【CLグループD展望】バルサとユーベにポルトガルとギリシャの雄が挑戦2017.09.12 18:03 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽昨季のCL準々決勝で対戦したバルセロナとユベントスが突破の本命だ。この絶対的2強にポルトガルとギリシャの雄であるスポルティング・リスボンとオリンピアコスが風穴を開けられるかどうかが焦点となる。

◆編集部予想
(C)CWS Brains,LTD.
◎本命:バルセロナ
○対抗:ユベントス
△連下:スポルティング・リスボン
△連下:オリンピアコス
◆ネイマール流出もデンベレ獲得で大幅戦力ダウン回避~バルセロナ~
Getty Images
▽昨季はユベントスの前に2年連続ベスト8敗退に終わったバルセロナは、FWネイマールがパリ・サンジェルマンに引き抜かれる大激震に襲われた。それでも、ドルトムントから両利きのドリブラーであるFWデンベレを獲得しており、大幅な戦力ダウンは免れている。3年前に欧州制覇したチームに比べればスケールダウンしている感は否めないが、バルベルデ新監督の堅実な手腕を持ってすれば、このグループを突破することは難しいタスクではない。

◆ボヌッチの穴は攻撃陣で埋める~ユベントス~
Getty Images
▽ここ3年で2度の準優勝と悔しい結果に終わっているイタリア王者も突破の本命だ。ただ今夏、守備の要だったDFボヌッチがミランに移籍し、ディフェンスに大きな懸念を抱える。一方で攻撃面ではFWドグラス・コスタとFWベルナルデスキを加え、昨季のチームに乏しかった攻撃のカードを増やした。CLでコンスタントに結果を残すアッレグリ体制4季目の今季、22年ぶりの欧州王者を目指す。

◆コエントラン&マテュー獲得でチーム力アップ~スポルティング・リスボン~
Getty Images
▽2年ぶりのCL参戦となる昨季ポルトガルリーグ3位のスポルティング・リスボンは、オリンピアコスと共にこのグループをかき回せるかどうかの鍵を握るチームだ。ジョルジェ・ジェズス体制3季目のスポルティングはレアル・マドリーからDFコエントラン、バルセロナからDFマテューと経験豊富な2選手を獲得。さらにサンプドリアからポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスを獲得し、チーム力をアップさせた。仮にチームの主軸であるMFアドリエン・シウバのレスター・シティへの移籍が白紙になれば、9年ぶりの決勝トーナメント進出へ追い風となる。

◆CL常連のギリシャ王者~オリンピアコス~
Getty Images
▽昨季こそ出場を逃がしたものの、過去6年で5度のCL出場を果たしているCL常連のギリシャリーグ7連覇中のオリンピアコスもスポルティングと同レベルの実力を持つアウトサイダーだ。若干19歳ながら守備の軸となったDFレトソスがレバークーゼンに引き抜かれたのは痛手だが、昨季の戦力をほぼ維持した中、アンデルレヒトやレギア・ワルシャワといったクラブを歴任したアルバニア人指揮官のハシ氏の手腕が発揮されれば、4年ぶりのグループステージ突破が見えてくるかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

【CLグループH展望】2連覇中の王者マドリーに死角なし! ドルトとスパーズが残り1枠争う

▽2連覇中の絶対的王者レアル・マドリーに死角はなく、首位通過の可能性が高い。そのため、残り1枠をドルトムントとトッテナムの昨季国内リーグ2位同士が争う構図だ。アポエルに関してはまずは1勝を目指したいところだ。 <span style="font-weight:700;">◆編集部予想</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cl2017-18_h_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ◎本命:レアル・マドリー ○対抗:ドルトムント ○対抗:トッテナム ☆大穴:アポエル<hr><span style="font-weight:700;">◆盤石王者に死角なし~レアル・マドリー~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170911_101_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季史上初のCL連覇を達成した絶対王者に死角はない。共に国内リーグで2位に入ったトッテナムとドルトムントと同居する組み合わせは厳しいものとなったが、決勝トーナメント進出を逃す可能性は低い。今夏の移籍市場ではMFハメス・ロドリゲス、FWモラタなど準主力を放出し、代わりにDFテオ・エルナンデス、MFダニ・セバージョスと将来を見据えた逸材の確保にとどまったが、それでも世界屈指のスカッドといえるだろう。 ▽国内リーグではFWクリスティアーノ・ロナウドの長期出場停止などの影響で直近のホーム2試合で2戦連続ドローと厳しいスタートとなったものの、CLの舞台では十分な休養を取ったエースを初戦から起用できるため、取りこぼしの心配は少ない。また、抜群の勝負勘で質の高いローテーションを仕掛けるジダン監督が、トッテナムやドルトムントとの大一番に向けてしっかりと主力のコンディションを整えてくるはずだ。また、FWベンゼマの負傷離脱を受けて、超逸材MFアセンシオ、MFイスコが序盤戦で大暴れする予感だ。 <span style="font-weight:700;">◆新指揮官の采配に不安…序盤戦がカギ~ドルトムント~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170911_101_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季のベスト8進出チームにして、優勝したマドリーを抑えてグループステージ首位通過を決めていたドルトムントが一番の対抗馬だ。今夏の移籍市場では懸念の最終ラインにDFトプラク、DFトルヤン、DFザガドゥーを加え、中盤から前ではMFダフード、FWフィリップという新たなプレースタイルの逸材を獲得。また、流出濃厚とみられたエースFWオーバメヤンの慰留に成功。その一方で、昨季の攻撃をけん引したMFデンベレのバルセロナ移籍、トゥヘル監督からボス監督への監督交代など、マイナス材料も目立つ。 ▽ボス監督の采配に関しては、前所属先のアヤックスと同様にオーソドックスな[4-3-3]の布陣を採用し、ポゼッションスタイルを打ち出している。システム変更や選手選考などイジリ過ぎの感があったトゥヘル監督に比べ、守備面の安定度や選手の長所が出易いプラス面がある一方、不気味だったトゥヘル体制に比べ、相手によって対策し易いマイナス面もある。格上のマドリー、個の能力が高いトッテナムとの対戦では、その長所が生きるか、短所が目立つか。また、MFロイス不在の中、指揮官の戦術浸透が発展途上の序盤戦の戦いが突破のカギを握る。なお、日本人選手として唯一今季のCL参戦となるMF香川真司は熾烈なポジション争いを制し、プレー機会を得られるか。 <span style="font-weight:700;">◆昨季の反省生かせるか~トッテナム~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170911_101_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季、躍進が期待されながらもグループステージ敗退の屈辱を味わったトッテナムは、マドリーとドルトムントという強豪相手に昨季からの成長を示すグループステージとなる。昨季のリーグ戦ではチェルシーに優勝をさらわれるも、攻守に完成度の高さを見せてプレミア最高位の2位に入ったトッテナム。CLでのリベンジを目指す今季はDFウォーカーを除く主力の慰留に加え、DFダビンソン・サンチェス、DFオーリエ、FWジョレンテという実力者を補強した。 ▽昨季のCLでの経験、若手の成長という上積みが期待できる一方、昨季に続いて残る課題は仮ホームとなる聖地ウェンブリーでの戦い。今季は国内リーグでも1シーズンの間、同スタジアムを本拠地として使用するが、ここまでの開幕2試合は1敗1分け。ドルトムントとの初戦でウェンブリーの呪縛を解けるかが、グループステージ突破のカギを握る。また、昨季ヨーロッパリーグで3試合の出場停止を科されたMFデレ・アリが不在となる序盤戦の戦いも重要となる。 <span style="font-weight:700;">◆堅守速攻で番狂わせ狙う~アポエル~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170911_101_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽3シーズンぶりにCLグループステージに戻ってきた国内5連覇中のキプロス王者は、奇跡のベスト8進出を果たした2011-12シーズン以来の決勝トーナメント進出を目指す。だが、同シーズンに準々決勝で敗れたマドリーを始め、ドルトムント、トッテナムと強力な3強と同じグループに入ってしまった。 ▽それでも、CLとELの舞台で豊富な経験を持つチームは格上との対戦に慣れており、極端な守備的アプローチから相手を焦らせ、狙いどころを定めた堅守速攻で番狂わせを起こす可能性を十分に秘めている。昨季トリノでプレーしたDFカルラン、スペイン人左サイドバックのラゴ、トップ下に入るMFエベリシオ、ブンデスリーガでのプレー経験があるFWデ・カマルゴらを中心にどこまで粘り強く戦えるか。 2017.09.13 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループG展望】昨季4強モナコが本命も全チームに突破の可能性

▽圧倒的に力が劣るチームは1つもなく、ある意味最も実力拮抗のグループといえる。ただ、昨季ベスト4のモナコが本命であることは疑いなく、安定感のベシクタシュ、爆発力のRBライプツィヒ、経験値のポルトとそれぞれ強みを持った3チームが白熱の争いを見せてくれるはずだ。 <span style="font-weight:700;">◆編集部予想</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cl2017-18_g_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◎本命:モナコ ○対抗:ベシクタシュ ○対抗:RBライプツィヒ △連下:ポルト<hr><span style="font-weight:700;">◆主力流出も完成度で勝る~モナコ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170911_102_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽グループGの本命は昨季ベスト4のモナコだ。智将ジャルディム監督の下、攻守に完成度の高いアタッキングフットボールで17年ぶりのリーグ制覇、CLベスト4進出を果たしたモナコは、今夏の移籍市場で神童ムバッペ、MFベルナルド・シウバ、DFメンディ、MFバカヨコら若き主力が揃ってメガクラブの引き抜きに遭い、再び仕切り直しのシーズンを戦うことになった。 ▽それでも、元々育成路線を掲げるチームは、その抜かれた主力の後釜にMFティーレマンス、DFコンゴロ、FWケイタ、FWヨベティッチと若くて経験もある実力者を獲得。さらに、第二のムバッペ予備軍のFWディアカビ、FWエムボウラという10代の逸材を獲得しており、昨季同様の期待感に満ち溢れている。加えて、エースFWファルカオやMFレマル、DFファビーニョら昨季の主力の経験が混戦のグループを制す原動力となるはずだ。 <span style="font-weight:700;">◆選手層&采配力で首位通過も~ベシクタシュ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170911_102_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ナポリやベンフィカと同居した昨季に続き実力拮抗のグループに入ったベシクタシュだが、智将ギュネシュ監督の下で国内リーグ2連覇中のチームにかかる期待は大きい。今季のヨーロッパの戦いではフェネルバフチェ、ガラタサライの2強が予備予選プレーオフで敗退を強いられ、イスタンブール・バシャクシェヒルもCLプレーオフで敗れ、EL本大会に回ることになった。そのため、ベシクタシュとしてはトルコ王者として下手な戦いは見せられない。 ▽今夏の移籍市場ではDFペペ、MFメデルと経験豊富な守備的タレントをチームに加え、前線にもFWネグレドやFWレンスと好タレントを獲得し、FWクアレスマやMFタリスカ、DFアドリアーノという既存の戦力と共に質の高いスカッドを構築できた。グループステージ突破に向けては対戦相手に完全アウェイの雰囲気を作り出すホームの後押しを生かし、きっちりホームで勝ち点を積み上げたい。また、特徴的なプレースタイルであるライプツィヒ、大幅なメンバーの入れ替えに新指揮官を迎えた不気味なポルトとの直接対決できっちり結果を残したい。 <span style="font-weight:700;">◆爆発力十分も日程面とプランBに不安~RBライプツィヒ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170911_102_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽豊富な資金力を持つ親会社と智将ラングニックの下、周到にプロジェクトを進めて目標だったCL初参戦を決めたライプツィヒ。若手中心のスカッドとハイインテンシティのパワーフットボールで昨季のブンデスリーガを席巻した新興クラブは、今大会出場チームでも最も躍進が期待されるダークホースだ。 ▽今夏の移籍市場ではMFフォルスベリ、FWヴェルナー、MFナビ・ケイタと主力の残留に成功し、チームの補強方針に合致したMFカンプルやFWブルマ、FWオギュスタンと質の高い若きタレントを補強し、懸念された選手層の問題を解決。だが、リーグ戦と並行して中3日に近い強行日程で持ち味のハイインテンシティをキープできるかは、蓋を開けてみなければわからない。同様に、昨季終盤からハイプレス回避のロングボール、ポゼッション放棄という対戦相手の対策が進んでおり、それを打ち破るプランBの構築が求められる。したがって、前述の課題を克服できるかが、グループステージ突破に向けた大きなカギとなる。 <span style="font-weight:700;">◆主力流出に新指揮官招へいで不安材料多し~ポルト~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170911_102_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽今グループで最も実績を持つポルトだが、近年の成績不振とFFPの処分回避のために行った主力売却、指揮官として大きな実績がないセルジオ・コンセイソン新監督の招へいもあり、グループ最低の評価とした。 ▽今夏の移籍市場ではFWアンドレ・シウバ、MFルベン・ネヴェスとクラブの将来を担う2人の若手逸材に加え、複数の主力を放出。その一方で、補強に関してはFWアブバカルやDFリカルド・ペレイラなどレンンタルバックが中心となり、昨季に比べて戦力面の低下は否めない。それでも、国内リーグではコンセイソン監督の採用する[4-4-2]を基本としたソリッドなトランジションフットボールが機能し、ベシクタシュから復帰のアブバカルがすでに5ゴールを挙げる活躍をみせ、開幕5連勝のロケットスタートを切った。CLの舞台でも国内リーグの勢いを生かして序盤戦から勝ち点を積み重ねていきたい。 2017.09.13 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループE展望】恵まれたセビージャとリバプール

▽セビージャとリバプールが組み分けに恵まれた感のあるグループの突破候補となる。ここにロシア王者のスパルタク・モスクワが絡んでいけるかだが、戦力を考えると難しそうだ。マリボルには厳しい戦いが待ち受けている。 <span style="font-weight:700;">◆編集部予想</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cl2017-18_e_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◎本命:セビージャ ○対抗:リバプール △連下:スパルタク・モスクワ ☆大穴:マリボル<hr><span style="font-weight:700;">◆2年連続ベスト16進出以上の成績を~セビージャ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170907_116_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季はレスター・シティの前にベスト16敗退に終わったリーガエスパニョーラ4位チームのセビージャは、プレーオフでイスタンブールBBを辛くも退けて3年連続のCL参戦となる。そのセビージャは、主力ではMFビトロとMFイボーラらが移籍したが、古巣復帰となるMFヘスス・ナバスやMFバネガを獲得。他にもFWノリートやFWムリエル、MFグイド・ピサーロら実力者を補強し、チーム力をアップさせた。サンパオリ前監督のアルゼンチン代表監督就任に伴い、セルタで結果を残していたベリッソ新監督を招へいしたものの、ビエルサ信奉者でスタイルは維持されるため、昨季を上回る成績を残すことも十分に可能な陣容となっている。 <span style="font-weight:700;">◆恵まれた組み分けのGS突破はノルマ~リバプール~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170907_117_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽プレミアリーグで4位に滑り込み、プレーオフでホッフェンハイムに完勝して3シーズンぶりのCL参戦を果たしたリバプールもセビージャと共にこのグループの本命だ。クロップ体制3季目となる今季は、MFコウチーニョを引き止めたことで主力に流出がない中、FWサラーやMFチェンバレンといった即戦力を補強。チーム力を確実にアップさせ、クロップ監督の戦術にハマり易そうな選手を獲得した中、恵まれた組み分けでグループステージ敗退に終わるわけにはいかない。 <span style="font-weight:700;">◆5年ぶり参戦のロシア王者~スパルタク・モスクワ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170907_118_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽14年ぶりにロシア王者となった名門が5シーズンぶりのCL参戦を果たした。ユベントス時代のコンテ監督の右腕として知られるカッレーラ監督の下、ゼニトやCSKAモスクワを退けて王者となったスパルタクは、昨季リーグ12ゴールのウインガー、FWプロメスを軸に番狂わせを狙う。 <span style="font-weight:700;">◆3年ぶり参戦のスロベニア王者~マリボル~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170907_119_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽スロベニア王者マリボルは、予選2回戦から勝ち上がり、プレーオフではハポエル・ベエルシェバを下して、3シーズンぶりのCL参戦に漕ぎ着けた。3年前のCLを戦った経験のある選手が多く在籍しているのはプラスだが、如何せんチーム力でセビージャやリバプールを上回ることはできない。3年前に3分け3敗に終わったマリボルとしてはまず1勝することが現実的な目標となる。 2017.09.13 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループF展望】シティ&ナポリの牙城をウクライナ&オランダ王者が崩せるか

▽完成度の高いサッカーを展開するシティとナポリが突破候補だ。ブラジル人が主軸のシャフタールがこの2強に割って入れるかがポイントとなる。久々のCL参戦となるフェイエノールトは蚊帳の外か。 <span style="font-weight:700;">◆編集部予想</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cl2017-18_f_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◎本命:マンチェスター・シティ ○対抗:ナポリ △連下:シャフタール ☆大穴:フェイエノールト<hr><span style="font-weight:700;">◆弱点補強のペップ体制2季目~マンチェスター・シティ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170907_111_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季はモナコの前にベスト16敗退に終わったシティ。プレミアリーグで辛くも3位に滑り込んでCL出場を決めたグアルディオラ体制2季目となる今季は、大幅にチームを入れ替え、グループステージ敗退など許されない言い訳のできないシーズンとなる。DFウォーカー、DFダニーロ、DFメンディ、GKエデルソンと懸念だったサイドバックとGKを補強。指揮官の意向するサッカーを体現できそうな優秀なサイドバックを確保した中、グループステージは難なく突破したい。 <span style="font-weight:700;">◆2年連続ベスト16へ~ナポリ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170907_112_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季5年ぶりにCL決勝トーナメント進出を果たしたナポリは、プレーオフでニースを一蹴し、2年連続の本戦出場を決めた。サッリ体制3季目のチームは、主力に流出がなく熟成路線を図っている。イタリアでは珍しいスペクタクルなサッカーを標榜し、欧州レベルのチームに成長した中、2年連続決勝トーナメント進出が現実的な目標となる。 <span style="font-weight:700;">◆3年ぶりの決勝T進出を目指すウクライナ王者~シャフタール~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170907_113_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽3年ぶりにウクライナ王者の座を奪還したシャフタールは、2年ぶりのCL参戦となる。長期政権を築いていたルチェスク前監督退任後に引き継いだポルトガル人指揮官のパウロ・フォンセカ体制2季目の今季も、MFベルナールやMFフレッジ、MFマルロスらブラジル人選手が中心のチームだ。3年ぶりの決勝トーナメント進出を果たすには彼らの躍動が必須となる。 <span style="font-weight:700;">◆15年ぶりのCL参戦となるオランダ王者~フェイエノールト~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170907_114_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽18年ぶりにオランダ王者となったフェイエノールトは、実に15年ぶりのCL参戦。その偉業に導いた功労者がファン・ブロンクホルスト監督に他ならない。クラブOBであるレジェンドは2年前にフェイエノールトの指揮官に就任し、チームを着実に成長させた。主力ではDFコンゴロがモナコへ、DFカルスドルプがローマへ移籍したが、昨季リーグ21ゴールの得点王FWヨルゲンセンや14ゴールのMFトールンストラを留めており、攻撃陣は格上クラブ相手にも通用しそうだ。聡明な指揮官の下、久々の大舞台で昨季オランダ王者の実力を示せるか。 2017.09.13 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループC展望】かつてセリエAで対峙したコンテ、シメオネ、EDFによる三つ巴の争い

▽昨季プレミア王者のチェルシーと、実績十分のアトレティコ・マドリーが突破の本命だ。だが、セリエA2位のローマもタレントが揃っており、実質三つ巴の争いとなるはずだ。初出場のカラバフは史上初の勝ち点奪取が期待される。 <span style="font-weight:700;">◆編集部予想</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cl2017-18_c_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◎本命:チェルシー ○対抗:アトレティコ・マドリー △連下:ローマ ☆大穴:カラバフ<hr><span style="font-weight:700;">◆駆け込み補強で体裁整える~チェルシー~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170911_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季、就任1年目となった智将コンテ監督の下、組織的な守備と前線の個の力を全面に押し出した[3-4-3]の布陣でプレミアリーグ制覇を成し遂げたチェルシー。今夏の移籍市場では例年通り、多くの若手プレーヤーをレンタル移籍中心に放出した一方、FWルカク、MFバークリー、DFアレックス・サンドロ、DFファン・ダイク、MFチェンバレンなど多くのトップターゲットの獲得に失敗。それでも、移籍市場終盤にMFドリンクウォーター、DFザッパコスタを確保し、既に獲得が決定していたFWモラタ、DFリュディガー、MFバカヨコのセンターラインを軸に、何とか体裁を保ってきた。 ▽2年ぶりの参戦となるCLの戦いに向けては、相手の長所を消すことに長けた指揮官の手腕が活きる展開となる一方、現時点でもやや選手層に不安が残る中、連覇を目指すリーグ戦との二足のわらじが気がかりなところだ。奇しくも指揮官が現役時代にセリエAで鎬を削ったシメオネ監督、ディ・フランチェスコ監督が率いるアトレティコとローマの直接対決では、紙一重の差が勝敗に直結するだけにコンディション面を含めて万全の状態で臨みたい。とりわけ、共に堅守速攻を志向するアトレティコとの一戦は非常に“戦術的”な試合内容が予想される。 <span style="font-weight:700;">◆実績と成熟度で勝るも新スタジアムの影響は~アトレティコ・マドリー~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170911_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽近年の実績を考えれば、グループの本命に推したいところだが、FIFAから科された補強禁止処分の影響で戦力面の上積みがないことに加え、ビセンテ・カルデロンに代わる新たな本拠地ワンダ・メトロポリターノでの戦いが未知数だけに2番手とした。 ▽幸い、補強が行われなかった一方、エースFWグリーズマン、MFコケ、MFサウールなど主力の流出はなく、現時点での完成度は3チームの中でも群を抜くレベルだ。ただ、シメオネ監督の戦術面のアップデートも少なく、DFゴディンやMFガビなど一部主力に加齢から来る衰えも見られており、チェルシーとローマという難敵揃いのグループステージでは、昨季フィットし切れなかったMFガイタンや若手の突き上げ、グリーズマンやMFカラスコら主力の活躍が必須だ。 <span style="font-weight:700;">◆CL初采配の指揮官の手腕がカギ~ローマ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170911_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽一昨シーズンにベスト16に入り、ここ数シーズンのセリエAで安定した成績を残しているローマだが、指揮官の経験値やチーム力という部分で前述の2チームより一段力が落ちる印象だ。とりわけ、サッスオーロ時代にヨーロッパリーグで指揮を執った経験があるものの、ビッグクラブとCL初挑戦のディ・フランチェスコ監督の采配面には不安が残る。セリエAのホーム開幕戦では前指揮官のスパレッティ監督に采配力の差を見せつける敗戦を喫しており、そこから何かを学び取る必要がある。 ▽戦力面ではバンディエラのFWトッティの引退に加え、FFPの問題でFWサラー、DFリュディガー、MFパレデス、GKシュチェスニーら主力クラスが引き抜かれ、新SDのモンチ氏の下でDFコラロフやFWシック、MFゴナロン、DFカルスドルプと経験豊富なベテランと期待の若手を織り交ぜたまずまずの補強を行った。だが、指揮官の戦術面の浸透がやや遅れており、グループステージでは新カピターノのMFデ・ロッシ、MFナインゴラン、MFストロートマン、エースFWゼコら昨季までの主力の奮闘が期待される。 <span style="font-weight:700;">◆アゼルバイジャン史上初の快挙を楽しめ~カラバフ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170911_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽一方、厳しい予備予選、プレーオフを突破してアゼルバイジャン史上初のCLグループステージ進出を果たしたカラバフは、それだけで素晴らしい快挙。それだけに星勘定を考えず、純粋に夢の舞台を楽しんでほしいところだ。とはいえ、ELでも十分な経験を持ち西ヨーロッパのチームにとって移動面がネックとなるだけに、ホームでの戦いでは勝ち点を獲得するチャンスは十分にあるはずだ。 ▽戦力面に関してはシャフタール時代にCLの経験を持つGKカニボロツキー、それぞれオリンピアコス、PAOKからレンタルで獲得したMFペドロ・エンリケ、FWエルヨナッシ、代表で豊富な経験を持つDFアゴリやDFサジコフなど、ある程度は戦えるメンバーが揃っている。終始、押し込まれる展開の中で焦れずに守り、相手の一瞬の隙を突いて大金星を狙いたい。 2017.09.12 18:02 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース