FC岐阜GK高木義成、今季限りで18年の現役生活に幕 「思い、悩み、迷い、決断」2017.09.27 17:05 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FC岐阜は27日、GK高木義成(38)の2017シーズン限りでの現役引退を発表した。

▽東京都出身の高木は、2000年にヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)でプロキャリアをスタート。その後、名古屋グランパスを経て、2016年から岐阜に活躍の場を移した。

▽通算成績は、J1リーグ123試合、J2リーグ115試合1得点、Jリーグカップ30試合、天皇杯18試合、AFCチャンピオンズリーグ2試合の出場を記録している。

▽今シーズン限りで18年のキャリアにピリオドを打つことを決断した高木は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。

「FC岐阜を始め、高木義成に関わっていただいたすべての皆様へ」

この度、私、高木義成は今シーズンを持ちまして引退することを決意したことをここにご報告いたします」

「2000年から始まった私の重力との戦い、飛んでくるボールからネットを守る戦いも、はや18シーズンとなりました」

「そろそろこの大きくなってしまった背中を叩いてやりたいと、思い、悩み、迷い、決断いたしました」

「大木監督が僕らに向けて言ってくれる「ミラクル岐阜」を残り2か月、信じて体現し、今シーズンのFC岐阜の目標に向かって戦っていきます。そして、笑ってシーズンを終え、勇退したいと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

富山GK飯田健巳が32歳で現役生活に幕 「一生忘れることのない宝物」

▽カターレ富山は24日、GK飯田健巳(32)の今シーズン限りでの現役引退を発表した。 ▽神奈川県出身の飯田は、2008年に上武大学から栃木SC入団後、横浜FCでもプレー。2011年から富山入りし、キャリア通算明治安田生命J2リーグ45試合、J3リーグ17試合、天皇杯2試合の出場を記録している。引退を受けて、クラブ公式サイトで次のようにコメントした。 「今シーズンをもちまして現役を引退することを決意しました。栃木SC、横浜FC、カターレ富山と本当に素晴らしい方々との出会いがあり、クラブ関係者、チームメイト、スポンサーの皆様、そしてどんなときも応援してくださったサポーターの方々との出会いは一生忘れることのない宝物になりました。また、ここまで育ててくれた両親、プロ選手になるまで指導していただいた監督やコーチの方々、沢山の方々に支えられてここまでやってこられたことを改めて実感しています。本当にありがとうございました」 「そして、カターレ富山にいた7年間は本当に楽しく、充実した日々だったと思います。素晴らしいスタッフやチームメイトと出会うことができ、そして素晴らしいサポーターの前でサッカーをすることができました。降格を経験したり、苦しい思い出の方が多いような気もしますが、今年このチームで昇格をして、皆さんと最高の一年にして引退したいと思っています。是非、最後までスタジアムで一緒に戦って下さい」 「そして最後に、わがままでいつも迷惑をかけたけど、どんな時も応援し続けて支えてくれた妻、家に帰るといつも笑顔にさせてくれる息子に一番感謝しています。これからも家族と一緒にいられる喜びを今まで以上に噛みしめながら、この先の人生も大好きな家族と共に歩んでいきたいと思います。10年間応援してくださった皆様、本当にありがとうございました」 2017.10.24 16:10 Tue
twitterfacebook
thumb

広島が下部組織からMF川村拓夢の来季加入内定を発表

▽サンフレッチェ広島は23日、ユース所属のMF川村拓夢(18)が来シーズンからの加入で内定したことを発表した。 ▽広島県出身の川村は、地元小学校の少年団でキャリアをスタートさせた後、広島の下部組織に入団した。各カテゴリーを順調に上がり成長を遂げると、2014年にはU-15日本代表、今年はU-18日本代表に招集されるなど、各世代の代表に選出。クラブは180cmの川村を、「精度の高い左足から繰り出す長短のパスで攻撃の起点となる大型ボランチ。DFも務められるなど柔軟性も備わっている」と評している。 ▽今回のトップチーム昇格にあたり、川村はクラブ公式サイトを通じて、以下のように喜びを伝えた。 「この度、トップチームに昇格することが決まりました。小さい頃から大好きだったクラブでプレーできることをとても嬉しく思いますし、誇りに思います。これまで自分を支えてくださった方々にサンフレッチェ広島で恩返しができるように頑張ります。応援をよろしくお願い致します」 ▽また、川村が小学生の頃に所属していた原サッカークラブの恩師・弦本真一コーチからも、以下のような激励のメッセージが届いている。 「小学生時代から仲間思いで、とても優しい選手でした。今でもときおり小学校を訪ねて子どもたちを激励し『みんなの目標になれるように頑張る』と話してくれ、子どもたちにとってよい目標になっています。このたび、プロになることが決まりましたが、これがサッカー選手としてのゴールではありません。周りの方への感謝の気持ちを忘れず、これからもしっかりと目標を持って頑張ってもらいたいと思います」 2017.10.23 17:05 Mon
twitterfacebook
thumb

広島が下部組織からMF川井歩の来季加入内定を発表

▽サンフレッチェ広島は23日、ユース所属のMF川井歩(18)が来シーズンからの加入で内定したことを発表した。 ▽山口県出身の川井は、地元の少年団でキャリアをスタート。その後、広島のスクールに入団し順調にカテゴリーを上がると、今年はU-18日本代表にも招集された。クラブは川井を「正確なキックが武器のサイドアタッカー。1人で状況を打開できるドリブルも魅力」と評している。 ▽川井は、クラブ公式サイトを通じて、以下のように意気込みを伝えた。 「スクールの頃からお世話になっていたサンフレッチェ広島でプロ生活がスタートできることを嬉しく思います。今まで自分を支えてくださった方々に感謝の気持ちを持ちながらプレーし、サンフレッチェ広島の勝利に貢献できるように頑張ります。応援をよろしくお願い致します」 ▽また、小学生の頃に所属していた愛宕サッカースポーツ少年団の恩師・岡村秀雄監督からも、以下のような激励のメッセージが届いている。 「長年の夢が叶い、おめでとう。夢と自分と仲間を信じて頑張れば、必ず報われるというメッセージを岩国の子どもたちに伝えてくれて、ありがとう。これからもその熱い想いで、東京オリンピックを目指してください。今後の活躍を期待しています」 2017.10.23 16:53 Mon
twitterfacebook
thumb

福岡が東福岡高校出身の明治大学FW木戸皓貴の加入内定を発表

▽アビスパ福岡は23日、明治大学サッカー部のFW木戸皓貴(22)の来季加入内定を発表した。 ▽木戸は、熊本県益城町出身で、熊本ユナイテッドSCから東福岡高校、明治大学へと進学。高校時代には2013年度の全国高校選手権大会で優秀選手に選出。また、プレミリーグWESTの得点ランキングで2位タイに輝いた。その他、2015年に日本高校サッカー選抜、2014年にU-18日本代表候補にも選出された経験がある。木戸はクラブを通じてコメントしている。 「この度、明治大学から来シーズン加入する事になりました木戸皓貴です。第二の故郷 福岡の地でプロ生活をスタート出来る事をとても嬉しく思います。自分自身、怪我に悩まされた大学サッカーでしたが、その中でも自分を評価していただいたアビスパ福岡へ感謝の気持ちでいっぱいです」 「そして、ジュニア、ジュニアユース、高校、大学でご指導いただいた監督をはじめスタッフの方々への感謝の気持ちを忘れず、いち早くチームの力になれるように努力したいと思います」 2017.10.23 14:17 Mon
twitterfacebook
thumb

栃木、仙台ユースMF荒井秀賀の来季加入内定を発表「仙台で培ったものを栃木のために」

▽栃木SCは19日、ベガルタ仙台ユースに所属するMF荒井秀賀(17)の来シーズンからの加入が内定したことを発表した。 ▽山形県出身の荒井は、ジュニア時代から仙台の下部組織に所属。2016シーズンには2種登録選手としてトップチームに登録されていた。 ▽栃木への加入が内定した荒井は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆栃木SC 「この度、栃木SCに加入することとなりました荒井秀賀です。栃木SCの一員になれることをうれしく思います。感謝の気持ちと向上心を忘れることなく、日々のトレーニングから全力で取り組み、栃木のために戦います。これから応援よろしくお願いいたします」 ◆ベガルタ仙台 「来シーズンから栃木SCに加入することとなりました。子どもの頃からの目標だったプロサッカー選手になれることをうれしく思います。そして、自分を小さい頃から応援・サポートしてくれた家族、ベガルタ仙台というクラブを通じて出会った仲間、指導者のみなさんに感謝いたします。ベガルタ仙台で培ったものを、来シーズンからは、栃木SCのために発揮したいと思います。クラブは変わってしまいますが、引き続き応援よろしくお願いいたします」 2017.10.19 15:15 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース