも獲得に興味

▽アトレティコ・マドリーに所属するクロアチア代表DFシメ・ヴルサリコ(25)は、今冬でのナポリ移籍を望んでいるようだ。イタリア『Rai Sport』の記者であるチノ・ベナラト氏が、イタリアラジオ『Radio CRC』に明かしたことを『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽半年近くに及ぶ負傷離脱を強いられたアルジェリア代表DFファウジ・グラムの代役探しに奔走するナポリは、セリエA経験のあるクロアチア代表サイドバックに目をつけており、今冬での獲得が噂されてきた。 ▽チノ・ベナラト氏によると、ヴルサリコの代理人を務めるジュゼッペ・リソ氏とナポリでスポーツディレクターを務めるクリスティアーノ・ジュントーリ氏の間で電話会談が行われた際にリソ氏が、ヴルサリコはナポリに移籍できることを非常に喜んでいるとナポリ側に語ったという。 ▽ヴルサリコについては移籍金の兼ね合いで獲得交渉が難航していたが、ナポリはアトレティコの要求する2000万ユーロ(約26億円)を満額支払うことで合意に至った模様。 ▽しかし、ヴルサリコにはサッスオーロ時代の恩師であるエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督の率いるローマや、ユベントスが興味を示しており、正式契約まで油断のできない情況だ。 2017.12.12 03:18 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース