コンテ監督、アトレティコ復帰決定のジエゴ・コスタに感謝 「昨シーズン、共にトロフィーを獲得したことは忘れない」2017.09.22 23:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督が、前日にアトレティコ・マドリーへの復帰が決定したスペイン代表FWジエゴ・コスタ(28)について語った。同監督がストーク・シティ戦の前日会見で語ったコメントを公式サイトが伝えている。▽昨シーズン終了後にチェルシーのアントニオ・コンテ監督から構想外を言い渡されたジエゴ・コスタは、今夏の移籍市場でアトレティコ復帰を求めるもクラブ間の交渉がまとまらず、チェルシー残留が決定。

▽しかし、その後も母国ブラジルに籠城を続けたジエゴ・コスタの強硬姿勢が実ったのか、5500万ユーロ(約73億6000万円)+ボーナス1000万ユーロ(約13億4000万円)といわれるオファーを受け入れたチェルシーは、21日にアトレティコとのクラブ間での合意を発表。数日後にメディカルチェックを受診した後、同選手は選手登録が認められる来年1月に再びアトレティコの一員になることが決定した。

▽コンテ監督は、昨季のプレミアリーグ制覇の立役者の1人であり、今夏自ら構想外を言い渡した愛憎相半ばするジエゴ・コスタに関して、これまでの貢献に対して素直に感謝の言葉を口にした。

「ジエゴ・コスタには、これまでの功績に感謝するとともに、今後のさらなる活躍を祈っている」

「昨シーズン、共にトロフィーを獲得したことは忘れない。あの姿勢には感謝しないといけない。昨シーズンに限らず、チェルシーに在籍した時間は素晴らしい働きぶりだった」
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシー、カラム・ウィルソンの今冬獲得に自信! 移籍金43億円

▽チェルシーが、ボーンマスに所属するイングランド代表FWカラム・ウィルソン(26)の今冬の獲得に自信を示している。イギリス『エクスプレス』の報道を基に、イギリス『メトロ』が報じた。 ▽ここまで、スペイン代表FWアルバロ・モラタが公式戦21試合7ゴール、フランス代表FWオリヴィエ・ジルーが18試合5ゴールと、チェルシーのストライカーは爆発力を示せていない。今冬の移籍市場でマウリツィオ・サッリ監督がそのポジションの補強を画策していることが報じられており、カラム・ウィルソンが候補に挙げられていた。 ▽カラム・ウィルソンは、2014年のボーンマス加入から5年目の今シーズン、ここまでで公式戦17試合9ゴール6アシストを記録。プレミアリーグ第16節終了時点で8位に割って入っているクラブの原動力として、注目を集めている。 ▽今回の報道によると、チェルシーはカラム・ウィルソンの獲得に自信を示しており、移籍金3000万ポンド(約43億円)の提示を計画。移籍金300万ポンド(現在のレートで約4億3000万円)で同選手をコベントリー(イングランド3部相当)から迎え入れていたボーンマスからしても、この提案は満足のいく額だという。 2018.12.15 16:55 Sat
twitterfacebook
thumb

最下位・フルアム、守備改善へ…事実上戦力外通告のケイヒル獲得を希望か

▽フルアムが来年1月の移籍市場で、チェルシーに所属する元イングランド代表DFギャリー・ケイヒル(32)の獲得を希望しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽今シーズン5年ぶりにプレミアリーグに昇格したフルアムは、スラビシャ・ヨカノビッチ監督の下、復帰初年度をスタートしたが、第12節を終えた時点で1勝2分け9敗と最下位に沈む低調なパフォーマンスを続けていたことから解任。11月にクラウディオ・ラニエリ監督を招へいし、再スタートを切った。 ▽ラニエリ体制移行後は、1勝1分け2敗で19位・サウサンプトンと同じ勝ち点9で並び、最下位脱出が見えてきた。そのフルアムは今冬の移籍市場で、低迷の要因でもあった1試合平均約2.5失点の脆弱な守備改善に向けケイヒルの獲得に動く可能性があるようだ。 ▽昨シーズンチェルシーでキャプテンを務めたケイヒルだが、今シーズンはマウリツィオ・サッリ新体制の下、出場機会が激減。プレミアリーグでの出場はここまでわずか1試合にとどまっており、ベンチに入ることすらままならない日が続いている。 ▽そんな中、最近サッリ監督は、ケイヒルをリスペクトしていることを前置きしながら「彼はボックス内では最高だが、私は技術のある選手を欲している」と明言。事実上の戦力外通告を告げた。 ▽現在フルアムが完全移籍かレンタルでの獲得を望んでいるかは不透明の模様。同選手にはアーセナルやミラン、ウェストハム、サウサンプトンらが獲得に興味を示しているとされるが、フルアムは守備強化に向けてどのような動きを見せるのだろうか。 2018.12.15 11:15 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー安堵…サッリ、ヴィディ戦で負傷交代のモラタは「深刻ではない」

▽ヴィディ戦で負傷交代したチェルシーのスペイン代表FWアルバロ・モラタは、重傷ではないようだ。イギリス『Four Four Two』が伝えている。 ▽チェルシーは13日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループH最終節でヴィディと対戦。この日先発出場したモラタだったが、40分に右サイドからのクロスをニアサイドで合わせた際に左ヒザを負傷し、前半のうちに途中交代した。なお、試合は2-2の引き分けに終わっている。 ▽試合後、チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督は、モラタの状態について「深刻ではない」と明かしている。 「医者による最初の印象では、そこまで悪くなく、深刻でもないようだ」 「とはいえ明日ケガの具合をチェックする必要がある。それまでは待たなければならない」 2018.12.14 11:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ELラウンド32進出チームが決定! 日本勢は長谷部、南野、乾にCL3位敗退組の長友の4クラブに!

▽13日にヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ全日程が終了した。この結果、ラウンド32に進出する全32チームが決定した。 ▽例年、番狂わせの目立つELグループステージだが、今季は優勝候補に挙がるチェルシー、アーセナルのロンドン勢、同大会に相性が良いスペイン勢のビジャレアル、セビージャ、昨季上位に進出したザルツブルクやラツィオなどの強豪チームが順当に突破を決めた。 ▽その一方で、優勝候補のミラン、昨季準優勝チームのマルセイユ、昨季チャンピオンズリーグ(CL)ベスト16のベシクタシュら強豪チームが敗退する波乱も起こった。 ▽合計5人が参戦した日本人選手の所属クラブではMF南野拓実のザルツブルク、MF長谷部誠のフランクフルト、MF乾貴士のベティスが揃って首位通過を決めた。一方、前述のマルセイユに所属するDF酒井宏樹、アンデルレヒトに所属するMF森岡亮太の2選手は共に最下位での敗退となった。 ▽なお、来年2月に開催されるラウンド32には今回グループステージを勝ち抜いた24チームと、今季CLグループステージの各グループを3位で終えた8チームの合計32チームが出場する。 ▽また、CL3位敗退チームを含めたラウンド32進出チームを国別に分けると、ベティス、ビジャレアル、セビージャ、バレンシア(CL敗退組)の4チームが勝ち残ったスペイン勢が最多に。続いてラツィオ、インテル(CL敗退組)、ナポリ(CL敗退組)の3チームが残ったイタリアが次点となっている。 ▽CL3位敗退チームの一覧および各グループの最終順位の一覧は以下の通り。 ◆CL3位敗退チーム クラブ・ブルージュ(ベルギー) インテル(イタリア) ナポリ(イタリア) ガラタサライ(トルコ) ベンフィカ(ポルトガル) シャフタール(ウクライナ) ビクトリア・プルゼニ(チェコ) バレンシア(スペイン) ◆ELグループステージ順位表 【グループA】 1.レバークーゼン(ドイツ) 2.チューリッヒ(スイス) ――決勝T進出―― 3.AEKラルナカ(キプロス) 4.ルドゴレツ(ブルガリア) 【グループB】 1.ザルツブルク(オーストリア) 2.セルティック(スコットランド) ――決勝T進出―― 3.RBライプツィヒ(ドイツ) 4.ローゼンボリ(ノルウェー) 【グループC】 1.ゼニト(ロシア) 2.スラビア・プラハ(チェコ) ――決勝T進出―― 3.ボルドー(フランス) 4.コペンハーゲン(デンマーク) 【グループD】 1.ディナモ・ザグレブ(クロアチア) 2.フェネルバフチェ(トルコ) ――決勝T進出―― 3.スパルタク・トルナバ(スロバキア) 4.アンデルレヒト(ベルギー) 【グループE】 1.アーセナル(イングランド) 2.スポルティング・リスボン(ポルトガル) ――決勝T進出―― 3.ヴォルスクラ(ウクライナ) 4.カラバフ(アゼルバイジャン) 【グループF】 1.ベティス(スペイン) 2.オリンピアコス(ギリシャ) ――決勝T進出―― 3.ミラン(イタリア) 4.デュドランジュ(ルクセンブルク) 【グループG】 1.ビジャレアル(スペイン) 2.ラピド・ウィーン(オーストリア) ――決勝T進出―― 3.レンジャーズ(スコットランド) 4.スパルタク・モスクワ(ロシア) 【グループH】 1.フランクフルト(ドイツ) 2.ラツィオ(イタリア) ――決勝T進出―― 3.アポロン・リマソル(キプロス) 4.マルセイユ(フランス) 【グループI】 1.ヘンク(ベルギー) 2.マルメ(スウェーデン) ――決勝T進出―― 3.ベシクタシュ(トルコ) 4.サルプスボリ(ノルウェー) 【グループJ】 1.セビージャ(スペイン) 2.FCクラスノダール(ロシア) ――決勝T進出―― 3.スタンダール・リエージュ(ベルギー) 4.アクヒサル(トルコ) 【グループK】 1.ディナモ・キエフ(ウクライナ) 2.レンヌ(フランス) ――決勝T進出―― 3.アスタナ(カザフスタン) 4.ヤブロネツ(チェコ) 【グループL】 1.チェルシー(イングランド) 2.BATEボリソフ(ベラルーシ) ――決勝T進出―― 3.ヴィディ(ハンガリー) 4.PAOK(ギリシャ) 2018.12.14 07:13 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ウィリアン&ジルーのFK弾もGS最終節はドロー…グループHはチェルシーとBATEが突破《ヨーロッパリーグ》

▽チェルシーは13日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループH最終節でヴィディと対戦し、2-2で引き分けた。 ▽ここまで5戦全勝で首位突破をすでに決めているチェルシー。先週末に行われたプレミアリーグ第16節のマンチェスター・シティ戦に勝利し、それまでリーグ3試合で2敗していた嫌な流れから一気に復調してきた。チェルシーにとって消化試合となる今回のヴィディ戦には、スタメンをシティ戦からウィリアンを除く10選手変更。カバジェロやエメルソン、アンパドゥ、ロフタス=チーク、ハドソン=オドイ、モラタらが先発に起用された。 ▽予想通りチェルシーがボールを支配する展開になるものの、ゴール前に人数を固めるヴィディの守備をなかなか攻略できない。試合が動いたのは30分、ゴール正面でFKを獲得したチェルシー、ウィリアンがこれを直接決めて先制点を奪った。 ▽しかしその2分後、ヴィディの右CKの場面でアンパドゥがオウンゴールを献上。すぐに追いつかれてしまった。42分にもカウンターを許したチェルシーはネゴに枠内シュートを飛ばされ危ない場面に。だが、ここはGKカバジェロが掻きだして何とか回避した。 ▽前半アディショナルタイムに負傷したモラタを下げてジルーを投入したチェルシーは、56分にはウィリアンを下げてペドロをピッチへ。しかしその直後、試合を動かしたのはヴィディだった。 ▽56分、相手のパスミスを自陣で奪ったヴィディは少ないタッチ数で一気に縦に突破。G・ミラノフがドリブルで左サイドを駆け抜けると、ボックス手前の速い段階でクロスを供給。これをファーサイドにいたネゴが見事なダイレクトボレーシュートを叩き込み、逆転に成功した。 ▽まさかの逆転を許してしまったチェルシーは72分に敵陣でボールを奪ってショートカウンターを発動。左に開いたハドソン=オドイのクロスをペドロが胸トラップからシュートにつなげるが、惜しくも枠の左に外れた。 ▽チェルシーが押し込む展開が続く中迎えた75分、前半同様にチェルシーはゴール正面でFKを獲得。これをジルーが左上隅に沈めて同点に追いついた。 ▽その後も主導権を握ったチェルシーだったが、勝ち越し弾を奪うまでには至らず2-2で試合終了。グループHはチェルシーが首位突破、2位通過はBATEとなった。 2018.12.14 04:53 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース