メッシが苦手ブッフォンから圧巻2ゴール! バルサがユーベに完勝リベンジ!《CL》2017.09.13 06:03 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピンズリーグ(CL)・グループD第1節、バルセロナvsユベントスが12日にカンプ・ノウで行われ、バルセロナが3-0で完勝した。

▽昨季のファイナリストであるユベントス(イタリア)と優勝候補のバルセロナ(スペイン)、共にプレーオフから勝ち上がったスポルティング・リスボン(ポルトガル)、オリンピアコス(ギリシャ)の2強2弱の顔ぶれとなったグループD。

▽昨季の準々決勝で完敗したユベントスとのリベンジマッチとなる初戦に臨むバルセロナは、バルベルデ新監督の下で開幕3連勝スタート。直近のエスパニョールとのダービーではエースFWメッシのハットトリック、ネイマールの後釜として獲得したデンベレのデビュー戦アシストと、良い形で今回の初戦を迎えた。今回の一戦ではデウロフェウに代えてデンベレを初先発させた以外、ダービーと同じメンバーを起用した。

▽一方、ユベントスは今季から背番号10を背負うエースFWディバラが開幕3試合で5ゴールを挙げる圧巻のパフォーマンスを披露するなど、6連覇中の国内リーグできっちり3連勝スタートを切った。ただ、今回の一戦に向けては出場停止のクアドラードと負傷中のキエッリーニやケディラ、マルキジオ、マンジュキッチが欠場。そのため、デ・シリオ、ドグラス・コスタ、マテュイディ、ベンタンクールの新戦力4人が先発に名を連ねた。

▽メッシをトップ下に配した[4-3-1-2]の布陣を採用したバルセロナに対して、ユベントスは攻撃時に[4-3-3]、守備時に[4-4-2]に並びが変わる変則な布陣を採用した。立ち上がりは前から圧力をかけるユベントスがペースを掴み、9分にカウンターからディバラ、12分にボックス手前のピャニッチが惜しいシュートを放つなど良い入りを見せる。

▽一方、時間の経過とともに相手のプレスをいなしてボールを保持したホームチームは、20分にイニエスタの巧みな仕掛けからボックス手前の好位置でFKを獲得。キッカーのメッシのシュートは壁に阻まれるも、こぼれ球に反応したスアレスが右足で強烈なミドルシュート。これが枠を捉えるもGKブッフォンが見事な反応で枠外に弾き出した。

▽前半半ばから終盤にかけては粘り強い守備からカウンターを仕掛けるユベントスの時間が続くが、24分のベンタンクールの決定機は相手DFがブロック。28分にディバラとイグアインのコンビで作ったシュートチャンスはGKテア・シュテーゲンの正面を突く。対するバルセロナも前線3人の連係でゴールに迫ると、38分にはゴール前を横切るDFデ・シリオの軽率なパスを奪ったデンベレの決定機も、これは相手DFのブロックに遭う。

▽その後、序盤に足を痛めていたデ・シリオが41分にストゥラーロとの負傷交代を強いられると、前半終了間際にバルセロナがスコアを動かす。45分、カウンターから相手陣内中央を持ち上がったメッシが左サイドをオーバーラップするジョルディ・アルバをおとりに中央のスアレスの足元に縦パス。ペナルティアーク付近でリターンパスを受けたメッシがゴール右隅へ丁寧な左足のシュートを流し込み、苦手とするGKブッフォンから待望の初ゴールを奪った。

▽迎えた後半、ビハインドを追うユベントスは開始直後に左サイド深くでドグラス・コスタが折り返したボールをニアでDFがクリア。これをボックス左で拾ったディバラが左足を振り抜くが、シュートを枠に飛ばせない。

▽一方、立ち上がりのピンチを凌いだバルセロナは51分、ボックス中央でアルバから横パスを受けたメッシが左足を振り抜くと、これが右ポストを叩く。さらに跳ね返りがGKブッフォンの背中に当たるが、こぼれ球に反応したアルバの折り返しはゴールラインを割る。それでも、ユベントスへの苦手を払拭したメッシは56分、右サイドのスペースでパスを受けてドリブルでボックス内に侵入すると、絶妙な折り返しを入れる。すると、DFストゥラーロがゴール手前で何とかかき出したボールをラキティッチがスライディングシュートで流し込んだ。

▽痛恨の2失点目を喫したユベントスは63分、ベンタンクールを下げてベルナルデスキを投入。システムを攻撃的な[4-2-3-1]に変更するが、イグアインとディバラのアルゼンチンコンビがほとんど仕事をさせてもらえない。

▽後半に入って完全に主導権を掴んだバルセロナは69分、絶好調のエースが試合を決める。自陣からのロングカウンターでイニエスタのスルーパスに抜け出したメッシが自身の外側を追い越すデンベレをおとりに内側へ切り込み、左足のシュートをゴール右隅に突き刺した。

▽その後、デンベレとラキティッチ、イニエスタを下げてセルジ・ロベルト、パウリーニョ、アンドレ・ゴメスを入れて試合をクローズにかかるバルセロナに対して、一矢報いたいユベントスが反撃に出る。だが、80分過ぎのベナティアの決定的なヘディングシュートはDFピケの好ブロック、82分のベルナルデスキのゴール右隅を捉えたシュートはGKテア・シュテーゲンの好守に遭い、最後までゴールをこじ開けることはできず。昨シーズンの準々決勝で完敗したユベントスに完勝でリベンジを果たしたバルセロナが、快勝スタートを切った。

▽また、同日行われたグループDのもう1試合、オリンピアコスvsスポルティング・リスボンは、アウェイのスポルティングが3-2で勝利した。

▽開始2分にドゥンビアのゴールで先制したスポルティングは、その後もジェウソン・マルティンス、ブルーノ・フェルナンデスのゴールで前半のうちに3点のリードを奪う。その後、試合終了間際に途中出場のパルドに2点を決められ、冷や汗をかくも敵地で白星スタートを飾った。

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナルを挟んだ禁断移籍? バルサがエジル獲りか

▽アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジル(29)にバルセロナが興味を示しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 ▽バルセロナは今夏、パリ・サンジェルマンに引き抜かれたFWネイマールの代わりとしてリバプールのMFフィリペ・コウチーニョ獲得に着手。しかし、リバプールが放出を拒否し、移籍は実現しなかった。 ▽バルセロナは来年1月の移籍市場でもコウチーニョの獲得に動くとみられる。しかし、リバプールが引き続きブラジル代表MFの放出を拒めば、代替案としてエジルの獲得に動く可能性があるという。 ▽エジルに関しては今季限りとなっているアーセナルとの契約延長交渉が滞っていることが伝えられている。そのため、バルセロナとしては比較的安価の移籍金で獲得できそうなこと、そしてアーセナルはヨーロッパリーグを戦っているため、チャンピオンズリーグのメンバーに登録できることも利点のようだ。 ▽なお、エジルはアーセナル加入前の2010年から2013年までレアル・マドリーに所属していた。アーセナルを挟んだ禁断の移籍はあり得るのだろうか。 2017.11.19 15:16 Sun
twitterfacebook
thumb

お目覚めスアレスの2発などでバルサが苦しみながらも無敗継続!!《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは18日、リーガエスパニョーラ第12節でレガネスとムニシパル・デ・ブタルケで対戦し、3-0でバルセロナが勝利した。 ▽リーグ戦11試合を終えて10勝1分けの無敗で首位を快走するバルセロナ(勝ち点31)が、8位のレガネス(勝ち点17)とのアウェイマッチに臨んだ。バルセロナは[4-4-2]で試合に臨み前線はスアレス、パコ・アルカセルの2トップ。中盤はトップ下にメッシ、アンカーにブスケッツ、イニエスタとラキティッチがインサイドハーフを務める。バックラインは右からN・セメド、ユムティティ、ピケ、ジョルディ・アルバが並び、ゴールマウスはテア・シュテーゲンが守る。 ▽立ち上がりから主導権を握るバルセロナは3分に、右サイドの大きな展開から逆サイドのジョルディ・アルバが受けて中央に落とし、最後はスアレスがネットに流し込んだが、ここはジョルディ・アルバのポジションがオフサイドでゴールは認められず。 ▽その後もバルセロナが流れを掴むが、代表の影響からか全体的な動きが重くフィニッシュまで持ち込めない。逆にカウンターからレガネスにチャンスを作られるなど嫌な流れとなるが、28分に右サイドで裏を取ったパコ・アルカセルがシュート。このこぼれ球にいち早く反応したスアレスが押し込んでバルセロナが先制に成功した。 ▽しかし試合が動いた後はレガネスが思い切って前に出てくる。35分にはボックス左に侵入したシマノフスキが右足でコントロールシュートを放つと、ここはGKテア・シュテーゲンが横っ飛びでボールをはじき出す。その後も危ない場面を作られたバルセロナだったが、1点リードのままハーフタイムを迎えた。 ▽後半は追いかけるレガネスがハーフタイムでエラソを下げてボーヴュを送り出すなど攻撃的なカードを切っていく。後半も動きが重いバルセロナは59分にN・セメドとイニエスタを下げてA・ビダルとパウリーニョを投入。すると直後にはスルーパスに抜け出したパコ・アルカセルのシュートは弾かれるが、こぼれ球をスアレスがジャンピングボレーで合わせてネットを揺らした。 ▽さらに試合終了間際にはパウリーニョがダメ押しとなる3点目を奪い試合は終了。バルセロナが危ない場面を作られながらもスアレスの2発などでレガネスに勝利し、リーグ戦の無敗を継続した。 2017.11.19 02:04 Sun
twitterfacebook
thumb

バルベルデ、バルサのグリーズマン獲得報道に「どうなるか見てみよう」

バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が、同クラブのアトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマン獲得報道について言及している。スペイン『アス』が報じた。<br><br>スペイン『ムンド・デポルティボ』は先に、バルセロナがグリーズマンとの交渉に臨んでおり、個人合意にこぎつける寸前だと報道した。この報道についてバルベルデ監督は、次のようにコメントしている。<br><br>「彼は素晴らしい選手だ。しかしながら、私は現在擁している選手たちのことだけを考えている。未来については、どうなるか見てみないとね」<br><br>バルベルデ監督はまた、冬の移籍市場での放出が噂されるMFデニス・スアレスについても触れている。<br><br>「彼はこのチームの選手だ。いくつかの試合ではピッチに立ち、ほかの試合ではプレーさせられなかった。新聞に出ることすべてにコメントすることはできない」<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.18 23:25 Sat
twitterfacebook
thumb

キング・カントナ、バルサ退団しPSG加入のネイマールに喝!!!

▽かつてマンチェスター・ユナイテッドやフランス代表として活躍したエリック・カントナ氏(51)が、今夏の移籍市場を賑わせたブラジル代表FWネイマールの考え方に喝を入れている。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽ネイマールは今夏の移籍市場でバルセロナを退団。ワールドレコードとなる2億2200万ユーロ(当時のレートで約290億円)でパリ・サンジェルマンに加入した。 ▽カントナ氏はネイマールの移籍について、25歳の若さながらバルセロナの主力として活躍し、地位も名誉もある中でなぜリーグ・アンへの移籍を求めたのかと疑問を持っているようだ。 「まだ25歳という若さだ。さらにブラジル代表やバルセロナと言ったトップレベルでプレーしていた。それなのになぜリーグ・アンに移籍する必要がある」 「私が持っていたサッカーへの情熱とは違うもの、違う視点があるのだろう。チャンピオンズリーグでのプレーと言うが、それは1シーズンで10試合程度だ。なぜフランスに来たのかが全く分からない」 2017.11.17 10:15 Fri
twitterfacebook
thumb

バーゲン価格でも買い手がつかず…アルダの去就は難航

▽バルセロナはトルコ代表MFアルダ・トゥラン(30)の買い手が見つからないことで頭を抱えているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽アルダは2015年夏にアトレティコ・マドリーから移籍金3400万ユーロ(現在のレートで約45億2500万円)でバルセロナに加入。しかしバルセロナは当時、国際サッカー連盟(FIFA)から補強禁止処分を受けていたため、同選手は2016年1月まで選手登録されなかった。 ▽その後はバルセロナでプレーし、公式戦25試合で2ゴールをマークするなど一定のパフォーマンスを披露。しかし2016-17シーズンはフルシーズンを戦うも公式戦30試合13ゴール。そして今シーズンは、エルネスト・バルベルデ監督から構想外と見なされており、来冬に移籍するだろうと伝えられている。 ▽クラブ側も戦力外となっているアルダを放出したいと考えており、『マルカ』によると加入時のおよそ3分の1となる1000万ユーロ(約13億3100万円)での放出を考えているという。しかし現状では、バーゲン価格となった移籍金でも買い手がつかない状況のようだ。 ▽『マルカ』は一部で報じられているようにガラタサライが獲得に興味を持っていると主張。しかし、これはアルダ自身は、家族のことを考えて古巣への帰還を拒否。そのため、ガラタサライ側もアルダを諦めて他のターゲットを探しているとしている。 2017.11.17 08:34 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース