メッシが苦手ブッフォンから圧巻2ゴール! バルサがユーベに完勝リベンジ!《CL》2017.09.13 06:03 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピンズリーグ(CL)・グループD第1節、バルセロナvsユベントスが12日にカンプ・ノウで行われ、バルセロナが3-0で完勝した。

▽昨季のファイナリストであるユベントス(イタリア)と優勝候補のバルセロナ(スペイン)、共にプレーオフから勝ち上がったスポルティング・リスボン(ポルトガル)、オリンピアコス(ギリシャ)の2強2弱の顔ぶれとなったグループD。

▽昨季の準々決勝で完敗したユベントスとのリベンジマッチとなる初戦に臨むバルセロナは、バルベルデ新監督の下で開幕3連勝スタート。直近のエスパニョールとのダービーではエースFWメッシのハットトリック、ネイマールの後釜として獲得したデンベレのデビュー戦アシストと、良い形で今回の初戦を迎えた。今回の一戦ではデウロフェウに代えてデンベレを初先発させた以外、ダービーと同じメンバーを起用した。

▽一方、ユベントスは今季から背番号10を背負うエースFWディバラが開幕3試合で5ゴールを挙げる圧巻のパフォーマンスを披露するなど、6連覇中の国内リーグできっちり3連勝スタートを切った。ただ、今回の一戦に向けては出場停止のクアドラードと負傷中のキエッリーニやケディラ、マルキジオ、マンジュキッチが欠場。そのため、デ・シリオ、ドグラス・コスタ、マテュイディ、ベンタンクールの新戦力4人が先発に名を連ねた。

▽メッシをトップ下に配した[4-3-1-2]の布陣を採用したバルセロナに対して、ユベントスは攻撃時に[4-3-3]、守備時に[4-4-2]に並びが変わる変則な布陣を採用した。立ち上がりは前から圧力をかけるユベントスがペースを掴み、9分にカウンターからディバラ、12分にボックス手前のピャニッチが惜しいシュートを放つなど良い入りを見せる。

▽一方、時間の経過とともに相手のプレスをいなしてボールを保持したホームチームは、20分にイニエスタの巧みな仕掛けからボックス手前の好位置でFKを獲得。キッカーのメッシのシュートは壁に阻まれるも、こぼれ球に反応したスアレスが右足で強烈なミドルシュート。これが枠を捉えるもGKブッフォンが見事な反応で枠外に弾き出した。

▽前半半ばから終盤にかけては粘り強い守備からカウンターを仕掛けるユベントスの時間が続くが、24分のベンタンクールの決定機は相手DFがブロック。28分にディバラとイグアインのコンビで作ったシュートチャンスはGKテア・シュテーゲンの正面を突く。対するバルセロナも前線3人の連係でゴールに迫ると、38分にはゴール前を横切るDFデ・シリオの軽率なパスを奪ったデンベレの決定機も、これは相手DFのブロックに遭う。

▽その後、序盤に足を痛めていたデ・シリオが41分にストゥラーロとの負傷交代を強いられると、前半終了間際にバルセロナがスコアを動かす。45分、カウンターから相手陣内中央を持ち上がったメッシが左サイドをオーバーラップするジョルディ・アルバをおとりに中央のスアレスの足元に縦パス。ペナルティアーク付近でリターンパスを受けたメッシがゴール右隅へ丁寧な左足のシュートを流し込み、苦手とするGKブッフォンから待望の初ゴールを奪った。

▽迎えた後半、ビハインドを追うユベントスは開始直後に左サイド深くでドグラス・コスタが折り返したボールをニアでDFがクリア。これをボックス左で拾ったディバラが左足を振り抜くが、シュートを枠に飛ばせない。

▽一方、立ち上がりのピンチを凌いだバルセロナは51分、ボックス中央でアルバから横パスを受けたメッシが左足を振り抜くと、これが右ポストを叩く。さらに跳ね返りがGKブッフォンの背中に当たるが、こぼれ球に反応したアルバの折り返しはゴールラインを割る。それでも、ユベントスへの苦手を払拭したメッシは56分、右サイドのスペースでパスを受けてドリブルでボックス内に侵入すると、絶妙な折り返しを入れる。すると、DFストゥラーロがゴール手前で何とかかき出したボールをラキティッチがスライディングシュートで流し込んだ。

▽痛恨の2失点目を喫したユベントスは63分、ベンタンクールを下げてベルナルデスキを投入。システムを攻撃的な[4-2-3-1]に変更するが、イグアインとディバラのアルゼンチンコンビがほとんど仕事をさせてもらえない。

▽後半に入って完全に主導権を掴んだバルセロナは69分、絶好調のエースが試合を決める。自陣からのロングカウンターでイニエスタのスルーパスに抜け出したメッシが自身の外側を追い越すデンベレをおとりに内側へ切り込み、左足のシュートをゴール右隅に突き刺した。

▽その後、デンベレとラキティッチ、イニエスタを下げてセルジ・ロベルト、パウリーニョ、アンドレ・ゴメスを入れて試合をクローズにかかるバルセロナに対して、一矢報いたいユベントスが反撃に出る。だが、80分過ぎのベナティアの決定的なヘディングシュートはDFピケの好ブロック、82分のベルナルデスキのゴール右隅を捉えたシュートはGKテア・シュテーゲンの好守に遭い、最後までゴールをこじ開けることはできず。昨シーズンの準々決勝で完敗したユベントスに完勝でリベンジを果たしたバルセロナが、快勝スタートを切った。

▽また、同日行われたグループDのもう1試合、オリンピアコスvsスポルティング・リスボンは、アウェイのスポルティングが3-2で勝利した。

▽開始2分にドゥンビアのゴールで先制したスポルティングは、その後もジェウソン・マルティンス、ブルーノ・フェルナンデスのゴールで前半のうちに3点のリードを奪う。その後、試合終了間際に途中出場のパルドに2点を決められ、冷や汗をかくも敵地で白星スタートを飾った。

コメント

関連ニュース

thumb

インテル、バルセロナからラフィーニャを買取OP付きレンタルで獲得! 買い取りには総額51億円が必要に

▽インテルは22日、バルセロナからブラジル代表MFラフィーニャ(24)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は8番に決定。なお、完全移籍での買い取りには3500万ユーロ+ボーナス300万ユーロの総額3800万ユーロ(約51億6000万円)が必要となる。 ▽自身2度目のレンタル移籍でインテルに加入したラフィーニャは、クラブ公式チャンネルの『Inter TV』で新天地での意気込みを語った。 「今は本当に幸せな気分だよ。今回の移籍は僕の人生において重要なステージとなった。自分のキャリアにおける新たな章でやるべきことがたくさんあると思っているよ」 「できるだけ多くの試合に出場し、自分たちの目標であるチャンピオンズリーグ出場権を得るために手助けをしたい」 「僕は右サイドや左サイドなど、多くの役割をカバーすることができる。ただ、8番のユニフォームを選んだよ」 「チームメート? 同じ言語を話せる仲間がいることは良いことだね。それにイカルディとは過去(バルセロナの下部組織)に一緒にプレーしたことがあるんだ」 ▽元ブラジル代表MFのマジーニョ氏を父親に持ち、バイエルンに所属するスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラを兄に持つサッカー界屈指のエリート一家に生まれたラフィーニャは、兄と同様にバルセロナの下部組織からトップチームデビュー。だが、世界屈指のタレントを誇るトップチームでなかなか出場機会がなく、2013-14シーズンはセルタにレンタル移籍した。 ▽レンタルから復帰後は攻撃的なポジションに加え、サイドバックまでこなすユーティリティ性を武器にルイス・エンリケ前監督の下で重用されるも、2度の大ケガの影響で再びポジションを失った。今月17日のコパ・デル・レイ準々決勝1stレグのエスパニョール戦では、2017年4月7日のグラナダ戦以来、290日ぶりに実戦に復帰したが、出場機会を求めて再び故郷を離れることになった。 2018.01.23 05:33 Tue
twitterfacebook
thumb

ヴェルメーレンの悪癖再発、ベティス戦で左ハムストリングを痛める

▽バルセロナに所属するベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンの悪癖が再発した。 ▽負傷離脱したDFサミュエル・ユムティティの代役として安定したパフォーマンスを続けるヴェルメーレン。21日に行われたリーガエスパニョーラ第20節のベティス戦でも引き続き先発した。加入以来の故障癖が嘘のようにプレータイムを増やしていたが、前半終盤に相手選手の背走を余儀なくされたシーンで左ハムストリングを負傷。この試合から戦列復帰したユムティティとの交代でピッチを退いた。 ▽バルセロナは試合後、そのヴェルメーレンの左ハムストリング負傷を発表。翌22日により具体的な診断結果を求め、検査を受ける見通しだという。 2018.01.22 09:30 Mon
twitterfacebook
thumb

メッシ&スアレス2G! 無敗首位のバルセロナが5得点でベティスを粉砕《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは21日、リーガエスパニョーラ第20節でベティスのホームに乗り込み、5-0で快勝した。 ▽リーガ5連勝中で無敗の首位バルセロナ(勝ち点51)と、直近のリーガ2戦計8得点で連勝中と好調の7位ベティス(勝ち点27)による一戦。バルセロナは、直近の試合であるコパ・デル・レイ準々決勝エスパニョール戦1stレグ(0-1でバルセロナが敗北)からスタメンを6名変更し、シレッセン、ディーニュ、A・ビダル、パウリーニョ、アレーニャ、デニス・スアレスに代えて、テア・シュテーゲン、ジョルディ・アルバ、N・セメド、ラキティッチ、アンドレ・ゴメス、スアレスを起用した。 ▽この試合最初のチャンスを得たのはベティス。3分にバルセロナがロングカウンターを受けたシーンでブスケッツのクリアが中途半端になると、グアルダードが反応してボールを拾う。しかし、ボックス手前から左足で放ったシュートは枠を外れる。 ▽ベティスは2トップを組むバルセロナに対して3バックで試合に入り、両サイドを広く使いワイドにボールを動かして試合を進行していく。メッシとスアレスの2トップに対してマンツーマンに近い形でセンターバックを付けるベティスを相手に、バルセロナは中々チャンスを作ることができない。 ▽それでも、メッシがやや下がり目のポジションを取り始めると、バルセロナにチャンスが生まれていく。25分には、相手陣内中央のメッシがボックス内のスアレスにパスを当てる。相手DFを背負いつつキープしたスアレスは、走り込んだセルジ・ロベルトにパスを供給。しかし、セルジ・ロベルトが放ったシュートはバーのはるか上方に飛んでいく。 ▽さらに30分には、カウンターからメッシがボックス内左に抜け出して左足を振り抜いたが、枠を外れていく。徐々にシュートを浴びる機会が増えたベティスは両ウイングバックが押し込まれる悪循環に陥り、なかなか流れを引き戻せない。 ▽バルセロナは良いペースで試合を進めていたものの、前半終了間際の40分にカウンターの対応でダッシュしたヴェルメーレンが負傷。43分にユムティティとの交代を強いられた。 ▽予期せぬアクシデントに見舞われたバルセロナは、前半終了間際の46分にファビアン・ルイスのシュートを浴びる。GKテア・シュテーゲンが阻んで失点こそしなかったものの、嫌な雰囲気の中で試合を折り返すこととなった。 ▽後半の立ち上がりも、バルセロナの嫌な流れは途切れず。ホアキンやドゥルミジを経由しつつ、ベティスがお株を奪うようなパス回しを披露し、バルセロナはなかなかボールを持つことができない。56分には、ドリブルでボックス左に侵攻したファビアン・ルイスが再び左足でシュートを放ったが、またしてもGKテア・シュテーゲンが立ちはだかった。 ▽それでも59分、カウンターからメッシがワンタッチでセンターサークル付近のスアレスに落とす。スアレスが高くなったベティスのディフェンスラインの裏にスルーパスを送ると、左サイドでラキティッチが独走状態に。そのままボックス内まで侵攻してシュートを放ち、貴重な先制ゴールを奪い切った。 ▽さらに64分、ピッチ中央付近でゴールキックを受けたファビアンのトラップが乱れると、ブスケッツがボールを奪取。乱れていたディフェンスラインを見逃さず素早く最前線のメッシにパスを供給し、メッシが確実に沈めてあっという間にリードを広げていく。 ▽69分には、メッシがドリブルで相手DFを引きつけて右サイドのラキティッチにパスを送る。ラキティッチがクロスを上げると、ボックス内中央のスアレスが豪快なボレーシュートを放ち、チームの3点目とした。 ▽バルセロナの一方的な展開となると、80分にもボックス手前でボールを持ったメッシがドリブルで突破。ボックス内左まで持ち込んで自らシュートを放ち、自身のこの日2得点目でリーガでの今シーズンのゴール数を「19」にまで伸ばした。 ▽さらに試合終了間際の90分にも、メッシがドリブル突破からボックス内左のスアレスにラストパス。スアレスが落ち着いて決めて、メッシに続いて2得点目を記録した。 ▽結局、試合は5-0のスコアで終了。この結果、バルセロナは無敗を維持してリーガ6連勝を飾ることに。対するベティスは良い入りをみせたものの、勝ち点を獲得することは叶わなかった。 2018.01.22 06:39 Mon
twitterfacebook
thumb

リーガで首位独走のバルサ…だがバルベルデはコパを考えず「最優先はリーグ戦」

21日のリーガエスパニョーラ第21節、バルセロナは敵地ベニト・ビジャマリンでのベティス戦に臨む。前日会見に出席したエルネスト・バルベルデ監督は、1stレグで敗戦したコパ・デル・レイ準々決勝エスパニョール戦を意識せず、リーグ戦だけに集中していることを説いた。<br><br>リーガでは2位以下に勝ち点10差以上を付け、首位を快走するバルセロナ。そのためにベティス戦では、0&minus;1からの逆転を目指さなければならないコパ準々決勝セカンドレグ、エスパニョール戦を見据えた戦い方をする余裕もあるように思えるが、バルベルデ監督の考えは違うようだ。<br><br>「私たちのプライオリティーはリーガにある。コパとチャンピオンズも勝ち取りたいが、1シーズンを通してどのような調子にあるかを物語るコンペティションはリーガだ」<br><br>「私は恍惚感になど浸っていないし、ロッカールームも同様だ。チームはまだ何かを達成したわけではないし、リーガを物にしたなどもってのほかだ。私たちはこれからも、苦しみながら、勝利を収めていかなければならない」<br><br>またバルセロナとの個人合意が盛んに報じられ、同クラブから接触を否定する声明を出すに至った、アトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリエズマンについても触れている。<br><br>「彼は違うチームにいる素晴らしい選手だ。私はアトレティコ・マドリーに敬意を持っている。私たちは常に憶測が渦巻く世界にいるが、ただそれだけのことだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.21 23:30 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサ、グリーズマン個人合意を公式否定

▽バルセロナは20日、アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(26)を取り巻く加入内定報道を否定した。 ▽グリーズマンを巡っては最近、今シーズン終了後のバルセロナ移籍で個人合意に達したとの報道が加熱している。 ▽これを受け、バルセロナは声明を公式サイトに掲載。グリーズマンの加入内定および接触の噂を次のように否定している。 「バルセロナは、アトレティコ・マドリーのアントワーヌ・グリーズマンに関する複数メディアの報道を強く否定する」 「クラブは、これらの報道に対して異議を表明すると共に、アトレティコ・マドリーに対する敬意を改めて表する」 2018.01.21 15:30 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース