インテル長友佑都のライバルが退団…トリノがアンサルディを2年間のレンタル2017.09.01 11:44 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トリノは31日、インテルから元アルゼンチン代表DFクリスティアン・アンサルディ(30)を買い取りオプション付きの2年間のレンタル移籍で獲得としたことを発表した。

▽アルゼンチン出身のアンサルディは、2016年7月にジェノアからインテルに加入。左サイドバックを主戦場とし、日本代表DF長友佑都と定位置争いを繰り広げた。昨シーズンは、公式戦26試合で2アシストを記録したが、今シーズンはセリエA開幕2試合でスタメンの座を長友に譲っていた。

▽トリノでのプレーが決定したアンサルディは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「まず初めに、このクラブに僕を招き、チャンスを与えてくれたカイロ会長に感謝したい。トリノのロッカールームを訪ねたとき、このチームは調和があり、助け合っていることがすぐにわかった。ここで新たな冒険を始めることができて本当に嬉しいよ」

▽トリノの会長を務めるウルバーノ・カイロ氏は、アンサルディの獲得に喜びをあらわにしている。

「クリスティアン・アンサルディは、近代的で多才なディフェンダーでスキルも兼ね備えたディフェンダーだ。彼は成長への意欲と野心を持っている。イタリア代表としてのキャリアを持ち、ロシアとスペインではタイトルも獲得している。トリノへの加入を歓迎する」

コメント

関連ニュース

thumb

トリノ監督、人種差別的“ジプシー”チャントに憤りも「私1人では解決できない」

トリノの指揮官シニシャ・ミハイロビッチが15日、試合終了後の記者会見に臨み、人種差別被害を訴えた。<br><br>トリノは15日、セリエA第8節でクロトーネと対戦。ホームのクロトーネにリードを許したが、アディショナルタイムにDFロレンツォ・デ・シルベストリの起死回生のゴールで2-2の同点に追いついた。この試合中、セルビア出身のミハイロビッチは耳を疑うようなチャントが観客席から届いたことを明かしている。<br><br>「チャントが耳に入らないはずがない。残念なことだ。私は皆をリスペクトしているが、皆も相手をリスペクトして欲しい。私をセルビア人ジプシーだと呼ぶことで、私だけではなく、民族全体を侮辱している。こういった誤った行為は残念に思う」<br><br>イタリアでは、東欧にルーツを持つジプシーによる窃盗や空き巣被害が後を絶たず、東欧出身者への差別意識がまだ根強い。ミハイロビッチは無知が差別意識を増長していると指摘し、社会全体での問題解決に取り組むよう訴えた。<br><br>「だがこれがイタリアであり、イタリアの文化となってしまっている。無知なんだ。だからといって私一人で戦える問題ではない。面と向かって私に言ってくれた方が良かったが、そうする勇気もないだろう。馬鹿者だね。クロトーネのフロントが罰金を払わなければならないのは残念に思うが、これもサッカーだ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.16 23:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ベロッティが右ヒザ負傷で1カ月離脱

▽トリノは2日、イタリア代表FWアンドレア・ベロッティが1カ月戦線を離脱することを発表した。 ▽ベロッティは1日に行われたセリエA第7節のヴェローナ戦で先発していたが、右ヒザ側副じん帯を損傷したとのことだ。ベロッティは今季のセリエAで5ゴールを決めていた。 ▽この負傷によりベロッティは招集されていたイタリア代表の参加を辞退し、仮にロシア・ワールドカップ欧州予選でプレーオフに回った際に11月に行われる同試合に間に合わない可能性があるとのことだ。 2017.10.03 06:24 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング:ユベントス 4-0 トリノ《セリエA》

▽セリエA第6節、ユベントスvsトリノのトリノ・ダービーが23日に行われ、4-0でユベントスが快勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170924_14_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ブッフォン 5.5 難しい枠内シュートは飛んでこなかった DF 26 リヒトシュタイナー 6.0 ニアンを監視しつつ攻撃にも関与 4 ベナティア 6.0 ベロッティを抑え込む 3 キエッリーニ 5.5 危なげない対応を続ける 12 アレックス・サンドロ 6.5 果敢な攻撃参加が目立ち、ダメ押しゴールを奪った MF 7 クアドラード 6.0 ピャニッチのゴールをアシスト 5 ピャニッチ 7.0 先制点、3、4点目を演出し、2点目を挙げた 10 ディバラ 6.5 好調を維持。6試合で10ゴール 14 マテュイディ 6.0 攻撃をうまくサポート (→ベンタンクール -) 11 ドグラス・コスタ 5.5 惜しいシュートが1本あったが、まだまだチームにフィットしていない FW 17 マンジュキッチ 5.5 まずま前線で起点に (→イグアイン -) 監督 アッレグリ 6.5 苦戦が予想されたが、完勝 ▽トリノ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170924_15_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 39 シリグ 5.5 1本ビッグセーブで失点防ぐも4失点 DF 29 デ・シルベストリ 5.0 アレックス・サンドロとドグラス・コスタのケアで精いっぱい 33 エンクル 5.5 マンジュキッチとのフィジカルバトルで簡単に負けず 97 リャンコ 5.5 ディバラの敏捷性にやや付いていけず 15 アンサルディ 5.0 クアドラードとのマッチアップで劣勢に MF 14 ファルケ 5.0 取り立てて目立ったプレーはなかった (→アックアー 5.5) ボールホルダーを追い回した 88 リンコン 4.5 昨季所属していたユベントスとの対戦。しかし、1失点目に絡んだ (→グスタフソン -) 10 リャイッチ 5.0 立ち上がりのシュート以外、見せ場なし 8 バゼッリ 3.5 失点にも絡んだ上、24分に退場 11 ニアン 5.0 何もできなかった (→ボジェ -) FW 9 ベロッティ 5.0 ボールが来なかった 監督 ミハイロビッチ 5.0 バゼッリの退場で試合が壊れた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ピャニッチ(ユベントス) ▽全ゴールに絡んだピャニッチを選出。ディバラと共にチームを牽引した。 ユベントス 4-0 トリノ 【ユベントス】 ディバラ(前16) ピャニッチ(前40) アレックス・サンドロ(後12) ディバラ(後46) 2017.09.24 05:43 Sun
twitterfacebook
thumb

ディバラ&ピャニッチ躍動のユベントスが10人のトリノに完勝でダービー制す《セリエA》

▽セリエA第6節、ユベントスvsトリノのトリノ・ダービーが23日に行われ、4-0でユベントスが快勝した。 ▽前節は10人となったフィオレンティーナ相手に苦戦しながらもマンジュキッチ弾で逃げ切って開幕5連勝としたユベントスは、水曜日に必勝のチャンピオンズリーグ(CL)オリンピアコス戦を控える中、フィオレンティーナ戦のスタメンから大幅に7選手を変更。ディバラやマンジュキッチ、クアドラードにマテュイディのみ引き続きスタメンとなって、バックラインを総入れ替えし、イグアインがベンチスタートとなった。 ▽3勝2分けと順調なスタートを切ったトリノに対し、ユベントスが立ち上がりからボールを保持すると、6分にクアドラードがドリブルシュートでゴールに迫る。その後も攻勢に出るユベントスが敵陣で試合を進めると、16分に先制した。ピャニッチがリンコンからボールを奪ってショートカウンターに転じると、持ち上がったディバラがペナルティアーク中央から左足を一閃。これがゴール右に決まった。 ▽さらに24分、ユベントスに追い風が吹く。バゼッリがピャニッチに対して激しく当たったプレーにより2枚目のイエローカードが提示され、退場となった。 ▽バゼッリを失ったトリノがファルケに代えてアックアーを投入したのに対し、40分にユベントスが突き放す。ボックス右からのクアドラードのマイナスの折り返しに反応したペナルティアーク右のピャニッチがゴール左へダイレクトで流し込んだ。 ▽ユベントスが2点をリードして迎えた後半、48分にアレックス・サンドロのミドルシュートでゴールに迫ったユベントスは、57分に突き放す。ピャニッチの右CKからニアサイドのアレックス・サンドロがヘディングシュートを叩き込んだ。 ▽余裕のユベントスはクアドラードに代えてベルナルデスキを投入。66分にはベナティアが決定的なヘディングシュートを浴びせると、その後も分厚い攻めを見せてディバラやマンジュキッチらが4点目に近づいていく。 ▽そして、終了間際にディバラのこの試合2ゴール目が決まって4-0としたユベントスがダービーを完勝。開幕6連勝を飾っている。 2017.09.24 05:42 Sun
twitterfacebook
thumb

【セリエA第6節プレビュー】無敗同士のトリノ・ダービー開催

▽ミッドウィークに行われた前節、ナポリがラツィオとの無敗対決を逆転勝利で制して開幕5連勝とし、10人となったフィオレンティーナに辛勝したユベントスと共に開幕5連勝とした。一方でボローニャに大苦戦を強いられたインテルが引き分けに終わり、連勝が4でストップしている。その他、ミランが4勝目を、ローマが3勝目を挙げ、強豪勢が順当に勝ち星を重ねている。迎える第6節ではユベントスvsトリノのトリノ・ダービーが開催される。 ▽前節フィオレンティーナ戦を10人となった相手に苦戦しながらもマンジュキッチ弾で逃げ切ったユベントスは、水曜日に必勝のチャンピオンズリーグ(CL)オリンピアコス戦を控える中、3勝2分けと順調なスタートを切ったトリノをホームに迎える。エースのベロッティが今季ここまで3ゴールと確実に結果を残しているトリノに対し、やや不安定な守備が気がかりなユベントスはシャットアウト勝利で開幕6連勝となるか。 ▽ラツィオに先制されながらも5分間の3発で鮮やかな逆転勝利を収めたナポリは、SPALとのアウェイ戦に臨む。火曜日にはユベントス同様必勝のCLフェイエノールト戦を控える中、主力を温存しても十分に勝利できる格下を難なく蹴散らし、6連勝としたい。 ▽ボローニャに内容で劣り、引き分けるのが精いっぱいだったインテルは、ジェノアとのホーム戦で勝利を取り戻しにかかる。イマイチ攻撃がかみ合わない状況が続く中、今季未勝利の相手にすっきりと勝利することはできるか。3試合ぶりに先発復帰した長友はボローニャ戦では守備面で及第点の働きを見せたが、ベンチスタート予想となっている。 ▽ベネヴェントにゼコの2発と2つのオウンゴールで快勝したローマは、ウディネーゼとのホーム戦で3連勝を目指す。水曜日に行われるCLではグループ最弱のカラバフなだけにウディネーゼ戦に集中できるのは大きい。今季既に4敗を喫しているものの、ミランに善戦するなど曲者の印象があるウディネーゼを、ベネヴェント戦で温存されたナインゴランの活躍で一蹴したい。 ▽PK2発でSPALを退けたミランは、日曜日のランチタイムにサンプドリアとのアウェイ戦に臨む。3バック移行後2連勝と立て直したミランは、2勝2分けスタートを切った骨のある相手に難所ルイジ・フェラリスで攻略となるか。次節にはローマとのビッグマッチが控えるだけに勢いを付けておきたいところだが果たして。最後にナポリに屈して今季初黒星を喫したラツィオは、今季未勝利のヴェローナとのアウェイ戦で勝利を取り戻しにかかる。 ※スタメン予想はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』を参照 2017.09.23 18:00 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース