世界最高額のトリデンテがバイエルンを粉砕! PSGがグループステージ2連勝!《CL》2017.09.28 05:53 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループB第2節、パリ・サンジェルマン(PSG)vsバイエルンが27日にパルク・デ・プランスで行われ、ホームのPSGが3-0で完勝した。

▽前節、FWカバーニとFWネイマール、FWムバッペの世界最高額トリデンテ揃い踏みの活躍でセルティックに5-0の大勝を収めたPSGだが、その後の国内リーグでPKキッカーを巡ってネイマールとカバーニが衝突するなど、スター軍団ゆえのマン・マネジメントの難しさを露呈。また、直近のモンペリエ戦ではゴールレスドローに終わり、開幕からの公式戦連勝がストップした。今回のビッグマッチに向けてエメリ監督は、モンペリエ戦で温存したネイマール、ダニエウ・アウベスを復帰させ、現状のベストメンバーを送り込んだ。

▽一方、アンデルレヒト相手に3-0の勝利を収めて白星スタートを飾ったバイエルンだが、こちらも直近のヴォルフスブルク戦で2点のリードを守れず、ホームで痛恨のドロー。一部主力がアンチェロッティ監督の戦術批判を行うなど、チーム状態は芳しくない。今後のチームの行方を左右しかねないこの一戦に向けては、ヴォルフスブルク戦から6選手を変更。ロッベン、リベリに代わってハメス・ロドリゲス、ミュラーを2シャドーに配し、負傷明けのアラバとチアゴが復帰。さらに、センターバックもジューレとハビ・マルティネスのコンビとなった。

▽注目のビッグマッチは開始早々に動く。開始2分、左サイドでクルザワの攻撃参加をおとりに絶妙なタッチのドリブルで中央に切り込んだネイマールが多くのDFの視線を引き付けてボックス右にフリーで走り込む、ダニエウ・アウベスに絶妙なラストパス。これをダニエウ・アウベスが相手GKの股間を抜く右足のシュートで流し込んだ。

▽渦中のネイマール、ダニエウ・アウベスのコンビで電光石火の先制点を奪ったPSGは、前がかる相手に対して、ネイマールやヴェッラッティの正確なパスでムバッペやカバーニが積極的に背後を狙う。20分過ぎにはネイマール、ムバッペが続けて良い抜け出しを見せるが、追加点には至らず。

▽一方、この試合で[4-3-2-1]の布陣を採用したバイエルンは、最前線のレヴァンドフスキをシンプルに使いつつ、流動的な動き出しでパスを引き出すミュラーとハメスが攻撃に変化を加える。ミュラーが得意の動き出しでフィニッシュに絡み始めると、19分にはこの試合最初の決定機。セットプレーの流れからボックス手前のレヴァンドフスキが丁寧に落としたボールを、ペナルティアーク付近のハビ・マルティネスが右足ダイレクトシュート。だが、枠を捉えたシュートはGKアレオラの見事なワンハンドセーブに阻まれる。

▽その後はボールを保持して攻めるバイエルンに対して、高速カウンターで応戦するPSGという構図の下で一進一退の攻防が続く。すると、この流れの中でPSGが追加点を奪う。31分、ダニエウ・アウベスのスルーパスに反応したムバッペがボックス右で粘って中央に短いマイナスの折り返しを入れると、これを走り込んできたカバーニが右足のダイレクトシュートで突き刺した。

▽前半終盤にかけては2点を追うバイエルンが、サイドからのクロスやセットプレーを起点にゴールへ迫るものの、DFチアゴ・シウバを中心とする相手の堅守を崩し切れず、前半はPSGの2点リードで終了した。

▽迎えた後半、何とか流れを変えたいバイエルンはハメス・ロドリゲスに代えて古巣対戦のコマン、トリッソに代えてルディを投入する2枚替えを敢行。立ち上がりからリスクを冒して攻撃に出るが、再三のセットプレーを活かすことができない。

▽一方、前半同様に世界最高額のトリデンテの個人技を生かした高速カウンターでバイエルンの喉元に切っ先を突きつけるPSGは、50分にムバッペのスルーパスに抜け出したネイマールがGKと一対一を迎えるが、これを決め切れない。それでも、63分にはダニエウ・アウベスのスルーパスに抜け出したムバッペがボックス右で足裏を使った巧みなフェイントでDFアラバを剥がし、右足のシュート。これはDFのブロックに遭うも、こぼれ球をネイマールが押し込んだ。

▽痛恨の3失点目を喫したバイエルンは、69分に最後の交代カードとして切り札ロッベンをミュラーに代えて投入する。苦しい展開の中でコマンとロッベンの打開力にかけるが、より守備意識を高めたPSGの守備を前になかなか決定的な場面を作り出せない。レヴァンドフスキのパスからゴール前に飛び込んだビダルがネットを揺らすも、ここはオフサイドの判定でゴールは認められず。

▽試合終盤にかけて殊勲のムバッペ、モッタ、ヴェッラッティを下げて、ディ・マリア、ロ・セルソ、ドラクスラーと豪華なバックアッパーをピッチに送り込んだPSGは、88分に単騎突破からコマン、後半アディショナルタイムにはレヴァンドフスキの直接FKでゴールを脅かされるも、GKアレオラの2つの好守で凌ぎ、ホームで3-0の勝利。注目のビッグマッチで圧巻の完勝を収めたPSGがグループステージ2連勝を飾った。

▽また、同日行われたグループBのもう1試合、アンデルレヒトvsセルティックは、アウェイのセルティックが3-0で勝利した。

▽共に初戦を落とした両者が今大会初勝利を目指す一戦は、立ち上がりから拮抗した展開が続く。それでも、前半終盤の38分に左サイドに抜け出したティアニーからの絶妙な折り返しを、グリフィスが冷静に流し込むセルティックが先制する。

▽その後、後半立ち上がりの50分に相手のオウンゴールで追加点を奪ったセルティックは、試合終了間際にもシンクレアの豪快なシュートで加点し、敵地で3-0の快勝を収め、今大会初白星を手にした。

コメント

関連ニュース

thumb

R・サンチェスが恩返し弾…キミッヒはベンフィカサポーターの反応に感銘「見たことがない」

バイエルン・ミュンヘンのポルトガル代表MFレナト・サンチェスは古巣ベンフィカとの試合でゴールを決め、2-0の勝利に大きく貢献。相手サポーターがそのゴールにスタンディングオベーションを送る光景にDFヨシュア・キミッヒが感銘を受けたようだ。<br><br>19日のチャンピオンズリーグ(CL)グループE開幕節ベンフィカ戦で今シーズン初出場を迎えたR・サンチェスはロベルト・レヴァンドフスキの先制弾(10分)の起点に。そして54分には自陣の深い位置からドリブルで相手ペナルティエリア前まで持ち運び自ら起点となると、最後はハメス・ロドリゲスのパスを押し込み、ついにバイエルンでの初ゴールをマークした。<br><br>そんなサンチェスのゴールによりホームチームが2点ビハインドとされたにも関わらず、ベンフィカサポーターたちはスタンディングオベーションを送った。ドイツ『シュポルト1』によると、その光景を目にしたキミッヒは試合後、以下のように語っている。<br><br>「相手のファンが立ち上がって拍手するのは今まで見たことがない。彼とともにものすごく喜んでいる。彼は19歳のときに1人でやってきて言葉も通じなかった。苦しむこともあったけど、今日は最高なプレーを見せてくれた。最初の瞬間から自信を持って臨んだ。脱帽するよ」<br><br>2016ユーロの最優秀若手選手に選ばれたサンチェスは大会後にベンフィカからバイエルンへ加わったものの、期待に応えられず。昨シーズンはレンタル先のスウォンジー・シティでも不遇のときを過ごした。しかし、ニコ・コバチ監督にはそのダイナミックさを「まるでローター・マテウスのよう」と例えられた同選手はここに来て復活の兆しを見せた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.20 23:04 Thu
twitterfacebook
thumb

R・サンチェス、古巣ベンフィカに恩返し弾で復活の兆し…バイエルン指揮官も称賛

バイエルンのニコ・コバチ監督が、古巣のベンフィカからゴールを挙げたMFレナト・サンチェスを称賛している。<br><br>バイエルンは19日、チャンピオンズリーググループステージ第1節でベンフィカと対戦。R・サンチェスは古巣との一戦で今シーズン初の先発を飾った。1点リードの後半には自らドリブルで持ち運んで起点となると、最後はハメス・ロドリゲスのパスを押し込み、2-0の勝利に大きく貢献している。<br><br>コバチ監督は「チアゴ(アルカンタラ)がケガしたため、今日はレナトにチャンスが回ってきた。彼には『気楽にやれ。君のプレーを見せるだけでいい。ここは君のホームだろ』と伝えていたよ。これだけできることはわかっていた。2ゴール奪うチャンスはあったけど、満足している」と称賛しつつ、「若い選手だし、落ち着かなければならないということは常に念頭に置く必要がある」と釘を刺している。<br><br>また、サンチェスのゴール時にはベンフィカサポーターからも拍手が送られ、ゴールセレブレーションも見せず、スタジアムには美しい光景が広がった。サンチェス自身も素晴らしい夜となったことを語っている。<br><br>「リスボンでの夜を楽しむことができてとても嬉しい。ベンフィカサポートにも感謝したい。僕にとって特別な瞬間だったし、楽しめたよ」<br><br>2016年夏にベンフィカからバイエルンへ加わったものの、真価を発揮できず、昨シーズンもスウォンジー・シティで不遇のときを過ごしたサンチェス。しかし、持ち前のダイナミックさを発揮し、復活の兆しを見せたと言えそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.20 17:16 Thu
twitterfacebook
thumb

今季初出場レナト・サンチェスの恩返し弾などでベンフィカ撃破のバイエルンが白星スタート!《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループE第1節のベンフィカvsバイエルンが19日に行われ、0-2でバイエルンが勝利した。 ▽予選3回戦から勝ち上がり、4大会連続で本選出場を決めたベンフィカは、3トップにサルビオ、セフェロビッチ、セルヴィを並べた[4-3-3]の布陣を採用。その他にもピッツィやジェドソン・フェルナンデスら主力が順当に先発で起用された。 ▽一方、6度目のCL制覇を目指すドイツ王者のバイエルンは、15日に行われたレバークーゼン戦から先発を6人変更。負傷交代したトリソやミュラー、チアゴらに代わり古巣対決となるレナト・サンチェスやハメス、フンメルスらが先発に名を連ねた。 ▽[4-2-3-1]を採用したバイエルンは、2列目に右からロッベン、ハメス、リベリを並べ、最前線にレヴァンドフスキを配置。そのバイエルンは、積極的なプレスでボール奪取を狙うベンフィカにやや苦戦するも10分、ボックス左から侵入したリベリの縦パスをオーバーラップしたアラバがダイレクトクロス。これを中央のレヴァンドフスキがボディフェイントで相手DFをずらして右足を振り抜くと、これがゴール左隅に決まった。 ▽先制を許したベンフィカは、28分に反撃。セルヴィの左クロスはアラバにクリアされるもこぼれ球をボックス右で拾ったピッツィの折り返しをサルビオが狙ったが、これはGKノイアーの好守に阻まれた。 ▽バイエルンは、40分に決定機。ノイアーのロングフィードをレヴァンドフスキが頭でつなぐとこぼれ球を相手DFがクリアミス。このボールを拾ったリベリがダイアゴナルに切り込みラストパスを救急したが、ボックス内に走り込んだロッベンのダイレクトシュートは、GKヴラチョディモスが右手で弾き出した。 ▽迎えた後半、再び試合を動かしたのはリードするバイエルン。54分、自陣でボールを受けたR・サンチェスがドリブルで持ち上がりカウンター。バイタルエリア右でパスを受けたのレヴァンドフスキが左サイドにボールを振ると、これを受けたリベリがボックス内まで切り込みボックス左のスペースへパスを供給。これに反応したハメスのクロスをゴール前に走り込んだR・サンチェスが滑り込みながらで流し込んだ。 ▽リードを広げられたベンフィカの反撃は60分、右サイド高めの位置で獲得したFKからピッツィがクロスを供給すると、これをルベン・ジアスがヘディングで合わせたが、シュートはGKノイアーが好反応を見せて右手で弾き出した。 ▽守護神の好セーブでピンチを凌いだバイエルンは、69分にもアラバのアーリークロスに飛び込んだニャブリがゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 ▽結局、試合はそのまま3-0で終了。今季公式戦初出場となったR・サンチェスの恩返し弾などでベンフィカを撃破したバイエルンが白星スタートを飾った。 ▽また、同日に行われたグループE第1節のアヤックスvsAEKアテネは、3-0でアヤックスが勝利した。試合が動いたのはゴールレスで迎えた後半早々の46分、右CKのこぼれ球をF・デ・ヨングが頭で繋ぐと、ボックス右手前で受けたネレスがクロスを供給。これをゴール前に抜け出したタグリアフィコが左足で流し込み、アヤックスが先制した。 ▽先制したアヤックスは、77分にもボックス右から仕掛けたタディッチのクロスを途中出場のファン・デ・ベークがボレーシュートで流し込み、追加点を奪った。 ▽アヤックスは試合終了間際の90分にも、エイティングのロングパスで左サイドを駆け上がったタグリアフィコがボックス左から直接シュートをゴールに突き刺し、試合を決定づける3点目。結局、試合はそのまま3-0で終了した。 ▽ホームで完勝したアヤックスは10月2日のグループE第2節でバイエルンとのアウェイ戦に臨み、AEKアテネはベンフィカをホームに迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a> 2018.09.20 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

キングスレー・コマンのケガは予想より重傷か…復帰は来年とも

▽バイエルンのフランス代表FWキングスレー・コマンのケガは思ったよりも深刻なのかもしれない。 ▽コマンは8月24日に行われたホッフェンハイムとのブンデスリーガ開幕戦で、前半終了間際に左足首を負傷。翌日、バイエルンから手術を行うことが発表され数週間の離脱が見込まれていた。 ▽フランス『レキップ』がドイツ『ビルト』もとに伝えるところによると、当初は11月中旬の復帰予定だったが、どうやらケガは思ったより深刻なようで、最悪の場合、復帰時期は2019年まで伸びる可能性もあるとのことだ。 ▽2015年からの2年間のレンタル移籍を経て、2017年に完全移籍でユベントスから加入したコマンは、ここまで公式戦96試合に出場し16ゴール22アシストをマーク。昨季はコンスタントに出場機会を得られていたものの、シーズン終盤に足首のじん帯を部分断裂し、リーグ戦出場は21試合だった。また、このケガの影響もあってか、ロシア・ワールドカップに臨むフランス代表メンバーからも落選していた。 2018.09.19 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループE展望】一強バイエルン、2位通過をベンフィカとアヤックスが争う

▽2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが9月18日に開幕する。グループではバイエルンが危なげなく首位通過をしそうな組み合わせとなった。予選を勝ち上がったCL常連のベンフィカとアヤックスのどちらが2位通過を果たすのかが注目となる。 <span style="font-weight:700;">◆編集部予想</span> ◎本命:バイエルン ○対抗:ベンフィカ △連下:アヤックス ☆大穴:AEKアテネ <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">◆首位通過確実なドイツ王者~バイエルン~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180918_31_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季もレアル・マドリーに阻まれ、ベスト4で敗退となったバイエルン。ブンデスリーガ6連覇中のドイツ絶対王者は指揮官にフランクフルトをDFBポカール優勝に導いたクラブOBのコバチ監督を迎え、6年ぶりのCL制覇を目指す。移籍の噂されたFWレヴァンドフスキやDFジェローム・ボアテングら主力の流出こそなかったものの、補強はMFゴレツカとレンタルバックのFWニャブリのみ。バックアッパーのMFビダルやDFベルナト、MFルディらを放出して選手層がやや薄くなっているが、コバチ監督の下、少数精鋭のチーム編成でまずは首位でのグループステージ突破を目指す。 <span style="font-weight:700;">◆経験値で上回れるか~ベンフィカ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180918_31_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽プレーオフでPAOKを下して14季連続のCL本戦 出場を果たしたベンフィカが2位通過と予想。昨季は最下位でのグループステージ敗退に終わったが、4季目を迎えるルイ・ヴィトーリア監督の下、ポゼッションスタイルを確立しており、大きく躓くことはないはずだ。ポルトガル代表でも重要な役割を担いつつあるMFピッツィやDFルベン・ジアスに加え、伸び盛りのMFジェドソン・フェルナンデスらがおり、3季ぶりの決勝トーナメント進出は現実的な目標となる。 <span style="font-weight:700;">◆若手有望株の活躍次第で突破も~アヤックス~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180918_31_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽プレーオフで難敵ディナモ・キエフを下して4季ぶりのCL本戦出場を果たしたアヤックス。若手有望株を輩出し続けるオランダの名門は、DFデ・リフトやMFファン・デ・ベーク、MFフランキー・デ・ヨングとビッグクラブ注目の粋の良い若手オランダ代表プレーヤーが在籍。さらに昨季エールディビジ最優秀選手のMFジイェフや、サウサンプトンから加入のセルビア代表FWタディッチとタレントが豊富だ。FWクライファートが流出したのは痛いが、DFブリントが復帰し、チームの安定感は増している。若手が躍動すればベンフィカを食う可能性も十分だ。 <span style="font-weight:700;">◆ギリシャ王者の意地を見せられるか~AEKアテネ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180918_31_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽セルティックを予選3回戦で撃破し、プレーオフではヴィディを下して14年ぶりにギリシャ王者となったAEKアテネが12年ぶりのCL本戦出場を決めた。戦力的にはグループで最も劣るが、クロアチア代表FWリバヤの他、MFマンタロス、MFバカセタス、DFオイコノム、DFバカキスらギリシャ代表組が奮闘すれば道が拓けるかもしれない。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 18:00 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース