清水、ユース所属3選手の来季新加入内定を発表2017.09.18 16:52 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽清水エスパルスは18日、DF伊藤研太(18)、MF滝裕太(18)、FW平墳迅の2018シーズン新加入内定を発表した。

▽3名は清水ユース所属の選手。トップチーム昇格を受けて、それぞれ次のようにコメントしている。

◆DF伊藤研太
「小さい頃からの夢だったプロサッカー選手になることができ、大変嬉しく思います。自分の持ち味である、正確なパスとクロスを活かして積極的に攻撃に参加し、チームの勝利に貢献したいと思います。そして記憶に残るプレーヤーを目指します。これまでお世話になった、家族、監督、チームメイト、そして今まで応援して下さった全ての皆様に感謝し、日々努力して1日でも早くアイスタのピッチに立てるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」

◆MF滝裕太
「スクールを含め9年間お世話になってきたクラブで、小さい頃から夢だったプロサッカー選手になることができ本当に嬉しく思います。今まで支えていただいた監督やスタッフ、チームメイト、家族、また応援していただいた皆様に感謝の気持ちを込め、ピッチで恩返ししたいと思います。まだまだ課題が沢山あるので、日々の練習を全力で取り組み、1日でも早くエスパルスに貢献できるよう努力していきます。どうぞよろしくお願いします」

◆FW平墳迅
「エスパルスユースのセレクションに合格してから、トップチームに昇格することを目標にしてきたので、とても嬉しく思います。ここまで自分が成長できたのは、家族やスタッフの皆さん、そしてサポーターのおかげだと思っています。恩返しをするためにも、少しでも早く試合に出場し、チームの力になれるよう日々精進していきます。応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

新潟、ユース所属のDF岡本將成&MF五十嵐新を2種登録

▽アルビレックス新潟は23日、U-18所属のDF岡本將成(17)とMF五十嵐新(17)の2種登録を発表した。 ▽ジュニアユース時代から新潟下部組織に所属する岡本は、身長184㎝、体重79㎏のディフェンダー。2015年にはU-15日本代表にも選出されていた。トップチームでは背番号35を着用する。 ▽同じくジュニアユース時代から新潟下部組織に所属する五十嵐は、身長180㎝、体重72㎏のミッドフィルダー。2015年にはU-15日本代表にも選出されていた。トップチームでは背番号37を着用する。 2018.02.23 18:03 Fri
twitterfacebook
thumb

鳥栖がウィントスと契約更新! 期間は2019年1月31日まで、年俸は非公開

▽サガン鳥栖は23日、マスコットキャラクターのウィントス(年齢不詳)と2018シーズンの契約を更新したことを発表した。契約期間は2018年2月23日〜2019年1月31日まで。年俸は非公表となっている。 ▽“佐賀・筑後地方に生息するカチガラスのリーダー”であるウィントスは、佐賀県鳥栖市付近の山育ち。2005年2月から鳥栖一筋のマスコットキャラクターとして活躍し、『Jリーグマスコット総選挙2018』で29位にランクインした。 ▽Jリーグ史上初となる金曜日開催の明治安田生命J1リーグ開幕節のヴィッセル神戸戦当日に契約更新が発表されたウィントス。クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「今年も無事契約更新してもらえたウィン!心配してくれた皆さんありがとうウィン。ITADAKI目指してサガン鳥栖ファミリーのみんなと一緒に頑張るウィン! 新しい仲間も増えて、開幕戦からみんなと頑張るウィン!! 今年もみんなと会えるのを楽しみにしてるウィン!」 2018.02.23 09:30 Fri
twitterfacebook
thumb

長崎MF田中輝希が関西1部アミティエSC京都へ完全移籍

▽V・ファーレン長崎は22日、MF田中輝希(25)が関西サッカー1部リーグに所属するアミティエSC京都へ完全移籍したことを発表した。 ▽田中は三菱養和SCユースから2011年に名古屋に加入。2014年は大分に期限付き移籍し、2015年に名古屋に復帰するも同年に契約満了。2016年から加入したV・ファーレン長崎では、なかなか出場機会に恵まれず、昨シーズンは明治安田生命J2リーグ1試合、天皇杯1試合の出場に留まっていた。 ▽田中はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、アミティエSC京都へ移籍することになりました。V・ファーレン長崎のファン、サポーターの皆さま2年間大変お世話になりました。V・ファーレン長崎の悲願であったJ1の舞台をぜひ楽しんで下さい。本当にありがとうございました」 2018.02.23 00:23 Fri
twitterfacebook
thumb

昨季限りで横浜FCを退団したDF小宮山尊信が自身のSNSで現役引退を発表…神奈川3クラブでプレー

▽昨シーズン限りで横浜FCを退団したDF小宮山尊信(33)は22日、自身の『instagram』を通じて現役引退を発表した。 ▽千葉県出身の小宮山は、順天堂大学在学中の2006年に特別指定選手として横浜F・マリノスに登録されると、2007年に正式加入。横浜FMでは、2007年から2009年までウイングバックのレギュラーとして活躍し、2009年12月に同県内に本拠地を置く川崎フロンターレに完全移籍。 ▽川崎Fとの契約満了に伴い、2017年からは横浜FCに加入。横浜FCでは、明治安田生命J2リーグで25試合に出場していたが、昨シーズン限りで契約を満了し退団していた。 ▽小宮山は、自身の『instagram』を通じて、以下のようなコメントを残している。 「この度現役を引退する決断を致しました。振り返ると本当に幸せな時間だったなぁとつくづく思います。これまで支えていただいた方々や仲間、一人一人との思い出が浮かび上がり、感謝の気持ちで胸がいっぱいになります。どんな時も自分を応援し最後の最後まで信じ続けてくれたサポーターにも心から感謝しています。全ての方のおかげでここまで走りきることができました」 「引退を決めてから、たくさんの事が楽になりましたが、今はまだ、それを寂しく思います。でも次の目標にワクワクしている自分もいます。新しい道に進みますが、サッカーで培ってきた精神を生かし、一歩一歩進んで行きます!今まで本当にありがとうございました!そしてこれからもよろしくお願いします!!」 [写真は川崎フロンターレ時代] 2018.02.22 22:55 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪、FCソウルから獲得のMFオスマルが完全移籍ではなく期限付き移籍での加入に訂正

▽セレッソ大阪は22日、21日にKリーグ1のFCソウルからの獲得を発表していたスペイン人MFオスマル(29)が完全移籍ではなく、期限付き移籍であると訂正している。なお、移籍期間については明かされていない。 ▽オスマルは、2007年にラシンでプロキャリアをスタートさせると、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)を経て、2014年からFCソウルでプレー。センターバックを主戦場としながら守備的MFもこなせ、2016年のKリーグクラッシックにおける年間ベストイレブン受賞した。 ▽なお、C大阪にはブラジル人MFソウザやブラジル人FWリカルド・サントス、韓国代表FWヤン・ドンヒョン、同GKキム・ジンヒョン、クロアチア人DFマテイ・ヨニッチ、U-23タイ代表MFチャウワット・ヴィラチャードが所属しており、オスマルを選手登録するためには、「Jリーグ提携国」のタイ国籍であるチャウワットを除いた5選手のうち、1名の登録を抹消しなければならない。 ▽C大阪は、21日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018・グループG第2節で広州恒大(中国)とホームで対戦し、0-0で引き分けた。グループステージ2節を終えて1勝1分けと負けなしで、グループGの首位に立っている。なおC大阪の次戦は、25日に行われる明治安田生命J1リーグ第1節で横浜F・マリノスをホーム戦に迎える。 2018.02.22 13:47 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース