ANC王者カメルーンの予選敗退が決定…2006年ドイツW杯以来の予選敗退《ロシアW杯アフリカ最終予選》2017.09.05 06:23 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップ(W杯)アフリカ最終予選グループB第4節のカメルーン代表vsナイジェリア代表が4日に行われ、1-1のドローに終わった。この結果、2節を残してカメルーンの敗退が決定した。

▽ブラジルW杯に出場したナイジェリアとアルジェリア代表、アフリカ・ネイションズ・カップ優勝経験のあるザンビア代表と同居した死のグループBで1敗2分けの3位と苦しいスタートを強いられたカメルーンは、この4節で直近の対戦で大敗したナイジェリアとのリベンジマッチに臨んだ。

▽逆転での本大会出場に向けて勝ち点3が絶対条件のカメルーンだったが、30分にサイモンにゴールを許して先制点を奪われてしまう。その後、後半に入ってバソゴグ、アブバカルと攻撃的な交代カードを切って逆転を目指すカメルーンは75分、アブバカルのPKで同点に追いつく。だが、ここまで全勝の首位ナイジェリア相手に逆転ゴールを奪うことはできず、試合はこのまま1-1でタイムアップ。2節を残して首位ナイジェリア(勝ち点10)との勝ち点差が「7」のままとなったカメルーンの予選敗退が決定した。

▽直近のW杯7大会中6度本大会行きを決めていたカメルーンは、今年1月に行われたアフリカ・ネイションズ・カップでも優勝を果たしていたが、2006年のドイツW杯以来となる予選敗退となった。

▽なお、2位ザンビア(勝ち点4)と最下位アルジェリア(勝ち点1)の一戦は、5日に行われる。

コメント

関連ニュース

thumb

プーマがパートナーシップ20周年となるカメルーン代表の新ユニフォームを発表

▽プーマは、カメルーン代表の新ユニフォームを発表した。プーマとカメルーン代表は、20年にわたるパートナーシップとなった。 ▽今回の新ユニフォーム発表には、AFRO TRAP アーティストのMHDとアフリカフットボール界のレジェンド ロジェ・ミラが参加。新ユニフォームを発表するとともに、パートナーシップ20周年を祝福した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20171106_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽ロジェ・ミラは、1990年のイタリア大会のアイコンになり、コーナーフラッグ付近でのダンスは有名に。コーナーフラッグを前にし、一方の手はお腹に、もう一方の手は空に向かって突き上げられた。 ▽その4年後、1994年に生まれたフランス人アーティストが2016年にロジェ・ミラに曲を捧げる。その名はMHD。AFRO TRAPのプリンスとして知られているパリジャンは、世界中での注目度が急上昇中のアーティストの一人で、2017年4月にプーマのアンバサダーに就任した彼の曲「Roger Milla」は、YouTubeで4000万回以上視聴されている。 ▽プーマとカメルーンサッカー連盟は2017年にパートナーシップ20周年を迎え、「不屈のライオン」のユニフォームを発表するとともに、2019年のCANのホスト国になることを祝った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20171106_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽新ユニフォームはプーマが開発した衣服内の湿度調整を向上する evoKNIT サーモレギュレーション テクノロジーと、ピッチ上で最適な体温を保つことをサポートする適応型の冷却システムが採用。シームレス構造と組み合わせることで、シャツはパフォーマンスを最適化するための最高のフィット感と可動性を提供している。 ▽新ユニフォームは11月11日のザンビア代表戦より着用予定。7日より、プーマ取り扱いショップにてレプリカが販売予定となっている。 2017.11.06 12:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ドイツが10人のカメルーンに快勝で首位通過、準決勝でメキシコと対戦《コンフェデレーションズカップ2017》

▽コンフェデレーションズカップ2017グループB最終節ドイツ代表vsカメルーン代表が25日に行われ、3-1でドイツが快勝した。この結果、ドイツが首位通過を決めている。 ▽3日前に行われたチリ代表戦を1-1の引き分けに持ち込み、1勝1分けとした2位ドイツは、引き分けでも準決勝進出となる中、チリ戦のスタメンから4選手を変更。2試合連続ゴールを挙げていたシュティンドルの他、ゴレツカやムスタフィ、ヘクターがベンチスタートとなってヴェルナーやデミルバイ、リュディガーにプラッテンハールトが今大会先発となった。 ▽一方、オーストラリア代表戦を1-1の痛み分けに終わり、1分け1敗となった最下位カメルーンは、2点差以上での勝利が必須となる中、3試合連続同様のスタメンを送り出した。 ▽[3-4-3]を継続したドイツは3バックに右からギンター、ジューレ、リュディガー、中盤に右からキミッヒ、カン、ルディ、プラッテンハールト、1トップにヴェルナー、シャドーにドラクスラーとデミルバイを配した。 ▽そのドイツが慎重な入りを見せてきたのに対し、カメルーンが積極的に立ち上がっていくも、シュートにつなげることはできない。 ▽すると21分、ドイツはカンが際どいミドルシュートを浴びせてカメルーンをけん制。そして、24分に決定機を演出。左サイドのプラッテンハールトの鋭いクロスにキミッヒがダイビングヘッドで合わせた。しかし、枠の右に外れてしまう。 ▽流れを引き寄せるドイツが前半半ば以降は敵陣でのプレー時間を増やしていくも、ハーフタイム間際の45分、カメルーンに決定機。右クロスに反応したアングイッサがボレー。これが枠を捉えたが、GKテア・シュテーゲンにセーブされ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半開始3分、ドイツが先制する。デミルバイがドラクスラーとのパス交換から中央を持ち上がって利き足でない右足を一閃。これがゴール右上に突き刺さった。 ▽4点が必要となったカメルーンに対し、続く54分にもドイツにチャンス。ヴェルナーがGKと一対一となりシュートは打ちきれなかったが、ルーズボールをボックス右のキミッヒがシュート。しかし、GKオンドアのセーブに阻まれた。 ▽追うカメルーンは65分にアクシデント。ビデオ・アシスタント・レフリー(VAR)によってマブカが一発退場となった。 ▽そして66分、右サイドからのキミッヒのクロスにヴェルナーが頭で合わせて、ドイツが決定的な追加点を奪った。 ▽その後、79分にヌガマレウの右クロスにアブバカルがヘディングで合わせたシュートが決まってカメルーンが1点を返すも、81分にドイツはヘンリクスの右クロスからヴェルナーが右足で決めて3-1とし快勝。首位通過を決め、準決勝でメキシコ代表と対戦することが決まった。 2017.06.26 01:59 Mon
twitterfacebook
thumb

「ドイツはBチームでも素晴らしい」カメルーン代表監督が対決前にライバルを警戒

現地時間25日、FIFAコンフェデレーションズカップ、グループB第3節のドイツvsカメルーンが行われる。この一戦を前に、カメルーン代表のウーゴ・ブロース監督が対戦相手のドイツについて言及している。<br><br>ブロース監督は「ドイツのコンフェデ帯同メンバーを見て、正直大会が始まる前はカメルーンにとって大きなチャンスだと思った。だが、ここまでの2試合を見てその考え方が変わったよ。彼らはBチームだったとしても素晴らしいサッカーを展開している」と発言。<br><br>「我々は最高のプレーをしなければならない。彼らを倒すだけでは不十分で、2点差以上を付けて打ち負かす必要がある。困難なミッションだと思うが、フットボールの世界で不可能なことはないからね」<br><br>現在、1分け1敗で勝ち点1のカメルーンは、グループBで最下位。現在グループ2位ドイツとの直接対決で、2点差以上を付けて下せば逆転での準決勝進出が決まるが、果たしてアフリカ王者カメルーンはW杯前回王者のドイツを下せるのか。試合は日本時間26日深夜0時にキックオフとなる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.25 20:57 Sun
twitterfacebook
thumb

白熱のカメルーンvsオーストラリアは痛み分け《コンフェデレーションズカップ2017》

▽コンフェデレーションズカップ2017グループB第2節のカメルーン代表vsオーストラリア代表が22日に行われ、1-1で引き分けた。 ▽4日前に行われた初戦のチリ代表戦を0-2と敗れたカメルーンは、その試合と同様のスタメンを送り出し、[4-3-3]を採用した。 ▽一方、3日前に行われた初戦のドイツ代表戦を2-3と惜敗したオーストラリアは、その試合のスタメンから2選手を変更。ルオンゴとベヒッチに代えてクルーズとガーズバックを起用した。システムはドイツ戦同様、[3-4-3]の攻撃的な布陣を採用した。 ▽自陣に引くカメルーンに対し、ボールを保持したオーストラリアは3分、クルーズが枠内シュートを浴びせる。対するカメルーンもバソゴグのスピードを活かしたカウンターでけん制すると、7分にセットプレーの流れからアブバカルが際どいボレーシュートを放った。 ▽引き続きオーストラリアがボランチのミリガンとムーイを軸にボールを丁寧につないでカメルーンを押し込むも、アタッキングサードで違いを生み出せず決定的なシュートを浴びせることはできない。一方のカメルーンは38分、縦に早い攻撃を仕掛けるとムカンジョがアブバカルとのワンツーから枠内シュートを放った。 ▽ハーフタイムにかけてもオーストラリアがボールを持ったものの、カメルーンが追加タイム1分に一瞬の隙を突いて先制する。ロングフィードに反応したアングイッサがデゲネクとの競り合いを制してボックス右に侵入し、飛び出したGKライアンの鼻先で足を伸ばしてボールに触り、ゴールに流し込んだ。 ▽迎えた後半開始2分に右クロスを受けたユリッチが決定的なシュートを浴びせたオーストラリアが前がかっていくと、サイド攻撃を起点にカメルーンを揺さぶっていく。 ▽しかし57分、カウンターを狙うカメルーンに決定機。スルーパスに抜け出したバソゴグがボックス右へ侵入。DFをかわしてラストパスを送り、アブバカルがシュートに持ち込むも枠を捉えきれなかった。 ▽すると59分、オーストラリアに同点のチャンス。ボックス左で仕掛けたガーズバックがマブカに倒されてPKを獲得。これをミリガンがゴール左へ決めてオーストラリアが試合を振り出しに戻した。 ▽勢いに乗るオーストラリアはクルーズに代えてトロイージ、ユリッチに代えてケイヒルを投入し、攻撃に変化を付ける。 ▽対するカメルーンはムカンジョに代えてエカンビを投入すると、78分にアブバカルが決定的なヘディングシュートを放った。そのカメルーンが終盤にかけて攻勢に出ると、85分にもアブバカルがボレーシュートで勝ち越しゴールに迫るも、やはり枠を捉えきれない。そのまま3分の追加タイムでもゴールは生まれず1-1で終了し、痛み分けに終わった。 2017.06.23 01:56 Fri
twitterfacebook
thumb

途中出場サンチェスの2得点に絡む活躍でチリが白星発進!《コンフェデレーションズカップ2017》

▽チリ代表は18日、コンフェデレーションズカップ2017グループB第1節でカメルーン代表と対戦し、2-0で勝利した。 ▽コンフェデレーションズカップ初出場となる南米王者のチリは、[4-3-3]の布陣を採用。GKはエレーラを起用。最終ラインは右からイスラ、メデル、ハラ、ボセジュールと置き、中盤アンカーにディアス、インサイドにビダルとフエンサリダ。3トップは右からアランギス、エドゥアルド・バルガス、プッチと並べた。足の負傷が報じられていた守護神ブラーボとエースFWサンチェスはベンチスタートとなった。 ▽一方、3度目の出場となるアフリカ王者のカメルーンは、3トップにムカンジョ、アブバカル、バソゴグを並べた[4-3-3]の布陣を採用。GKは注目のオナナではなくオンドアが起用された。 ▽試合は開始早々の1分にチリが決定機を迎える。スルーパスをボックス右で受けたE・バルガスがダイレクトで右足を振り抜く。しかし、このシュートは右ポストを直撃した。 ▽対するカメルーンは11分、相手のパスミスを中盤でカットしたムカンジョがカウンター。前線でパスを受けたアブバカルはボックス左まで侵攻しシュートを放ったが、これはGKエレーラの好セーブに阻まれる。 ▽チリに主導権を握られながらも、相手のミスからショートカウンターを狙うカメルーンは35分、中盤でのハイプレスからフエンサリダのパスミスを誘うと、これを奪ったムカンジョがボックス手前まで持ち上がりシュート。しかし、これはゴール右に逸れた。 ▽このまま前半終了かに思われたが、チリは前半アディショナルタイム1分に決定機。バイタルエリアでボールを受けたビダルのスルーパスに抜け出したE・バルガスがゴールネットを揺らしたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)がE・バルガスのオフサイドを指摘し、ゴールは取り消された。 ▽ゴールレスで迎えた後半も一進一退の展開が続く中、チリは58分にプッチを下げて左足首のケガが伝えられていたサンチェスを投入。さらに63分には、フエンサリダに代えてバレンシアをピッチに送り出した。 ▽後半に入りうまく攻撃陣が機能しないチリは71分、アランギスを下げてフランシスコ・シルバを投入。20分を残し3枚の交代カードを使い切った。その後も膠着状態が続いたがチリは82分、遂に試合を動かす。 ▽ドリブルでボックス左から侵入したサンチェスがクロスを供給すると、中央で競り合ったビダルが頭でゴールに叩き込んだ。 ▽この先制点で勢いづいたチリは、後半アディショナルタイム1分にもサンチェスが放ったシュートのこぼれ球をE・バルガスが押し込み、追加点。 ▽そして、試合はこのままタイムアップ。南米王者のチリが苦戦しながらも終盤の2得点で白星スタートを切った。 2017.06.19 05:09 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース