横浜FMから期限付き移籍中の藤枝のGK田口潤人がプロA契約2017.09.26 17:12 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽藤枝MYFCは、現在横浜F・マリノスから期限付き移籍で加入しているGK田口潤人(20)がプロA契約を締結したことを発表した。

▽愛知県出身の田口は2015年に、横浜F・マリノスの下部組織からトップチームへと昇格。今シーズンは、藤枝に期限付き移籍を果たし、ここまで明治安田生命J3リーグで17試合に出場している。

▽田口は、9日に行われたJ3リーグ第22節のFC琉球戦において、規定の通算1350分の出場時間を果たし、プロA契約を締結した。田口は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆藤枝MYFC
「A契約になれたことを素直に嬉しく思います。1350分、うまくいくこともうまくいかないことも全てが自分の糧となりとても濃い時間でした。いつも支えてくださっているたくさんの方々に感謝し、これからも藤枝MYFCの勝利のために全力を尽くしたいと思います」

◆横浜F・マリノス
「プロになった時、3年目までにA契約になることは一つの目標でした。このタイミングで締結することができ、素直に嬉しく思います。今年から新しい環境に飛び込み、たくさんの方々に支えられていることを改めて感じます。感謝の気持ちを常に持ち、これからも日々成長していきたいと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

藤枝が群馬MF出岡大輝を期限付きで獲得

▽藤枝MYFCは13日、ザスパクサツ群馬に所属するMF出岡大輝(23)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2019年1月31日まで。同期間中、群馬との全公式戦に出場できない。 ▽ガンバ大阪ユース出身の出岡は、関西学院大学を経て、2017年に群馬入り。今シーズンは明治安田生命J3リーグで出番がなかった。 ▽シーズン途中で藤枝に活躍の場を求めることになった出岡はクラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 ◆藤枝MYFC 「初めまして、出岡大輝です。藤枝の勝利のために全身全霊で頑張ります。よろしくお願いします」 ◆ザスパクサツ群馬 「突然の報告になってしまい申し訳なく思っています。今シーズン試合に出ることができず悔しいまま移籍することになってしまったのですが、サッカー選手として少しでも成長したいと思ったので決断をしました。また、群馬に戻って来ることができるように全力で頑張ってきますので、これからもよろしくお願いします」 2018.08.13 10:50 Mon
twitterfacebook
thumb

藤枝、FW遠藤敬佑の半年での富山からの復帰を発表! 「もう一度チャンスをいただけたことに感謝」

▽藤枝MYFCは10日、FW遠藤敬佑(29)がカターレ富山から完全移籍で加入したことを発表した。 ▽2007年に水戸ホーリーホックでキャリアをスタートさせた遠藤は、ザスパ群馬(現・ザスパクサツ群馬)でのプレーを経て、2014年に町田ゼルビア入り。2016シーズンからは藤枝でプレーしていたものの、今シーズンにモンテディオ山形に移籍。今シーズンは明治安田生命J3リーグ8試合に出場し、2得点を決めている。 ▽わずか半年での復帰に、遠藤は両クラブを通じて以下のようにコメントしている。 ◆カターレ富山 「半年という短い期間でしたが、練習会場や試合会場で声を掛け熱い声援を頂いたこと忘れません。カターレ富山の優勝.J2昇格これからの発展を心より応援しています。本当にありがとうございました」 ◆藤枝MYFC 「もう一度チャンスをいただけたことに感謝し、自分が何をすべきかしっかりと考え、藤枝の勝利・発展のために全力でプレーします」 2018.08.10 17:01 Fri
twitterfacebook
thumb

栃木がGK川田修平の復帰発表 今季は藤枝に育成型期限付き移籍

▽栃木SCは、GK川田修平(24)の復帰を発表した。川田は7日からチームに合流する予定。背番号は「23」に決定している。 ▽川田、2013年に大宮アルディージャでプロキャリアをスタートさせた後、2016年から栃木でプレー。今シーズンは育成型期限付き移籍で藤枝MYFCに加わったが、明治安田生命J3リーグで出番がなかった。 ▽半年で栃木に復帰することが決定した川田は、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆栃木SC 「この度、再び栃木SCでプレーすることになりました。チームの力となれるよう精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします!」 ◆藤枝MYFC 「この度、栃木SCへの復帰が決まりました。約半年という短い期間でしたが、藤枝MYFCの一員として戦った経験は必ず今後に活かしていきたいと思っています。本当にありがとうございました」 2018.08.07 12:15 Tue
twitterfacebook
thumb

藤枝、DF種岡岐将の退団を発表「応援ありがとうございました」

▽藤枝MYFCは31日、DF種岡岐将(24)が21日付で退団していたことを発表した。 ▽種岡は栃木県出身で、市立船橋高校から駒澤大学を経て昨シーズンに藤枝に入団。Jリーグで出場記録を残すことは叶わないままに、退団することとなった。 ▽種岡は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「この度、藤枝MYFCを退団することになりました。なかなか試合に出場することはできませんでしたが、チームの仲間やスタッフ、サポーターの方々に支えていただいたおかげで自分も成長することができました。今後は、藤枝MYFCで学んだことを様々な面で活かしていきたいと思います。応援していただきありがとうございました」 2018.07.31 18:30 Tue
twitterfacebook
thumb

藤枝、J最多指揮経験の石﨑信弘氏招へいを発表! 「5位以内を目指し頑張りたい」

▽藤枝MYFCは27日、石﨑信弘氏(60)の新監督就任が決定したことを発表した。 ▽藤枝は、24日に大石篤人監督(41)と増嶋真也コーチ(28)の退任を発表。今シーズンは、明治安田生命J3リーグを第19節終了時点で6勝3分け8敗の14位に沈んでおり、後任の発表が待たれていた。 ▽石﨑新監督は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「この度、藤枝MYFCの監督に就任することになりました石﨑信弘です。シーズン中での監督交代となり、大変厳しい状況ではありますが、微力ながら持てる力を全て発揮し、当初の目標5位以内を目指し頑張りたいと思います。チームスローガンである『一体感』で選手、スタッフ、サポーターと共にベストを尽くしますので、応援を宜しくお願い致します」 ▽石崎氏は1995年にNEC山形(現在のモンテディオ山形)の監督に就任すると、1998年まで同クラブを指揮。その後は大分、川崎F、清水、東京V(監督代行)、柏、札幌とJリーグの複数クラブで指揮を執り、2013年には当時元日本代表監督の岡田武史氏が監督を務めていた杭州緑城のU-18チームの監督に就任。2014年に山形の監督に復帰した後、2017年からはテゲバジャーロ宮崎の指揮官を務めていた。 ▽なお、J1では通算152試合、J2では456試合の指揮経験を誇っており、Jリーグ通算608試合はリーグ最多の数字だ。 2018.07.27 16:00 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース