ファン・マルバイクが電撃辞任のサウジアラビア代表が元アルゼンチン代表監督のバウサ氏を招へい2017.09.15 20:18 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サウジアラビアサッカー連盟(SAFF)は15日、サウジアラビア代表監督にエドガルド・バウサ氏(59)を招へいすることを発表した。

▽バウサ氏は、現役時代もアルゼンチン代表としてプレー。引退後は南米のクラブで監督を務めると、2009年2月からサウジアラビアのアル・ナスルの監督に就任。その後は、再び南米に戻り、アルゼンチンのサン・ロレンソやサンパウロなどで指揮を執っていた。

▽2016年8月からアルゼンチン代表監督に就任していたが、ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選での成績不振から2017年4月に解任され、その後はフリーに。UAE代表監督就任も報じられたが、実現せずにいた。

▽サウジアラビアは、日本代表とのロシアW杯アジア最終予選の最終戦で勝利し出場権を獲得したものの、ベルト・ファン・マルバイク監督が連盟との対立により辞任していた。

コメント

関連ニュース

thumb

サウジアラビア代表、前チリ代表指揮官のピッツィ氏を新監督に招へい

▽サウジアラビアサッカー連盟(SAFF)は28日、前チリ代表指揮官のフアン・アントニオ・ピッツィ氏(49)を新指揮官に招へいしたことを発表した。なお、契約期間に関しての詳細は明かされていないものの、『ESPN』は2019年1月のアジアカップまでと伝えている。 ▽サウジアラビア代表は、ロベルト・ファン・マルバイク監督によってロシアW杯アジア予選を勝ち抜いたものの、SAFFとの対立により解任。そして、ファン・マルバイク監督の後任に指名されたエドガルド・バウサ監督(59)も、先日に就任からわずか2カ月で解任と、内部でのゴタゴタが続いている。 ▽SAFFはその後任にユベントスやミラン、チェルシー、パリ・サンジェルマン、レアル・マドリーなどを指揮し、今年9月にバイエルンの監督を解任されたカルロ・アンチェロッティ氏(58)をリストアップしたものの、交渉はうまくいかず。そして、新たな指揮官に指名されたのが、ピッツィ氏だった。 ▽2016年1月にホルヘ・サンパオリ前監督の辞任に伴い、チリ代表の新指揮官に就任したピッツィ氏は、同年行われたコパ・アメリカ・センテナリオでコパ・アメリカ連覇に導く手腕を発揮。さらに、今年7月に行われた 2017 FIFAコンフェデレーションズカップでは、決勝でドイツ代表に敗れたものの準優勝に輝いていた。 ▽しかし、ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選では10日に行われた最終節のブラジル代表戦で0-3の敗戦を喫した結果、3位から出場圏外の6位に転落し、3大会連続での本大会行きを逃した。そして、W杯予選敗退を受けて、辞任を発表していた。 ▽なお、ピッツィ氏は来月1日にロシアで行われるロシアW杯組み合わせ抽選会にてサウジアラビア代表監督としての職務をスタートする予定だ。 2017.11.28 23:14 Tue
twitterfacebook
thumb

内部でのゴタゴタが続くサウジアラビア代表…アンチェロッティは監督就任を拒否

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)への出場を決めながら、就任からわずか2カ月でエドガルド・バウサ監督(59)を解任したサウジアラビア代表。名将の招へいを目論んでいたようだが、断られたようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽サウジアラビア代表が招へいに動いていたのは、ユベントスやミラン、チェルシー、パリ・サンジェルマン、レアル・マドリーなどを指揮し、今年9月にバイエルンの監督を解任されたカルロ・アンチェロッティ氏(58)のようだ。 ▽サウジアラビア側は高額な報酬を提示したようだが、アンチェロッティ氏はこの申し出を受けない姿勢とのこと。また、イタリアサッカー連盟の新会長が決定するまでは、イタリア代表監督に就任することも考えていないとのことだ。 ▽サウジアラビア代表は、ベルト・ファン・マルバイク監督によってロシアW杯アジア予選を勝ち抜いたものの、サウジアラビアサッカー連盟との対立により解任。そして、バウサ監督も2カ月で解任と、内部でのゴタゴタが続いている。 2017.11.25 11:31 Sat
twitterfacebook
thumb

サウジアラビア、バウサをスピード解任 在任期間はわずか2カ月

▽サウジアラビアサッカー連盟は22日、同国代表を率いるエドガルド・バウサ監督(59)の解任を発表した。 ▽かつてアルゼンチン代表を指揮した経歴を持つバウサ監督は、ベルト・ファン・マルワイク氏の後任として、9月からサウジアラビア監督に就任した。 ▽わずか2カ月で監督交代に至った経緯として、同サッカー連盟は総合的な技術の評価と親善試合でのパフォーマンスを理由に挙げている。 ▽サウジアラビアは、11月の代表ウィークで2試合の国際親善試合に臨んだが、ポルトガル代表(0-3)とブルガリア代表(0-1)に連敗している。 ▽なお、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選では日本代表と同居したグループBを2位で通過。3大会ぶり5回目の出場を決めた。 2017.11.23 08:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ロシアW杯出場のサウジアラビアに衝撃…連盟との溝でファン・マルバイク監督が辞任へ

▽サウジアラビアのベルト・ファン・マルバイク監督(65)が辞任することが決まったようだ。フランス『レキップ』など各メディアが伝えている。 ▽サウジアラビアは今月5日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で日本に1-0で勝利し、3大会ぶりのW杯出場を決めた。歓喜に沸くはずのサウジアラビアだったが、連盟と指揮官の溝は深まっていたようだ。 ▽『レキップ』によると、ファン・マルバイク監督やアシスタントを務めるマルク・ファン・ボメル氏らはオランダに在住しているとのこと。サウジアラビアサッカー連盟(SAFF)は、W杯での戦いを見据えて今後は月に23日程度はサウジアラビアに在住して欲しいと要請したが、ファン・マルバイク監督はこれを拒否したようだ。 ▽また『レキップ』はファン・マルバイク監督が発した「W杯に出場したいと思っていたが、私は自分で試合のビジョンを設定する自由を持っていなかったようだ」とのコメントを紹介。ファン・マルバイク監督が、ロシアW杯で指揮を執ることはなくなったと報じている。 ▽なお、同メディアによれば、SAFFは新指揮官として、アルゼンチンやUAEを率いたエドガルド・バウサ氏(59)の招へいを画策しているという。 2017.09.15 09:32 Fri
twitterfacebook
thumb

サウジの本大会出場決定にファン・マルヴァイク監督「選手たちは批判を乗り越えた」

サウジアラビアは現地時間5日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で日本に1-0で勝利。ベルト・ファン・マルヴァイク監督は、同国の本大会出場への喜びを語った。<br><br>グループB最終節でタイを下し、2位に浮上していたオーストラリアを奪い返すためには、サウジアラビアは日本とのホームマッチでの勝ち点3が絶対条件。そんな重圧がかかった試合で、63分にファハド・アル=ムワッラドが貴重な先制ゴールを決め、それが決勝点となった。<br><br>ファン・マルヴァイク監督は試合後、「我々にはチャンスがある、とずっと言い続けてきた」とコメント。「日本は勝利を目指し、好機もつくり出したが、我々はハーフタイム後にはサイドのスピードを生かすことで盛り返すことができた」とチームが後半に見せたパフォーマンスへの満足感をうかがわせた。<br><br>またオランダ人指揮官は後半に向けてチームに出した指示に関しては「すぐに効果が見られた。我々は彼らを脅かし、決勝点を決めることができたのだからね」と続けながら「ただ、それでも日本はとても強力なチームなので、その後も非常にスリリングだった」と終了のホイッスルが鳴るまで勝利を確信できなかったことも明かしている。<br><br>サウジアラビアがW杯本大会に出場するのは2006年以来、12年ぶりとなる。ファン・マルヴァイク監督はそれを成し遂げたチームについて「この世代の選手たちは(過去の世代と)同じような成功をつかめていなかったことで、国内で長い間批判を受けてきたが、それを今夜乗り越えることができた」と喜びを語った。<br><br>なおファン・マルヴァイク監督にとっては、W杯出場はオランダを決勝に導いた2010年の南アフリカ大会以来の2度目となる。オランダ代表は来年の本大会出場を逃す危機が迫るなか、『voetbalzone.nl』は「オランイェ(オランダ代表)がロシアW杯にたどり着けなければ、少なくともベルト・ファン・マルヴァイクとマルク・ファン・ボメルといった有名なオランダ人2人が本大会に向かう」とオランダの面目を保つのは自国の代表チームではなく、サウジアラビア代表の監督とそのアシスタントになる可能性を指摘した。<br><br><br>提供:goal.com 2017.09.07 00:55 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース