敵地で競り負けた日本が黒星で予選終える…サウジアラビアが2位でW杯出場決める《ロシアW杯アジア最終予選》2017.09.06 04:46 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は5日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選最終節のサウジアラビア代表戦に臨み、0-1で敗戦した。

▽前節、ホームで行われたオーストラリア代表戦を浅野と井手口の若手コンビの2ゴールによって快勝し、6大会連続6度目のW杯出場を決めた日本。既に首位通過を決定している日本にとって、今回の試合は消化試合となるが、虎視眈々とレギュラー奪取を目指す控え選手や若手選手のアピールの場とするとともに、最終予選を勝利で締めくくり良い形で本大会へと繋げたいところだ。

▽数時間前に行われたオーストラリア代表vsタイ代表でオーストラリアが2-1で勝利したため、日本戦での勝利が絶対条件となった崖っぷちのホームチームに対して、ハリルホジッチ監督は前節から先発4人を変更。負傷離脱した主将MF長谷部の代役は約2年ぶりの代表復帰となった柴崎が務め、総入れ替えとなった3トップは浅野と大迫、乾に代わって、本田と岡崎、原口が起用された。

▽完全アウェイの難しい雰囲気の中でスタートした一戦。日本はキックオフと同時に前から激しいプレスを仕掛けてホームチームに主導権を渡さない。開始5分にはボックス手前左の原口にボールを預けた岡崎がボールを受け直し、ファーストタッチでゴール前に飛び出すが、ここはコントロールがうまくいかず、フィニッシュまで持ち込むことができない。

▽時間の経過とともに30度を超える気温を考慮してプレスの強度を弱めた日本は、相手に自陣でプレーさせる場面が増えていく。とりわけ、中に絞った左右のウイングにアンカーの山口の脇でボールを受けさせてしまうが、最終ラインの冷静な対応や前線からのプレスバックで決定機を作らせず。逆に、33分には右CKの場面でキッカーの柴崎の正確なボールをゴール前で競り勝った昌子が打点の高いヘディングで合わせるが、枠の左隅を捉えたシュートは相手DFのカバーに遭う。

▽前半終盤にかけても一進一退の攻防が続く中、40分には相手陣内左サイドで得たFKの場面で柴崎のクロスのクリアボールに反応したボックス手前の山口が抑えの利いた右足のボレーシュートを放つ。しかし、枠の右隅を捉えた強烈なシュートは相手GKのビッグセーブに阻まれる。それでも、幾つか相手のカウンターからピンチを招いた日本だったが、冷静な守備で凌ぎ前半をゴールレスで終えた。

▽セットプレー以外になかなか攻撃の形を作れなかった日本は、ハーフタイム明けに本田を下げて浅野を投入。対するサウジアラビアは最前線のアルサハラウィに代えて、ファハドを投入。この交代でアルアビドが左ウイングから1トップにポジションを上げた。

▽後半は立ち上がりからオープンな展開が続く中、49分には柴崎の右CKから吉田が競り勝ったボールに酒井宏が詰めて最初の決定機を作った日本だったが、55分にはこの試合最大のピンチ。自陣左サイドでイーブンボールを競った長友がファハドに入れ替わられてボックス内への侵入を許す。だが、ファハドの右足のシュートをGK川島が懸命に残した左足でブロック。守護神のビッグセーブで失点を免れる。

▽だが、運動量の低下に伴い、途中出場のファハドの個人技に手を焼く日本は、63分にゴールをこじ開けられてしまう。バイタルエリア中央でボールを受けたアルアビドにすかさず浮き球のパスをボックス左のスペースに入れられると、これに抜け出したファハドに強烈なシュートをニアポストの上隅に突き刺された。

▽我慢の時間帯が続いた中、耐え切れなかった日本は失点後の67分に岡崎を下げて、これがフル代表デビューの杉本をピッチに送り出す。日本は最前線に入った杉本をシンプルに使ったプレーと、原口と浅野の両ウイングの仕掛けを軸に反撃を試みるが、前半から守備に追われて消耗したチームは、なかなか攻撃に厚みを加えることができない。

▽その後、80分に柴崎を下げて久保を投入した日本は[4-2-3-1]にシステムを変更して最後までゴールを目指す。だが、ホームの大歓声としたたかなプレーで徹底的に時間を進めるサウジアラビアを前に最後まで決定的なシーンは作り切れず、試合はこのまま0-1でタイムアップ。完全アウェイの雰囲気に酷暑という二重苦を跳ね返し切れなかった日本は、本大会に向けて課題を残す形で今予選を終えた。

▽なお、今回の一戦でロシアW杯アジア最終予選グループB最終節の全日程が終了し、最終節で日本に競り勝ったサウジアラビアが勝ち点19でオーストラリアと並ぶも得失点差で上回り、2位での本大会出場を決めた。そして、3位で予選を終えたオーストラリアは、グループA3位のシリア代表とのプレーオフで本大会出場を目指すことになった。

コメント

関連ニュース

thumb

クラブで出場減も浅野「自信は常にあった」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は22日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、FW浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)がメディア陣による質疑に応答。 <span style="font-weight:700;">◆FW浅野拓磨</span>(シュツットガルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──普段サッカーを観戦しない人々にはW杯のどういった所に注目して欲しいか</span> 「まだメンバーも分からない状況なので、自分の持っているものを全て出すという所と、その中でもゴールを取っている姿っていうのは見てもらいたいなと思います」 <span style="font-weight:700;">──チームとして注目して欲しい所は</span> 「また新しいチームになって、まだどういうチームなのかが僕自身はっきりは分かってません。でもその中でどういう形で戦いに行くのか。僕らもそうですし、見ている人たちも楽しみなんじゃないかなと思うので、そういう楽しみな気持ちで見てくれたら良いのかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──子供たちへのメッセージを</span> 「本当に1人1人が全力で戦っている姿を見てくれたらいいかなと思います。個人としては、裏を抜けてからのゴールっていう姿を見せられればなと」 <span style="font-weight:700;">──ここに残れたということ、まだ競争があるということでどんな気持ちを抱えているか</span> 「まずこのメンバーに残れたことというのは、僕にとってはポジティブなことしかありません。今まで、特に半年間は日本代表に対してのアピールというのは1つもできていませんので、それを取り返すチャンスはこのメンバーに入ることしか残っていませんでした。そのチャンスを与えてもらったというのは僕にとって凄く大きなことです。チャンスが来たら自分がやれる自信はあったので、その自信をこの合宿で存分に出していきたいなと思います。最後まで残れるパフォーマンスというのは、出し切るだけだなという気持ちで今やっています」 <span style="font-weight:700;">──個人のアピールとチームプレーのバランスについてどう考えているか</span> 「前々からみんなも言っていると思いますが、まずは個人で何ができるかというのと、個人が持っているものをどれだけ出せるか、という部分を1人1人がしっかりできれば、自然とチームのためになると思います。チームがどうやって戦うかという組織的なことも細かくはわかりませんが、どういう状況であれ個々のところというのは変わることはないと思うので、チームの為にまずは自分のことだけを考えて全力で頑張りたいという気持ちしかありません」 <span style="font-weight:700;">──狭いスペースでボールを回す練習がありましたが、狙いは? </span> 「初めてのトレーニングでどういう意図かは監督しか分かりませんが、技術的なところであったり細かくパスを繋ぐという練習を考えてみると、そういうサッカーを目指している可能性もあるのかなと。攻撃の部分で技術が高い選手が多いので、自然とああいうプレーは試合の中でも増えてくるだろうと思いますし、その中でも自分は自分の良さを消さないようにやっていければいいかなと思っています」 <span style="font-weight:700;">──3人目の動きを意識した練習に思えたが</span> 「そうですね。ざっくり言えば全員が動いておかないといけない状況だっていうところで、それは今までと変わりませんし、サッカーやってたらそれは当たり前の状況なので。でも、刺激ではあります」 <span style="font-weight:700;">──西野監督になってチームが変わる部分はあるか</span> 「僕自身あまり監督がどうだからどうというタイプでもないので。でも、雰囲気として悪いとは思いません。凄い良い雰囲気でやれているなと思うので、そこは日本人に対する日本人の雰囲気の作り方。良い雰囲気を作りながらトレーニングをしてくれているんじゃないかなと思います。西野監督だけに関わらず、スタッフ全員でそういう働きをしてくれているなと感じます」 <span style="font-weight:700;">──今季はクラブであまり出場がなかったが、どういった意識で過ごしたか</span> 「なかなか試合に出られない状況が続いていましたが、僕自身は次の試合に出られる可能性があるという意識で常にいました。その為に何が必要かというと、次の試合出た時にパッと自分のパフォーマンスが出せるコンディショニング調整であったり、出てない分自分には足りない部分があったので、そこを補うトレーニングというのを自分でもやっていました。常に次の試合の為の準備はやってこれていたので、僕自身そんなに落ちているなというのは感じませんでしたし、試合に出られたら結果を残せる自信は常にあったので、そういう意識でやってました」 <span style="font-weight:700;">──ドイツで西野監督とあった際には会話をしたか</span> 「自分が試合に出られない状況が続いて、何回か監督に話しに行ったりはしていました。なかなか監督が目指しているサッカーと自分のプレースタイルというのが合っていないなというのは分かっていましたし、なかなかそういう意味ではチャンスが少ないなとは思っていましたが、ゼロではないので。そのゼロじゃない限りは頑張らないと、という気持ちでいました」 <span style="font-weight:700;">──試合に出られないプレッシャーはどう消化したか</span> 「試合に出られないということで日本代表に対してアピールができないという焦りだったり、そういうのは正直ありました。でもそれを考えても仕方がないので、目の前のことに対して全力でやり続けるということができていたので、それがあったからこそ変なこと考えずに常にコツコツとやってこれたのかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──溜め込んだパワーをここで出したいか</span> 「そうですね。もう有り余っているので、それはこの代表でぶつけたいなと思います」 2018.05.22 21:40 Tue
twitterfacebook
thumb

失意のコロンビア戦から4年…吉田麻也「だからこそイングランドでプレーしてきた」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は22日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)がメディア陣の質疑に応対。日本代表は4年前のワールドカップ(W杯)グループステージ最終戦で苦渋を舐めたコロンビア代表と今大会の初戦でぶつかる。苦い思い出の残る相手について問われると、「日ごろの積み重ねがW杯の戦いに出てくる。そこを意識してやってきたし、だからこそイングランドでプレーしてきた」と語った。 <span style="font-weight:700;">◆DF吉田麻也</span>(サウサンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">──西野朗監督が3バックを採用した場合の対応について</span> 「守備に関して、3枚なのか、4枚なのかで全然違う。今、何を変えなきゃいけないかを問われると、ありすぎて…。誰がぷれーするかにもよる。3バックなのか、5バックなのかでも変わってくる。やってみないとわからない」 <span style="font-weight:700;">──W杯での守備の仕方について</span> 「コロンビアに限らず、どのチームに対してもスペースを与えず、コンパクトな守備で粘り強く守ることが大事。W杯だからじゃなくて、日ごろの積み重ねがW杯の戦いに出てくる。そこを意識してやってきたし、だからこそイングランドでプレーしてきた。いつもどおりやるだけ」 <span style="font-weight:700;">──W杯の初戦はコロンビア代表が相手。MFハメス・ロドリゲス(バイエルン/ドイツ)が要注意選手になるが</span> 「状況が違う。3試合目だったし、僕らは勝ちにいかないといけなかった。当時は後半になって、数的同数で守備して、スペースも与えて、自由にやらせてしまった。今回は1試合目。条件が違う。互いに固さもあるだろうし、難しさもあると思う。より拮抗した試合になる。もちろん、ハメスに対して、スペースに与えない、自由を与えないことが大事になってくる」 2018.05.22 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

宇佐美「監督はコミュニケーション取れてる」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は22日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、FW宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)がメディア陣による質疑に応答。 <span style="font-weight:700;">◆FW宇佐美貴史</span>(デュッセルドルフ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──どのようなプレーを目指しますか</span> 「見てて楽しいようなプレーができれば。自分自身もサッカーというスポーツをしっかりと楽しめるようなプレーがしたいです」 <span style="font-weight:700;">──チームとしては</span> 「勝たないといけないわけなので、そういう努力をチームでしていければと思います」 <span style="font-weight:700;">──西野監督になってどのような違いを感じるか</span> 「楽しくやれていると思います。フィジカルトレーニング、走るようなトレーニングもあったりもしますが、ボールを使ったトレーニングが多いので。やっぱり走るよりもボールを使った方が選手としては嬉しいですし、そういった楽しさを持ちながらトレーニングできているかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──今日もボールのスピードを意識した練習がありました</span> 「狭い中でボールを失わないことと、テグさん(手倉森誠コーチ)から色々言われている『こういうポイントに注意しろ』ということをしっかり意識した上で、判断のスピードとアイデアとをどれだけ出していけるか。そこは意識してやりました。」 <span style="font-weight:700;">──ヴァヒッド・ハリルホジッチ前監督に比べて西野監督は話す時間が少ないですが、どのような影響があるか</span> 「テグさん、森保さん(森保一コーチ)含めて監督、色々な人が練習の中でしっかりコミュニケーション取っています。まだ2日ですけど、凄く良い状態でやれてるんじゃないかと思います」 <span style="font-weight:700;">──宿舎などで監督からの話を聞く機会はあるか</span> 「いえ、今のところは特にありません。ミーティングもありませんし、練習前に少し話したりというくらい。まだ人数も集まっていませんし、全体が集まってからそこは始まっていくんじゃないかと思っています」 <span style="font-weight:700;">──外出などは自由か</span> 「ルールは基本的には継続してます。食事のテーブルが縦テーブルから丸テーブルになったこととか、食事のタイミングとか少し変わったことはありますが、基本的にハリルさんの時から普段のルールは変わってません」 <span style="font-weight:700;">──スタッフが全員日本人になったやりやすさはあるか</span> 「そこは間違いありません。やっぱり人一人(通訳)を通すことで表現というのは、僕もドイツでやっていて結構変わりますし、そこをダイレクトで受け取れることとか、その時のテンションとか、状況に適した表現で選手にダイレクトに入るというのはすごく大事なことです。通訳を1人通さなくて良いというのは、メリット、良い部分しかないと思っています」 <span style="font-weight:700;">──日本でやることでリラックスはできていますか</span> 「そうですね。ドイツで生活してた中で日本に帰ってきて、私生活の面ではTVをつければ日本語が流れているというのは、凄くリラックスできる部分ではあります」 2018.05.22 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

W杯初戦コロンビアの“キーマン”ハメス…酒井高徳が印象語る《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は22日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)がメディア陣の質疑に応対。ロシア・ワールドカップのグループステージ初戦で対戦するコロンビア代表のキーマン、MFハメス・ロドリゲス(バイエルン/ドイツ)の印象や、西野朗監督が3バック採用時の対応について語った。 <span style="font-weight:700;">◆DF酒井高徳</span>(ハンブルガーSV/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──W杯グループステージ初戦の相手コロンビア代表のキーマン、MFハメス・ロドリゲスについて</span> 「今シーズンの印象は、時間を与えれば素晴らしい選手である反面、ちょっとふわっとした感じもある。でも、他の選手もすごい。前を向かせる向かせないでコロンビア側の攻め手の1つを消すことになるので、時間を与えないことが大事になってくる」 <span style="font-weight:700;">──ハメス・ロドリゲスの封じ方について</span> 「場所が大事。入ってくるところが例えば、低い位置なら僕的にそこまで注意をする必要はないのかなと。むしろ、そっちの方が僕らにとって良いこと。そういう展開に持っていけるようなプレッシャーをかけていきたい。前回大会を見ていても、DFの前でターンができるような間合いやプレッシャーのかけ方をすると、クオリティのある前線にボールを入れられてしまう可能性がある。彼がどこに立つかによって、僕らの対応も変わってくる」 <span style="font-weight:700;">──4年前はグループステージ最終戦。今回は初戦で対戦となるが</span> 「今回の方が厳しい。初戦だけに、向こうも大事にしてフルメンバーで挑んでくる。僕らもそう。当時と違ったメンタリティを持って戦わないといけない。どっちも120%の力で戦うことが予想できる。僕らはその準備をして、彼らもその準備をしてくると思う」 <span style="font-weight:700;">──相手の変化に対応する術について</span> 「3バックになったら、両ワイドがより高い位置取りになって、数的不利になる局面が増えてくる。そういう場面を迎える前にプレッシャーをかけていくのか、限定してサイドに人数をかけていくのか、受け渡しの部分に関わる選手の間でのコミュニケーションが大事になってくると思う。フラットな布陣できたら、やらないといけないことが明確になってくる」 <span style="font-weight:700;">──西野朗監督が3バックを採用したらどう対応するか</span> 「3バックのやり方にしても、監督個人で色々ある。その中でも、よりワイドの選手がどれだけ高い位置を取るのか、どれくらい絞るのか、3センターバックの開き具合だったりとか、色々なところが違ってくるので、やってみないとわからない」 2018.05.22 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

2日連続別メニュー…岡崎慎司「まだ痛いけど…」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は22日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、FW岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)がメディア陣の質疑に応対。2日続けて別メニュー調整が続く状況だが、「今は心肺を上げておいて、足が良くなり次第、向こう(ロシア)でプレーできるようにしておきたい」と語り、視線をロシア・ワールドカップに向けた。 <span style="font-weight:700;">◆FW岡崎慎司</span>(レスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">──足の状態について</span> 「足はまだ痛い。でも、今は心肺を上げておいて、足が良くなり次第、向こうでプレーできるようにしておきたい。イングランドでも続けていたし、こっちでも足の具合が良くなれば出られるコンディションに持っていきたい」 <span style="font-weight:700;">──チームの雰囲気について</span> 「いつもと変わらない。基本的に、宿舎にいるときから何かが変わったということはない。こんな感じかなと。いつも通り、何も変わっていない」 <span style="font-weight:700;">──改めて顔を合わせて</span> 「がっつり話をしたということはないけど、みんなの近況だったりを伝えあった程度。今後、ワールドカップについて話し合っていくと思うけど、今はコンディションやチーム状況の話題で盛り上がっている」 <span style="font-weight:700;">──2010年大会はGK川口能活が経験者として帯同した。今大会における自身の立ち位置について</span> 「もちろん、そういう選手は必要。いなかったら、自分がやる。そういう部分に関して、自分が臨機応変にやっていかないといけない立場。若い選手が盛り上げ役を担ってくれれば一番良いけど…(笑) 僕らはプレーを含めて言動や存在感で未経験の選手に落ち着きを与えていきたい。普段通りやっていきたい」 <span style="font-weight:700;">──見慣れた選手の顔ぶれについて</span> 「メンバーについて自分から何かを言うことはない。でも、海外組の試合を観たりしている。どういうフォーメーションでやろうが、戦術でやろうが、互いのことは理解しているつもり。世界の強敵と当たったとき、どんな状況でも適応できる能力が必要になってくるので、色々なタイプの選手がいることは良いこと」 <span style="font-weight:700;">──連携面について</span> 「もちろん、サッカーはパッとやって、スッとできる簡単なものじゃない。ただ、互いの特長をある程度わかっていれば、どんな選手とプレーすることになってもわかりやすいメンバー構成になっていると思う。とはいえ、強いチームと戦えば、僕らが我慢を強いられる時間もある。今までの積み重ねを含めて発揮しないといけない場面もあると思うので、色んな選手の存在が大事になってくる」 2018.05.22 20:20 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース