元ミドルズブラ指揮官のカランカ氏がアラベスからの監督オファーを断る2017.09.19 01:47 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元ミドルズブラ指揮官のアイトール・カランカ氏(44)が、アラベスからの監督就任オファーを断ったようだ。スペインのラジオ局『Cadena SER』が伝えている。

▽アラベスは、今年6月に同クラブの指揮官に就任したルイス・スベルディア監督(36)を成績不振のため、17日に解任。後任監督としてアラベスは、元ミドルズブラ指揮官のカランカ氏へオファーをかけたが、カランカ氏は父親が亡くなったことを理由にこのオファーを断ったという。

▽後任監督が白紙となったアラベスは、アシスタントコーチのハビエル・カベージョ氏(43)を暫定監督に指名している。

コメント

関連ニュース

thumb

アラベス、最下位からチームを救ったアベラルド監督とキャプテン・マヌ・ガルシアと契約延長

▽アラベスは8日、アベラルド・フェルナンデス監督(48)と、スペイン人MFマヌ・ガルシア(32)と契約延長したことを発表した。 ▽アベラルド監督は昨年12月1日に、最下位で苦しむアラベスの今季3人目の監督として招へいされた。初采配となったリーガエスパニョーラ第14節のジローナ戦、翌節のラス・パルマス戦で連勝スタートを切ったアベラルド監督はその後、見事にチームを立て直し、残り2節を残した時点で勝ち点44で13位に位置。就任後からこれまでに勝ち点「37」を獲得し、クラブを1部残留に導いた。 ▽2012年からアラベスでプレーするマヌ・ガルシアはこれまで公式戦215試合に出場しており、同クラブでは8番目の数字。今季もキャプテンマークを巻き、ここまでリーグ戦29試合に出場、3ゴールをマークしている。 ▽なお、アベラルド監督とは1年、マヌ・ガルシアとは2年間の契約延長となっている。 2018.05.10 16:36 Thu
twitterfacebook
thumb

ガメイロのPK弾を守り抜いたアトレティコが公式戦4試合ぶりの白星!《リーガエスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは29日、リーガエスパニョーラ第35節でアラベスと対戦し、1-0で勝利した。 ▽公式戦3試合勝利のない3位アトレティコ・マドリー(勝ち点72)が、13位アラベス(勝ち点41)のホームに乗り込んだ一戦。ミッドウィークにヨーロッパリーグ(EL)準決勝1stレグでアーセナルとのアウェイ戦を行ったアトレティコは、その試合からコケ、リュカ、ヴルサリコ以外の先発8人を変更。トーレスやジエゴ・コスタ、コレア、ビトロらが先発で起用された。 ▽立ち上がりからアトレティコがボールを支配するも、自陣でしっかりとブロックを敷くアラベスの前になかなか決定機を作れない。それでもアトレティコは18分、コレアがボックス左手前で倒され、FKを獲得。ガビのワンタッチからトーマスが直接ゴールを狙うも、これはわずかに枠の上に外れた。 ▽こう着状態のまま前半終盤に突入。アトレティコは、42分に最終ラインからのロングフィードをボックス左で受けたジエゴ・コスタが頭で落とし右足のシュートを放つが、これはGKシヴェラのセーブに阻まれた。 ▽後半も攻勢を続けるアトレティコは60分、左サイドからカットインしたビトロがボックス左まで侵攻し右足を振り抜く。しかし、このシュートは左ポストを直撃した。1点の遠いアトレティコは63分にコケとジエゴ・コスタを下げてゴディンとガメイロを投入する。 ▽対するアラベスは、63分にビトロのシュートをセーブしようとした際に右肩を痛めたGKシヴェラに代えてGKパチェコをピッチに送り出した。 ▽すると70分、アトレティコにこの試合最大のチャンスが訪れる。ドリブルでボックス左深くまで切り込んだビトロがワカソに後ろから倒されPKを獲得。しかし、トーレスのPKはGKパチェコの完璧なセーブに防がれた。 ▽最大のチャンスを逃したアトレティコだが77分、ビトロのパスをボックス左のトーレスがシュート。これがワカソのハンドを誘発し、この試合2度目のPKを獲得。このPKをガメイロがゴール中央に確実に沈め、アトレティコが待望の先制点を奪った。 ▽試合終盤、アラベスの猛攻を受けるも持ち味の粘り強い守りでこれをシャットアウト。結局、ガメイロのPK弾を守り抜いたアトレティコが、公式戦4試合ぶりの白星を飾った。 2018.04.30 01:06 Mon
twitterfacebook
thumb

2度の指揮官交代も実らず、ラス・パルマスが4シーズンぶりの2部降格《リーガエスパニョーラ》

▽22日、リーガエスパニョーラ第34節が行われた。ラス・パルマスvsアラベスの一戦は0-4でアラベスが勝利。この結果、ラス・パルマスのセグンダ(2部)降格が決定した。 ▽19位のラス・パルマス(勝ち点21)が、13位のアラベス(勝ち点38)をホームに迎えた一戦。勝利以外の結果では降格が決定するラス・パルマスは、前半から奮闘するもゴールレスで45分を終えた。 ▽しかし、後半に入るとアラベスが猛攻。51分にムニルが先制ゴールを決めると、73分にもムニルがゴール。さらに終盤にかけてメドラン、ソブリーノとゴールを奪い、0-4でアラベスが勝利。ラス・パルマスの降格が決定した。 ▽ラス・パルマスは、2015-16シーズンからリーガエスパニョーラへ復帰。11位(2015-16)、14位(2016-17)と中位を維持してきた。 ▽今シーズンはマノルロ・マルケス監督が指揮を執るも、開幕から2勝4敗と低調なスタートとなり、9月末にマルケス監督が辞任。パコ・アジェスタラン監督が後任として就任するも、6連敗を含む1分け6敗とチームを立て直せず、11月末に解任。暫定的にコーチが指揮を執っていたが、ウィンターブレイクに入る際にパコ・ヘメス監督を招へいしていた。 ▽しかし、チームを立て直すことはできず、バレンシアやマラガに勝利するも、2月5日の第22節を最後に白星なし。5連敗で4シーズンぶりの降格が決定した。 2018.04.23 12:27 Mon
twitterfacebook
thumb

エイバル、乾2戦ぶり先発もアラベスの1発に泣き6戦勝ちなし…《リーガエスパニョーラ》

▽日本代表MF乾貴士が所属するエイバルは15日、リーガエスパニョーラ第32節でホームにアラベスを迎え、0-1で敗北。乾は78分までプレーした。 ▽5試合勝ちのない暫定11位のエイバル(勝ち点40)と、2試合負けのない暫定16位のアラベス(勝ち点35)による“バスク・ダービー”。乾は、2試合ぶりにペドロ・レオンらとともにスタメンに名を連ねた。 ▽試合開始早々、アラベスがファーストチャンスをモノにする。最前線のソブリーノがボックス左に抜け出し、中央マイナス方向に折り返す。ボックス手前のグイデッティが右足でグラウンダーのシュートを放ち、ゴールネットを揺らした。 ▽反撃に出るエイバルは、16分にボックス手前右のペドロ・レオンが鋭く落ちるミドルシュートを浴びせたが、GKパチェコがファインセーブを披露。同点ゴールとはならない。 ▽乾は左サイドに大きく開いて幾度かドリブルを試みるが、アラベスの集中した守備に苦しみ打開できず。エイバルは、ボールを保持しつつも大きなチャンスを作り出すことができないまま試合を折り返すこととなった。 ▽後半に入っても、エイバルは得点を目指して攻勢をかける。52分、ボックス左からのFKの場面で、キッカーはペドロ・レオン。しかし、右足の強烈なシュートは、またしてもGKパチェコに阻まれた。 ▽エイバルはさらに61分、左サイドでボールを持った乾が右足で速いクロスを供給。しかし、GKパチェコのパンチングに阻まれ、ボックス内で待ち構えるオレジャーナはヘディングシュートを放つことができない。64分にもボックス左で乾のパスを受けたオレジャーナが右足でシュートを放ったが、アラベスDFのブロックに遭う。 ▽リズムを変えたいエイバルは、78分に疲れが見えてきた乾に代えてカパを投入。防戦一方となっているアラベスも、81分にイバイ・ゴメスに代えて好調なムニルを起用した。 ▽結局、エイバルがその後もネットを揺らすことができないまま試合が終了。この結果、エイバルは6試合勝ちなしで連敗突入と、ホームで苦杯を喫することに。対するアラベスは、連勝を飾った。 2018.04.15 21:05 Sun
twitterfacebook
thumb

柴崎、6試合ぶり先発も途中交代…ヘタフェもアラベスに敗れて連敗《リーガエスパニョーラ》

▽日本代表MF柴崎岳が所属するヘタフェは7日、リーガエスパニョーラ第31節でアラベスと対戦し、0-2で敗れている。6試合ぶりに先発した柴崎は62分までプレーした。 ▽前節のベティス戦を0-1で落とした11位・ヘタフェ(勝ち点39)が、16位・アラベス(勝ち点32)のホームに乗り込んだ一戦。2試合ぶりの白星を飾りたいヘタフェは、ベティス戦から先発メンバーを3人変更。B・ゴンザレスとフラミニ、ポルティージョに代えてジェネと柴崎、マルケルを起用した。直近5試合でベンチスタートだった柴崎は6試合ぶりに先発出場した。 ▽連敗を避けたいヘタフェ試合は4分、敵陣中央右からの浮き球をモリーナが折り返しアマトが走り込むが、その前でGKパチェコにキャッチされてしまう。 ▽クロスから得点を狙うも脅威とはならないヘタフェ。アラベスに26分、左サイドからのクロスをグイデッティにボックス内で収められてシュートを放たれる。しかし、ここはアントゥネスが懸命なディフェンスで防いで得点を許さない。 ▽ヘタフェは、40分にもピナのパスを受けたマヌ・ガルシアにミドルシュートで脅かされたが、両者にゴールは生まれずゴールレスで試合を折り返す。 ▽後半開始早々、ヘタフェはセットプレーから先制を許す。48分、自陣中央やや左でアラベスにFKを与えてしまう。するとムニルのクロスを中央のラグアルディアに押し込まれた。 ▽欲しかった先制点を奪われたヘタフェはさらに75分、アラベスの左サイドの攻撃からボックス左に抜け出したグイデッティのクロスを、中央のムニルに頭で押し込まれて0-2と引き離されてしまう。 ▽苦しい状況となったヘタフェは80分、途中出場のレミがボックス右で仕掛けてファウルを誘ってPKを獲得。しかし、キッカーを務めたアントゥネスが放ったシュートはゴール左外へ。ヘタフェはこれで今シーズンのPKで9本中5本失敗している。 ▽1点差に詰め寄る絶好機を逃したヘタフェはその後、得点を奪えないまま0-2で敗戦し、連敗を喫している。 2018.04.07 22:10 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース