シャビ・アロンソが指導者の道へ…行き先は「すぐに明らかになる」2017.09.26 21:35 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールやレアル・マドリー、バイエルンでプレーした元スペイン代表のシャビ・アロンソ氏が、監督としてキャリアを進める意向を発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽2016-17シーズン限りで現役を引退していたシャビ・アロンソは、チャンピオンズリーグで2度優勝、スペイン代表としてもワールドカップ1回、ユーロ2回の優勝を果たしている。

▽バイエルンで現役引退後、シャビ・アロンソはコーチングライセンス取得に動いており、自身のインスタグラム(xabialonso)で監督のキャリアをスタートさせる意向を明かした。

「17年間の試合を終えたあと、僕は自分のキャリアにおいて次のステップを考えた。僕は、マネジメントに携わることに決めた。すぐに明らかになるだろう」

▽シャビ・アロンソは、レアル・ソシエダの下部組織出身で2004-05シーズンにリバプールへ移籍。その後、マドリー、バイエルンでプレーし2016-17シーズン限りで現役を引退。また、スペイン代表としても114試合16ゴールをマーク。2008年、2012年のユーロ、2010年の南アフリカワールドカップを制していた。

▽バイエルンでのコーチ職を断っていたシャビ・アロンソ氏は、リバプールへ帰還するのではないかとも見られていた。リバプール時代の同僚であるスティーブン・ジェラード氏はリバプールU-18で監督を務めているが、シャビ・アロンソは果たしてどのカテゴリでキャリアをスタートさせるのか気になるところだ。

コメント

関連ニュース

thumb

【CLグループE総括】S・モスクワ粘るもリバプールとセビージャが順当突破

▽結果的にはリバプールとセビージャの両本命が順当に決勝トーナメント進出を果たした。スパルタク・モスクワは最終節まで突破の可能性を残したが、一歩及ばなかった。 ■グループF順位表■ [勝ち点/得失点] 1:リバプール[12/17] 2:セビージャ[9/0] 3:スパルタク・モスクワ[6/-4] 4:マリボル[3/-13] ◆脆弱守備陣も破壊力でねじ伏せる~リバプール~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_66_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽3シーズンぶりにCL参戦を果たしたリバプールが首位通過を果たした。セビージャとは優勢に試合を運びながら2戦ともに引き分けに終わったが、連戦のマリボル戦を大勝してグループの主導権を握ると、最終節のS・モスクワ戦を圧巻の7発で締めた。失点がややかさんだが、サラーが加わった攻撃陣が脆弱な守備を上回る攻撃力でねじ伏せ、首位通過となった。 ◆何とか2年連続ベスト16~セビージャ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_67_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽多くの新戦力を迎え入れ、ベリッソ新監督の下で期待されたセビージャだったが、苦戦が続いた。リバプールにこそ劣勢ながら勝ち点2をもぎ取ったが、第3節ではS・モスクワに1-5と大敗し、最終節マリボル戦は引き分けと苦しい試合の連続だった。大観衆の声援を受けられるサンチェス・ピスファンで2勝したことが、2年連続ベスト16進出を決められた要因だった。 ◆2強の牙城を崩すには至らず~スパルタク・モスクワ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_68_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽14年ぶりにロシア王者となり、5シーズンぶりにCL参戦を果たしたS・モスクワは、2強の牙城を崩すには至らなかった。セビージャに大勝し、リバプールに引き分ける地力を見せはしたが、グループ最弱のマリボルに2戦とも引き分けているようではグループステージ敗退は仕方のない結果だった。 ◆3引き分けで爪痕残す~マリボル~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_69_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽3シーズンぶりのCL参戦に漕ぎ着けたスロベニア王者は、このグループにおいて一定の存在感を示した。グループ最弱として臨んだが、S・モスクワ、セビージャに引き分け、単なるかませ犬でなかったことを示した。 2017.12.13 18:04 Wed
twitterfacebook
thumb

欲しがるマドリー、サラー獲得に向けてあの期待の若手を差し出す!?

▽レアル・マドリーが、リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー(25)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽サラーは今夏の移籍市場でローマからリバプールへ4200万ユーロで加入。すると加入直後からポジションを掴み、リーグ戦とチャンピオンズリーグでは22試合で18ゴール4アシストと結果を残している。 ▽この活躍を受けて、マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長はサラーをマドリ―に引き込む動きを見せているようだ。来年2月に33歳を迎えるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドや負傷がちのウェールズ代表MFガレス・ベイル(28)らに変わる存在として考えているという。 ▽また、移籍金に関してはリバプールが要した4200万ユーロ以上の金額が必要とふんでいる。そこで驚くことにカンテラ出身であるスペイン代表FWルーカス・バスケス(26)を差し出して、移籍金の引き下げを考えているようだ。 ▽ルーカス・バスケスは、今シーズンのリーグ戦で13試合に出場し1ゴールをマーク。決して多くはない出場機会ながらも、そのプレーぶりはジネディーヌ・ジダン監督から高い評価を受けている。2021年までマドリ―と契約を結んでいるが、会長の決断によりマドリーを去ることになるのだろうか。 2017.12.13 15:47 Wed
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、プレミア得点リーディング快走中の大化けWG獲得へ?

▽レアル・マドリーが、リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラー(25)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『Don Balon』が伝えている。 ▽サラーは今季、ローマからリバプールに移籍。セリエAのフィオレンティーナやローマで活躍していたとはいえ、2014年に在籍していたチェルシーではいいところなく花が咲かなかったため、この移籍には懐疑的な見方もあった。 ▽しかし、蓋を開けてみれば、サラーはローマ時代以上のパフォーマンスを披露し、リバプールで絶対的な存在となっている。今季、公式戦では24試合19得点6アシストを記録。プレミアリーグでは13ゴールを挙げており、得点リーディングを快走している。 ▽『Don Balon』によれば、サラーに対してメガクラブのレアル・マドリーが興味を示しているという。レアル・マドリーは、今季リーグ戦13試合で1得点と結果を残せていないFWルーカス・バスケスの譲渡に金銭を加える形でリバプールへのオファーを考えているとのことだ。 2017.12.12 20:44 Tue
twitterfacebook
thumb

サラーがBBCアフリカ年間最優秀選手賞を初受賞

▽イギリス『BBC』は11日、リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーが2017年のBBCアフリカ年間最優秀選手賞を受賞したことを発表した。 ▽1992年度からスタートしたアフリカ大陸出身の現役サッカー選手に与えられる同賞は、世界中のサッカーファンによるインターネット投票によってノミネートされた5人の現役選手の中から選ばれる。 ▽2017年6月にローマからリバプールへ加入したサラーは、ここまでリーグ戦全試合に出場し、13ゴール4アシストをマーク。また、エジプト代表ではキャプテンとしてチームをまとめると、アフリカネイションズカップ2017準優勝に加え、エジプトを7大会ぶり3度目のワールドカップ出場に導いた。 ▽なお、最終選考には、サラーの他、ドルトムントのガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンやリバプールで共にプレーするセネガル代表MFサディオ・マネ、ライプツィヒのギニア代表MFナビ・ケイタ、チェルシーのナイジェリア代表FWヴィクター・モ-ゼスがノミネートされていた。 ▽今回の受賞についてサラーはBBCのインタビューで以下のように喜びを語っている。 「この賞を受賞できてとても嬉しいね。ただこの賞は、僕だけの力で獲得できたものではないんだ。リバプールやローマ、代表でのチームメイトに感謝しなければいけないね」 2017.12.12 06:29 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング:リバプール 1-1 エバートン《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第16節、リバプールvsエバートンが10日に行われ、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽リバプール採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171211_6_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 22 ミニョレ 5.5 高いラインの裏をケア DF 12 J・ゴメス 6.0 サラーの背後で相手のカウンターを潰した 6 ロブレン 5.0 リズムを変えつつビルドアップも不用意なタックルでPK献上 17 クラバン 5.5 無難な対応を続けた 26 ロバートソン 6.5 良いタイミングでの駆け上がり、クロスでチャンスを作った MF 21 チェンバレン 6.0 アタッキングサードで多くボールを引き出した (→コウチーニョ -) 14 ヘンダーソン 6.5 落ち着いて左右に配給し攻撃に安定感をもたらした 7 ミルナー 6.0 左に流れて良いクロスやサイドチェンジを使った FW 11 サラー 7.0 再三の突破で常に脅威となり1ゴール (→フィルミノ 5.5) 精力的にボールを要求し前線でチャンスに絡む 29 ソランケ 6.0 ポストでチャンスメイクもフィニッシュにはあまり絡めず (→イングス -) 19 マネ 5.0 前半終了間際のチャンスは得点に繋げたかった 監督 クロップ 5.0 1点のリードでサラーを代えた判断は不可解なもの。勝てた試合を落とした ▽エバートン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171211_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ピックフォード 5.5 好守もあったが1失点 DF 43 ケニー 5.5 ロバートソンの上がりに対応できず 30 ホルゲイト 5.5 ハイボールで競り負ける場面も 5 ウィリアムズ 5.0 無難なプレーも失点に関与 15 マルティナ 4.5 サラーに手を焼かされ続けデュエルの敗北から失点 MF 29 カルバート=ルーウィン 6.5 後半は前線で身体を張って起点に。貴重なPKを獲得した 26 トム・デイビス 5.0 自軍カウンター時にもたつく場面も (→レノン 6.0) 個人技でボールをキープし攻め手を作った 17 グイエ 6.0 激しいチェックで守備に貢献も前半終了間際に警告を受けてからトーンダウン 10 ルーニー 6.5 前半は守備で狙われるも後半は素晴らしいパスでPKを獲得する要因に (→ジャギエルカ -) 18 シグルドソン 6.0 攻守に奮闘し前半から気を吐いていた FW 19 ニアッセ 5.0 相手の背後も狙い続けるも脅威になれず (→シュナイデルラン 5.5) 丁寧な繋ぎで前線に配給 監督 アラダイス 6.5 ハーフタイムで大胆に2枚を代えてポジションを変更。結果的にはこの采配がPK獲得に与した ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! サラー(リバプール) ▽チームの結果は不本意なものだったが、自身の価値を改めて証明する素晴らしい得点。加えて、攻撃の大部分で脅威となっていた リバプール 1-1 エバートン 【リバプール】 サラー(前42) 【エバートン】 ルーニー(後32[PK]) 2017.12.11 01:19 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース