マルセイユの守備崩壊は止まらずレンヌに3失点で初勝利献上…先発の酒井は38分で交代《リーグ・アン》2017.09.11 05:50 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽10日にリーグ・アン第5節のマルセイユvsレンヌがベロドロームで行われ、3-1でレンヌが勝利した。日本代表DF酒井宏樹は、チーム事情により38分に交代となった。

▽前節のモナコ戦で6-1と大敗を喫して2試合白星から遠ざかっているマルセイユが、開幕から2分け2敗と未勝利が続くレンヌを迎えた。酒井は右サイドバックの位置で先発出場となった。

▽試合は開始早々に動きを見せる。2分に右サイドから仕掛けたレンヌは、サールが入れたマイナスのボールにニアへと走り込んだハズリがヒールで流し込んでアウェイチームが先制点を挙げた。

▽その後もレンヌが主導権を握ると10分にはブリゴーがやや距離のある位置から右足で放った無回転のシュートがゴールネットに突き刺さり、一気にマルセイユを突き放す。

▽一方、守備陣の崩壊が止まらないマルセイユは、パイエやジェルマンらアタッカー陣に良い形でボールを入れられずチャンスを作れない。逆に裏を狙うハズリに危ない場面を作られるなど苦しい戦いを強いられる。それでも35分にはクイックリスタートから抜け出したジェルマンがGKと一対一を迎える。しかしシュートは決めきれず、この試合最初の決定機を逸してしまった。

▽すると38分、酒井を下げて攻撃的なB・サールを投入するなど、ガルシア監督が積極的な采配を見せる。しかしその後もチャンスすら作れずに前半は終了。スタジアムに詰めかけたサポーターのブーイングを浴びながらマルセイユの選手たちは控室へと戻っていった。

▽後半に入ると追いかけるマルセイユが攻勢に出る。しかし前半と同様に、パスミスが目立ち攻撃のリズムを掴めずフィニッシュまで持ち込むことができない。すると70分、レンヌが右サイドのボックス横でFKを獲得すると、低く鋭いグラウンダーのボールをギャニオンが蹴り込んで3点目を奪う。

▽良い所がないマルセイユは、失点場面でスライディングブロックを試みた新戦力のアブデヌールが左足のハムストリングを負傷。最後の交代カードをDFに使うなど、まさに踏んだり蹴ったりの状況となる。

▽87分にはパイエのスルーパスに抜け出したサンソンのシュートがポストに当たりながらもゴールラインを割って、マルセイユが1点を返す。90分にはロランドがPKを献上するが、ムベレのシュートはクロスバーを越えて傷口は広がらず。試合はそのまま終了を迎え、レンヌが今シーズン初勝利を飾った。

コメント

関連ニュース

thumb

マルセイユDFが語る酒井宏樹に必要なこと「彼について悪くは言わないけど…」

マルセイユに所属する元ポルトガル代表DFロランドが、同僚の酒井宏樹について語っている。フランス『Le 10 Sport』が報じた。<br><br>酒井は昨夏、マルセイユへと加入。移籍初年度からレギュラーとして活躍し、2年目を迎えた今シーズンも出場機会を手にし続けている。先日に行われたブラジル戦、ベルギー戦でも先発した酒井は、強豪を相手に安定した守備を見せ、改めて成長を感じさせている。<br><br>しかし、同僚のロランドは「彼について悪く言うわけではないけど」と前置きした上で、酒井のプレーに注文をつけている。<br><br>「彼とはよく笑いあっているよ。僕は彼に『お前はペナルティエリアに入ったとき、パスしかしないよな』と言うんだ。でもそれからシュートを打ち始めるようになったね。(5日の)カーン戦でも得点の可能性があった。彼は練習ではいつも上手くできているんだよ。ときにサイドバックであっても、シュートがベストチョイスになることがある」<br><br>酒井はマルセイユ加入以降、ゴールは0。日本代表でも、一度もネットを揺らしたことがない。ロランドとしてはときに直接ゴールを狙うプレーを期待しているようだ。<br><br>それでも「彼は一緒にプレーした中で最高のやつだ。フランス語もだいぶ上達したね」と、好印象を持っていることも明かしている。<br><br>酒井がサイドバックとしてもう一段上のステップに上がるため、得点というのは一つの課題となるかもしれない。<br><br>提供:goal.com 2017.11.19 15:15 Sun
twitterfacebook
thumb

左ハイキックで無所属となったエブラが格闘家に転身!?

▽ファンへのハイキックで無所属となっている元フランス代表DFパトリス・エブラは、格闘家への転身を考えているかもしれない。 ▽2日に行われたヨーロッパリーグ・グループI第4節のヴィトーリアvsマルセイユの試合前に執拗な挑発行為を行ったサポーター1人に対して、左足のハイキックを見舞ったエブラ。これを受けて11日にマルセイユが双方合意の上で同選手の契約を解除したことを発表し、欧州サッカー連盟(UEFA)からも2018年6月30日までの出場停止処分と、1万ユーロ(約132万円)の罰金処分が与えられた。 ▽無所属となったエブラはその3日後、自身のインスタグラム(@patrice.evra )で、格闘家のトレーニングと見間違えるような荒行を行っている様子を公開。この動画では、『Jeep』が動いている様子が映し出されているが、実はこの車を引いているのがエブラで、ワイヤーで車を固定し、一人でそのワイヤーを引いて車を動かしているのだ。 ▽さらにこの車の上には人が乗っており、総重量は計り知れない。フットボールプレーヤーでは考えられないトレーニングを行うエブラは「人生ではきついと思う時があるかもしれない。それでも常に笑顔をキープしなくてはならない」とコメント。動画内でも笑顔を絶やさず、時に大笑いしながらにこのきついトレーニングに励んでいた。 2017.11.15 16:41 Wed
twitterfacebook
thumb

ジルーが長期出場停止処分のエブラを支持「彼がピッチに戻ってくることを望んでいる」

▽アーセナルに所属するフランス代表FWオリヴィエ・ジルーは、サポーターへの暴力行為で約7カ月の出場停止処分を受けた元フランス代表DFパトリス・エブラへの支持を表明した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽エブラは、2日に行われたヨーロッパ・リーグ(EL)・グループI第4節のヴィトーリア戦の試合前にマルセイユサポーターから執拗な挑発を受けて激しい口論に。侮辱的なヤジを飛ばされたとみられるエブラは激昂し、ピッチサイドに下りてきたサポーターの1人に対して、左足のハイキックを見舞う暴挙に出て、EL史上初めて試合前に退場処分を受けた。 ▽これを受けELを管轄する欧州サッカー連盟(UEFA)は10日、同選手に対して2018年6月30日までのUEFA主催大会の出場停止処分、および1万ユーロ(約132万円)の罰金処分を発表。また、所属先のマルセイユは、同日にエブラとの契約解除を発表した。 ▽10日に行われたウェールズ代表との国際親善試合の後にジルーは「エブラにメッセージを送った。僕は彼が復帰できることを祈っている」と語り、フランス代表で共にプレーしたエブラについて次のように語った。 「僕はエブラをサポートするためにメッセージを送った。僕たちはフランス代表で共に5年間を過ごし、いつも彼はリーダーだった。彼がやってしまったことを僕が話すことは難しいが、それは感情では制御できない本能的なことだったんだろう」 「彼は多くのタイトルを獲得してきた素晴らしい選手だ。今回の処分でピッチを離れる決断をするかもしれないが、僕は彼がピッチに戻ってくることを望んでいるよ」 2017.11.12 00:10 Sun
twitterfacebook
thumb

“カンフーキック”で一躍話題のエブラ、UEFAが約7カ月の出場停止処分を発表! マルセイユは双方合意の下で契約解除を発表

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は10日、マルセイユの元フランス代表DFパトリス・エブラ(36)に対し、約7カ月の出場停止処分を下した。なお、マルセイユとエブラには罰金処分も下されている。 ▽エブラの所属するマルセイユは2日、敵地でヨーロッパリーグ(EL)・グループI第4節のヴィトーリアと対戦。この試合前、エブラはマルセイユサポーターから執拗な挑発を受けて激しい口論に。侮辱的なヤジを飛ばされたとみられるエブラは激昂し、ピッチサイドに下りてきたサポーターの1人に対して、左足のハイキックを見舞っていた。この暴力行為に対し、主審は試合開始前の状況で同選手に退場処分を下していた。 ▽これを受けUEFAは、今回の行為が懲戒規約第15条に当たるとしてエブラに対し2018年6月30日までの出場停止処分に加え、1万ユーロ(約132万円)の罰金処分を下した。なお、サポーターがピッチに乱入や花火などの危険行為についてマルセイユにも2万5000ユーロ(約330万円)の罰金処分が科されることとなった。 ▽また、同日にマルセイユはエブラと双方合意の上で契約を解除したことを公式サイトで発表。2017年1月にユベントスからマルセイユへ加入したエブラは、在籍10カ月で公式戦21試合に出場していた。 2017.11.11 03:02 Sat
twitterfacebook
thumb

酒井宏樹、チームでのネイマール対策を強調…一対一で「止められる相手ではない」

日本代表は6日、ブラジル代表との試合が行われるリール(フランス)で練習を行った。練習後、DF酒井宏樹(マルセイユ)が、最近対戦したばかりのネイマールについて語った。日本代表は10日にブラジル代表と、14日にベルギーのブルージュでベルギー代表と国際親善試合を戦う。<br><br>10月22日に行われたリーグ・アン第10節で、ブラジル代表FWネイマールが所属するパリ・サンジェルマンと対戦したばかりの酒井。試合は2-2のドローに終わったが、酒井は「ブラジル(代表)でやっている彼は全く違う人」だと語る。そして、パリSGとブラジル代表では連係の練度が異なり、「どう見ても気持ちよさそうにプレーしてるじゃないですか、代表の方が」と、警戒を強める。<br><br>それでも、手ごたえはつかめたのではという質問に対し、酒井は「パターンはないので、やってみて、その日その日、その場面その場面で対処していくしかない」と回答。さらに「時間帯とかボールをもらう位置とかで間合いは変わってくる。なるべくゴールに近い位置で受けさせたくない」と語り、「チーム全体としての守備をフォーカスしないと、もう止められるような相手ではない」と、一対一だけに焦点を合わせることは危険だと話した。<br><br>また、相手がネイマールかどうかに限らず、「どれだけボールホルダーにプレッシャーが掛かっているかで、後ろは(相手の攻撃を)予想できる。オーストラリア戦くらいプレッシャーを掛けてくれれば、インターセプトを狙える距離に近づける。(前線からのプレッシャーで相手の攻撃を)限定してくれると後ろは勇気持って前に行ける」と、全員で守備をすることの重要性を訴える。<br><br>酒井が所属するマルセイユといえば、2日に行われたヨーロッパリーグ第4節・ヴィトーリア(ポルトガル)戦で、元フランス代表DFパトリス・エヴラが、観客にキックをして試合前に退場処分となり、話題となった。このことについて聞かれると、「もちろん、ビックリはしました。ただ、何が起こったのかは当事者同士しか分からないので、僕ら選手にとっては彼の言葉が真実なので、話されるまでは待っていたいですね」と答えている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.07 19:15 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース