メッシが苦手ブッフォンから圧巻2ゴール! バルサがユーベに完勝リベンジ!《CL》2017.09.13 06:03 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピンズリーグ(CL)・グループD第1節、バルセロナvsユベントスが12日にカンプ・ノウで行われ、バルセロナが3-0で完勝した。

▽昨季のファイナリストであるユベントス(イタリア)と優勝候補のバルセロナ(スペイン)、共にプレーオフから勝ち上がったスポルティング・リスボン(ポルトガル)、オリンピアコス(ギリシャ)の2強2弱の顔ぶれとなったグループD。

▽昨季の準々決勝で完敗したユベントスとのリベンジマッチとなる初戦に臨むバルセロナは、バルベルデ新監督の下で開幕3連勝スタート。直近のエスパニョールとのダービーではエースFWメッシのハットトリック、ネイマールの後釜として獲得したデンベレのデビュー戦アシストと、良い形で今回の初戦を迎えた。今回の一戦ではデウロフェウに代えてデンベレを初先発させた以外、ダービーと同じメンバーを起用した。

▽一方、ユベントスは今季から背番号10を背負うエースFWディバラが開幕3試合で5ゴールを挙げる圧巻のパフォーマンスを披露するなど、6連覇中の国内リーグできっちり3連勝スタートを切った。ただ、今回の一戦に向けては出場停止のクアドラードと負傷中のキエッリーニやケディラ、マルキジオ、マンジュキッチが欠場。そのため、デ・シリオ、ドグラス・コスタ、マテュイディ、ベンタンクールの新戦力4人が先発に名を連ねた。

▽メッシをトップ下に配した[4-3-1-2]の布陣を採用したバルセロナに対して、ユベントスは攻撃時に[4-3-3]、守備時に[4-4-2]に並びが変わる変則な布陣を採用した。立ち上がりは前から圧力をかけるユベントスがペースを掴み、9分にカウンターからディバラ、12分にボックス手前のピャニッチが惜しいシュートを放つなど良い入りを見せる。

▽一方、時間の経過とともに相手のプレスをいなしてボールを保持したホームチームは、20分にイニエスタの巧みな仕掛けからボックス手前の好位置でFKを獲得。キッカーのメッシのシュートは壁に阻まれるも、こぼれ球に反応したスアレスが右足で強烈なミドルシュート。これが枠を捉えるもGKブッフォンが見事な反応で枠外に弾き出した。

▽前半半ばから終盤にかけては粘り強い守備からカウンターを仕掛けるユベントスの時間が続くが、24分のベンタンクールの決定機は相手DFがブロック。28分にディバラとイグアインのコンビで作ったシュートチャンスはGKテア・シュテーゲンの正面を突く。対するバルセロナも前線3人の連係でゴールに迫ると、38分にはゴール前を横切るDFデ・シリオの軽率なパスを奪ったデンベレの決定機も、これは相手DFのブロックに遭う。

▽その後、序盤に足を痛めていたデ・シリオが41分にストゥラーロとの負傷交代を強いられると、前半終了間際にバルセロナがスコアを動かす。45分、カウンターから相手陣内中央を持ち上がったメッシが左サイドをオーバーラップするジョルディ・アルバをおとりに中央のスアレスの足元に縦パス。ペナルティアーク付近でリターンパスを受けたメッシがゴール右隅へ丁寧な左足のシュートを流し込み、苦手とするGKブッフォンから待望の初ゴールを奪った。

▽迎えた後半、ビハインドを追うユベントスは開始直後に左サイド深くでドグラス・コスタが折り返したボールをニアでDFがクリア。これをボックス左で拾ったディバラが左足を振り抜くが、シュートを枠に飛ばせない。

▽一方、立ち上がりのピンチを凌いだバルセロナは51分、ボックス中央でアルバから横パスを受けたメッシが左足を振り抜くと、これが右ポストを叩く。さらに跳ね返りがGKブッフォンの背中に当たるが、こぼれ球に反応したアルバの折り返しはゴールラインを割る。それでも、ユベントスへの苦手を払拭したメッシは56分、右サイドのスペースでパスを受けてドリブルでボックス内に侵入すると、絶妙な折り返しを入れる。すると、DFストゥラーロがゴール手前で何とかかき出したボールをラキティッチがスライディングシュートで流し込んだ。

▽痛恨の2失点目を喫したユベントスは63分、ベンタンクールを下げてベルナルデスキを投入。システムを攻撃的な[4-2-3-1]に変更するが、イグアインとディバラのアルゼンチンコンビがほとんど仕事をさせてもらえない。

▽後半に入って完全に主導権を掴んだバルセロナは69分、絶好調のエースが試合を決める。自陣からのロングカウンターでイニエスタのスルーパスに抜け出したメッシが自身の外側を追い越すデンベレをおとりに内側へ切り込み、左足のシュートをゴール右隅に突き刺した。

▽その後、デンベレとラキティッチ、イニエスタを下げてセルジ・ロベルト、パウリーニョ、アンドレ・ゴメスを入れて試合をクローズにかかるバルセロナに対して、一矢報いたいユベントスが反撃に出る。だが、80分過ぎのベナティアの決定的なヘディングシュートはDFピケの好ブロック、82分のベルナルデスキのゴール右隅を捉えたシュートはGKテア・シュテーゲンの好守に遭い、最後までゴールをこじ開けることはできず。昨シーズンの準々決勝で完敗したユベントスに完勝でリベンジを果たしたバルセロナが、快勝スタートを切った。

▽また、同日行われたグループDのもう1試合、オリンピアコスvsスポルティング・リスボンは、アウェイのスポルティングが3-2で勝利した。

▽開始2分にドゥンビアのゴールで先制したスポルティングは、その後もジェウソン・マルティンス、ブルーノ・フェルナンデスのゴールで前半のうちに3点のリードを奪う。その後、試合終了間際に途中出場のパルドに2点を決められ、冷や汗をかくも敵地で白星スタートを飾った。

コメント

関連ニュース

thumb

バルサ、ドイツ代表MFゴレツカにロックオン…1月の獲得を目指す?

▽バルセロナが、シャルケのドイツ代表MFレオン・ゴレツカ(22)の獲得を狙っているという。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ▽伝えられるところによると、189cmという長身とフィジカル、積極的な攻撃参加が武器のセントラルMFに対して、バルセロナは現在の中盤にはいないタイプの選手として注目。シャルケとの契約を来年6月30日までとしているゴレツカだが、バルセロナ側は来夏にフリーとなる同選手が他のチームへ移籍することがないように、冬の移籍市場での獲得を目指しているという。 ▽なお、『ムンド・デポルティボ』は、移籍金は1000万~1500万ユーロ(13億4000万円~20億1000万円)程度と見込んでいる。バイエルンも関心を持っているといわれる中、バルセロナはすでに選手の代理人と数回コンタクトを取っているようだ。 ▽ボーフムの下部組織出身の若きドイツ代表は、2013年夏にシャルケに加入。ここまで公式戦124試合に出場し、16ゴール13アシストを記録している。今季はリーグ戦5試合全てにフル出場し1ゴールを挙げている。また、2014年にデビューしたドイツ代表では、10試合に出場し4ゴールをマーク。今年6月から7月にかけて行われたコンフェデレーションズカップでは優勝を経験している。 2017.09.22 21:02 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナMF、ネイマール退団に「個人的には悪い決断」…一方で理解も

バルセロナに所属するクロアチア代表MFイバン・ラキティッチは、ネイマールの退団についてクラブに対して思うところがあるようだ。『BBC』が報じた。<br><br>バルセロナは今夏、史上最高額の移籍金でブラジル代表FWネイマールをパリ・サンジェルマンに放出。一方で、パウリーニョやウスマン・デンベレといった新戦力を迎え入れたが、ラキティッチはネイマール放出を「大きなミス」とみなしているようだ。<br><br>「個人的にはとても難しいね。ネイマールは世界最高の選手というだけでなく、僕にとっても大きな人間だったから。ロッカールームでも僕らにとって重要な存在で、最高のヤツだった。チームの中では彼のことが本当に好きだったから、僕にとっては悪い決断だった」<br><br>バルセロナでの4年で186試合105ゴールという結果を残したネイマール。ラキティッチは個人的には不満を示しながらも、クラブと選手本人の決断については尊重していることを強調した。<br><br>「ネイマールの決断は尊重しなければならない。チームが購入し、彼がバルセロナを離れることを決めたなら、決断を尊重し、幸運を祈らないとね。彼がパリでも幸せで、多くのゴールを挙げられることを祈っている。でも僕らは自分たちの道を歩み続けるし、ネイマールなしでも強くなっていくよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.09.22 15:06 Fri
twitterfacebook
thumb

“メッシが新契約にサイン”は会長の嘘? クラブ会員が「父親と合意しただけ」と強調

リオネル・メッシと新契約を結んだと話していたジョゼップ・マリア・バルトメウ会長だが、ソシオ(会員)のアウグスティ・ベネディト氏はそれは会長の嘘だと語っている。<br><br>以前バルセロナの会長選にも立候補したベネディクト氏は、バルトメウ会長と首脳陣の退陣を求める署名活動を展開している。さらに同氏は、メッシと新契約を締結したと語る会長の説明は嘘で、首脳陣にクラブを管理できるだけの能力がないと感じているようだ。<br><br>21日に会見を開いたベネディクト氏は「バルトメウは新契約を結んだと言っていたが、事実ではない。メッシがサインしていないこの契約は無効だ。彼の父親がサインしていても、選手が契約にサインしていなければ意味がない」とアルゼンチン代表FW自身は依然として契約に応じていないと主張。<br><br>続けて「バルトメウの存在がメッシとの契約が完了しない一番の障害になっている可能性がある。会長が嘘をつくのはこれが最初ではないから、真実を説明することを願っている」とバルトメウ会長に説明を求めている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.09.22 14:02 Fri
twitterfacebook
thumb

大腿二頭筋の腱断裂で手術を受けたO・デンベレがバルセロナ帰還…離脱は約3カ月半

▽大腿二頭筋の腱断裂と診断され手術を受けていたフランス代表FWウスマーヌ・デンベレが、バルセロナへと帰還した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽O・デンベレは、今夏ドルトムントから移籍金1億500万ユーロ(約139億9200万円)+ボーナスで加入。しかし、16日に行われたリーガエスパニョーラ第4節のヘタフェ戦で24分に負傷交代していた。 ▽重傷と診断されたO・デンベレは、フィンランドのヘルシンキに向かい手術を実施。無事に手術を終え、バルセロナへと戻り、クラブがSNSに投稿した映像では笑顔を見せ、19日のエイバル戦を観ていた。 ▽なお、復帰までに懸かる見込みは約3カ月半とのこと。早くても復帰は年明けとなりそうだ。 2017.09.22 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

パウリーニョは“NEWセスク”?

▽今シーズンからバルセロナでプレーするブラジル代表MFパウリーニョの評価が高まっている。イギリス『Squawka』が「NEWセスク」と評し、ブラジル人ダイナモの活躍を取り上げた。 ▽パウリーニョは今夏、3600万ポンドで広州恒大から加入。だが、この移籍は、バルセロナがMFマルコ・ヴェッラッティやMFフィリペ・コウチーニョ獲りを期待したファンの支持を得られず、パウリーニョの能力に関しても懐疑的な見方が強かった。 ▽ところが、そのパウリーニョは、今シーズンのここまで、リーガエスパニョーラ4試合に出場して2得点1アシスト。力強いボールの持ち運びとタイミング抜群のゴール前への飛び込みを生かして、加入当初の周囲の下馬評を覆す好パフォーマンスを披露している。 ▽これを受けて、『Squawka』も「NEWセスク?」との見出しでパウリーニョを特集。MFセスク・ファブレガス(現チェルシー)のようなパスセンスこそ乏しいものの、ボール奪取能力と得点力で、バルセロナの中盤に新たな風を吹き込む存在になる可能性があると紹介している。 2017.09.22 08:45 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース