【日本代表プレビュー】第3章の幕開け…勝利で最終予選を締めくくれ2017.09.05 13:19 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は5日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選でサウジアラビア代表と対戦する。6大会連続6度目のW杯出場を決めた日本にとって、本大会に向けた第3章がスタートする。

◆ホームではしっかりと勝利
Getty Images
▽2016年11月15日に埼玉スタジアム2002で行われたホームゲームでは、日本は2-1で勝利を収めた。当時首位に立っていたサウジアラビアを相手に、既に最終予選で1敗を喫している日本は必勝で臨んだ。

▽この試合はトップ下に起用されたMF清武弘嗣(当時セビージャ)が攻撃の軸となり、何度となくサウジアラビアゴールを脅かした。そんな清武が前半終了間際にPKを奪い、自ら沈めて先制点を奪う。さらに後半も押し込んだ日本は、80分に左サイドを崩してFW原口元気(ヘルタ・ベルリン)がゴール。終了間際に1点を返されるも、首位撃破を成し遂げた。

◆3度目の対戦
▽かつてはアジアの強国として名を馳せていたサウジアラビだが、低迷期に入りここ2大会はW杯出場を逃している。しかし、かつてオランダ代表を指揮したこともあるファン・マルバイク監督が就任すると力を取り戻し、予選でもあと一歩で3大会ぶりのW杯出場を掴める状況となっている。

▽日本とサウジアラビアは、ワールドカップ予選で対戦するのは実は3度目。初対戦はドーハの悲劇が生まれた、1993年だった。当時は0-0のドロー。強国であったサウジアラビアの前に日本はゴールを奪うことができなかった。

▽そして、今回の最終予選が2度目の対戦となった。前述のとおり日本は勝利。過去の通算成績も8勝1分け3敗であり、日本の方が結果を残せている。

◆大観衆の中、命を懸けるサウジアラビア
Getty Images
▽勝利してもW杯出場が確定しないサウジアラビアにとって、日本戦は死に物狂いで挑んでくるに違いない。前節のUAE戦で敗戦を喫したことで、一気に暗雲が立ち込めたのだ。3位のオーストラリアとは同勝ち点。得失点差でわずかに「2」上回っている状況だ。オーストラリアが最下位のタイと対戦することを考えれば、サウジアラビアは多くの得点を奪いに来るはずだ。

▽2次予選を無敗で乗り切ったサウジアラビアの武器は、カウンターだ。最も警戒すべきは10番を背負うFWモハンメド・アルサハラウィ。最終予選は2得点に終わっているが、2次予選では驚異の14得点を記録。サウジアラビアのカウンターからの一撃は警戒したいところだ。

▽そして、最も驚くべきは、多くのサウジアラビア国民がスタジアムに集結するということだ。会場である、キング・アブドゥッラー・スポーツ・シティのスタンド席をムハンマド・ビン・サルマーン皇太子が買い占め。無料開放することで、多くの後押しを国民に呼びかけた。収容人数は6万人以上。日本にとっては脅威となる“声”の後押しもあるだろう。

◆最高の結果で締めくくれるか
Getty Images
▽MF香川真司(ドルトムント)、MF長谷部誠(フランクフルト)が離脱。これにより、25名でサウジアラビア戦に挑む。すでに本大会への切符は掴んでいる状況だが、「勝って兜の緒を締めよ」という言葉通り、最後の戦いで無様な試合をする訳にはいかない。

▽移動や気候の変化、そしてメンタル面も含めた疲労などが考えられるため、先発に名を連ねる11名が読みづらい状況だ。しかし、「チームにとってより良いパフォーマンスの選手を使ってきた。明日も状況は同じ。私は私のグループに信頼を置いている」とヴァイッド・ハリルホジッチ監督が語った通り、コンディションとパフォーマンスが優先されるだろう。

▽「今回は相手のホームで、相手が最もクオリティの高いチーム。高いレベルの挑戦になる。本大会に野心をもって臨むなら、この挑戦を乗り越えていかなくてはいけない」とハリルホジッチ監督が語った通り、負けるわけにはいかない。ベストなメンバーを組んで、試合に臨むはずだ。

★予想フォーメーション[4-3-3]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:川島永嗣
DF:酒井高徳、吉田麻也、昌子源、長友佑都
MF:柴崎岳、山口蛍、井手口陽介
FW:本田圭佑、岡崎慎司、原口元気
▽正直、まったくもって予想がつかない。しかし、10月にキリンチャレンジカップがあることを考えれば、最終予選の最終戦では大幅な変更はしないはずだ。

▽GKは川島永嗣(メス)が引き続き起用されるだろう。パフォーマンスの高さ、安定感はもちろんのこと、所属クラブでの状況を考えればここで2試合起用したいはずだ。最終ラインも変更がないと思われるが、敢えて右サイドバックにDF酒井高徳(ハンブルガーSV)を予想してみた。オーストラリア戦では攻守に高パフォーマンスを見せていた酒井宏樹(マルセイユ)だが、試合中に足を少し痛めていた。その辺りも考慮し、酒井高徳を起用してもいいのではないだろうか。CBのコンビはDF吉田麻也(サウサンプトン)、DF昌子源(鹿島アントラーズ)が並び、本大会を見据えてさらに連携を高めて欲しい。DF植田直通(鹿島アントラーズ)やDF三浦弦太(ガンバ大阪)は、後半から起用してもいいだろう。左サイドバックはDF長友佑都(インテル)で変わりないだろう。

▽中盤は長谷部が離脱したことでメンバーが必然的に変わる。MF山口蛍(セレッソ大阪)をアンカーに置き、オーストラリア戦で出色の出来を見せたMF井手口陽介(ガンバ大阪)は継続して起用。残る1枠には、クラブで高パフォーマンスを見せているMF柴崎岳(ヘタフェ)を起用すると見る。インサイドハーフでより攻撃面にパワーを与えてくれるはずだ。

▽前線は大きく変わるだろう。オーストラリア戦で先発した3名に代わり、右からFW本田圭佑(パチューカ)、FW岡崎慎司(レスター・シティ)、原口が並ぶと見る。FW杉本健勇(セレッソ大阪)も観たいところだが、練習では監督から細かく注文を受けている姿が散見。日本代表のスタイルを体現するには、まだまだ時間がかかりそうだ。可能性としては、後半から途中出場するのではないだろうか。

◆第3章のスタート
Getty Images
▽記者会見でもハリルホジッチ監督が語ったように、ここからは第3章に突入する。W杯出場権の獲得が第一の目標だったが、見事に達成。次は、本大会で結果を残すことだ。そのための準備が既に始まっている。

▽選手ポジション争いやパフォーマンスの向上、レベルアップ、選手層の充実と課題はまだまだ残されている。まずは、しっかりと最終予選を締めくくり、10月からの試合で本大会へ本格的な強化をスタートさせたい。今回一戦は、日本の強さをアジアに知らしめる好舞台。サウジアラビア戦は5日(火)の26時30分キックオフ予定だ。

コメント

関連ニュース

thumb

U-18日本代表メンバーが変更! 神戸U-18MF佐々木大樹、鹿島ユースDF中村勇太が追加招集《カタール遠征》

▽日本サッカー協会(JFA)は15日、9月20日~10月1日にかけて行われるカタール遠征に臨むU-18日本代表メンバーの変更を発表した。 ▽招集されていたFW中島元彦(セレッソ大阪U-18)がケガのために辞退となり、代わりにヴィッセル神戸U-18のMF佐々木大樹が招集。また、鹿島アントラーズユースのDF中村勇太も追加招集された。 ▽日本は、カタールで「U19-Four Nations」に参加。クロアチア、カタール、オーストラリアと対戦する。なお、U-18日本代表は、2019年に行われるU-20ワールドカップ2019を目指す世代で、10月からAFC U-19選手権2018予選に参加する。 <span style="font-weight:700;">◆U-18日本代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 23.<span style="font-weight:700;">中野小次郎</span>(法政大) 1.<span style="font-weight:700;">大迫敬介</span>(サンフレッチェ広島ユース) 12.<span style="font-weight:700;">若原智哉</span>(京都サンガF.C.U-18) <span style="font-weight:700;">DF</span> 8.<span style="font-weight:700;">田中陸</span>(柏レイソルU-18) 2.<span style="font-weight:700;">杉山弾斗</span>(市立船橋高) 5.<span style="font-weight:700;">中川創</span>(柏レイソルU-18) 3.<span style="font-weight:700;">川井歩</span>(サンフレッチェ広島ユース) 22.<span style="font-weight:700;">阿部海大</span>(東福岡高) 21.<span style="font-weight:700;">谷口栄斗</span>(東京ヴェルディユース) 19.<span style="font-weight:700;">荻原拓也</span>(浦和レッズユース) 4.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">中村勇太</span>(鹿島アントラーズユース)※追加招集 <span style="font-weight:700;">MF</span> 13.<span style="font-weight:700;">堀研太</span>(横浜F・マリノスユース) 7.<span style="font-weight:700;">伊藤洋輝</span>(ジュビロ磐田U-18) 14.<span style="font-weight:700;">郷家友太</span>(青森山田高) 10.<span style="font-weight:700;">藤本寛也</span>(東京ヴェルディユース) 17.<span style="font-weight:700;">山田康太</span>(横浜F・マリノスユース) 16.<span style="font-weight:700;">奥抜侃志</span>(大宮アルディージャユース) 6.<span style="font-weight:700;">川村拓夢</span>(サンフレッチェ広島ユース) 20.<span style="font-weight:700;">杉浦文哉</span>(名古屋グランパスU-18) 11.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">佐々木大樹</span>(ヴィッセル神戸U-18)※追加招集 <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="text-decoration: line-through;">中島元彦(セレッソ大阪U-18)</span>※ケガのため辞退 9.<span style="font-weight:700;">原大智</span>(FC東京U-18) 18.<span style="font-weight:700;">安藤瑞季</span>(長崎総合科学大附高) 15.<span style="font-weight:700;">古川大悟</span>(ジェフユナイテッド市原・千葉U-18) 2017.09.15 19:36 Fri
twitterfacebook
thumb

U-18日本代表が発表! 田中陸や伊藤洋輝ら23名が招集《カタール遠征》

▽日本サッカー協会(JFA)は13日、9月20日~10月1日にかけて行われるカタール遠征に臨むU-18日本代表メンバーを発表した。 ▽今回のメンバーには、各クラブのユースに所属選手や高校サッカー部在籍の選手が招集。DF田中陸(柏レイソルU-18)やMF伊藤洋輝(ジュビロ磐田U-18)、FW安藤瑞季(長崎総合科学大附高)など、トゥーロン国際大会に出場したメンバーも呼ばれている。 ▽日本は、カタールで「U19-Four Nations」に参加。クロアチア、カタール、オーストラリアと対戦する。なお、U-18日本代表は、2019年に行われるU-20ワールドカップ2019を目指す世代で、10月からAFC U-19選手権2018予選に参加する。 <span style="font-weight:700;">◆U-18日本代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 23.<span style="font-weight:700;">中野小次郎</span>(法政大) 1.<span style="font-weight:700;">大迫敬介</span>(サンフレッチェ広島ユース) 12.<span style="font-weight:700;">若原智哉</span>(京都サンガF.C.U-18) <span style="font-weight:700;">DF</span> 8.<span style="font-weight:700;">田中陸</span>(柏レイソルU-18) 2.<span style="font-weight:700;">杉山弾斗</span>(市立船橋高) 5.<span style="font-weight:700;">中川創</span>(柏レイソルU-18) 3.<span style="font-weight:700;">川井歩</span>(サンフレッチェ広島ユース) 22.<span style="font-weight:700;">阿部海大</span>(東福岡高) 21.<span style="font-weight:700;">谷口栄斗</span>(東京ヴェルディユース) 19.<span style="font-weight:700;">荻原拓也</span>(浦和レッズユース) <span style="font-weight:700;">MF</span> 13.<span style="font-weight:700;">堀研太</span>(横浜F・マリノスユース) 7.<span style="font-weight:700;">伊藤洋輝</span>(ジュビロ磐田U-18) 14.<span style="font-weight:700;">郷家友太</span>(青森山田高) 10.<span style="font-weight:700;">藤本寛也</span>(東京ヴェルディユース) 17.<span style="font-weight:700;">山田康太</span>(横浜F・マリノスユース) 16.<span style="font-weight:700;">奥抜侃志</span>(大宮アルディージャユース) 6.<span style="font-weight:700;">川村拓夢</span>(サンフレッチェ広島ユース) 20.<span style="font-weight:700;">杉浦文哉</span>(名古屋グランパスU-18) <span style="font-weight:700;">FW</span> 11.<span style="font-weight:700;">中島元彦</span>(セレッソ大阪U-18) 9.<span style="font-weight:700;">原大智</span>(FC東京U-18) 18.<span style="font-weight:700;">安藤瑞季</span>(長崎総合科学大附高) 15.<span style="font-weight:700;">古川大悟</span>(ジェフユナイテッド市原・千葉U-18) 2017.09.13 16:57 Wed
twitterfacebook
thumb

日本代表が出場する12月開催のEAFF E-1サッカー選手権2017決勝のマッチスケジュールが決定!

▽東アジアサッカー連盟(EAFF)は8日、今年12月に日本で開催されるEAFF E-1 サッカー選手権2017 決勝のマッチスケジュールを発表した。 ▽今大会はかつてはダイナスティカップ、2015年までは東アジアカップとして開催されていた大会。今大会は男女ともに開催され、男子は味の素スタジアム、女子は千葉市蘇我球技場(フクダ電子アリーナ)で開催される。 ▽出場国は、男女ともにシード国の日本、韓国、中国の他、予選を勝ち上がった北朝鮮が出場する。 ▽男子は12月9日(土)に、女子は1日早く同8日(金)に開幕。男子は初戦で北朝鮮代表と対戦し、中国代表、韓国代表と対戦。女子は、初戦で韓国女子代表と対戦し、中国代表、北朝鮮代表と対戦する。今回発表されたスケジュールは以下のとおり。 ◆EAFF E-1サッカー選手権2017 決勝 【男子】 会場:味の素スタジアム ▽12月9日(土) 韓国代表 vs 中国代表 日本代表 vs 北朝鮮代表 ▽12月12日(火) 北朝鮮代表 vs 韓国代表 日本代表 vs 中国代表 ▽12月16日(土) 中国代表 vs 北朝鮮代表 日本代表 vs 韓国代表 【女子】 会場:千葉市蘇我球技場(フクダ電子アリーナ) ▽12月8日(金) 中国代表 vs 北朝鮮代表 日本代表 vs 韓国代表 ▽12月11日(月) 北朝鮮代表 vs 韓国代表 日本代表 vs 中国代表 ▽12月15日(金) 韓国代表 vs 中国代表 日本代表 vs 北朝鮮代表 2017.09.08 17:30 Fri
twitterfacebook
thumb

本田圭佑が厳しい声に感謝ツイート

▽パチューカに所属する日本代表FW本田圭佑が自身を取り巻く周囲の厳しい見解に反応した。 ▽8月31日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア代表戦で出番なしに終わった本田。続く5日に行われたサウジアラビア代表戦には右ウィングで先発したが、前半のみのプレーでピッチを退いた。 ▽パフォーマンスに批判的な見解が集まるだけでなく、W杯メンバー落選の可能性も囁かれる本田は、7日にツイッター(@kskgroup2017)を更新。そういった批判に感謝の意を表しつつ、巻き返しに自信をのぞかせた。 「サッカーファンの皆さん、メディアの皆さん、「もう代表に必要ない」とか他にも厳しい声をありがとうございます」 「年明けてからの半年間が何よりも重要なのは何度も言ってるが、良い感じで舞台は整ってると思ってます」 「ありがとう」 2017.09.07 12:20 Thu
twitterfacebook
thumb

【日本代表コラム】周到なサウジに敗れた日本、改めて感じた強化ポイント

▽大観衆が集まる完全なるアウェイ、過酷な気候・環境、そして死に物狂いで勝利を目指して向かってくるサウジアラビア代表──全てが日本代表の前に立ちはだかり、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のラストゲームで黒星を喫した。 ▽すでにW杯出場を決めていた日本にとって、第3章のスタートと位置づけていた一戦。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、テストを行うとともに、最後も勝利を目指すメンバーをピッチに送り出した。 <span style="font-weight:700;">◆本気の相手を前にした確認とテスト</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170907_7_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽オーストラリア戦から、ケガの影響でチームを離脱したMF長谷部誠(フランクフルト)、メンバー外となったFW大迫勇也(ケルン)、FW乾貴士(エイバル)、FW浅野拓磨(シュツットガルト)が先発を外れ、FW本田圭佑(パチューカ)、FW岡崎慎司(レスター・シティ)、FW原口元気(ヘルタ・ベルリン)が先発。また、約2年ぶりの招集となったMF柴崎岳(ヘタフェ)を先発で起用した。 ▽ハリルホジッチ監督は、GK、最終ライン、そして中盤の2名を継続して起用することで、サウジアラビア戦でもしっかりと勝利を目指す姿勢を見せた。DF吉田麻也(サウサンプトン)、DF昌子源(鹿島アントラーズ)と本大会に向けて軸となるであろうCBコンビ、そしてGKを含めた最終ラインの連携向上を実行した。 ▽中盤はMF山口蛍(セレッソ大阪)をアンカーに、オーストラリア戦で代表初ゴールを記録したMF井手口陽介(ガンバ大阪)を柴崎とともにインサイドハーフで起用した。ヒザの状態が懸念される長谷部不在の状況を考えた中盤起用。この先の軸となる選手を見出す必要がある。 ▽一方で、テストも実施している。「トップコンディションではないことはわかっていた」とハリルホジッチ監督が試合後に語ったのは右ウイングで先発した本田のこと。「リズムやゲーム勘の部分でトップレベルではない」と、これまで日本代表で不動の地位を確立していた本田に対し、公式の場ではっきりと苦言を呈した。 ▽また、オーストラリア戦で貴重な先制点を決めた浅野、日本代表初招集のFW杉本健勇(セレッソ大阪)を途中起用。終盤にはFW久保裕也(ヘント)を投入し、得点奪い、勝ちに行く姿勢を示した。結果は最終予選で初の無得点で敗戦。課題が多く見えた。 <span style="font-weight:700;">◆サウジアラビアの周到な準備</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170907_7_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽サウジアラビアについても触れなくてはいけないことがある。まずは、ムハンマド・ビン・サルマーン皇太子がチケットを買い占め、多くのファンを無料でスタジアムに招待した。勝たなければいけなかったサウジアラビア代表の選手たちにとっては、この上ない後押しとなったはずだ。 ▽もちろん、評価すべきはそこだけではない。日本に勝利するため、サウジアラビアのファン・マルバイク監督は戦略、戦術をしっかりと準備した。まずは、前半のゲームプラン。サウジアラビアはポゼッションを高めたののも、思い切った攻撃には出ず。セットプレーやカウンターなど手数をかけずにゴールを目指していた。後半動きが良くなったことを考えると、気候や環境を考慮して前半をセーブしていたともとれる。 ▽より周到だと感じさせられたのは、攻撃の組み立てだ。日本の中盤3枚のプレスを掻い潜るかのように、プレス回避を実施。間を突いてパスを通せば、特に左サイドを起点とした攻撃を発動。前線が連動し、シュートチャンスを生み出していた。日本のストロングポイントを消しに行った戦い方をサウジアラビアは選択した。 ▽後半、途中投入されたファハドが左サイドで躍動。センターバックのズレを見逃さず、待望の先制点をもたらせた。そこからのサウジアラビアは無理に得点を狙わず、確実で固いサッカーを展開。最後まで日本にゴールを与えることなく、目的を完遂。3大会ぶり5回目のW杯出場を決めた。 <span style="font-weight:700;">◆改めて感じた3つの強化ポジション</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170907_7_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽この試合で改めて感じさせられた強化すべきポジションが3つある。それは、センターバック、アンカー、そして右ウイングだ。この試合では、センターバックに吉田と昌子、アンカーに山口、右ウイングに本田が先発したが、この3ポジションは特に残り9カ月で変化が必要に感じる。 ▽まずはセンターバック。6月のシリア戦から4試合連続でコンビを組んだ吉田と昌子。この2人の組み合わせには異論はない。しかし、3枚目のセンターバックが確立されていないことが、この先の日本の課題だ。今回センターバックとして招集されたのは、上述の2人の他にDF植田直通(鹿島アントラーズ)とDF三浦弦太(ガンバ大阪)だ。しかし、両選手はプレー機会が訪れなかった。この先の親善試合や12月の東アジアカップでチャンスが訪れるとは思うが、吉田や昌子が不測の事態に陥る可能性を考えれば、残り9カ月でしっかりと強化することが不可欠となるだろう。 ▽そして右ウイングだ。この試合に先発した本田は、攻守において精細を欠き、特にプレスからのショートカウンターを武器としている日本にとって、この試合の本田の守備は問題点ばかりだった。所属のパチューカで試合に出場し、しっかりとパフォーマンスを取り戻せば問題はないと思うが、現時点では厳しい状況だ。オーストラリア戦でゴールを決めた浅野、2試合連続で途中投入された久保も正直物足りない。今シーズンは3名ともクラブで結果を出せておらず、このままシーズンが過ぎるようでは右ウイングは厳しい状態となる。ハリルホジッチ監督は、個々に特徴が異なる3名を招集しているだけに、現在呼ばれていない選手がハマる可能性も少なくない。右ウイングで組み立てができるプレーメーカーが、W杯では必要になるだろう。 ▽最後にアンカー。ここが一番の懸念点となる。サウジアラビアに突かれたポイントも、これまでは長谷部がカバーしていた。オーストラリア戦でも前半こそ動きに精彩を欠いたが、後半は“読み”の部分が戻り、バイタルエリアでフィルターをかけていた。ヒザの状態は一進一退であり、本大会を万全な状態で迎えられるかは定かではない。長谷部、山口、井手口というユニットを見出しはしたが、長谷部を欠くことになれば一から作り直しとなる。長谷部に代わるアンカーを見出すことは、日本が目指すスタイルには不可欠となるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆残された時間は9カ月</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170907_7_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽初戦と最終戦で黒星を喫したものの、6勝2分け2敗で首位突破を決めた日本。ここまでの約1年間で徐々に強化を進めながら、第一の目標であったW杯出場を決めたハリルホジッチ監督には、やはり本大会でも指揮を執ってもらいたいと思う。残り9カ月、誰よりも日本のサッカーをチェックしている指揮官であれば、新たな戦力の発掘、そして各個人のレベルアップに向けたアドバイスを与えられるはずだ。そして、勝利にこだわるスピリットは、選手のコメントからも強まっていることを感じる。 ▽9カ月後には、世界の予選を勝ち抜いた強豪国との対戦が待っているが、今の日本では2014年と同じ結果になる可能性もある。しかし、これまでの積み上げと変化を考えれば、ここからの9カ月でレベルアップできる可能性もある。コンディションとパフォーマンスを重視するハリルホジッチ監督だけに、各選手はまずはクラブでしっかりと結果を残すこと。10月の2試合ではどんなメンバーが名を連ねるのか楽しみだ。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2017.09.07 11:00 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース