昇格組SPALに大苦戦も競り勝ったナポリが開幕6連勝《セリエA》2017.09.24 03:04 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナポリは23日、セリエA第6節でSPALとのアウェイ戦に臨み、3-2で逆転勝利した。

▽前節ラツィオ戦では5分間の3発で鮮やかな逆転勝利を収めて開幕5連勝としたナポリは、火曜日に必勝のCLフェイエノールト戦を控える中、アルビオル以外に主力を温存せず6連勝を目指した。

▽立ち上がりからナポリが仕掛ける入りとなったものの、13分にまさかの先制を許してしまう。アンテヌッチの落としたパスを、ペナルティアーク右のスキアッタレッラに豪快なミドルシュートでゴール左隅に突き刺されてしまった。

▽それでも直後の14分、ナポリはカジェホンのパスを受けたボックス右のインシーニェが反転からの左足シュートでゴール右に沈め、すかさず同点とした。

▽その後もナポリが押し込む流れが続くと、前半終盤の44分にグラムの左クロスにニアのインシーニェがうまく合わせたシュートはGKゴミスの正面を突き、前半を1-1で終えた。

▽迎えた後半もナポリが敵陣で試合を進めるも単調な攻撃が続き、SPALを崩すことができない。

▽それでもミリクを投入して前線の枚数を増やしたナポリは、直後の71分に逆転に成功する。グラムの左クロスをカジェホンが頭で押し込んだ。

▽その後、メルテンスが決定的なシュートを浴びせたナポリだったが、GKゴミスに阻まれると、78分に同点とされる。ボックス手前左で許したFKをヴィヴィアーニにGKレイナの逆を突く形で直接ゴール右へ蹴り込まれた。

▽しかし83分、グラムがドリブルで持ち上がってボックス手前左から右足でシュート。これがゴール右隅に決まってナポリが個人技で勝ち越しに成功した。

▽終盤にかけては危なげなく試合を締めたナポリが3-2で辛勝。開幕6連勝としている。

コメント

関連ニュース

thumb

ヴィオラ退団のバデリ、移籍先をナポリやミランら3クラブに絞る

▽今季限りでフィオレンティーナを退団するクロアチア代表MFミラン・バデリ(29)が、移籍先の候補としてナポリ、ミラン、ゼニトの3クラブに絞ったようだ。イタリア『La Nazione』の記事を引用し『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽2014年にハンブルガーSVからフィオレンティーナに加入したバデリは、守備的MFの主力として4シーズンに渡って活躍。今季はケガの影響もありながらもリーグ戦27試合に出場。ダビデ・アストーリの死後は、彼の後を継いでキャプテンを務めていたが、ステップアップを望むバデリは、今夏でのヴィオラ退団を決意。クラブも同選手の意思を尊重し、5月30日に退団を発表していた。 ▽フリーとなったバデリには、ローマやナポリ、ミランらが獲得レースを繰り広げていたが、『La Nazione』によると、バデリの移籍先はイタリア国内ならナポリかミラン、国外ならゼニトとなるようだ。 ▽なお、一部メディアでは、カルロ・アンチェロッティ監督を新指揮官に据えたナポリに加入する意向を示しているとの報道も出ており、ナポリがバデリ移籍のポールポジションに立っているとみられる。 2018.06.24 04:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ベティスの新星ファビアン・ルイス、ナポリ移籍を公に

▽ベティスに所属するスペイン人MFファビアン・ルイス(22)がナポリ移籍を明言した。『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。 ▽ファビアン・ルイスは身長189cmの大型レフティ。優れたパスセンスと球際の強さ、運動量が売りのインテリオールで、今シーズンのリーガエスパニョーラ34試合3得点の成績を収め、チームのヨーロッパリーグ出場権獲得に貢献した。 ▽その活躍ぶりから多くのクラブが関心を寄せているとされてきた注目株のファビアン・ルイスは、「ナポリに加わることを認めるよ。公式発表がいつになるかはわからないけどね」とコメントしたという。 ▽伝えられるところによれば、ファビアン・ルイスはナポリと年俸250万ユーロ(約3億2000万円)の5年契約を締結。ナポリは移籍金として、3000万ユーロ(約38億4000万円)を支払うことになる模様だ。 2018.06.23 13:55 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー、メルテンス獲得を画策…アザールとの超強力ベルギーコンビ結成か

▽チェルシーが、ナポリのベルギー代表FWドリエス・メルテンス(31)の獲得を画策しているようだ。イタリア『カルチョメルカート」が伝えている。 ▽元ナポリのマウリツィオ・サッリ監督就任が間近に迫っているチェルシー。イタリア人指揮官がアルバニア代表DFエルセイド・ヒサイ、セネガル代表DFカリドゥ・クリバリ、アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインなどナポリで教鞭をとった選手らの獲得を要求していると伝えられる中、同クラブの点取り屋メルテンスも獲得リストに加えられたようだ。 ▽2013年夏にPSVからナポリに加入したメルテンスはウインガータイプのFWとして初年度からリーグ戦で11ゴール8アシストを記録するなど主力として活躍。2016-17シーズンからは、ユベントスに移籍したイグアインに代わってトップに位置でプレーするようになると、ストライカーとしての才能が開花。公式戦46試合で34得点をマークした。 ▽先のロシア・ワールドカップのベルギー代表の初戦パナマ代表戦でも、超絶ボレーシュートでベルギーの先制点を奪い赤い悪魔の3発快勝に貢献。サッリ監督はメルテンスに、チェルシーではストライカーの後ろでプレーすることを望んでいるようで、同胞のMFエデン・アザールとの強力タッグが結成されるかもしれない。 2018.06.21 13:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリがファビアン・ルイス&ザルツブルクDF獲得に迫る 会長が主力2選手の退団の可能性についても言及

▽ナポリが2人の若手逸材の獲得に近づいているようだ。同クラブのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長がイタリア『Corriere dello Sport』で語った。 ▽新シーズンからカルロ・アンチェロッティ監督が指揮を執るナポリでは、バンディエラであるスロバキア代表MFマレク・ハムシク(30)とイタリア代表MFジョルジーニョ(26)の2選手の今夏退団が濃厚に。とりわけ、ジョルジーニョのマンチェスター・シティへの移籍が迫っている。 ▽この状況を受けて、クラブはベティスで今季ブレイクを果たしたスペイン人MFファビアン・ルイス(22)と、RBザルツブルクでプレーするオーストリア代表DFシュテファン・ライナー(25)の獲得に迫っているようだ。 ▽デ・ラウレンティス会長は2選手の獲得が近づいていることを認めている。 「我々はファビアン・ルイスに関してすべての詳細が詰め終わるのを待っているだけだ。また、ミラノでライナーと会ったことを否定するつもりはない。現時点で話し合いの最中だ」 ▽なお、ファビアン・ルイスはアトレティコ・マドリーMFサウール・ニゲスを彷彿とさせる189cmの大型レフティ。今季はリーグ戦34試合に出場し3ゴールを記録。優れたパスセンスと球際の強さ、運動量を武器とするインテリオールだ。ナポリはジョルジーニョの後釜として同選手の契約解除金を支払う構えだ。 ▽一方、日本代表MF南野拓実の同僚であるライナーは今季の公式戦55試合に出場し2ゴール11アシストを記録。本職はサイドバックながらも右サイドの全ポジション、セントラルMFでも起用可能なクレバーな選手。とりわけ、右足のキック精度には定評がある。移籍金に関してはザルツブルク側が1000万ユーロ(約12億8000万円)を要求している模様だ。 ▽また、デ・ラウレンティス会長は中盤の主力2選手の去就や今夏の補強プランに関しても言及している。 「我々には2人のゴールキーパーと守れるサイドバックが必要だ。さらにジョルジーニョとマレク・ハムシクが退団すると、我々は2人の新たなミッドフィルダーも必要になる」 「ハムシクに関しては先日に代理人を伴って私の自宅でディナーを共にし、その場で彼らは中国のクラブとコンタクトを取っていることを伝えてきた。ただ、以降いかなるオファーも受けていない」 「ジョルジーニョに関してはマンチェスター・シティの首脳陣と話し合いを行った。我々は合意に達する必要があるが、交渉は一歩ずつ進んでいる。まもなく合意に達すると言って問題はないだろう」 2018.06.16 17:35 Sat
twitterfacebook
thumb

名将アンチェロッティがW杯優勝国を予想「大抵同じ顔ぶれだが、本命は…」

ナポリの指揮官に就任したカルロ・アンチェロッティが、&ldquo;ワールドカップ・アンド・エコノミックス2018&rdquo;のイベントに出席し、ロシアW杯の優勝国を予想した。イタリア『メディアセット』など複数メディアが11日、報じている。<br><br>W杯には選手として2度、アシスタントマネージャーとして1度、参加しているイタリア人の名将は、今年の大会優勝国を予想した。<br><br>「優勝国は、大抵同じ顔触れだ。スペインとブラジルが有力だが、私はブラジルの可能性が高いと考える。新監督のチッチが、非常に強固な守備を築いた。それが持ち前の素晴らしい攻撃能力に加わることを考慮すれば、本命の優勝候補であると言える。その後ろは、フランス、ドイツ、アルゼンチンあたりになるだろう。ただ今年、イタリアがいないのは残念だ」<br><br>続いてアンチェロッティは、ロシアW杯のダークホースを予想している。ただEUROのように、ダークホースが優勝を果たす可能性は低いと主張する。<br><br>「サプライズ? ダークホースになりうるのは2チーム。プレミアリーグでプレーする選手が多いベルギー、そして経験とクオリティがうまくミックスされたクロアチアになるだろう。ただ決勝では、サプライズは起こらないと思う。EUROと比較すると、W杯では大抵有力候補が優勝している。ギリシャ(EURO2004)やポルトガル(EURO2016)のように、ダークホースが優勝するのを見届けることは難しいだろう」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.13 12:15 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース