ロシアW杯アジア最終予選の最終節で違反行為…AFCがFIFAと協力して調査と発表2017.09.08 18:01 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アジアサッカー連盟(AFC)は、9月5日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選において、違反の報告があり、調査を開始したことを発表した。

▽AFCによると、FIFA(国際サッカー連盟)の管轄で行われているW杯予選での違反のため、必要な報告をするためにFIFAと協力体制を築くとのこと。現在は、次のステップに進むため、関連する全てのレポートを受け取るのを待っている状態とのことだ。

▽5日には、サウジアラビア代表vs日本代表、オーストラリア代表vsタイ代表、イラク代表vsUAE代表、ウズベキスタン代表vs韓国代表、カタール代表vs中国代表、イラン代表vsシリア代表と両グループの全試合が開催。どの試合で違反があったかは、現段階では発表されていない。

コメント

関連ニュース

thumb

アルゼンチン代表に大打撃! 正守護神GKロメロが右ヒザ負傷でW杯欠場…ティグレスGKナウエル・グスマンを招集《ロシアW杯》

▽アルゼンチンサッカー協会(AFA)は22日、マンチェスター・ユナイテッドに所属するGKセルヒオ・ロメロが右ヒザの負傷により、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けたアルゼンチン代表暫定メンバーから外れることを発表した。また、代わりにティグレスに所属するGKナウエル・グスマンを招集したことも同日に伝えている。 ▽ロメロは今回のW杯南米予選全18試合にフル出場していた。代わりに招集されたナウエル・グスマンは、今シーズン公式戦41試合に出場。15度のクリーンシートを達成している。 ▽ロシアW杯でグループDに属するアルゼンチンは、アイスランド代表、クロアチア代表、ナイジェリア代表と同居。6月16日にアイスランドと、同21日にクロアチアと、同26日にナイジェリアと対戦する。 2018.05.23 09:45 Wed
twitterfacebook
thumb

クラブで出場減も浅野「自信は常にあった」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は22日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、FW浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)がメディア陣による質疑に応答。 <span style="font-weight:700;">◆FW浅野拓磨</span>(シュツットガルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──普段サッカーを観戦しない人々にはW杯のどういった所に注目して欲しいか</span> 「まだメンバーも分からない状況なので、自分の持っているものを全て出すという所と、その中でもゴールを取っている姿っていうのは見てもらいたいなと思います」 <span style="font-weight:700;">──チームとして注目して欲しい所は</span> 「また新しいチームになって、まだどういうチームなのかが僕自身はっきりは分かってません。でもその中でどういう形で戦いに行くのか。僕らもそうですし、見ている人たちも楽しみなんじゃないかなと思うので、そういう楽しみな気持ちで見てくれたら良いのかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──子供たちへのメッセージを</span> 「本当に1人1人が全力で戦っている姿を見てくれたらいいかなと思います。個人としては、裏を抜けてからのゴールっていう姿を見せられればなと」 <span style="font-weight:700;">──ここに残れたということ、まだ競争があるということでどんな気持ちを抱えているか</span> 「まずこのメンバーに残れたことというのは、僕にとってはポジティブなことしかありません。今まで、特に半年間は日本代表に対してのアピールというのは1つもできていませんので、それを取り返すチャンスはこのメンバーに入ることしか残っていませんでした。そのチャンスを与えてもらったというのは僕にとって凄く大きなことです。チャンスが来たら自分がやれる自信はあったので、その自信をこの合宿で存分に出していきたいなと思います。最後まで残れるパフォーマンスというのは、出し切るだけだなという気持ちで今やっています」 <span style="font-weight:700;">──個人のアピールとチームプレーのバランスについてどう考えているか</span> 「前々からみんなも言っていると思いますが、まずは個人で何ができるかというのと、個人が持っているものをどれだけ出せるか、という部分を1人1人がしっかりできれば、自然とチームのためになると思います。チームがどうやって戦うかという組織的なことも細かくはわかりませんが、どういう状況であれ個々のところというのは変わることはないと思うので、チームの為にまずは自分のことだけを考えて全力で頑張りたいという気持ちしかありません」 <span style="font-weight:700;">──狭いスペースでボールを回す練習がありましたが、狙いは? </span> 「初めてのトレーニングでどういう意図かは監督しか分かりませんが、技術的なところであったり細かくパスを繋ぐという練習を考えてみると、そういうサッカーを目指している可能性もあるのかなと。攻撃の部分で技術が高い選手が多いので、自然とああいうプレーは試合の中でも増えてくるだろうと思いますし、その中でも自分は自分の良さを消さないようにやっていければいいかなと思っています」 <span style="font-weight:700;">──3人目の動きを意識した練習に思えたが</span> 「そうですね。ざっくり言えば全員が動いておかないといけない状況だっていうところで、それは今までと変わりませんし、サッカーやってたらそれは当たり前の状況なので。でも、刺激ではあります」 <span style="font-weight:700;">──西野監督になってチームが変わる部分はあるか</span> 「僕自身あまり監督がどうだからどうというタイプでもないので。でも、雰囲気として悪いとは思いません。凄い良い雰囲気でやれているなと思うので、そこは日本人に対する日本人の雰囲気の作り方。良い雰囲気を作りながらトレーニングをしてくれているんじゃないかなと思います。西野監督だけに関わらず、スタッフ全員でそういう働きをしてくれているなと感じます」 <span style="font-weight:700;">──今季はクラブであまり出場がなかったが、どういった意識で過ごしたか</span> 「なかなか試合に出られない状況が続いていましたが、僕自身は次の試合に出られる可能性があるという意識で常にいました。その為に何が必要かというと、次の試合出た時にパッと自分のパフォーマンスが出せるコンディショニング調整であったり、出てない分自分には足りない部分があったので、そこを補うトレーニングというのを自分でもやっていました。常に次の試合の為の準備はやってこれていたので、僕自身そんなに落ちているなというのは感じませんでしたし、試合に出られたら結果を残せる自信は常にあったので、そういう意識でやってました」 <span style="font-weight:700;">──ドイツで西野監督とあった際には会話をしたか</span> 「自分が試合に出られない状況が続いて、何回か監督に話しに行ったりはしていました。なかなか監督が目指しているサッカーと自分のプレースタイルというのが合っていないなというのは分かっていましたし、なかなかそういう意味ではチャンスが少ないなとは思っていましたが、ゼロではないので。そのゼロじゃない限りは頑張らないと、という気持ちでいました」 <span style="font-weight:700;">──試合に出られないプレッシャーはどう消化したか</span> 「試合に出られないということで日本代表に対してアピールができないという焦りだったり、そういうのは正直ありました。でもそれを考えても仕方がないので、目の前のことに対して全力でやり続けるということができていたので、それがあったからこそ変なこと考えずに常にコツコツとやってこれたのかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──溜め込んだパワーをここで出したいか</span> 「そうですね。もう有り余っているので、それはこの代表でぶつけたいなと思います」 2018.05.22 21:40 Tue
twitterfacebook
thumb

宇佐美「監督はコミュニケーション取れてる」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は22日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、FW宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)がメディア陣による質疑に応答。 <span style="font-weight:700;">◆FW宇佐美貴史</span>(デュッセルドルフ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──どのようなプレーを目指しますか</span> 「見てて楽しいようなプレーができれば。自分自身もサッカーというスポーツをしっかりと楽しめるようなプレーがしたいです」 <span style="font-weight:700;">──チームとしては</span> 「勝たないといけないわけなので、そういう努力をチームでしていければと思います」 <span style="font-weight:700;">──西野監督になってどのような違いを感じるか</span> 「楽しくやれていると思います。フィジカルトレーニング、走るようなトレーニングもあったりもしますが、ボールを使ったトレーニングが多いので。やっぱり走るよりもボールを使った方が選手としては嬉しいですし、そういった楽しさを持ちながらトレーニングできているかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──今日もボールのスピードを意識した練習がありました</span> 「狭い中でボールを失わないことと、テグさん(手倉森誠コーチ)から色々言われている『こういうポイントに注意しろ』ということをしっかり意識した上で、判断のスピードとアイデアとをどれだけ出していけるか。そこは意識してやりました。」 <span style="font-weight:700;">──ヴァヒッド・ハリルホジッチ前監督に比べて西野監督は話す時間が少ないですが、どのような影響があるか</span> 「テグさん、森保さん(森保一コーチ)含めて監督、色々な人が練習の中でしっかりコミュニケーション取っています。まだ2日ですけど、凄く良い状態でやれてるんじゃないかと思います」 <span style="font-weight:700;">──宿舎などで監督からの話を聞く機会はあるか</span> 「いえ、今のところは特にありません。ミーティングもありませんし、練習前に少し話したりというくらい。まだ人数も集まっていませんし、全体が集まってからそこは始まっていくんじゃないかと思っています」 <span style="font-weight:700;">──外出などは自由か</span> 「ルールは基本的には継続してます。食事のテーブルが縦テーブルから丸テーブルになったこととか、食事のタイミングとか少し変わったことはありますが、基本的にハリルさんの時から普段のルールは変わってません」 <span style="font-weight:700;">──スタッフが全員日本人になったやりやすさはあるか</span> 「そこは間違いありません。やっぱり人一人(通訳)を通すことで表現というのは、僕もドイツでやっていて結構変わりますし、そこをダイレクトで受け取れることとか、その時のテンションとか、状況に適した表現で選手にダイレクトに入るというのはすごく大事なことです。通訳を1人通さなくて良いというのは、メリット、良い部分しかないと思っています」 <span style="font-weight:700;">──日本でやることでリラックスはできていますか</span> 「そうですね。ドイツで生活してた中で日本に帰ってきて、私生活の面ではTVをつければ日本語が流れているというのは、凄くリラックスできる部分ではあります」 2018.05.22 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

岡崎は引き続き別メニュー調整 西野ジャパン全体練習2日目《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は22日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180522_777_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽西野監督体制2度目の練習となるこの日は、前日と同様にDF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)、DF酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)、MF本田圭佑(パチューカ/メキシコ)、MF香川真司(ドルトムント/ドイツ)、MF原口元気(デュッセルドルフ/ドイツ)、MF宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)、FW岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)、FW大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)、FW武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)、FW浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)が参加。新たな選手の合流はなく、引き続き10人でのトレーニングとなった。 ▽練習場に集まった選手たちは、西野監督の号令でピッチ中央付近に集合すると、約1分間の青空ミーティングを行い、ストレッチから練習を開始。その後に行われた約17分間のランニングでは、本田、香川、吉田、浅野の軽目の調整メインのグループとそれ以外の選手で2組に別れ た。<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180522_777_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽ランニング終了後、再びストレッチを行った後は岡崎が個別メニューに移動。岡崎以外の9名は2人1組でのパス交換、ドリブルやパスなどを織り交ぜた総合練習、狭いスペースでの手数を決めたパス回しを実施。そこからフリーランニングを行い約1時間15分のトレーニングを終えた。<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180522_777_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽ガーナ戦は、ロシア・ワールドカップ(W杯)前最後の国内での親善試合。試合翌日の31日にW杯最終登録メンバー23人が発表される。 2018.05.22 20:15 Tue
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカーの歩み】代表練習で感じた変わらぬ本田の姿勢

▽5月30日にキリンチャレンジカップでガーナと対戦する日本代表のキャンプが21日にスタート。この日はすでに帰国している海外組の岡崎慎司、本田圭佑、吉田麻也、香川真司、大迫勇也、酒井高徳、原口元気、宇佐美貴史、武藤嘉紀、浅野拓磨の10選手が1時間10分ほどの練習で汗を流した。 ▽ただし、岡崎だけは終始別メニューで、ランニングやサイドステップ、バックステップ、ストレッチなどの軽めの練習。2月上旬に膝を、4月には足首を傷めて実戦から遠ざかっていたが、走り方にもぎこちなさを感じさせ、全力でプレーできる状態ではなかった。30日のガーナ戦に間に合うのかどうか疑問であり、6月19日のコロンビア戦までに万全の状態に回復すると判断できなければメンバー外となる可能性もあるかもしれない。 ▽練習終了後は西野監督が囲み取材に応じ、本田について質問されると「非常にいいパフォーマンス。彼らしいスタイルで入ってきたかな」と高く評価していた。その本田、9分間のフリーランニング後、早川コンディショニングコーチから「テンポを上げて6分間」と指示が出て5分が経過し「そろそろダウン」と言われても、浅野と競うようにランニングのペースを上げて酒井高を追い抜くなどアグレッシブに練習に取り組んでいた。 ▽ただし、練習終了後のミックスゾーンでは、他の選手が報道陣の取材に応じているのに、本田だけは「お疲れ様」と言って足早に通り過ぎた。この日のミックスゾーンの目玉は本田、岡崎、香川の“ビッグ3"だっただけに、報道陣は肩すかしを食らった格好だ。ただ、それも本田らしいと思った。 ▽思い出されるのは8年前、南アW杯前にスイスのサースフェーで行われた事前合宿だ。当時のエースは中村俊輔だったが、持病の足首痛に悩まされ、早川コンディショニングコーチが付きっきりで1人別メニューの練習を続けていた。当時のシステムは4-4-2で右MFが中村俊の定位置だった。もしも中村俊が間に合わなければ、そのポジションは同じレフティーの本田が起用される可能性が高かった。 ▽中村俊はなかなか取材できないため、必然的に練習後の報道陣は本田にコメントを求めた。当初は取材に応じていた本田だったが、ある日のこと、囲んだ報道陣に対して自分から口を開き、「毎日毎日、質問されても同じ練習をしているので答えようがない。これが試合後や試合前には違ったことを話せるかもしれない。なので、これからは自分から話すことがあったら話します」といった趣旨のコメントで報道陣の理解を求めた。 ▽その時の本田は24歳で、まだチームの中心選手とは言えなかった。それでも当時の状況から本音を語ったことに、報道陣を無視した中田英寿との違いに感銘を受けたものだ(スポーツ紙は反発したが)。 ▽たぶん中村俊のコンディションが良ければ、毎日の取材の取材に応じ、今日の練習の目的や自分の役割、チームメイトのエピソードなど日替わりで話題を提供しただろう。それだけリップサービスのできる余裕があった。 ▽パーソナリティーの違いと言ってしまえばそれまでだが、本田は8年経ってもストイックな姿勢は変わらないことを再確認した21日の練習取材でもあった。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.05.22 15:20 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース