マルセイユの守備崩壊は止まらずレンヌに3失点で初勝利献上…先発の酒井は38分で交代《リーグ・アン》2017.09.11 05:50 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽10日にリーグ・アン第5節のマルセイユvsレンヌがベロドロームで行われ、3-1でレンヌが勝利した。日本代表DF酒井宏樹は、チーム事情により38分に交代となった。

▽前節のモナコ戦で6-1と大敗を喫して2試合白星から遠ざかっているマルセイユが、開幕から2分け2敗と未勝利が続くレンヌを迎えた。酒井は右サイドバックの位置で先発出場となった。

▽試合は開始早々に動きを見せる。2分に右サイドから仕掛けたレンヌは、サールが入れたマイナスのボールにニアへと走り込んだハズリがヒールで流し込んでアウェイチームが先制点を挙げた。

▽その後もレンヌが主導権を握ると10分にはブリゴーがやや距離のある位置から右足で放った無回転のシュートがゴールネットに突き刺さり、一気にマルセイユを突き放す。

▽一方、守備陣の崩壊が止まらないマルセイユは、パイエやジェルマンらアタッカー陣に良い形でボールを入れられずチャンスを作れない。逆に裏を狙うハズリに危ない場面を作られるなど苦しい戦いを強いられる。それでも35分にはクイックリスタートから抜け出したジェルマンがGKと一対一を迎える。しかしシュートは決めきれず、この試合最初の決定機を逸してしまった。

▽すると38分、酒井を下げて攻撃的なB・サールを投入するなど、ガルシア監督が積極的な采配を見せる。しかしその後もチャンスすら作れずに前半は終了。スタジアムに詰めかけたサポーターのブーイングを浴びながらマルセイユの選手たちは控室へと戻っていった。

▽後半に入ると追いかけるマルセイユが攻勢に出る。しかし前半と同様に、パスミスが目立ち攻撃のリズムを掴めずフィニッシュまで持ち込むことができない。すると70分、レンヌが右サイドのボックス横でFKを獲得すると、低く鋭いグラウンダーのボールをギャニオンが蹴り込んで3点目を奪う。

▽良い所がないマルセイユは、失点場面でスライディングブロックを試みた新戦力のアブデヌールが左足のハムストリングを負傷。最後の交代カードをDFに使うなど、まさに踏んだり蹴ったりの状況となる。

▽87分にはパイエのスルーパスに抜け出したサンソンのシュートがポストに当たりながらもゴールラインを割って、マルセイユが1点を返す。90分にはロランドがPKを献上するが、ムベレのシュートはクロスバーを越えて傷口は広がらず。試合はそのまま終了を迎え、レンヌが今シーズン初勝利を飾った。

コメント

関連ニュース

thumb

酒井宏樹が先制点演出でマルセイユが4試合ぶり勝利! 《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第6節のアミアンvsマルセイユが17日に行われ、2-0でマルセイユが勝利した。マルセイユの日本代表DF酒井宏樹はフル出場した。 ▽2連敗中のマルセイユは、2連勝中と好調のアミアンとの一戦に向けて、1-3で敗北した前節のレンヌ戦から、過半数となる6名のスタメンを変更。酒井は3試合連続でスタメンでの出場となった。 ▽試合が動いたのは、スコアレスのまま迎えた後半だった。53分に右サイドでボールを受けた酒井は、ダイレクトでクロスを供給。相手DFの足にわずかに当たったボールが、エンジエの身体に跳ね返り、ゴールに吸い込まれた。酒井の攻め上がりが貴重な先制点を呼び込むこととなった。 ▽さらに、直後の55分にも、カウンターの場面でエンジエが得点をマーク。試合はこのまま終了し、マルセイユがリーグ戦4試合ぶりの勝利を飾っている。 2017.09.18 01:24 Mon
twitterfacebook
thumb

酒井宏フル出場のマルセイユ、コンヤシュポルに勝利で白星スタート《EL》

▽マルセイユは14日、ヨーロッパリーグ(EL)グループI第1節でコンヤシュポルをホームに迎え、1-0で勝利した。マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場している。 ▽直近のレンヌ戦で37分に交代となった酒井が[4-3-3]の右サイドバックで先発した一戦。 ▽7分にサンソンがボレーシュートでゴールに迫ったマルセイユは、10分にパイエがミドルシュートでGKを強襲。良い入りを見せた中、12分にスルーパスに抜け出したエブナにボックス右からシュートに持ち込まれるも、枠の右に外れて助かった。 ▽引き続き攻め込むマルセイユは15分、ダイレクトプレーで崩し、最後はパイエがシュートに持ち込む。しかし、枠を捉えきれなかった。ハーフタイムにかけてもマルセイユがボールを持つ展開となったものの攻めあぐね、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半開始3分、マルセイユはパイエの左CKからファーサイドのラミが頭で押し込み、先制する。 ▽待望の先制点を獲得したマルセイユは56分、左クロスに反応したジェルマンのボレーシュートはバーに嫌われた。続く65分には酒井に決定機。パイエとのパス交換でボックス右に侵入した酒井がシュート。しかし、GKにセーブされた。 ▽終盤にかけてもマルセイユペースで進むと、88分にはサンソンがコントロールシュート。しかし、GKの好守に阻まれ1-0のまま試合終了。追加点こそ奪えなかったものの、白星スタートを切っている。 ▽また、グループIもう一試合ではMF南野拓実が所属するザルツブルクがヴィトーリアとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けている。なお、南野はヒザの負傷により欠場している。 2017.09.15 06:23 Fri
twitterfacebook
thumb

マルセイユのスロバキア代表DFフボチャンがトラブゾンシュポルへ移籍

▽マルセイユは7日、スロバキア代表DFトマシュ・フボチャン(31)がトルコのトラブゾンシュポルへ移籍したことを発表した。詳しい契約内容は明かされていない。 ▽昨年夏にゼニトからマルセイユに移籍したセンターバックのフボチャンだったが、レギュラーの座を掴むには至らず、公式戦17試合の出場に留まっていた。2006年12月にデビューしたスロバキア代表としてはこれまで50試合に出場している。 ▽移籍先のトラブゾンシュポルには今夏にミランから移籍した同胞のMFMFユライ・クツカが所属している。 2017.09.08 02:56 Fri
twitterfacebook
thumb

明日の試合の重要度を口にするDF酒井宏樹「誰もが大事な試合だとわかっている」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽日本代表は30日、31日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア代表戦に向けて、埼玉スタジアム2002でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、マルセイユのDF酒井宏樹が報道陣の取材に応対。勝利すればW杯出場が決定する大事な一戦に向けて意気込みを語った。 <span style="font-weight:700;">◆酒井宏樹</span>(マルセイユ/フランス) <span style="font-weight:700;">──オーストラリアの中盤はボールを回してくる可能性があるが</span> 「どういう出方になるかは明日にならないとわからないですし、ピッチの中で修正しあって、しっかりと勝ち点3を取れればと思います」 <span style="font-weight:700;">──明日のポイントは</span> 「細かい部分がポイントになると思います。基本的なことですが、あと一歩。最後の部分。攻撃も守備もそこが大事になると思います。難しいですね。大事な試合だとはみんながわかっています。それは僕らもわかっていますが、相手もわかっています。会場一体となって、みんなで喜べれば良いと思います」 <span style="font-weight:700;">──ホームの試合だが、守備の意識の方が高くなるか</span> 「僕らも勝った方が良くて、相手も勝った方が良い。状況は同じなので。僕らは勝たなければいけないわけではなく、もちろん勝てば決まりますし勝ちたいですが、そこまでリスクを負って前からいきなり攻めることはないでしょう。相手の出方を見つつ、ただホームなので良いプレーが出れば盛り上がるでしょうし、そういう勢いは持ち込みたいです。ただ、冷静にやれることはやらないといけません。試合は90分あります」 2017.08.30 22:36 Wed
twitterfacebook
thumb

モナコが6発圧勝で開幕4連勝&リーグ16連勝! 酒井PK献上など守備崩壊マルセイユは今季初黒星…《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第4節、モナコvsマルセイユが27日にスタッド・ルイ・ドゥで開催され、ホームのモナコが6-1で圧勝した。マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場した。 ▽前節、メス相手に辛勝し開幕3連勝を飾ったモナコは、昨シーズンから継続した連勝記録を15試合に更新し、リーグ新記録を樹立。更なる記録更新が求められる今回のビッグマッチでは、去就問題の影響でチームメートと騒動を起こしたムバッペがベンチスタートとなり、新戦力のディアカビがファルカオと2トップを組んだ。 ▽一方、開幕連勝スタートもヨーロッパリーグ(EL)プレーオフ参戦の影響もあり、直近のアンジェ戦をドローで終えたマルセイユだが、ELプレーオフではドムジャレを破り、本戦行きを決定させて今回の一戦を迎えた。昨季から14戦無敗を継続するマルセイユは、格上モナコとの対戦を考慮して[5-4-1]の守備的な布陣を採用。酒井は右のウイングバックに入り、古巣対戦のジェルマンが最前線に入った。 ▽試合は開始早々に動く。2分、相手陣内左サイドでFKを得たモナコは、キッカーのルマールが左足でゴールにボールを入れると、これを完全にフリーで抜け出したグリクが右足ボレーで流し込んだ。電光石火の先制弾で勢いづくモナコは直後にもゴール前に抜け出したディアカビに決定機も、シュートはポストに阻まれた。 ▽[4-3-3]を志向するガルシア監督の下、慣れない守備的な布陣で人は居るものの個々の責任が曖昧なシーンが目立つマルセイユはその後も採算の決定機を許す。20分にはボックス右で仕掛けたファビーニョをDFアマヴィが倒してしまい、痛恨のPK献上。これをファルカオに決められ、追加点を許した。 ▽2点リードでややペースを落としたモナコだったが、34分にセットプレーから追加点を奪う。相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのルマールが入れたボールをニアでディアカビが競ると、ゴール前に流れたボールをファルカオがダイビングヘッドで流し込み、セットプレーで3点を奪う。さらに45分には右サイドで仕掛けたロニー・ロペスが、ボックス右を深くえぐってグラウンダーの折り返しを入れると、これをディアカビがスライディングで流し込み、移籍後初ゴールを決めた。 ▽前半だけで4失点を喫したマルセイユは、ハーフタイム明けにアマヴィ、ドリアの最終ラインの2選手を下げて、カベラとマキシム・ロペスという攻撃的MFを投入。モナコのペースダウンと攻撃的な交代策で盛り返し始めたマルセイユは、サンソンが決定機に顔を出すなど、攻勢を見せた。 ▽しかし、守勢に回っても慌てないモナコは68分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でファーサイドのグリクがDFロランドを外してヘディングシュート。これは右ポストを叩くも、跳ね返りをシディベがダイビングヘッドで流し込んだ。 ▽何とか意地を見せたいマルセイユは75分、右サイドからのクロスをボックス左のマキシム・ロペスがDFの股間を抜くダイレクトパスで折り返し、これをゴール前に飛び込んだカベラがワンタッチで流し込み、ようやく1点を返す。しかし、79分にはボックス左で仕掛けたジョルジを酒井が倒してしまい、チームとしてこの試合2つ目のPKを献上。すでにファルカオがベンチに退いていたため、代わってキッカーを務めた名手ファビーニョが冷静に決め、6点目を奪った。 ▽結局、試合はこのままタイムアップを迎え、注目の強豪対決はモナコの6-1という思わぬワンサイドゲームとなった。なお、開幕4連勝のモナコは昨季から継続する連勝記録を16試合に更新した。一方、大敗で今季初黒星のマルセイユは、昨季から継続していたリーグ戦無敗記録が14試合でストップした。 2017.08.28 06:01 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース