【日本代表プレビュー】第3章の幕開け…勝利で最終予選を締めくくれ2017.09.05 13:19 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は5日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選でサウジアラビア代表と対戦する。6大会連続6度目のW杯出場を決めた日本にとって、本大会に向けた第3章がスタートする。

◆ホームではしっかりと勝利
Getty Images
▽2016年11月15日に埼玉スタジアム2002で行われたホームゲームでは、日本は2-1で勝利を収めた。当時首位に立っていたサウジアラビアを相手に、既に最終予選で1敗を喫している日本は必勝で臨んだ。

▽この試合はトップ下に起用されたMF清武弘嗣(当時セビージャ)が攻撃の軸となり、何度となくサウジアラビアゴールを脅かした。そんな清武が前半終了間際にPKを奪い、自ら沈めて先制点を奪う。さらに後半も押し込んだ日本は、80分に左サイドを崩してFW原口元気(ヘルタ・ベルリン)がゴール。終了間際に1点を返されるも、首位撃破を成し遂げた。

◆3度目の対戦
▽かつてはアジアの強国として名を馳せていたサウジアラビだが、低迷期に入りここ2大会はW杯出場を逃している。しかし、かつてオランダ代表を指揮したこともあるファン・マルバイク監督が就任すると力を取り戻し、予選でもあと一歩で3大会ぶりのW杯出場を掴める状況となっている。

▽日本とサウジアラビアは、ワールドカップ予選で対戦するのは実は3度目。初対戦はドーハの悲劇が生まれた、1993年だった。当時は0-0のドロー。強国であったサウジアラビアの前に日本はゴールを奪うことができなかった。

▽そして、今回の最終予選が2度目の対戦となった。前述のとおり日本は勝利。過去の通算成績も8勝1分け3敗であり、日本の方が結果を残せている。

◆大観衆の中、命を懸けるサウジアラビア
Getty Images
▽勝利してもW杯出場が確定しないサウジアラビアにとって、日本戦は死に物狂いで挑んでくるに違いない。前節のUAE戦で敗戦を喫したことで、一気に暗雲が立ち込めたのだ。3位のオーストラリアとは同勝ち点。得失点差でわずかに「2」上回っている状況だ。オーストラリアが最下位のタイと対戦することを考えれば、サウジアラビアは多くの得点を奪いに来るはずだ。

▽2次予選を無敗で乗り切ったサウジアラビアの武器は、カウンターだ。最も警戒すべきは10番を背負うFWモハンメド・アルサハラウィ。最終予選は2得点に終わっているが、2次予選では驚異の14得点を記録。サウジアラビアのカウンターからの一撃は警戒したいところだ。

▽そして、最も驚くべきは、多くのサウジアラビア国民がスタジアムに集結するということだ。会場である、キング・アブドゥッラー・スポーツ・シティのスタンド席をムハンマド・ビン・サルマーン皇太子が買い占め。無料開放することで、多くの後押しを国民に呼びかけた。収容人数は6万人以上。日本にとっては脅威となる“声”の後押しもあるだろう。

◆最高の結果で締めくくれるか
Getty Images
▽MF香川真司(ドルトムント)、MF長谷部誠(フランクフルト)が離脱。これにより、25名でサウジアラビア戦に挑む。すでに本大会への切符は掴んでいる状況だが、「勝って兜の緒を締めよ」という言葉通り、最後の戦いで無様な試合をする訳にはいかない。

▽移動や気候の変化、そしてメンタル面も含めた疲労などが考えられるため、先発に名を連ねる11名が読みづらい状況だ。しかし、「チームにとってより良いパフォーマンスの選手を使ってきた。明日も状況は同じ。私は私のグループに信頼を置いている」とヴァイッド・ハリルホジッチ監督が語った通り、コンディションとパフォーマンスが優先されるだろう。

▽「今回は相手のホームで、相手が最もクオリティの高いチーム。高いレベルの挑戦になる。本大会に野心をもって臨むなら、この挑戦を乗り越えていかなくてはいけない」とハリルホジッチ監督が語った通り、負けるわけにはいかない。ベストなメンバーを組んで、試合に臨むはずだ。

★予想フォーメーション[4-3-3]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:川島永嗣
DF:酒井高徳、吉田麻也、昌子源、長友佑都
MF:柴崎岳、山口蛍、井手口陽介
FW:本田圭佑、岡崎慎司、原口元気
▽正直、まったくもって予想がつかない。しかし、10月にキリンチャレンジカップがあることを考えれば、最終予選の最終戦では大幅な変更はしないはずだ。

▽GKは川島永嗣(メス)が引き続き起用されるだろう。パフォーマンスの高さ、安定感はもちろんのこと、所属クラブでの状況を考えればここで2試合起用したいはずだ。最終ラインも変更がないと思われるが、敢えて右サイドバックにDF酒井高徳(ハンブルガーSV)を予想してみた。オーストラリア戦では攻守に高パフォーマンスを見せていた酒井宏樹(マルセイユ)だが、試合中に足を少し痛めていた。その辺りも考慮し、酒井高徳を起用してもいいのではないだろうか。CBのコンビはDF吉田麻也(サウサンプトン)、DF昌子源(鹿島アントラーズ)が並び、本大会を見据えてさらに連携を高めて欲しい。DF植田直通(鹿島アントラーズ)やDF三浦弦太(ガンバ大阪)は、後半から起用してもいいだろう。左サイドバックはDF長友佑都(インテル)で変わりないだろう。

▽中盤は長谷部が離脱したことでメンバーが必然的に変わる。MF山口蛍(セレッソ大阪)をアンカーに置き、オーストラリア戦で出色の出来を見せたMF井手口陽介(ガンバ大阪)は継続して起用。残る1枠には、クラブで高パフォーマンスを見せているMF柴崎岳(ヘタフェ)を起用すると見る。インサイドハーフでより攻撃面にパワーを与えてくれるはずだ。

▽前線は大きく変わるだろう。オーストラリア戦で先発した3名に代わり、右からFW本田圭佑(パチューカ)、FW岡崎慎司(レスター・シティ)、原口が並ぶと見る。FW杉本健勇(セレッソ大阪)も観たいところだが、練習では監督から細かく注文を受けている姿が散見。日本代表のスタイルを体現するには、まだまだ時間がかかりそうだ。可能性としては、後半から途中出場するのではないだろうか。

◆第3章のスタート
Getty Images
▽記者会見でもハリルホジッチ監督が語ったように、ここからは第3章に突入する。W杯出場権の獲得が第一の目標だったが、見事に達成。次は、本大会で結果を残すことだ。そのための準備が既に始まっている。

▽選手ポジション争いやパフォーマンスの向上、レベルアップ、選手層の充実と課題はまだまだ残されている。まずは、しっかりと最終予選を締めくくり、10月からの試合で本大会へ本格的な強化をスタートさせたい。今回一戦は、日本の強さをアジアに知らしめる好舞台。サウジアラビア戦は5日(火)の26時30分キックオフ予定だ。

コメント

関連ニュース

thumb

日本代表W杯前ラストマッチの相手、パラグアイ代表メンバーが発表!《国際親善試合》

▽パラグアイサッカー協会(APF)は23日、日本代表との国際親善試合に臨むパラグアイ代表メンバー20名を発表した。 ▽今回のメンバーには、若手選手が多く招集。FWデルリス・ゴンサレス(ディナモ・キエフ)やFWアントニオ・サナブリア(ベティス)、DFグスタボ・ゴメス(ミラン)など欧州でプレーする選手も招集されている。 ▽パラグアイ代表は、ロシア・ワールドカップ開幕直前の6月12日にオーストリアのインスブルックで日本代表と対戦する。今回発表されたパラグアイ代表メンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆パラグアイ代表メンバー20名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">アルフレッド・アギラル</span>(オリンピア) <span style="font-weight:700;">ヘラルド・オルティス</span>(ソル・デ・アメリカ) <span style="font-weight:700;">フスト・ビジャール</span>(ナシオナル) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">フニオール・アロンソ</span>(リール/フランス) <span style="font-weight:700;">ファビアン・バルブエナ</span>(コリンチャンス/ブラジル) <span style="font-weight:700;">アラン・ベニテス</span>(リベルタ) <span style="font-weight:700;">フアン・エスコバル</span>(セロ・ポルテーニョ) <span style="font-weight:700;">グスタボ・ゴメス</span>(ミラン/イタリア) <span style="font-weight:700;">ブルーノ・バルデス</span>(クラブ・アメリカ/メキシコ) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">アントニオ・バレイロ</span>(リベルタ) <span style="font-weight:700;">リカルド・オルティス</span>(オリンピア) <span style="font-weight:700;">リカルド・サンチェス</span>(オリンピア) <span style="font-weight:700;">ロベルト・ピリス・ダモッタ</span>(サン・ロレンソ) <span style="font-weight:700;">ロドリゴ・ロハス</span>(セロ・ポルテーニョ) <span style="font-weight:700;">アレハンドロ・ロメロ</span>(ニューヨーク・レッドブルズ/アメリカ) <span style="font-weight:700;">オスカル・ロメロ</span>(上海申花/中国) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">フェデリコ・サンタンデール</span>(コペンハーゲン/デンマーク) <span style="font-weight:700;">デルリス・ゴンサレス</span>(ディナモ・キエフ/ウクライナ) <span style="font-weight:700;">アンヘル・ロメロ</span>(コリンチャンス/ブラジル) <span style="font-weight:700;">アントニオ・サナブリア</span>(レアル・ベティス/スペイン) 2018.05.24 11:25 Thu
twitterfacebook
thumb

西野朗体制初陣、W杯前国内最終戦のガーナ代表戦チケットが完売

▽日本サッカー協会(JFA)は23日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦のチケット完売を発表した。 ▽ロシア・ワールドカップに臨む日本代表は、21日から合宿を開始。ガーナ戦には27名の選手が招集されており、31日に本大会に臨む23名が発表される予定となっている。 ▽試合は神奈川県の日産スタジアムで、19時25分キックオフ予定。テレビ放送はテレビ朝日系列にて全国生中継される。 ▽日本代表の西野朗監督にとっては、初陣となり、ロシア・ワールドカップ前最後の国内公式戦となる一戦だ。 2018.05.23 19:50 Wed
twitterfacebook
thumb

「ヨーロッパの地で精一杯プレーをしたので後悔は無い」日本代表落選の森岡亮太、ブログ開設と共に心境を明かす

▽アンデルレヒトに所属する日本代表MF森岡亮太が、ブログを開設し、シーズン終了の報告と共に、落選した日本代表への思いを綴っている。 ▽2017年6月にポーランドのシロンスク・ヴロツワフからベルギーのべベレンに加入した森岡は、ジュピラー・プロ・リーグで第24節までに7ゴール11アシストを記録。この活躍が認められ、2018年1月に名門アンデルレヒトに移籍すると、背番号10を託されることに。移籍後はリーグ戦6試合で3ゴール3アシスト、その後のプレーオフでは10試合3ゴール1アシストという成績を残すなどステップアップを果たした1年間を過ごした。 ▽また、シーズン中には日本代表にも選出。2017年11月10日のブラジル代表戦、14日のベルギー代表戦、2018年3月23日のマリ代表戦の親善試合3試合に出場した。しかし、今月18日に発表された30日のキリンチャレンジカップ2018のガーナ戦に向けた日本代表メンバーに選出されなかった。 ▽シーズンを終えた森岡は自身のオフィシャルブログを開設。今シーズン終了を報告した後、日本代表への思いを明かした。 「アメーバブログデビューをシーズン終了とともに飾ります」 「2017-18シーズンはベルギーにて1シーズンを終了致しました。ポーランドよりベルギーに移籍し、ベルギー国内でも半年で移籍するという激動のシーズンでした」 「ベルギーに移籍し、暮らす環境は非常に良くなりました。ベフェレンは文字通り正にベルギー人が多く、非常に暮らしやすく、ブリュッセルは他の大都市にもれず多国籍の文化に触れることができ刺激の多い楽しい生活を送っております」 「当初ベフェレンもアンデルレヒトも加入した際の監督をはじめ、チームメイト、スタッフのサポートは素晴らしく、その歓迎モードに後押しされるよう、ベフェレンの快進撃さらにはアンデルレヒトでのプレーに繋がったのではと思います」 「サポートしてくれた会長、CEOやサポーターにも感謝しております」 「また、ベルギー在住の日本人コミュニティーには家族一同、本当に助けられ感謝しております。異国の地で、第一子の息子が生まれたばかりで不安なことも多々ありましたが、ピッチ外でのストレスが少なかったことは、家族を含め周りの方々のおかげです」 「大きな怪我もなく、今シーズンは43試合に出場しカップ戦を含め、15得点/15アシストで無事終えることが出来ました」 「来シーズンも引き続き皆様のサポートをよろしくお願い申し上げます」 「日本代表に関しては、全て監督の判断ですし、ヨーロッパの地で精一杯プレーをしたので後悔は無いです。勿論入らなかったのは残念ですが、W杯での日本代表の活躍を祈願、応援しております」 2018.05.23 19:05 Wed
twitterfacebook
thumb

4連覇目指す日テレ・ベレーザに激震! 3年連続MVPのMF阪口夢穂がヒザ負傷で最大8カ月の離脱…来年開催の女子W杯に影響も

▽プレナスなでしこリーグ1部に所属する日テレ・ベレーザは23日、女子日本代表MF阪口夢穂が右ヒザ前十字じん帯損傷および内側半月板損傷と診断されたことを発表した。全治には6~8ヶ月を要する見込みだ。 ▽阪口は4月28日に行われた2018プレナスなでしこリーグ1部第3節アルビレックス新潟レディース戦で右ヒザを負傷していた。 ▽今シーズンから永田雅人新監督の下でなでしこリーグ4連覇を目指すベレーザにとって、3年連続リーグMVPの阪口の離脱は大きな痛手となりそうだ。 ▽また、なでしこジャパンは来年6月にフランスで行われる2019 FIFA女子ワールドカップへの出場を決めており、背番号10を背負う大黒柱の長期離脱は大きな懸念材料だ。 2018.05.23 15:26 Wed
twitterfacebook
thumb

U-17女子W杯MVPのMF長野風花がなでしこジャパン初招集! ニュージーランド遠征メンバーが発表《国際親善試合》

▽日本サッカー協会(JFA)は23日、ニュージーランド遠征に臨むなでしこジャパンメンバーを発表した。 ▽今回のメンバーには、FW岩渕真奈(INAC神戸レオネッサ)やDF熊谷紗希(オリンピック・リヨン)、MF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)、FW川澄奈穂美(シアトル・レインFC)らが招集。また、MF長野風花(仁川現代製鉄レッドエンジェルズ)がなでしこジャパンに初招集された。 ▽高倉麻子監督は今回のメンバーについてコメント。初招集の長野についても期待を語った。 「来年のFIFA女子ワールドカップに向けては、チームの完成度を高めることが何より必須だと考えています。アジアカップで優勝という結果を出せたこれまでの取り組みを継続させるとともに、明らかになった課題に取り組むためにも、実績あるメンバーを中心に選びました」 「その中で長野選手はなでしこジャパン初招集となります。今年はFIFA U-20女子ワールドカップを控えていますが、来年のワールドカップまでの時間の中で、チーム力の底上げとポジションのバランスを考慮し、このタイミングで一度直接見てみたいと思い招集しました。今回のチームで最年少となりますが、年齢を気にして遠慮することなく、確かな技術とゲームの全体像を把握できる能力を発揮してほしいと思っています」 ▽なでしこジャパンは6月4日から11日にかけてニュージーランド遠征を実施。6月10日にニュージーランド女子代表と国際親善試合で対戦する。 <span style="font-weight:700;">◆なでしこジャパンメンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">1.池田咲紀子</span>(浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">18.山下杏也加</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">21.平尾知佳</span>(アルビレックス新潟レディース) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">2.宇津木瑠美</span>(シアトル・レインFC/アメリカ) <span style="font-weight:700;">3.鮫島彩</span>(INAC神戸レオネッサ) <span style="font-weight:700;">4.熊谷紗希</span>(オリンピック・リヨン/フランス) <span style="font-weight:700;">5.市瀬菜々</span>(マイナビベガルタ仙台レディース) <span style="font-weight:700;">6.有吉佐織</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">17.高木ひかり</span>(ノジマステラ神奈川相模原) <span style="font-weight:700;">22.清水梨紗</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">23.三宅史織</span>(INAC神戸レオネッサ) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">7.中島依美</span>(INAC神戸レオネッサ) <span style="font-weight:700;">12.猶本光</span>(浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">14.長谷川唯</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">15.阪口萌乃</span>(アルビレックス新潟レディース) <span style="font-weight:700;">16.隅田凜</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">20.櫨まどか</span>(マイナビベガルタ仙台レディース) <span style="font-weight:700;">24.長野風花</span>(仁川現代製鉄レッドエンジェルズ/韓国) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">8.岩渕真奈</span>(INAC神戸レオネッサ) <span style="font-weight:700;">9.川澄奈穂美</span>(シアトル・レインFC/アメリカ) <span style="font-weight:700;">11.田中美南</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">13.菅澤優衣香</span>(浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">19.増矢理花</span>(INAC神戸レオネッサ) 2018.05.23 14:45 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース