新天地デビュー戦で同点ゴールを記録したデュッセルドルフFW宇佐美貴史「なんとか勝たせたいと思っていた」2017.09.11 11:53 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ2部のデュッセルドルフでプレーする日本代表FW宇佐美貴史が、10日に行われたブンデスリーガ2部第5節のウニオン・ベルリン戦を振り返った。ブンデスリーガ公式サイトが伝えた。

▽宇佐美は、アウグスブルクからのレンタル移籍でデュッセルドルフへと加入。この試合が移籍後初のリーグ戦となると、1-1で迎えた74分に途中出場で新天地デビューを果たした。

▽宇佐美は1-2とリードを許した84分、左スローインから味方のフリックが相手DFの中途半端なクリアを誘い出すと、ボックス右のスペースから宇佐美が右足ダイレクトシュート。これが決まり、移籍後初ゴール。チームはその後逆転し、3-2で勝利していた。

▽移籍後デビュー戦で初ゴールを記録した宇佐美は「もちろんすごくうれしいです。2-2の同点にする重要なゴールだったので。チームも勝つことができましたし、それが一番大きな事です」とコメント。自身のゴール以上に、チームの勝利を喜んだ。

▽また、ゴールについては「こぼれてくるかなという予感はありましたし、練習でも、ああいうクロスからのシュートを毎日やってるので、それがうまくいったかなと思います」とコメント。試合の出場については「状況で…勝っていれば、かなと思ってましたけれど、追いつかれて。その中で、「点を取って、なんとか勝たせたいな」と思ってました」と語り、しっかりと役目を果たせたことを喜んでいた。

コメント

関連ニュース

thumb

武藤嘉紀にニューカッスル&ウェストハム関心か マインツSDは早期決着求む

▽マインツは、日本代表FW武藤嘉紀(26)に早期の去就決着を求めているようだ。ドイツ『LigaInsider』が『ビルト』の情報をもとに伝えた。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)の戦いが終わり、今夏の去就に注目が集まる武藤。マインツとの契約は、2019年6月30日までとなっている。伝えられるところによれば、プレミアリーグのニューカッスルとウェストハムの2クラブが関心を示しているという。 ▽マインツでスポーツディレクターを務めるルーベン・シュレーダー氏は、「W杯が終わるまで、彼らはテレビの前に座っていた。ヨシと代理人は、早く決断してほしいという我々の希望を理解している」と話したという。 ▽以前から将来的なプレミアリーグ行きを希望しているとみられてきた武藤。果たして、その願いは叶うのだろうか。 2018.07.18 09:55 Wed
twitterfacebook
thumb

レスター地元紙が岡崎慎司のW杯を総評…中でもセネガル戦の働きを絶賛「これが我々のシンジだ」

日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティの地元メディア『レスターシャー・ライブ』は、ロシア・ワールドカップに出場した所属選手の活躍を総評した。<br><br>6月14日に開幕し、1カ月にわたり全64試合が行われた今夏のワールドカップ。多くの名勝負が繰り広げられた今大会にレスターからは、岡崎をはじめイングランド代表のベスト4進出に貢献したハリー・マグワイア、ジェイミー・ヴァーディ、デンマーク代表のカスパー・シュマイケルら10選手が出場した。<br><br>その中で同メディアは、10選手それぞれの総評と将来的な展望について解説。日本代表のノックアウトステージ進出に貢献した岡崎に対して、グループリーグ2戦目のセネガル代表戦での同点ゴール時の働きを高く評価した。<br><br>日本代表の9番を背負って今大会をプレーした岡崎について「シーズン終盤の数試合にケガにより欠場し、ワールドカップ出場が危ぶまれていたシンジ・オカザキだったが、初戦と2戦目には途中交代で出場した」とコンディション不良を乗り越えてワールドカップの舞台に立ったと言及。<br><br>続けて「セネガル戦では、ゴールキーパーに倒されても瞬時にこぼれ球に反応して身体を投げ出し、ケイスケ・ホンダの同点ゴールを演出する重要な役割を演じた」と評価。そして「これが我々のシンジだ」とワールドカップでもリーグ戦同様に献身的なプレーを見せた同選手を称賛した。<br><br>3試合目には先発で出場するも負傷により途中交代し、大逆転負けを喫したベルギー代表とのラウンド16には出場しなかった岡崎の今後に対して、同メディアは「新加入のジェームス・マディソンとともに(クロード)ピュエルのプランに入っている。彼がこれからもチームへの献身を望むなら、オカザキはこれ彼も君たちの選手だ」と締めくくった。<br><br>提供:goal.com 2018.07.18 08:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ドイツ2部ケルン、昨季デュッセルドルフ1部昇格の立役者・宇佐美貴史獲得を検討か

▽ブンデスリーガ2部のケルンが、アウグスブルクに所属する日本代表FW宇佐美貴史(26)の獲得に興味を抱いているようだ。ドイツ『エキスプレス』が伝えている。 ▽2017-18シーズンにレンタルでデュッセルドルフに加わり、昨季リーグ戦28試合8ゴール3アシストでブンデスリーガ2部制覇と1部昇格に貢献した宇佐美。同選手の引き留めを目指すデュッセルドルフだが、アウグスブルクが要求する300万ユーロ(約3億9000万円)の支払いに難色。交渉の行き詰まりが取り沙汰され、撤退の可能性も伝えられている。 ▽今回伝えられるところによると、ケルンが宇佐美獲得を検討。移籍交渉が行われていたかは定かではないが、アウグスブルクのスポーツディレクターを務めるシュテファン・ロイター氏が、ケルンのキャンプ地に訪れて、ケルンのスポーツディレクターであるアルミン・フェー氏と1時間半の会談を行っていたことも伝えている。 2018.07.17 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

日本の金狼に再び豪州行きの噂

▽日本代表FW本田圭佑(32)にオーストラリア行きの可能性が再び浮上した。オーストラリア『SBS』が報じた。 ▽今年6月に契約満了でパチューカを退団した本田。代表キャリアの集大成に位置付けたロシア・ワールドカップ(W杯)が終わり、今後の動向に注目が集まっている。 ▽その日本の金狼に対して様々な憶測が飛び交う中、オーストラリアの強豪メルボルン・ビクトリーが改めて関心。数百万ドルのマーキー選手として獲得を希望しているという。 ▽ロシアW杯後、日本代表キャリアの終焉を明かした本田。果たして、新天地はどこになるのだろうか。 2018.07.16 16:00 Mon
twitterfacebook
thumb

スウォンジー、3部降格のサンダーランドからU-21スウェーデン代表FWを獲得

▽スウォンジー・シティは14日、サンダーランドからU-21スウェーデン代表FWジョセル・アソロ(19)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年までの4年間となる。 ▽2015年に母国スウェーデンのブロマポイカルナからサンダーランドの下部組織に入団したJ・アソロは、2016年の夏にトップチームに昇格。2016-17シーズンの第2節ミドルズブラ戦でプレミアリーグデビューを飾ったが、その後は出場機会を得られず。 ▽チャンピオンシップ(イングランド2部)に降格した昨季は、リーグ戦26試合に出場し3ゴール2アシストを記録。しかし、クラブは24位で終え、30年ぶりにリーグ1(イングランド3部)への降格が決まっていた。 ▽また、各年代のスウェーデン代表に選出されてきたJ・アソロは、2016年9月に弱冠17歳でU-21スウェーデン代表デビュー。これまで11試合に出場し3ゴールを記録している。 2018.07.15 00:31 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース